転職

第二新卒はやばいって本当?転職は不利なのか【体験談】

 

第二新卒はやばいって本当?転職するのはまずいかな

 
 

そんなことはありません。第二新卒は期待されています!

 

このページで第二新卒とは、短期間でも社会人経験のある20代前半の人を指します。

新卒で就職したけれども、理想と違ったということで転職を考えている人もいるのではないでしょうか。

私が新卒で入社した会社も想像以上にブラック企業でした。

転職も少し考えていたのですが、上司に「第二新卒で転職するやつはやばい」というセリフを信用しきっておりました。

また私自身も、管理職にならないとこの会社のことも理解できないし他社に転職しても通用しないという考えでした。

今考えると、非常に浅はかであり間違った考えだったと思います。

今回は私の経験を含め

  • 第二新卒での転職はやばいのか
  • 第二新卒で転職するメリット
  • 働き続けたほうが良いケース
  • 第二新卒と一緒に仕事をして感じること

を今回はご説明します。

私のような後悔をしないように、是非今後のご参考にしてただければと思います。

第二新卒で転職する人はやばい?

第二新卒で転職するのは誤った考えなのでしょうか。

結論から述べますと 第二新卒での転職は問題なくメリットもあります。

第二新卒で転職しても問題ない

企業も若手を求めている会社が多く、第二新卒の求人は増加傾向にあります。

転職自体が珍しいことではなくなってきており、常に一定の人数の人が第二新卒で転職しています。

驚くべきことに、そのうち半分以上の人が新卒で就職してから一年以内の転職です。

最近の新社会人は「3年以内に離職する」割合が高いと言われているが、厚生労働省「新規学卒就職者の学歴別就職後3年以内離職率の推移」を見ると直近20年間、ほぼ3割で横ばいで大きな変化はない。

社会構造や世代、景気の変動がありながら、新規学卒者(大卒者)の就職後3年以内の離職が3割がずっと続いている現状に関して、UZUZは入社3年以内を多く含む「Z世代」を中心に転職活動の意識調査を実施した。

調査の結果、第二新卒として転職活動をしている523名の55.83%が1年未満で転職したことが明らかになった。

参考 DIME

このような背景から第二新卒で転職することは決してやばいことではありません。

固定観念に縛られて、何も考えずに仕事をしているほうがよっぽどやばい人といえるでしょう。

(私自身が、そのやばい人だったんですけどね)

実際、私は転職のタイミングが遅かったことにより他業種へ転職する機会は逃してしまいました。

第二新卒で転職するメリット

第二新卒で転職するメリットは複数あります

  • 即戦力を求められない
  • 他業種にも転職しやすい
  • 年収が下がりにくい
  • 一から研修を受けさせてもらえるケースが多い

特に他業種に転職したい場合は、後からですと選択肢がなくなってしまうケースは多いです

実際、私自身はそれで失敗しました。

最終的に、大手ホワイト企業に転職できたので良かったですが、食品メーカーで働きたいという夢は諦めざるをえませんでした。

他業種に転職を考えている人は同じような失敗をしないようにお気をつけください。

転職せず働き続けたほうが良いケース

ここまでは第二新卒で転職するメリットを中心にご紹介させていただきましたが転職せず働き続けるメリットもあります。

  • 会社や職場に不満がない
  • 転職する明確な目的がない
  • 働いている業界に対して将来的な不安がない
  • 資格を取得する環境などが整っておりスキルアップが見込める
  • 他業種への転職を考えていない

上記が2つ以上当てはまる場合はその会社で働き続けるメリッ卜は十分あります。

理由を順に説明します。

会社や職場に不満がない

会社や職場に不満がなければ、かなり良い環境で仕事を出来ていると言えます。

どんなにやりたい仕事や良い条件だったとしても、それ以上に不満があれば良いパフォーマンスは発揮できません。

その恵まれた環境を変えるのは、ある意味リスクです。

そのリスクを受け入れる覚悟がないのなら、今の仕事を続けるべきです。

転職する明確な目的がない

第二新卒での転職は、大きなスキルや資格を求めないケースが多いです。

その代わり、本人がなぜその会社で働きたいのか、なぜ転職したいのかを強く求められます。

そのため、明確な目的がない転職では採用されにくいと考えます。

私自身も、前職で採用の一次面接に何度か関わらせていただいたこともありますが、こちらが納得できる転職理由がない人はお断りさせていただきました。

今回採用したとしても、同じようになんとなくで辞めるのではないかという印象を受けたからです。

他の採用担当者もそういう印象を受けていました。

おそらく別の人が担当しても同じ結果になると思います。

転職するのであれば面接官を納得させる理由を用意しておきましょう。

これは転職エージェントを活用する際にも同じことが言えます。

納得してくれる理由を説明できないと、力を入れてサポートしてくれません。

参考までに私が納得できた理由を記載します

私が実際に面接して納得できた理由

  • 学生時代に接客業をしていて、またこの業界で仕事をしたいと思った
  • 会社の給料が低すぎて生活ができなかった
  • 勤め先の経営状態が悪く先行きが不安だった
  • 入社説明と全く違う業務内容で変わる気配もなかった

上記のように転職しないといけない明確な理由がないのであれば、うまくいかないと考えます。

働いている業界に対して将来的な不安がない

働いている業界に対して将来的な不安がなく、他業種に転職を考えてないのであれば、今の仕事に打ち込んでから転職をするのも一つの手です。

その際には、実際にどういったスキルや経歴が転職に有利に働くかをしっかりリサーチしておきましょう。

これを怠るかどうかで、転職の成功率は大きく変わります。

実際私は、上記を怠ったことで一度目の転職活動は失敗しました。

意外と自分が考えている強みと市場価値がずれていることは多いです。

後々にステップアップの転職を考えているなら転職サービスを使いキャリア設計をしておくのがおすすめです。

※このページのキャリア設計とは、どういったスキルや職歴をつけていくか計画することを指します

私自身、29歳のときに転職エージェントと面談しキャリア設計をしたため、なんとか大手ホワイト企業に転職できました。

特に目立った資格がないものの、大手ホワイト企業に転職できたのはしっかりキャリア設計したからです。

また、転職はタイミングも大事です。

希望する企業に転職するための必須条件は、希望する企業が求人を出しているかどうかです。

どんなに優秀な人でも求人がない企業で採用されることはありません。

大事なのは理想の企業に転職を実現することです。

そのためには、転職サイトや転職エージェントに登録して求人情報をしっかりチェックしておきましょう。

資格を取得する環境などが整っておりスキルアップが見込める

希望する企業への転職に有利になる資格取得やスキルアップを見込めるのであれば働き続けるメリットも大きいです。

具体例としては

  • TOEIC
  • ビジネス英語の実践環境
  • 宅建取得
  • 実務経験
  • その他免許や資格
  • PCを使った業務経験

などがあげられます。

実務経験は、求人情報の求めているスキルや資格欄に書いてあるケースが多いのでそれらを参考にしましょう。

ちなみにTOEICの点数とビジネス英語の商談経験は、どの業界でも優遇される資格です。

これがあるだけで、随分と選択肢が広がるので可能であれば抑えておきましょう。

他業種への転職を考えていない

他業種への転職を考えていないのであれば、必ずしも第二新卒のほうが有利に働くわけではありません。

今の仕事に打ち込んで、経験を積んでから転職するという選択肢もあります。

しかしながら、若さはアドバンテージの一つでもあるので希望する求人がある場合は、受けてみるも一つの手です。

採用にいたらなければ、何が足りなかったのかを分析しそれを補う経験を積んでから五年後に、他の転職エージェント経由で再度応募してもいいでしょう。

先程の話につながりますが、同じ業種や業界なのであれば、転職するための資格取得や求められているスキルをチェックしておきましょう。

第二新卒と一緒に仕事をして感じること

私は、第二新卒で大手ホワイト企業に転職した人と仕事をしたことがありますが、やばいと感じたことはありませんでした。

確かに経験は浅いですが、そのぶん懸命に取り組み挽回できるたくさんいます。

新しい会社でシステムも変わるので、なれるまで時間がかかるのは当然です

実務経験があった私ですら、成果を出すまでは半年かかりました。

第二新卒で転職したから 一括に「つかえない「つかえない」「いらない」というのは上司の無能さを証明しているだけです。

そのため第二新卒はつかえないというのは、単なる固定観念だと考えます。

まとめ、第二新卒はやばいのは昔の話

最後にここまでの話をまとめます

  • 第二新卒で転職するのは問題なくむしろ増えている
  • 第二新卒でも大手には転職できる
  • 転職しないメリットを理解した上で検討すべき
  • 第二新卒でも優秀な人はいる

第二新卒がやばいと考えるのは昔の話です。

むしろ今の世の中の流れを理解していないその人のほうがやばいといえるでしょう。

若さは転職においての付加価値の一つでので、それを使わないでいいかどうかはしっかり検討しましょう。

第二新卒で転職するなら(大手の可能性もあり)

辞めたいと思う理由は人それぞれだと思いますが、「辞めたい」と感じたらまずはどのようにすべきでしょうか。

今の会社が大手じゃないから「辞めたい」からと言ってすぐに退職するのは賢い選択ではありません。

まずは、自分の市場価値を分析することをおすすめします。

しっかり市場分析すると、私のように大手へのステップアップも夢ではありません。

 
仕事に悩んでいたら、まずは下記のサービスを活用し、どんな求人があるかを分析してみることがおすすめです。(全て無料で使えます)
すぐに転職に至らなくても、自分の職場環境を客観的に分析できますし、キャリア設計にも役立ちます。
私も悩んだ末に、転職エージェントを使うことによりキャリア設計が明確になり人生が大きく好転しました。
 

まずは自分の市場価値を分析

ミイダス で自分の特性を分析し(口コミ・評判
転職会議で他の会社の評判を調べ
リクルートエージェント で転職エージェントに相談してみる
 
少なくとも私は、これだけで人生が大きく変わりました。
 
転職エージェントを使う敷居が高いのであればミイダスでおすすめの求人をみておくだけでも参考になります。
 
転職エージェントを使うのであれば複数登録がおすすめです。
 
 

第二新卒という期間は有限です。

数少ない平等に与えられる資格ですので、後悔しないようにしっかり検討してください。

今回は以上です。

この記事の内容が少しでも皆様にとって有益な情報となれば幸いです。

 




明日から会社に行かなくて良い方法

もう会社に行きたくないほど悩んでいる方には、退職代行サービスの退職代行ガーディアンがおすすめです。

退職者の4人にひとりが退職代行サービスを使う時代となってきています。

退職代行ガーディアンは退職成功率100%。

社長や上司と話す必要はなく、退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOK。

即日対応なので、ご相談を頂いた当日から出社する必要はありません。

就業規則で〇ヵ月前に申告となっていても大丈夫です。

代理人として不利な退職条件にならないようにも交渉してくれます。

365日全国対応で無料相談を実施していますので、悩んでいる方は、ぜひ一度相談してみてください。

\LINEで相談/

人気記事

1
2

クラウドソーシングサイト   ・ Saleshub⇒営業職スキル   ・side bizz(サイドビズ)⇒営業職スキル   ・クラウドソーシング【_ist】⇒ライティング ...

3

自己紹介でも記載しておりますが私はブラック企業の元社畜でしたが幸い優良大手ホワイトに転職できました。 転職活動はいつから動くのがベストか? 転職を考えるきっかけは人によって様々です。 職場の人間関係に ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

勉強不足を仕事で感じることもありながらも、仕事が忙しくて勉強できてない人も多いのではないでしょうか? また、社会人になってまで勉強する必要性が感じられない人も多いと思います。 今回は、そんな悩みに対し ...

6

30歳を超えるとなかなか痩せないのに、すぐ太りますよね。 にもかかわらず以前の記事で 肥満体だと自己管理ができてないと面接が不利に働くケースがあります。BMI(肥満指数)が25を超えている場合は、ダイ ...

-転職