仕事術

【チェックリスト】仕事ができる人の特徴30選

投稿日:2020年12月19日 更新日:

 

仕事ができるようになりたいわ

 
 

激しく同意します

 

社会人として仕事をしていて、せっかく働くのであれば「仕事のできる人」を目指したいですよね?

仕事ができる人は非常に魅力的で憧れる存在です。

「この人のようになりたい」と憧れをもたれることにより、まわりの成長を促す効果も生まれます。

私自身も、優秀な仕事のできる上司のもとで働いたことにより、仕事だけでなく多くのことを学ばせていただきました。

逆に、仕事ができる人と比べられてすごく自信を喪失したこともありますが、仕事ができる人からは学ぶべきことのほうが多く、自信を喪失している時間があるのであれば学べることは学び、自分に取り入れるほうが遥かに有益です。

学ぶには「まず真似をしてみること」が手っ取り早いです。

私自身も、仕事ができる人の真似をすることにより実際に仕事のレベルを上げることができました。

今回は、私の過去の経験から、仕事ができる人の特徴をご紹介します。この特徴をすべて満たすことが出来たら、自他ともに仕事ができる人だと考えます。

最後にチェックリストを作成しましたので、ご自身の仕事レベルを確認するのに活用いただければ幸いです

現状のレベルを分析し、自他ともに仕事ができる人を目指しましょう!

 

チェックポイント

手っ取り早く自己分析するのであれば、下記のサービスを使って自分の市場価値を分析することがおすすめです。
客観的に自分の市場価値を知ることにより、自分のやるべきことが明確になります。
自分の強みと、世の中でどういった人材が必要とされているかが分析できますので、もし、会社が倒産しても他の会社に必要とされる人材を目指せます。
わたし自身も実際、下記サービスをを利用したことにより明確なキャリア設計ができ、大手ホワイト企業に転職できました。
  • ミイダス 簡単に自分の市場価値を分析!⇒簡単な登録のみで自己分析のみの活用も可能な神サービス※職務経歴書の登録も不要
 
  • 転職会議 会社の評判を調べるなら!⇒現社員や元社員から企業の評判や年収がわかる

 

よっしゃ、仕事をできる人を目指すぞ

 

仕事ができる人の特徴とは

積極的にその特徴をもっている人の行動を分析し、取り入れていきましょう。

また、お手本になるべき人がいない場合は、どのようにすればそういった特徴をもてるかを常に考えることが大事です。

フットワークが軽い

ビジネスにおいて、スピードは大きな武器ですあり、誰にでも差別化が可能な要素の一つです。

かの有名なカリスマ最強経営者の日本電産の永守会長も、カンブリア宮殿の収録で「とにかく大手に勝つにはスピードにこだわること」と豪語されてました。

フットワークが軽く行動が早い人は仕事も早く、成果を出しやすいと感じます。

机上の空論に時間をかけすぎて、実行を移すときにはすでに需要が終わっていたケースや、市場がすでに占有されていた事例を多く見てきました。

そういった問題がおこらないようにするためにも、ビジネスにおいてスピードは重要であると考えます。

実際に、私自身も転職直後に一番最初に評価されたのはフットワークの軽さでした。

レスポンスが早い

レスポンスが早い人は、信頼を得られやすく仕事を円滑にすすめやすいです。

レスポンスが早い人はとにかくメールの返信も早いです。

メールにおいても、うまく回答ができないからといって回答を先延ばしにしていると、メールが届いているかどうかも分かりません。

「改めてご連絡させていただきます」と一時回答をいただくだけでも信頼性は大きく変わります。

私の経験上、メールの回答が遅い人で仕事ができる人はあまりいませんでした。

逆にメールの返信が早い人は、メールの回答の早さが仕事につながるということを理解しており仕事ができる人が多いです。

アンテナが高い

情報収集能力が高く、アンテナが高い人はトレンドを掴んでおりビジネスセンスがある人が多いです。

上手く必要な情報を掴み、何が重要かを判断上手く仕事につなげている人は見習いたいですね。

アンテナが高い人には、どのように情報を集めることが効果的なのか、どういった本を購読しているかを聞いてみることが効果的です。

特に購読している本の情報は、何故その本を購読しているかを聞くことかによってその人の考え方を理解することにも繋がります。

話し上手である

話し上手なだけで生計を立てている人も多くいますよね。(笑)

技術が進歩しても、最終的に決断するのは人です。

話し上手であることは仕事において大きなメリットがあります。

この人の話を聞いていて退屈しない、聞き入ってしまうという人がいたら、是非見習いたいものです。

  • なぜ話し上手なのか
  • 真似すべきとすればどこができるか
  • 可能なら直接テクニックを聞く

を意識すると非常に勉強になります。自分ができそうなことをうまく真似ましょう。

話しの上手さは天性の能力であることも多いので、うまく真似できそうなことを見極めて、真似するのがおすすめです。

 

自分に合う、合わないも大事だね!

 

聞き上手である

聞き上手な人はで、周りの意見を引き出すのが上手です。

仕事のできる人は。うまく意見を出させることで、周りの人間の能力を引き上げてチーム力を向上させます。

私が聞き上手だなと感じた人がやっていたこと以下のことを実践してました。

  • 相手の意見を最後まで聞く
  • 意見に対して否定しない
  • 意見が出ない場合は仮説を考え問いかけてみる
  • 聞き終わったあとに、言いたいことがどれくらい伝えれたか再度聞く
  • 会話が、終わったあと雑談形式(オフレコ)で聞きいてみる

特に、会話が終わったあとに雑談形式で聞くテクニックは、商談時にも有効です。

提案が終わったあとの雑談でこそ本音が聞き出せる確率は高く、有益な情報を入手できるケースは多いです。

これは、私も真似しているテクニックです。お客様と一通り会話が終わったあとに、メモを取らずに「ぶっちゃけ、どうですか?」と聞くと、結構大事な情報を聞き出せます。(その後別れたあとに忘れないうちにメモをとる)

商談時になかなか情報を引き出せない場合は、試してみてください。

ムードーメーカーである

仕事ができる人は、場の雰囲気作りがうまいです。

そのため、一緒に仕事をしていると周りの人間が実力を出しやすいです。

私が店長時代の経験ですが、連日売上が良くない店舗にムードメーカーが一人販売応援に入っただけで売上が大きく改善されたことがあります。

特別な施策は打ってなかったのですが、やっぱり雰囲気って大事です。

経験上、一緒に仕事をする人間が、何が好きかを把握するだけでも雰囲気は違ってきます。

 

ここまでの特徴では、3個ほど当てはまってた(^o^)

 

アイディアマンである

ビジネスにおいて差別化が求められる現在は、柔軟な発想をもつことは強みです。

他の人を感心させるような考えを持っている人は、仕事ができる人が多いです。

アイディアは、センスによるところも大きいので良いアイデイアを聞くと、「自分には思いつかない」と考えがちですが

  • 世の中のトレンドを勉強する
  • うまくいっている事例を集める
  • アイディアマンにどのように考えたのか聞いてみる
  • 人の意見を聞いて更に改善できないかを考える
  • 常に考える癖をつける

をするだけでも大きく変わります。

私自身も、発想力が乏しくアイディアを出すのは苦手なタイプでした。

しかし、店長職になって考える機会が増え、前述のことを意識し続けたことにより後々にはアイディアマンとして全国の店長からよく意見を求められるまでになりました。

苦手意識を持たずに常に考えることは大事です。また、アイディアマンが周りにいる場合は、なぜ思いついたかその都度聞くことにより、その人の考えに近づくことも出来ます。

そこから、アイディアを出すコツが学べることも多いです。

お手本を見せれる

百聞は一見にしかずというように、実際にお手本を見せれるのは強みです。

口だけ達者で実力が乏わない人にはなりたくないですね。

アドバイスをするときにも具体的に行動をして見せれる人は実力もあることがわかります。

仕事をする上で「言っていることはわかるけれど、それなら自分がやってみろよ」と思われないことは重要です。

計画的である

先を見据えて行動できる人は、ビジネスにおいて重宝できる人材です。

目先の仕事や売上だけでなく、中長期的に戦略を考えれる人は、営業数字にも波がなく売上が安定しております。

私自身も若い頃は、目の前の数字にばかり追われていて行き当たりばったりだったので、数字が安定しませんでした。

見込み客を作りつつ、しっかり既存のお客様からも売上を伸ばしていきたいですね。

物怖じしない

ピンチになったときに、パニックになってしまってはどんなに優秀であってもの能力を発揮できません。

大きな課題が発生しているときに、冷静に考えることができてこそ仕事ができる人です。

どうせなら、逆境を楽しめるぐらいの器の大きな人間になりたいものですね。

「崖っぷちありがとう!最高だ!」 松岡修造の名言より

 

ムム、苦手分野やな

 

結果を出す

何を言うよりも結果を出せる人は強いです。

少し問題があっても、数字で黙らせることができたらかっこいいですね。

そのためにも、常に言い訳せずに自分がやる仕事には成果を追求したいものです。

理論的に説明できる

仕事ができない人は、根性論で片付ける人が多いと感じます

私も気合は大事にしますが、それだけでは成果が出にくいです。

理論的に説明できると、顧客に対しても説得力があがり、商談の成約率が高くなります。

説明するときには、具体例を出すことができると素晴らしいですね。

勉強熱心である

仕事ができる人と一緒にいると、「この人はよく勉強しているな」と感じることが多いです。

世の中の動きは早く、ビジネスにおいて、いままでの常識が通用しないケースはよくありまので知識をつけて順応できるようになるのが理想ですね。

実際に私自身も社会人になってからの勉強は大きく役立ちました。

※参考 【実体験】社会人こそ勉強しよう!その積み上げは転職でもきっと役に立つ

社会人は勉強しない人も多いので勉強しているだけでも大きなアドバンテージになります。

勉強するだけでは終わらず、勉強した内容を仕事に落とし込めると理想ですね。

 

継続は力なりです

 

体力がある

体力がある場合は仕事のスピードが落ちにくいです。

仕事は体力勝負なことも多いので、体力があるというのも大きなメリットですね。

タフであることは、あらゆる局面において有利です。

週末に体を鍛えるなど、体力を落とさないように気を配りたいものです

メンタルが強い

仕事をする上で失敗やトラブルはつきものですね。

メンタルが強い人は、落ち込んで仕事のパフォーマンスを落とさないので優秀です。

「反省はしても、後悔はするな!」と自分を奮い立たせれるような人物でありたいものです。

切り替えが早い

前述のメンタルの強さにも通じますが

切り替えが早い人は、不利な状況が起こったとしても気持ちを切り替えて挽回できる可能性が高いです。

また、状況が変わったときににもすぐに順応できる性質も持っています。

急な出来事があっても、柔軟に対応できる頭の柔らかさを持ちたいですね。

 

落ち込んでいる暇はないのか

 

負けず嫌いである

「一流のプレイヤーの条件は負けずぎらいであることだ」私の好きな漫画のセリフです。

上記はアスリートの世界の話ですが、ビジネスの世界においても勝負はつきものです。

  • 競合他社との勝負
  • 社内での競争
  • お客様のからの課題

あらゆる勝負に勝たないといけません。

そのため、負けずぎらいであることは優秀なビジセスマンの資質の一つです。

逆に負け癖がついている人は、チームからの信頼を得られないでしょう。

チャンスに強い

本当に大事な商談のときにこそ成果を出すことができる人間は頼りになりますよね。

チャンスに強いということは、天性による部分も多いですがビジネスにおいては努力で補える部分も多いです。

  • 力を入れるべきところを理解する
  • 勝負どころに余力を残している
  • 入念な準備をすすめている

優秀な人は、感覚だけに頼らず大事な商談を取るためのプロセスを大事にしています。

 

ブラックは勝負強いと感じるなぁ

 

余力をもっている

前述に記載もありましたが、常に80%の力で仕事をこなせると、いざというときに真価を発揮できます。

東北の雄「アイリスオーヤマ」も工場の稼働を70%に維持して、すぐに市場の変化に合わせて設備投資ができるようにしているようです。

顔色を変えず、涼しい顔をして窮地を救ってくれたら、かっこいいですよね。

気をつけたいのは、手を抜くことに慣れてしまって本気を出さないままには、ならないようにしたいものです。(笑)

向上心がある

仕事ができる人は、向上心がある人が多いです。

向上心がある人の特徴は

  • 努力家である
  • 高い目標をもつ
  • 反省ができる
  • 謙虚である

ことです。

今の実力に満足せず、上を目指す姿勢を維持したいものですね。

見た目が良い

見た目が良いうのは、顔が良いといいことではありません。(笑)

清潔感があることです。具体的には、身だしなみに気を遣っていることを指します。

「人は見た目が9割」といった本が出ているぐらいぐらい見た目は大事です。

私自身も、常にシワの無いシャツを着て身だしなみ気を使っていたことで実力以上の信頼を得れてました。(笑)

身だしなみは、簡単に真似できる要素のひとつです。。

 

身だしなみは結構道具でごまかせます(笑)

 

私が使っているアイテムは、下記にまとめてますのでよろしければご参考ください。

買ってよかったもの① はるやま アイシャツ(i-shirt) レビュー

買ってよかったもの② アシックス 【texcy luxe(テクシーリュクス)】 TU-7772 レビュー

買ってよかったもの③ これで成約率が上がる? 仕事道具には、自分なりのこだわりを

整理整頓が出来ている

仕事ができる人は、整理整頓が出来ている人が多いです。

ものを探す時間が少なくなり、作業効率があがるからです。

整理整頓が出来ている人は

  • 決まった場所にものを置いている
  • 仕事終わりと仕事始めに整理する時間を作っている
  • 本や書類を重ねない
  • 定期的に不要なものを処分する

私も整理整頓は苦手ですが、定期的に不要なものを処分することを定期的にルーティーンにするだけで最低限の維持ができるようにはなりました。

まだまだ、改善の余地はありますが自分の中でルールを作ることが効果的です。

視野が広い

視野が広いと、マルチタスクの作業に強くなります。

本当に仕事ができる人は、「背中に目がついているのではないか?」と感じさせるような仕事をします。

全体を見渡して、しっかり気づきを共有したり周りをフォローできる人間になりたいですね。

顔が広い

顔が広いとその人脈をいかして、ビジネスを優位にすすめれます。

日頃からの人付き合いを大事にして、自分を売り込む活動を怠らないようにしたいですね。

「そういった問題ならあの人に相談すればいい、紹介しようか?」と言えるような人物になりたいですね。

上司に好かれる

上司に好かれると、あらゆることで有利になる点が多いです

単純に人として魅力的な人もいますが、うまく人間関係を構築している人が多いです。

「媚を売るのが嫌」という人も多いと思いますが、仕事のできる人は合理的に手段として割り切って行動しています。

能力が高くても、敵を作ってしまっては仕事は円滑にできませんので気をつけたいものです。

 

媚を売るのは得意だぞ!(笑)

 

部下の能力を引き出すのがうまい

仕事のできる人は、うまく部下を使って仕事を円滑にすすめます。

  • おだててくれてモチベーションをあげてくれる
  • 自分が気づいてない長所を見つけてくれる
  • 皆に長所をアピールしてくれる
  • 弱点を補ってくれて得意な分野に集中させてくれる

私が、尊敬していた上司は上記のことが上手でした。

部下の能力を引き伸ばすことにより、チームの能力を引き上げることが結果につながるということを理解していたのだと感じます。

「使えないやつばっかりだ」と匙を投げる上司にはなりたくないですよね。

限られた戦力で結果を出してこそ一流の管理職です。(優秀な部下がいてくれるに越したことはないですが)

部下に好かれる

前述と同じになりますが、能力が高くても、敵を作ってしまっては仕事は円滑にできません。

また、好かれていると自分より優秀な能力を持っている部下でも協力的に動いてくれます。

人心掌握術はやはり大事ですね。

ユーティリティープレイヤーである

チームの弱点がある場合は、そこを補うことが出来ます。

また、器用にいろんなことをこなせることにより周りの信頼も集めやすいです。

「この人がいないと、仕事がまわらない」と言われるような人になりたいものですね

 

残念ながら、私は器用さに欠けます

 

段取り上手である

残業規制が進む中、限られた時間の中で成果を出すためには、段取り上手であることが求められます。

私が段取り上手だと感じた人の行動は以下です。

  • 時間管理がしっかりしている
  • やるべきことが整理されておりリストアップされている
  • ゴールを明確にして逆算して行動できる
  • 事前に決定事項の根回しが出来ている。

このポイントを抑えていれば、ある程度仕事はスムーズにすすめれると考えます。

段取りよく仕事をすすめて、気持ちよく仕事を終えたいものですね。

できるオーラがある

これは説明できるものではないですが、経験上ものすごく仕事ができる人はオーラがあります。(笑)

 

コ、コイツはできる!(心の声)

 

と思われるように周りからオーラがあると思われるような人物になりたいものですね。

まとめ

以上、「仕事のできる人の特徴」をご説明させていただきました。

最後にチェックリストをご紹介します。全ては不可能かもしれませんが、少しでも当てはまる項目を増やし高みを目指していきましょう。

チェックリスト

 

要、チェックや!

 

当てはまる項目が10項目以下

まだまだ伸びしろ抜群です!

当てはまる項目が少ないのは、伸びる能力が多いとも言えるでしょう。

また、一概に当てはまる項目が少ないからといって仕事ができないとは言えず、抜きにでた長所をもっている場合もあります。

自分を改めて分析し、強みに磨きをかけつつ、謙虚に弱点を克服していきたいですね。

10項目以上当てはまる

 

私レベルの人間です(笑)

 

一応、大手ホワイト企業で一定以上の評価を頂いてますので、高学歴のライバルとも十分競い合っていけるでしょう。(自画自賛で恐縮です)

しかしながら、まだまだ課題もありますので自分の強みをどのように活かすか、足りない部分をどのように成長させるかを考えながら日々の仕事に打ち込みたいですね

20項目以上当てはまる

素晴らしいです。一流のビジネスマンと言えるでしょう。

このレベルになってくると、自分より能力がない人が目立つかもしれませんが、自分より優れている点は、謙虚に見習い上のレベルを目指していきましょう。

併せて自分の長所をいかに伸ばすかも考えたいですね。

30項目すべて当てはまる

まさに仕事の神レベルですね!もはや、このブログのアドバイスなんて必要ないのにご覧いただいてありがとうございます。(笑)

その能力に甘んじず更に高みを目指して仕事を極めてください!

 

素晴らしい!

 

最後に

チェックリストはあくまで目安ですので、参考程度にお考えください。

大事なことは普段から自己分析を繰り返し、どのように仕事に取り組むかです。

私自身も、特に目立った学歴や資格もありませんでしたが、日々の仕事を意識して取り組むことにより、ブラック企業から大手ホワイト企業に転職できました。

入社した会社や仕事が合わなかったとして腐らず、日々の仕事の中で自分の課題を意識することによりキャリア設計にも繋がります。

せっかく仕事をするのであれば、少しでも自分の市場価値を高めこれからの厳しい世の中を乗り切っていきましょう!

 

失敗は挽回できるし、日々頑張ろう!

 

今回は以上です。この記事の内容が、少しでも皆さんに役立つ情報となれば幸いです。




人気記事

1

  こういったときこそ、動きましょう!     こんなときに転職活動なんか大丈夫なの? 転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍で転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討され ...

2

  あー将来が不安だ・・・     そんなときこそ動きましょう!   将来の不安要素は数多く考えられますが、昨今の経済状況から、お金の悩みを持っている人が多いのではないでしょうか? 国民の平均年収は3 ...

3

  自己紹介でも記載しておりますが私はブラック企業の元社畜でしたが幸い優良大手ホワイトに転職できました。   まず始めに、特に良く聞かれることを書きたいと思います。   目次1 転職活動はい ...

4

  みなさんは、会社を選ぶときにどんなことを基準にして選びますか?     業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 そ ...

5

  社会人になって勉強してますか?   勉強不足を仕事で感じることもありながらも、仕事が忙しくて勉強できてない人も多いのではないでしょうか? また、社会人になってまで勉強する必要性が感じられない人も多 ...

6

30歳を超えるとなかなか痩せないのに、すぐ太りますよね。 にもかかわらず以前の記事で 肥満体だと自己管理ができてないと面接が不利に働くケースがあります。BMI(肥満指数)が25を超えている場合は、ダイ ...

-仕事術

Copyright © ブラックからの転職, 2020~2021 All Rights Reserved