転職

【実体験】ブラック企業で転職活動できないときの対処法

バーガー

今勤めている会社がかなりのブラック企業だ

転職活動したいけど、激務すぎて全くできない

どうにか転職をする方法はないのかなぁ

大丈夫です

精神論になりますがやる気があれば転職できますよ

ブラック

こんにちは、ブラック企業に12年勤めたあと、最終的には大手ホワイト企業に転職できた元販売員のブラックです。

今の勤め先がブラックすぎて転職したいと思っていたとしても、そもそも会社がブラック企業だと転職活動をする時間も作れませんよね。

私自身が勤めていた会社も超が付くほどのブラック企業。

休みは月に2日ぐらいしかなく、毎日深夜の12時まで残業という悪環境でした。

そんな私でも、在職中の転職活動を成功させ転職できました。

本記事はそんな私の過去の経験から、ブラック企業で転職活動ができない時の対処方法について解説します。

ブラック企業で働いてる人は、本記事をヒントに一刻も早くブラック企業から抜け出してくださいね

ブラック企業で転職活動が出来ない理由

まずはブラック企業で転職できない理由を整理します

自分の環境と照らし合わせて確認してみてくださいね

休日出勤がある

ブラック企業は、休日出勤があるのが当たり前。

そのため、転職活動の準備ができないという人も多いでしょう。

休日出勤があったとしても、オンとオフのスケジュールがしっかり組めれば問題ないのですが、そうでないのがブラック企業。

面接の予定を入れたとしても、もし仕事でキャンセルになったらと考えると踏み切れない人も多いでしょう。

バーガー

拘束時間が長いのが一番の原因なんだよね

有給が取れない

先ほどの理由に非常に近いものですが有給が取れないのも、転職活動ができない理由としてありますよね。

ブラック企業は、基本的に有給がとれません。

取れるとしたら冠婚葬祭のみという会社も多いでしょう。

そのため面接の日程調整が難しいと考えている人も多いと思います。

ブラック

有給取得の悩みは尽きないですよね

会社の規定で転職活動できない

これは結構ブラック企業あるあるなのですが、就業規則として転職活動を禁止している会社もあります。

私の会社でも、就業規則として転職活動を禁止するということに署名させられていたためなかなか転職活動に踏み切れませんでした。

でも実は、日本国憲法において、何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有すると定められているため、自由に転職活動を行っても問題はありません。

出典:日本国憲法 第二十二条|e-Gov法令検索

「在職中の転職活動を禁止する」とあっても、就業規則よりも憲法が圧倒的な力を持っているため問題ないんですね。

入社時や退職時に「○年間は同業他社への転職は禁ずる」ということにサインさせらたとしても、一般的に同業他社に転職したとしても問題にならないケースが多いです。

ブラック

ただし以下は注意が必要です

就業規則で転職が禁止されている場合の注意点

問題になる場合は、以下の二点

  • 競合他社に重要機密を漏らす
  • 会社の業務中に転職活動を行う
  • 会社の端末や支給品を使って転職活動を行う

上記が当てはまる場合は、会社から懲戒解雇や損害賠償を受ける可能性があります。

そのため基本的には、水面下で転職活動を行うことが理想ですね。

ブラック

転職が決まっていたとしても、転職先を伝えず辞めるのがベスト

ブラック企業からは転職できないと思い込んでいる

実はこれが一番の問題点。

ブラック企業に勤めていると転職できないと思い込んでいる人が多いです。

  • 他の会社では通用しない
  • こんなに恵まれている会社はない
  • 辞めるなんて責任感もないのか?

普段からこのような叱責や教育を受けているため、転職できるわけないと思い込んでしまうのですね。

ブラック

実際私もそうでした

全く根拠がないことを鵜呑みにする危険さ

けれども転職活動を始めてみると、自分の希望以上の会社に転職できました。

そもそも、転職に否定的な人間の多くは実際に転職活動すらしたことのない人間。

もちろん、他の会社で働いたことがない人がほとんどです。

本当にブラック企業から転職したいのであれば、まずは自分の考え方を変えることを第一に考えましょう。

バーガー

確かに自分は出来ないと思っていた

チャレンジしてみようと思うけどどうすればいいかな?

ブラック企業にいながら転職活動をするには?

ここからが本題ですが、ブラック企業にいながら転職活動する方法について解説します。

転職サイトと転職エージェントに登録する

まずは転職サイトと転職エージェントに登録しましょう。

具体的には転職サイトで求人情報を集めつつ、転職エージェントに非公開求人の紹介や面談対策をしてもらうイメージです。

転職エージェントは、求職者の転職支援をしてくれるサービス。

今はオンラインで面談も受付してくれますし、利用しなくなったらすぐに解約も可能です。

面談日程の調整などもしてくれるので、転職エージェントを軸に転職活動は進めましょう。

転職サイトでまずは自分なりに求人を探しておく

いきなり転職エージェントに事前情報もなしに面談をすると、その求人が自分にとっての良い求人なのかどうかもわかりません。

特にブラック企業に勤めていると、一刻も早く抜け出したい気持ちから転職を焦りがちになります。

まずは自分なりにどのような求人があるのか調べておきましょう。

  • 応募条件
  • 優遇される資格
  • 気になる業界

上記を最低限調べておき、疑問点などを整理しておくことで、転職エージェントとの面談を非常に優位に進める(自分の方針や希望条件を汲み取った求人を紹介してもらいやすくなる)ことができますよ。

ブラック

転職サイトは下記がおすすめ

\簡単5分で無料登録/

おすすめ転職サイト

Re就活⇒未経験転職の求人に特化

リクナビネクスト⇒転職者の8割が登録

VIEW⇒AIが自分に向いている仕事を診断(アプリ)

事前リサーチするだけならRe就活が

簡単に登録できて調べやすいよ

まっちゃ

自分にあった転職エージェントを見つける

ブラック企業にいながらの転職活動は、あまり時間が取れません。

そのため、本格的に転職活動をはじめる前に信頼できる担当者を見つけておきましょう。

転職エージェントは、良くも悪くも担当者によって内定率は変わります。

残念ながら、報告やアドバイスがいい加減だったり、高圧的な態度をとる担当者も存在します。

そのためまずは複数登録して、自分に合った求人の紹介やアドバイスをくれる転職エージェントを探すのがおすすめですよ

おすすめ転職エージェントランキング

 

1位 doda

2位 hape Agent ※営業へ転職なら1位

3位 ワークポート

4位 リクルートエージェント

※総合評価で当サイトのリサーチ上位4社(調査対象56社)

ひと通り登録する場合は、

『お気に入りに登録しておく』か

『別のウィンドウで開く』
で、とりあえず開けておくのが時短になっておすすめです

まっちゃ

当サイトのイチオシはdodaです

転職者の2人に1人が利用しており、あらゆるタイプの求人を取り揃えているのが評価ポイント。

※表の転職エージェント名をクリックすると各転職エージェントのホームページに移動できます。

※比較表は横スクロール出来ます

doda hape Agent ワークポート リクルートエージェント
個人的評価4.7(5点満点中) 個人的評価4.6(5点満点中) 個人的評価4.3(5点満点中) 個人的評価4.1(5点満点中)
20代~ 50代対象 20代~ 35歳まで対象 20代~ 40代対象 20代~ 50代対象
当サイト総合評価No1 営業職特化の転職エージェント 未経験からITに転職するなら 求人数No1

・転職者満足度No1

・転職者の2人に1人が利用

・営業職も視野に入れているなら登録必須

・職務経歴書の添削に評判あり

・無料プログラミングスクールが使える

・IT系に転職するなら

・求人数の多さが魅力

・捌いて数をこなすという印象

詳細・評判を見る

詳細・評判を見る

詳細・評判を見る

詳細・評判を見る

dodaはサイトも使いやすく、多くの転職支援サービスの中で利便性は一つ抜きに出ています。

通常の担当者とは別に採用プロジェクト担当もいて、キャリアアドバイザーに紹介された求人以外からも自ら選んで応募できるのも魅力ですね。

※クリックで内容をチェック

ブラック

迷ったらdodaを選んでおけば問題ないでしょう。

ただし営業職への転職であれば、営業職転職でのNo1満足度を誇るhape Agentを推薦します。

なぜなら、hape Agentは担当者全員が営業職への転職に精通しており、92%の人が使って満足しているから。

営業職への転職も考えているなら登録しておいて、損はないでしょう。

未経験からエンジニアを目指すなら、IT系に強く無料でプログラミングスクールにも通えるワークポートがおすすめ。

知名度No1のリクルートエージェントは、求人数の多さが魅力ですが、多くの求職者をさばく必要があるため転職サポートが少し弱くなる傾向があります。

その他の転職エージェントをまず利用して、希望の求人がなければリクルートエージェントを利用するといいでしょう。

他の転職エージェントと併用することにより、求人数の多いリクルートエージェントの強みを最大限に活かせますよ。

バーガー

それぞれの強みがあるわけね

理想は4社と面談して良い求人があったところに絞るのがおすすめですが、少なくとも最低限の比較ができるように2社以上には登録しておいてくださいね。

そのひと手間で、転職の成功率は大きく変わります。

登録が不安な方へ

転職エージェントに登録したからといって、相談なしにいきなり転職活動がはじまるわけではありません。

面談して初めて分かることも多いので、まずは登録して転職エージェントに気軽に相談してみましょう。

利用も無料で、退会も自由、土・日でも利用可能です。

※登録の際、備考欄に「●時以降なら電話対応」 と記載しておけば、仕事中に連絡が来てバレることもありませんよ。

ブラック企業で転職活動の時間を確保するには

転職エージェントに登録すればいよいよ転職活動の開始です。

ブラック企業はいかに転職活動の時間を確保するかがポイント。

そこで、ブラック企業で転職活動時間を確保するための方法をご紹介します。

定期的な休みや定時に退社する理由の作成

当たり前ですが転職活動をするには、面接するための時間がいります。

そのため、定期的な休みの確保や定時に退社出来る日を作るなど、時間の確保が必要です。

まずは、休みを融通してしてもらう理由を作りましょう。

具体的には家族の対応だったり、通院を理由に定期的に休みや定時に退社させてもらうための表向きの理由です。

おすすめの理由

おすすめの理由は接骨院への通院ですね。

定期的に通わないと効果が出ないと、休みを融通してもらえなければ体調が悪化するという理由を作れます。

また保険適用ではないプランもあるので、会社に裏を取られる心配もありません。

転職活動をするには、もってこいの理由です

有給を取るのを前提に交渉する

注意点は職務時間内に転職活動をする時は必ず、有休を取得すること。

嘘の報告をしたうえ、職務中に転職活動をしては懲戒処分を受ける可能性があります。

休みを融通してもらった場合は必ず有給の申請を行いましょう。

例えば接骨院の通院で、午前中だけ業務を中断しているという表向きの理由があるのであれば、午前休を有給で取得するというイメージです。

有給の取得理由は嘘でも大丈夫

ちなみに有給の取得理由自体は嘘でも問題ありません。

そもそも法律上有給の取得理由を説明する義務はないですから。

バーガー

万が一バレたら?

万が一バレたとしても有給を取得した後に予定が変わり、結果として当初の申請理由と異なってしまった説明すれば問題とはなりません。

ブラック企業であれ、近年は有給が義務化されています。

前例がなかったとしても、まずは交渉してみましょう。

退職を匂わす

有給を前提とした定期的な時間の確保が難しかった場合は、退社を匂わすのも一つの手。

数字やノルマに厳しい上司も、意外と退社を匂わすと態度が変わる人が多いです。

なぜなら退職されて評価が下がるのは、上司自身であるから。

退職を匂わす理由としても、「通院のための有給ですらかなわない環境であるから」といってしまえば理にかなっています。

それでクビにされるようでしたら、会社都合になり失業保険も多く受給できます。

退職する

定期的な有給の確保が退職を匂わしても取得できないのであれば、退職してから転職活動するしかありません。

ただ、そこまでしても休みを融通してもらえない会社はアルバイト以下の待遇です。

早めに見切りをつけるべきでしょう。

20代ならまず再就職できる

20代であれば無職になっても、間違いなく何かしらの仕事に就くことはできます。

何もスキルがないのであればプログラミングスクールに通ってもいいでしょう

就職率は98%で、ITスキルがあればエンジニアのフリーランスとしても働けます。

プログラミングスクールについては下記の記事で詳しく解説していますしていますので、興味がある方は参考にしてください。

参考キャリアチェンジするならITエンジニアがおすすめである理由

こんにちは、販売職から転職してIT業界で仕事をしているブラックです。 営業の仕事は絶対に嫌だ市場価値の高い職歴が欲しい年収を上げるスキルを身に着けたい そんな人におすすめなのがITエンジニア。 なぜな ...

続きを見る

30代・40代であれば転職エージェントに相談してから

30代・40代であれば転職エージェントに相談してから、退職の手続きをすすめましょう。

退職したのに再就職できないというリスクを限りなく減らせます。

ブラック企業に勤めながらも転職できた結果

ここまでブラック企業で転職活動をするためのポイントを解説しました。

私自身も何度も挫折しましたが、最終的に転職できた結果。

  • 年収200万円アップ
  • フルリモート可の職場環境
  • 定時退社ありの勤務状況
  • 充実した福利厚生
  • 有給休暇の自由取得

当時では考えられない環境で働けています。

特別に能力が上がったわけでもなく、何か資格を取ったわけでもありません。

単純に行動をして、働く場所を変えただけです。

ブラック

つまりこれは誰にでも再現性のある話

ブラック企業から転職できないと悩んだら まとめ

以上、ブラック企業で転職活動するためのポイントを解説しました。

最後に今回の話をまとめます

  • 転職できないと思いこんではいけない
  • 転職活動を作るための表向きの理由を用意する
  • 転職エージェントと転職サイトを併用する

ブラック企業に勤めながら転職活動するのは確かに大変です。

ただ辛い環境を変えることが出来るのは自分のみ、本当に抜け出したいと思うなら今日から行動にうつしましょう。

そうすることで今の辛い環境から抜き出すことにつながりますよ!

ブラック

まずは転職サイトと転職エージェントに登録です

\簡単5分で無料登録/

おすすめ転職サイト

Re就活⇒未経験転職の求人に特化

リクナビネクスト⇒転職者の8割が登録

VIEW⇒AIが自分に向いている仕事を診断(アプリ)

おすすめ転職エージェントランキング

 

1位 doda

2位 hape Agent ※営業へ転職なら1位

3位 ワークポート

4位 リクルートエージェント

※総合評価で当サイトのリサーチ上位4社(調査対象56社)

なぜ人は仕事で悩むのか?

それは自分の強みや適性に確信が持てないから。

自分の強みに自信がなくなったり、今の仕事が向いてないのではないかと考えたことはありませんか?

そんな場合は、Re就活に登録すると無料で使える適職診断を使って一度自分の強みと向いている仕事を分析するのがおすすめ。

私自身も活用することで、自分の強みが明確になり、仕事のモヤモヤが解決しました。

無料で使えて必ず転職をする必要もありません。

診断時間はたったの3分。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

\たった3分で適職診断/

詳細記事をチェック

※無料で使えます

日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている方は、是非試してみてくださいね。

 

人気記事

1

Re就活の適職診断は、株式会社学情が提供する転職サイト「Re就活」に会員登録すると使える無料の診断サービス。 Re就活の会員登録も1分でできて、たった3分で自分の適職を診断してくれます。 ※「Re就活 ...

2

こんにちは、販売職から最終的には、大手ホワイト企業のセールスマーケティング職に転職できた元社畜販売員のブラックです。 年収100万UP(現在は200万UP) フルリモート可能 フレックス自由 有給取得 ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍での転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こ ...

-転職