転職

「営業職はやめとけ」って本当?ホワイト企業への転職なら天国でした

バーガー

営業職を考えているけど「やめとけ」っていわれていて、悩んでいる。

そんなことはありません。営業職はおすすめできる職種です。

ブラック

この記事の概要

  • 営業職は「やめておいたほうがいい」仕事なのか
  • 私が営業職をおすすめする理由
  • 事務や企画だけで仕事を探さないほうが良い理由

これから営業の仕事をしようとしているけど「営業職はやめとけ」「営業の仕事なんてブラック」など言われて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そのようなことを言われて、事務や企画の仕事だけで探している人も多いと思います。

結論から述べますと、営業職の仕事はおすすめできる仕事です。

営業職の仕事を探すのであれば下記の転職エージェントがおすすめです。(全て無料で使えます)

私も使いましたが、転職エージェントを使うと転職の成功率が何倍にもあがります。

転職を成功させるために、ぜひうまく活用しましょう。

\5分で無料登録/

おすすめ転職エージェント

※転職エージェントについてより詳しくは【タイプ別】おすすめ転職エージェント・転職サイトにまとめています

私は、もともと家電量販店で販売職をしており、外回り営業の仕事を経て、大手ホワイト企業に転職できました。

学歴も大したことがないので、営業職の職歴がなければ、ここまで良い会社に転職できなかったと思います。

なぜ営業職は「やめとけ」と言われるのか

営業職と聞くと、やはりネガティブなイメージも多いと思います。

営業職の悪いイメージ

  • ノルマがきつそう
  • クレーム対応をしなければいけない
  • 残業が多い
  • 外回りがきつい
  • 接待が多そう
  • 契約がとれなければ上司に詰められそう

 


このような理由から、事務局、企画職がいいという意見もよく聞きます。

大手ホワイト企業なら全て皆無だった

私の前職の仕事内容であれば、営業職は「やめとけ」といわれてもあまり大きく否定できないかもしれません。

当てはまるケースも多かったです。

しかしながら、 転職先での営業職の仕事は、上記のような悪いイメージとは別物でした。

順にご説明します。

ノルマがきつそう

私の場合は、目標はあるものの、チーム全体での目標数字となっていました。

そのため、個人でいくらやれのようなこともありませんでした。

また、目標というより計画通りに進んでいるかどうかをチェックして、その進捗が評価されます。

クレーム対応をしなければいけない

トラブルがあれば、もちろん対応しなければいけませんが、取引先も大手メーカーなので、非常識な要求や理不尽な要望はあまりありませんでした。

どちらかというと、合わない上司との対応のほうがストレスが溜まります。

残業が多い

残業は、営業職だからではなく会社の文化に依存します。

転職してからは、平均残業20時間ぐらいです。

外回りがきつい

今の会社は完全テレワークなので、外回りはあまりありませんでした。

複数人で、大企業に定期的にアプローチするだけです。

定期的にお客先にお伺いすることもありましたが、オンラインで打ち合わせさせていただくケースも多かったです。

接待が多そう

昨今、コロナウイルスの影響で飲み会はなくなりました。

しかしながら、接待があったときもコンプライアンスが非常にしっかりしているので、飲み会も苦になるレベルではありませんでした。

会社の経費で美味しいご飯を食べているぐらいの印象です。

ノンアルコールで乾杯をお願いしても、変な空気に一切なりません。

契約がとれなければ上司に詰められそう

同じくコンプライアンスが、しっかりしている会社であれば詰められることはありません。

もし、上司とうまくいかなかった場合の対処法も後ほどご説明します。

なぜ営業職がおすすめなのか?

バーガー

でもそれって、一握りのホワイト企業のケースだよね?

もちろん、ホワイト企業に転職できるのが理想ですが、そうでなくても営業職はおすすめです。

ある程度、辛い思いをしてでも営業職の仕事につくことはメリットが多いのが事実。

その理由を続いて、ご説明します。

営業職は転職に有利

転職市場で特に際立ったスキルがない場合は、営業職が圧倒的に有利です。

この記事を書いている時点での求人数も、営業職は販売職に比べ約4倍の求人が出ていました。

事務職に比べてだと約10倍、企画職に比べてだと約2倍の求人です。

また、他業種や別の職種に転職する場合も、営業経験というのは評価されやすいです。

過去の私の経験談

私が初めて転職活動をしたときの職業は販売員(店長)でした。

当時、接客力には自信があり過去にはメーカーから表彰されたこともあったのですが、転職エージェントでは全く評価されませんでした。

強みを聞かれて、「営業力、販売力です」と回答しても「それは強みになりません」とはっきり言われたことを覚えています。

そのために私は、社内の外販事業部に異動願いを出しました。

外回り営業の経験ありの職歴を残すことによって、最終的には大手ホワイト企業に転職できました。

今の勤め先の中途採用で同期入社の友人(40歳)では、販売員⇒零細企業営業⇒中小企業営業⇒大手企業営業⇒同大手企業企画(現在) といった経歴の方もいます。

特にアドバンテージになるスキルや資格がないのであれば、まず(可能であれば営業職の職歴をつけて)営業職の求人を狙うのがキャリアアップには効果的です。

営業職はAIが進化しても「なくならない職種」である

営業職はAIが進化してなくならない仕事と言われています。

将来亡くならない仕事の一例

  • 営業職
  • データサイエンティスト
  • 介護職
  • カウンセラー
  • コンサルタント 医師 教師


上記がAIが進化してもなくならない職種として挙げられている一部です

間違った認識

よくテレビでえらそうなコメンテーターが「AIが発達して営業職がなくなる。アマゾンみていたら分かるでしょう?」といっています。

私はその話を聞いて、「実際に現場を知らない人がわかったような気になって無責任な発言をしている」と感じます。

私は、職業柄AIソリューションを扱う機会が多いです。

確かに、医療分野でさえ電子カルテやAIが判断して病気の早期発見するなどのことがすでに実用化されており、AIの進化はすさまじいです。

しかし、最終的に決断を下すのは医師がするというふうに役割分担されています

AIは今後も発展すると思いますが、少なくともこのブログを御覧になられている方が仕事をされている間は、営業職がなくなることはないと考えます。

その代わりに、営業職には足で稼ぐといった根性ではなく、最新ツールにうまく適応し使いこなせるスキルが求められるのではないかと予想されます。

下記の動画でも似たようなテーマで話されてますのでご参考下さい。

※タイトルは、営業職はもうやめとけですが、最後までご覧いただくと私の伝えたいことがわかると思います。

内容は営業職はやめとけ、営業職の仕事は淘汰されていくと言う動画です。

一見、営業職に 未来がないように言われていますが、最終的には、足だけで稼ぐような体育系の営業が淘汰されると説明されています。

この動画の意図は、効率よく顧客にアプローチできる人が生き残るということです。

バーガー

動画のタイトルだけで先入観をもってしまったらだめだね

賢い人は、もうお気づきかもしれませんが、最終的に商談を成立させるのは「人」なんですね。

個人がネットで買うような安い商品なら、もちろんWebだけで完結されます。

しかしながら、一定上の金額の商品になってくると商談をまとめる人の力は必ず必要になるのが一般的。

そのため、営業職の仕事はなくならないといっていいでしょう。

なくなるといっているのは、実際にビジネスをしたことがない人や理解できてない人だと考えます。

営業職をするとビジネス感覚が養われる

バーガー

でもそれならマーケテイングの仕事のほうがいいんじゃないの?

営業職の仕事とマーケテイングの仕事とが選べるのであれば、マーケティングの求人に応募してもいいかもしれません。

しかしながら、もし営業職のほうが待遇が良いのであれば、わたしなら営業職を選びます。

私は、転職の際に営業職で採用されたものの、現在セールスマーケティングという仕事についています。

配属先は全国の営業のビジネス戦略を考えたり支援をする部署。

営業がビジネスを有利にするために、提案書を作成したり、お客様に営業に代わって提案商品を説明したりする仕事です。

仕事柄、商品の企画に携わったり、イベントの計画もします。

今現在、マーケテイングだけをやってきた人とも一緒に仕事をするのですが、基本的にマーケテイングのしごとだけやってきた人は、使い物にならない人が多いです。

現場のビジネス経験がないのに、机上の空論だけですすめているので、現場が求めているものとミスマッチの提案をよくしています。

無駄に分析ばかりして結果が出ない人も多く見てきました

営業を経験した人はマーケティングに向いている

逆に、セールスマーケテイング職で元営業職の人はものすごく優秀な人が多いです。

お客様と直接ビジネスをした経験があるので、お客様課題を解決するアイディアが思いつきやすく、現場にあった施策を展開できるんですね。

てまえみそですが、セールスマーケテイングの経験が1年しかない私のほうが、セールスマーケテイングだけをやってきた人より成果があがっています。

現場の経験が活きているんだね

バーガー

企業にとって最も重要な部門である

よく、大手企業がリストラ何千人とかニュースになりますが、まず真っ先にクビを切られるのは間接部門です。

間接部門というのはお客様と直接やり取りしない部門のことです。事務・企画・開発など

大企業に勤めていた私の友人も、人員整理があったときも「退職するか営業職になるか選べ」と言われました。

それほど営業職は企業にとって重要な位置づけ

また、せっかく間接部門に入ったとしても会社の体制が変わったことにより、配置転換されるケースなどはよくあります。

別の職種にもステップアップしやすい


逆にダイバーシティーという観点から、営業職から別の職種に異動できるケースが最近は増えています。

私の会社で見たケースでは下記のパターンがありました。

営業職から異動できる職種

  • コンサルティング
  • マーケテイング
  • 広報
  • 企画
  • 事務
  • 人事
  • 営業アシスタント
  • SE(20代)

特に20代の場合は選択肢が広がります。

大手企業では、若手の離職率を下げるために全体的に融通を利かしてくれるケースが多いです。

自分で異動希望を出せるケースもありますし、最終カードとしては営業職が合わない場合は休職するという選択肢もありです。

大手企業の場合は、合わない職場に休職してから復帰させることはあまりありません。

コンプライアンスの面から、休職からの復帰は間接部門への異動を融通してくれるケースが多いです。

営業職はおすすめできる仕事


少しは営業職にも魅力を感じていただけましたでしょうか?(笑)

今回お伝えしたかったことは「営業職に絶対なりましょう」ということではありません。

営業職の求人が多い以上、営業職以外に無理に固執すると選択肢の幅を大きく狭めてしまうということです。

営業職を経由し、最終的には自分がやりたい仕事につくというキャリアプランを持っておくことで、転職活動はより優位に進めることが可能です。

最近は、企業もダイバーシティをすすめる傾向が多いため、研究職や技術職以外は様々な経験を持つ人のほうが優遇されるケースも増えています

営業職という職歴はあなたのキャリアにとって大きな武器となるでしょう。

魅力的な企業の求人が見つからない。営業職以外の応募で成果が出ない場合は、一旦営業職の求人も検討してみてはいかがでしょう。

今回のまとめ

  • 大手ホワイト企業であれば営業職はそれほどつらくない
  • 営業職の仕事はなくならないし、リストラにも強い
  • 職歴としても転職に優位に働くケースが多い
  • 先入観で自分のキャリアを狭めてしまわないように

先入観や周りの意見にとらわれず、自身のキャリアを考えて仕事は選びましょう!

ブラック

なぜ人は仕事で悩むのか?

それは自分の強みや適性に確信が持てないから。

自分の強みに自信がなくなったり、今の仕事が向いてないのではないかと考えたことはありませんか?

そんな場合は、Re就活に登録すると無料で使える適職診断を使って一度自分の強みと向いている仕事を分析してみましょう。

私自身も活用することで、自分の強みが明確になり、仕事のモヤモヤが解決しました。

無料で使えて必ず転職をする必要もありません。

診断時間はたったの3分。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

\たった3分で適職診断/

詳細記事をチェック

※無料で使えます

日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている方は、是非試してみてください。

 

人気記事

1

Re就活の適職診断は、株式会社学情が提供する転職サイト「Re就活」に会員登録すると使える無料の診断サービス。 Re就活の会員登録も1分でできて、たった3分で自分の適職が分かるのが魅力です。 ※「Re就 ...

2

こんにちは、販売職から最終的には、大手ホワイト企業のセールスマーケティング職に転職できた元社畜販売員のブラックです。 年収100万UP(現在は200万UP) フルリモート可能 フレックス自由 有給取得 ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍での転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こ ...

-転職