販売職からの転職

【販売職から転職成功】元販売員の私が実践した6つのこと


バーガー

販売職から転職するのって難しいって聞くけどどうなの?



しっかり対策をすれば自分の希望以上の転職も可能です

ブラック

こんにちは、販売職から最終的には、大手ホワイト企業のセールスマーケティング職に転職できた元社畜販売員のブラックです。

販売職から転職を考えたときに

  • 販売職からの転職は難しいと聞いた
  • スキルが身につかないから転職できない
  • 自分に販売以外の仕事ができるか不安

このような悩みを抱えていて転職活動を躊躇(ちゅうちょ)しているかたも多いのではないでしょうか?

また、実際に転職活動をしても、良い求人が見つからない。

たまに良い求人があったとしても、書類選考が通らないなど、苦戦している方も少なくないと思います。

実際、私もはじめての転職活動には苦戦しました。

ちなみに私は、学生時代に就職活動にも力を入れていなかったため、就職ノウハウもゼロ。

当時は、特に企業研究もせずに販売職の仕事を選んだ自分を呪いましたし、本当に転職できるんだろうかと不安で仕方がなかったものです。

しかしながら、これからご紹介する6つのことを実践することによって転職活動は好転し、複数社の内定を勝ち取ります。

最終的には、学生が入社したい会社ランキングに入っている大手企業に転職できました。

その結果、感じたことは、転職が成功する人とうまくいかない人は紙一重。

ちょっとしたポイントや仕組みに気がつくかどうかで、大きく人生が変わるということです。

今回は、そんな私の過去の経験から、販売職から転職を成功させるために実践すべき6つのことをみなさんに共有します。

これから転職を考えている人や、転職活動がうまくいってない人は是非参考にしてくださいね。

関連
【経験談】販売職が使うべきおすすめ転職サイト・エージェント

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

続きを見る

販売職から異業種に転職するために実践すべきこと

販売職から転職するためには、わたしが実践したことは大きく6つです。

  • 自己分析
  • 転職サービスのフル活用
  • 転職エージェントとの面談
  • 理想の転職を実現するための逆算
  • 職務経歴書のABテスト
  • 面談に向けたキラートークの準備

項目だけ見ると「何だそんなことか」「すでにやっている」という人もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、これらの項目は多くの人が勘違いして実践しているケースが多いのも事実です。

実際、私もそうでした。

理解できているようで、そうではなかったのです。

過去の私の失敗談も含めて販売員が実践すべき6つのことをご説明します。


ブラック

騙されたと思って今一度確認していただけますと幸いです。


自己分析

自己分析とは自分の強みや弱みを分析することです。

転職活動を行うのであれば、自己分析を必ず行いましょう。


バーガー

自己分析ってよく聞くけど重要性がわからない


私自身も、東証は自己分析をあまり重要視してませんでした。

「自分のことはよくわかっている」と根拠のない自信があったからです。

結果、はじめての転職活動は苦戦します。

転職において自己分析が重要な理由は4つあります。

  • 自分の“アピールポイント”を見つけるため
  • 自分が活躍できる企業をみつけるため
  • 転職理由を明確にするため
  • 転職エージェントを味方につけるため

順にご説明します。

①自分の“アピールポイント”を見つけるため

自己分析をする一番の理由は、自分のアピールポイントを見つけるためです。

転職活動では、他の求職者にくらべて、採用後に活躍できることをアピールすることが求められます。

そのため、一番の強みを明確にしておくことが求められます。

②自分が活躍できる企業をみつけるため

ふたつめの理由は、自分が活躍できる企業を見つけるためです。

転職先を探すにしても漠然と好きな仕事やってみたい仕事では、うまく能力が発揮できない可能性もでてきます。

そうなると、せっかく転職したとしても仕事が長続きせず後悔するかもしれません。

逆に、自己分析がきっかけで自分が向いている仕事に気がつくケースもあります。

せっかく良い求人があったとしても、気がつかなければもったいないですよね。

③転職理由を明確にするため

3つめは、転職理由を明確にするためです。

転職理由が明確でないと、採用側は「またやめてしまうのではないか?」と不信感を抱かれます。

そのほか、転職するという決意をするにも有効です。

一つの区切りをつけないと、だらだら先延ばしにしてしまい、気がついたら転職できない年齢になっている人も少なくありません。

また、次にご説明する転職エージェントをうまく使うためにも明確な転職理由は必須です。

④転職エージェントを味方につけるため

最後は、転職エージェントを味方につけるため。

次のパートで説明しますが、転職活動を有利に進めるには転職エージェントの利用必要不可欠です。

参考記事

転職エージェントを経由したほうが受かりやすいって本当?

しかしながら、転職エージェントに登録するだけで転職できるわけではありません。

特に販売職の市場価値はあまり高くないので、転職エージェントにとってはあまり優先度の高い顧客でないのが一般的です。

自己分析をしっかりせずに転職の相談をしても「転職できそうにない求職者だな」と感じられます。

そうなるとサポートの優先順位が低くなってしまうんですね。

実際に私も、自己分析をあまりせずに転職の相談をした結果失敗した経験があります。

そうなってしまあわないように、自己分析ははしっかりすませておきましょう。


バーガー

大事なのは分かったけど、自己分析って具体的にはどうすればいいの?



わたしがやった方法をご紹介しますね

ブラック

転職理由を明確にする

まずはじめに転職理由を明確にします。

なぜ転職したいのか、転職してどのようになりたいのか?

  • 将来が不安だから
  • 給料を上げたいから
  • ライフワークバランスが取れないから

今の会社では解決できないかを判断して、まず自分が本当に転職する覚悟があるか整理します。

仕事の経験を整理する

次に自分が今までにやってきた仕事を整理します。

私の場合ですと、

  • 新店舗のオープニングスタッフ
  • アルバイト含めた若手の教育
  • チラシや週末売り場の考案
  • 副店長としての店長サポート
  • 店長としてのマネジメント経験

などが挙げられます。

特に他のひとがやったことがない経験があるか、印象に残っているものを確認します。

自分の強みを言語化する

次に自分の強みを言語化します。

性格的なものや仕事での成果などなんでも構いません。

紙に書いていきましょう。

言語化することにより、その言語がそのまま職務経歴書に活用できますし、面接時の自己PRにも役立ちます。

私の場合ですと

  • オープニングスタッフに選出された
  • 素直な性格である
  • 販売賞を受賞した
  • 若くして販促計画を任された

などを考えました

具体的なエピソードを交えて書き直す

強みがある程度言語化できたら、それを具体的なエピソードを交えて書き直します。

職務経歴書や面談でのアピールに活用するために、可能な限り仕事のエピソードを取り入れます。

例文

集客のアイディアを積極的に提案したことにより、最年少で販促計画を任されました。

施策のキャンペーンとして、人気商品を前年度に集客が少ない曜日限定でSNSで告知するようにしました。

それにより集客を改善させ、昨年売上105%を達成させました。

意識しているのは、コストを掛けずに今ある環境で最大限の成果を上げることです。

この考えは、扱う商品がかわったとしても有効ではないかと考えています。

上記は、私が実際にある企業で面談をしたときに使ったPRです。

非常に面接ウケが良い内容だったみたいで、その企業からは内定をいただきました。

上記は一例ですが、特に大きなものでなくても構いません。

  • ポイントカードを一番獲得した
  • 指名客が店舗で一番多かった
  • 誰よりも朝早く出勤した

自分のエピソードを交えて、具体的な数字を交えて作成します。

下記は私がやっていた、自己PRのネタを集めるための方法です。

自己PR ネタ素材集(コピペして作ってみよう)

①一度書きたいことを書いていく※ささいなことでも

・頑張ったこと

・褒められたこと

・自慢できること

②書き終わったら数字に落とし込んでいく※ 実践回数・ 売上・ 達成率・全社員中の何人など

③ライバルと差別化できそうなものに絞り込んでいく

④絞り込んで、エピソードを含めてストーリーに仕上げていく※だれに ?どこで? どのように?

⑤弱ければ①に戻る

作成できたらこれをもとに、職務経歴書を作成します。

すぐに完成させなくてもよいので、定期的に自分なりの最適解を作っていきましょう。


ブラック

職務経歴書を作成する場合は、次に紹介する転職サービスのフォーマットを使うのおすすめです


転職サービスのフル活用

販売職からの転職を成功させるためには、転職サービスの利用は必要不可欠です。

転職サイトと転職エージェントをうまく使うことにより転職の成功率は大きく変わります。

転職サイトは、求人が掲載しているポータルサイトのことリクナビネクストなどが有名です。

転職エージェントは、転職サイトの機能に加えて転職を支援してくれる担当者が付きます。

どちらも無料で使えますが、基本的には転職エージェントを活用することをおすすめします。

非公開求人の紹介や年収交渉など、活用すべきメリットが多いからです。※

※詳しくは【経験談】販売職が使うべきおすすめ転職サイト・エージェントにてご説明しています。

なにごとも独学ではうまくいきません。

転職活動は情報戦です。

どんなに努力していても、誤った方向に進んでいては全く成果がでません。

自分に何が足りてないか、何をすべきなのかも含めてしっかり情報を集めましょう。

参考までに私が使って、満足度が高かった転職エージェントをご紹介します。

ひと通り登録する場合は、『お気に入りに登録しておく』か『別のウィンドウで開く』
で、とりあえず開けておくのが時短になっておすすめだよ!

バーガー

※表の転職エージェント名をクリックすると各転職エージェントのホームページに移動できます

 

リクルートエージェント doda マイナビエージェント JAC Recruitment
個人的満足度4.7(5点満点中) 個人的満足度4.3(5点満点中) 個人的満足度3.9(5点満点中) 個人的満足度4.6(5点満点中)
20代~ 50代対象 20代~ 50代対象 20代~ 30代前半対象 20代後半~50代対象
求人数No1 手厚い転職支援 20代に強い 外資系に強い

・求人数No1なので登録必須

・迷ったら登録しておこう

・求人数No2エージェント

・リクルートより支援が手厚い印象

・若手の転職に強いので、20代におすすめ

・30代後半~の紹介は苦手

・英語スキルがなくても使えた

・結構良い求人を紹介してくれた

幅広く情報を集めるために転職エージェントには複数登録するのがおすすめです。

少し調べてみましたが、実際に転職を成功させた8割の人が転職エージェントを3社以上活用していたそうですよ。

複数登録するメリットについては転職エージェントに複数登録すると大変?【実際に複数登録しました】でご説明しています。

※各転職サイト・エージェントについてより詳しい情報は下記の記事に詳しくまとめています。

【タイプ別】おすすめ転職エージェント・転職サイト

世代別・属性別に分けておすすめの転職サービスをご紹介してます。 世代別 属性別 ※「第二新卒」は新卒で就職して4年未満の人向け。 ※「販売職から転職」は、販売・サービス・接客業から転職を考えてる人向け ...

続きを見る

転職エージェントとの面談

転職エージェントに登録した後は、転職エージェントと面談しましょう。

ここで、自己分析の答え合わせです。

自己分析の結果に考えた転職方針を伝えます。

希望する転職が、実現可能かどうかをアドバイスしてもらいましょう。

もし、不可能なのであれば何が足りてないのかを自分なりに分析。

アドバイスがあれば素直に聞き入れ、修正していきます。

冒頭でも説明しましたが、私は自己分析をおろそかにしていたので転職エージェントの信頼を得られませんでした。

あわせて、当初はアドバイスもあまり受け入れられなかったので、当然転職エージェントの優先順位は下がります。

あまり良い求人の紹介もないですし、修正すべきアドバイスもなくなっていきました。

結果、初めての転職活動は苦戦しました。

逆に転職エージェントを味方につけることを意識して、転職活動をするようになってからは、転職活動は好転しだします。

詳細はこちらの記事に記載しています

【最悪】高圧的な転職エージェントと面談。その時私がとった行動は?


ブラック

転職エージェントの面談は、企業の0次面接ぐらいの気持ちで臨むのが効果的です


理想の転職を実現するための逆算

面談を終えたら、自分の転職戦略をあらためて考えましょう。

例えば、人気企業に転職したいのが最終目標だとします。

現状、販売職から人気企業に転職するのは難しい。

なぜなら、人気企業の多くは販売職の求職をしていないから。

となると、未経験での挑戦となりますよね。

これが販売職から転職が難しいといわれる理由の一つでもあります。

けれども、同じものを売る仕事でも営業職の需要は高い。

そのため、私の場合は一度営業職を経由して、大手ホワイト企業に転職しました。

もちろん、販売職から人気企業に転職できる可能性もゼロではありません。

しかしながら、最終的な目的がしっかりしていると、妥協しないといけないときにの取捨選択が明確になります。

  • 販売職からSEを目指したいから、プログラミングスクールに入る
  • 販売職から事務職になりたいから、まずは実績を積むために契約社員から正社員を目指す。
  • 年収は下がるが、スキルが身につきそうなマーケティング職を選ぶ

必ず何回も転職することを前提と考える必要はありません。

自分自身の最終的な目標を設定し、そのために何をすべきかを計画を立てましょう。

大事なのは転職先が理想と違ったり、業績が悪くなったときも含めてセカンドプランを立てて置くこと。

そうすることで、リスクも減らせますし理想の転職を実現できますよ。


バーガー

急がば回れということだね


参考までに、この考え方のヒントになるmotoさんの軸ずらし転職をご紹介します。

引用:ダイヤモンド・オンラインよりhttps://diamond.jp/articles/-/241524

motoさんは親和性の高い仕事で年収アップの転職を繰り返しています。

motoさんも小売出身なので、一つ参考にはなるのではないでしょうか。

 自分の年齢も加味する

転職戦略を考える際には一点だけ注意しないといけないことがあります。

それは自分の今の年齢を加味して計画をたてること。

年齢によって戦略は大きく変わりますので、自身の年齢を考慮して考えましょう。

年齢ごとの転職戦略

下記に、私や元同僚の体験談をまとめていますのでよろしければご参考ください

20歳

第二新卒はやばいって本当?転職は不利なのか【体験談】

このページで第二新卒とは、短期間でも社会人経験のある20代前半の人を指します。 新卒で就職したけれども、理想と違ったということで転職を考えている人もいるのではないでしょうか。 私が新卒で入社した会社も ...

続きを見る

30歳~

販売職からの転職は30代でも可能!

販売職を長く続けてきて、他業種に転職したいもの年齢的に諦めてしまっている。 「他業種に転職するのであれば20代じゃないと難しい」と聞いてしかたなく今の仕事を続けている。 そのような人も多いのではないで ...

続きを見る

40歳以降

販売職からの転職を40代で成功させた人の話

こんにちは、販売職の仕事が好きだったものの、販売職の将来性に絶望して転職したブラックです。 40代で販売職から転職を考えていたとしても 40代で販売職からの転職は厳しい 店長経験がないと転職できない ...

続きを見る

 共通するのは、販売職の転職は年齢が上がることに難易度があがり、選択肢が少なくなるということです。

販売職から転職を考えているのであれば、早めに行動しましょう。

職務経歴書のABテスト

戦略を決めたら、希望する企業に応募していきましょう。

書類選考の通過率を上げるには、ABテストが効果的です。

ABテストとは、ある一定期間で複数のパターンを用意し、最も成果が出たものを導きだすテスト手法です。

私自身、はじめのうちは書類通過を全くしなかったのが悩みのタネでした。

しかしながら職務経歴書のABテストを繰り返すことにより、書類通過率が大きく改善されました。

具体的には

  • 職務経歴書を転職サイトや転職エージェントごとに微妙に変更する
  • 通過率が高かったものは変更せず、通過率が低いものは修正する
  • 1.2を繰り返し、最終的には通過率が高いものに寄せていく

といったことを実施しました。

職務経歴書は、一度登録したとしても後から修正可能ですが、誤字脱字以外で積極的に修正している人はあまりいません。

しかしながら、同じ職業で同じ経験にだったとしても書き方によって書類通過率は大きく変わるのが事実です。

実際、私自身も職務経歴書の書き方を変えただけで、大きく書類通過率は変わりました。

転職エージェントの査読チェックを信用しすぎるのは危険

職務経歴書を後から修正しない理由の一つとして、転職エージェントの査読チェックを受けているという点があげられます。

しかしながら転職エージェントのチェックを信用しすぎるのは危険というのが、私の正直な感想です。

転職エージェントは一日に、何人もの求職者の職務経歴書を他の業務と並行してチェックしています。

数をこなさないといけないので、そこまで一人一人の職務経歴書のチェックに時間をかけれないのが実情です。

もちろん、よっぽど間違った書き方やおかしな点があれば指摘してくれます。

けれども、特筆すべき能力がなく、転職市場で評価も高くない販売職の人間にはそこまで時間をかけれないのが、一般的です。

実際、私が書類通過した職務経歴にも後から確認したときには一部誤字が残ったものもありました。

そのため、職務経歴書に関しては、修正をかけるにこしたことはありません。


バーガー

でも、具体的にどのように修正すればいいの?


修正するのであれば冒頭を重点的にチェック

同じく採用側も同じで、多くの職務経歴書を閲覧します。

いきなり、隅から隅までチェックする可能性は低いです。

冒頭で誤字脱字があったり、魅力的ではない職歴だとその時点で不採用になっていまう可能性もあるでしょう。

販売職の経歴自体は評価が高くありません。

そこで私がやったのは、肩書に手を加えることです。

肩書は自称できるもので、役職は会社から与えられるものです。

企業によっては、肩書に関してはは自分で名刺につけることができるところも多く、従事している業務などを反映して書くことが一般的です。

この特性を活かし、肩書を目に引くものに変更しました。

  • 支援販売員→特販営業本部担当
  • 〇〇の販売→〇〇スペシャリスト
  • IT支援員→DXサポーター

旬なトレンドのキーワードや少し大げさなネーミングの肩書をつけることが効果的です。(DX・戦略・特販・推進など)

一点気をつけるべきは、役職や職歴は偽らないこと。

なったことのない役職や、やったことがない仕事を書くと経歴詐称になってしまうので気をつけましょう。

ここで、興味のあるキーワードや大げさな肩書があると、「どんな人だろう?」と興味を引くことができます。

これにより自己PRを閲覧したり、実際にはなしを聞いてみようといったチャンスが広がります。

少し抵抗がある人もいると思いますが、どんなに優秀な人でも書類で落とされてしまえば100%能力は発揮できません。

細かい内容については、面談時に詳細に説明すれば誤解されることもないのでうまく活用していきましょう。

職務経歴書の修正について、その他のテクニックやさらに細かい内容については下記の記事にまとめていますので、必要であればチェックしてみてください。

転職エージェントで書類選考が通らない!!【体験談と対策】

面談に向けたキラートークの準備

書類選考に通過した後は、面接対策です。

面談対策は、基本的に転職エージェントを利用するのがおすすめですが、私が行った面談対策をあわせてご紹介します。

よろしければ是非、参考にしてみてください。

必ず聞かれる質問のカウンタートークを準備しておく

自己分析と重複することが多いですが、下記は必ずと言っていいほど聞かれる質問です。

  1. 自己PRをお願いします
  2. 転職をする理由
  3. なぜ弊社を希望したか
  4. 質問はありますか

自分なりの最高だと思える答えは用意しておきましょう。

意外と自分だけで考えた内容は、客観的に見ると違和感があることも多いです。

自己分析の答え合わせと同じく、転職エージェントの面談対策を活用し、客観的に評価してもらうことが効果的でした。

ライバルと差別化が図れる成果物を用意する

 自己PRか最後の質疑応答の際には、自分のアピールポイントや成果物など提出できるものを用意しておきましょう。

  • 自分が作ったチラシ
  • 自分のポートフォリオ
  • PRポイントをまとめたパワーポイント

会社の機密に関わらないものならなんでもかまいません。

職務経歴書と別に用意しておくのがミソです。

私の場合は過去に作成したチラシを提出してアピールしました。

面接官は、職務経歴書は何度も見ています。

そのため、職務経歴書以外の何かを提出することがポイントです。

内容自体があまり刺さらなくても、パフォーマンスとなるため印象に残り効果抜群です。

実際、私はこのパフォーマンスを実施してから面接にの合格率が飛躍的に上がりました。

オンライン面談なら、一度共有してあとから送るのも効果的です。


ブラック

騙されたとおもって、ぜひ試してみてください。


まとめ、販売職から転職するには

 以上、今回は販売職から転職するために私が実践した6つのことをご紹介しました。

確かに、販売職から転職するのは簡単ではありません。

しかしながら、転職対策を理解して実践することにより転職の成功率は大幅に上がります。

  • 自己分析
  • 転職サービスのフル活用
  • 転職エージェントとの面談
  • 理想の転職を実現するための逆算
  • 職務経歴書のABテスト
  • 面談に向けたキラートークの準備

 項目だけみると、知っていたり聞いたことがある人も多いかもしれません。

しかしながら、本当に理解し、なおかつ緻密に計算して実践している人は僅かです。

そのため、やるべきことをやれば販売職でもライバルに差をつけることも不可能ではありません。

販売職から理想の転職を実現させるために、後悔のないように行動していきましょう。

今回は以上です。この記事の内容が少しでも皆さんにとって有益となれば幸いです。


バーガー

しっかり対策をたてて理想の転職を実現させよう!


\あなたの悩みを解決/

おすすめ記事を探す

悩みにあった記事を選んでね

人気記事

1

このページで第二新卒とは、短期間でも社会人経験のある20代前半の人を指します。 新卒で就職したけれども、理想と違ったということで転職を考えている人もいるのではないでしょうか。 私が新卒で入社した会社も ...

2

※このブログでは第二新卒を、短期間でも社会人経験のある20代前半の人を指しています。 新卒で無事に就職できたもの、実際に仕事をこなしていて理想と現実の違いから転職を考えている人も多いのではないでしょう ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍で転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こせずに悩んでいる方も多 ...

-販売職からの転職