転職

【経験談】営業職が楽しすぎる件

バーガー

営業職が楽しすぎるって本当?

辛いとしか聞いたことがないけど。。。

営業職の仕事は楽しいですよ

ブラック

今の仕事がつまらない、キャリアアップしたいと考えているならお勧めできるのが営業職の仕事。

特筆したスキルがなくても比較的高い年収も目指せますし、営業経験がある転職にも有利です。

私自身も営業職を経験して、キャリアアップを実現できました。

ただ営業職の仕事と聞くと、辛いとかノルマが厳しいという印象だけがありませんか。

本記事では営業職の魅力と楽しすぎる理由を徹底解説。

合わせて営業職への転職のポイントを解説します。

筆者の経歴

  • 特筆したスキルはなし英語もできない
  • 販売員→店長→営業職を経て大手ホワイト企業に転職
  • 転職して年収200万UP

営業職への転職を考えている人は、ぜひご一読いただき、キャリアプランのヒントとしてくださいね。

\営業職に転職するなら/

※92%が満足したと回答した転職エージェント

評判・口コミはの記事はコチラ

営業職が楽しすぎる理由

私が営業職をやっていて、楽しすぎると感じたのは大きく五つ。

  • 日常的に様々な人と仕事をすることができる
  • 退屈しない
  • 比較的成果が給与に反映されやすい
  • 自分のペースで仕事ができる
  • 自分の能力が数字に出る

それぞれ解説していきます。

様々な人と関われる

一つ目は様々な人と関われること。

普段生活していると接点がないような人とも、顧客として関わることができるのが魅力。

色々な考え方を知ることが出来て、良い出会いや別れも発生します。

顧客から学ぶことも多く、下手なドラマよりドラマチックな展開があることも。

ブラック

人として、成長させてもらうことも多いです

業界にパイプができやすい

対象顧客の業界にパイプができやすいのもメリット。

その人脈を生かして、起業する人も多くいます。

退屈しない

営業の仕事をしていると退屈しません。

自分なりに考えて、売上を上げるための手法を考え実践できるから。

常に市場のトレンドは変わりますし、立ち回りも変わります。

また外に出歩けるのも魅力の一つ。

出歩けるのは大きい

特に外に出歩けるのは、新たな発見や刺激も多く退屈しない要素の一つ。

世の中の多くの仕事は、限られた場所で働きます。

私自身も、販売職で毎日同じようなフロアで働いていました。

毎日同じ景色を見ていると、非常に憂鬱になるんですね。

ブラック

まさに籠の中の鳥。。。

ルーティン業務だけにならない

同じように人と関わる仕事でも小売業や接客業は、ルーティン業務になりがち。

もちろん自分なりに、毎日改善すべき課題を持って働くこともできますが、営業職に比べると選択肢が少ないと感じます。

小売業や接客業で退屈している人にとっては非常にお勧めできるといえますね。

成果が給与に反映されやすい

営業職は売り上げに応じて、ボーナスが増えることも多いです。

調子が良かった時期のボーナスを見るのは非常に楽しみでしたね。

成果が給与に反映されやすいのも営業職の魅力。

極端な話、売上しか評価されない業態もあるぐらい。

特筆するべき資格やスキルがなくても、自分の腕ひとつで売上を上げることも可能なのが営業職。

ブラック

自分の実力で給料が上がったときの喜びはひとしおです

自分のペースで仕事ができる

仕事に慣れてくると、自分のペースで仕事ができるのも良かった点ですね。

営業職は、月ごとや四半期ごとに目標が設定されている場合がほとんど。

そのため月初に大きな商談を成約すれば、目標達成。

極端な話、うまくさぼってもいいわけです。

定期的に売上を管理する面白み

ある程度顧客がついてきたり、定期的に売上が上がる仕組みを作れば、それを管理するのも楽しいですよ。

4月にはAの顧客、6月にはBの顧客の売上が見込める。

けれども8月にはなにも商談がないから、8月は頑張って活動しようみたいなイメージです。

ただ単純なルーティーンと違って、自分の裁量で売上をコントロールするので退屈しません。

バチッと自分の計画通りに進んだときは楽しすぎます。

計画性がない私も、営業職の仕事についてから、物事に対してしっかり計画を立ててから行動することができるようにもなりました。

リモートやフレックスもある

近年、リモートワークやフレックスを導入している企業も多いです。

前職では導入されていませんでしたが、今の職場では導入されており非常に快適。

連日残業で夜遅くまで働いた日は、フレックスにて遅めの出社をすることも選択できます。

本気で集中したい時は、出社して働くことも出来ますし、まったり自宅で仕事をしたいならリモートワークで仕事をすることも可能ですよ。

ブラック

自宅でお気に入りの BGM を聞きながら仕事をするのは楽しすぎます

営業職は仕事以外の楽しみも多い

営業職をしていて感じたのは、仕事以外の楽しみも多いという点。

ここからは私が営業職をしていて仕事以外で「楽しすぎる」と感じた点を3つご紹介します。

  • 出張が楽しい
  • 外食を食べ歩ける
  • カレンダー通りの休日

出張が楽しい

一つ目は出張が楽しいという点。

全国展開しているビジネスの営業なら、出張も多くなります。

出張して感じたのは、まだまだ知らない世界が多くあるんだなということ。

旅行では絶対に行かないような地域にも訪問し、仕事終わりに観光して帰りました。

ブラック

地域の名産やお土産を選ぶのも楽しいです

外食を食べ歩ける

出張がなかったとしても、外食を食べ歩けるのは営業職の魅力。

営業職の仕事になってから、ランチの美味しい店に詳しくなりました。

「その界隈の美味しいお店は、営業に聞け」という人もいるくらい。

私みたいに外食が好きな人には嬉しいですよね。

バーガー

外に出て歩けるメリットの一つではあるね

カレンダー通りに休める

これは一部の人にしか理解されないかもしれませんが、なんといってもカレンダー通りに休めるのも魅力。

特に休みが不定期な人は、カレンダー通りに休めるというのはこんなに楽なのかと感じると思います。

同じような仕事をしていたとしても、休みが定期的になっているか、不定期なのかで疲れの取れ方は段違い。

ブラック

自分で仕事をコントロールして有給を取りやすくもできますからね

平日休みの仕事をしている人にとっては、魅力的な仕事であることは間違いないでしょう。

営業職のつらいところ

バーガー

いいことばかりだけど、辛いことはないの?

もちろんつらいいこともありました

ブラック
  • 売上を求められる
  • クレームの窓口となる

上記2点が営業職をしていて辛いと感じたところです。

ただ、この問題に関しては、業種や勤務する会社によるところが大きいでしょう。

実際私は、2つの会社で営業職を経験しましたが、顧客の規模が大きいところだと、そこまで個人に対して売上を求められることはありませんでした。

売上はあくまでチームに対して求められ、個人一人の責任はそこまで大きくないという環境。

評価も計画に対して、自分がやるべきことをやったかどうかということが重要視されます。

また、クレームの窓口になるケースもほとんどありませんでしたね。

ブラック

つまり、どのような社風の会社を選ぶかが重要です

営業職の適性について

もちろん、社風があっているからといってすべての人に営業職をおすすめしているわけではありません。

そこで、どのような人には特に営業職をおすすめできるかをご説明します。

営業にも向き不向きがありますので、転職を考えている人は参考にしてくださいね。

営業職をおすすめできる人

今の仕事からキャリアアップしたいと考えている人で

  • 人と話すことが好き
  • キャリアアップしたい
  • メンタルが強い
  • 活動的である

これらが当てはまる人は営業に向いてます。

なぜなら、営業職にとって重要な要素のひとつだから。

バーガー

向いてない人は?

営業職をおすすめできない人

営業職に向いてない人は以下の通り。

  • 人と話すのが苦手な人
  • 思考停止で作業するほうが好きな人

上記2点が当てはまる人は正直営業職には向いてないので、転職するのは辞めたほうがいいでしょう。

営業職としては致命的です。

メンタルは弱くても大丈夫

よくメンタルが弱いから営業に向いてないと感じている人もいますが、そこはあまり気にしなくてもいいでしょう。

もちろんメンタルが強いに越したことはないです。

ただメンタルが弱いからこそ、できる提案があるのも事実。

打たれ弱いのに営業成績が良い人もたくさんいます。

過度なメンタルが求められるような営業の仕事は、職場や会社自体に問題があると言いますからね。

ブラック

ちなみに私も、そんなにメンタルは強い方ではありません。

営業職を視野に入れて転職活動をしてみようと思う

ポイントや注意点ってある?

バーガー

営業職に転職するためのポイント

営業職に転職するためのポイントは以下の通り

  • 斜陽な産業は避ける
  • 優先順位を決める
  • 転職エージェントを使う

それぞれ解説していきます。

斜陽な産業は避ける

営業職でキャリアアップするための一番大事なポイントは、斜陽な産業は避けるということ。

儲からない業界では、給料も上がりにくいですし、業界経験が評価されにくいです。

具体的には

  • 印刷業界
  • ゴルフ業界
  • 卸問屋系

などが挙げられます。

あくまで一例ですが、会社の業績が停滞しているかどうかが一番の基準。

キャリアアップを狙うのであれば、扱う金額が大きい業界や、これから伸びていきそうな会社を目指しましょう。

ブラック

業界のシェアをとっている会社でもいいですね

おすすめはIT業界

おすすめは IT業界です。

なぜなら需要に対して、供給が追いついていないから。

扱う金額も大きく、比較的儲かりやすい形態でこれからも伸びが期待できますよ。

逆に足で稼ぐような、古い体質の営業職は淘汰されていくので、転職するのであればしっかり会社をリサーチすることが重要です

※参考動画

タイトルでだけ見ると営業職の未来がないように見えますが、ITを使いこなしていく営業が生き残るという話です。

ブラック

営業職の未来は明るいですよ

優先順位を決める

営業職に転職するなら、優先順位を決めておきましょう

  • 年収を上げたい
  • ライフワークバランスを充実させたい

どちらを優先させるかで、おすすめの業界の変わります。

  • 大変だったとしても大きく稼ぎたい⇒保険営業や不動産営業
  • ライフワークバランスを充実させたい⇒法人営業やルート営業

自分が何を大切にするかキャリアプランは変わりますので、優先順位を明確にしておきましょう。

再転職する場合は、同じ業界で働いたほうが給料は上がりやすいので、転職先が合わなかったときの保険にもなります。

転職成功者の多くは複数回転職している

一度の転職で全てを手に入れるのが理想ですが、未経験からの営業転職だと大手は難しいケースも多いです。

そんな場合は、次の転職も視野にいれて転職するのもおすすめ。

必ずしも複数回転職する必要はありませんが、選択肢を増やしておくことによって、自分の理想に近づきやすくなります。

自分の優先順位だけは明確にしておいてくださいね。

転職エージェントを使う

キャリアプランや自分にあった業界をリサーチするためにも転職エージェントは活用しましょう。

転職エージェントは、求職者に転職のアドバイスやおすすめの求人を紹介してくれるサービス。

【実体験】直接応募より転職エージェントを経由したほうが受かりやすい?でも解説していますが、転職エージェントを使うことによって転職成功率は格段に上がります。

うまく活用して、理想の転職を実現させてくださいね。

営業職転職におすすめの転職エージェント

参考までに営業職に転職する場合オススメの転職エージェンをご紹介します。

一番のおすすめはhape Agent

hape Agent

\5分で無料登録/

※92%が使って良かったと回答した転職エージェント

hape Agentの特徴

  • 営業職に特化した転職エージェント
  • 60分以上の丁寧なカウンセリング
  • 90%以上の書類通過率

hape Agentは、営業職に特化した転職エージェントです。

転職支援の質を売りにしていて、職務経歴書の添削には定評があります。

求職者の個性や経験に合わせた推薦文や選考書類の作成・添削をおこなっており、90%以上の書類選考の通過を実現。

430社ある転職エージェントの中で、転職エージェントランキング「ユーザー満足度部門」で4年連続1位を獲得しています。

また、あらゆる業界の営業職に対応した300種類以上の職務経歴書のテンプレートを用意しているも魅力ですね。

ブラック

営業職への転職を考えているなら、登録しておきたい転職エージェントです

比較できるようにその他の転職エージェントも併せてご紹介します。

ひと通り登録する場合は、

『お気に入りに登録しておく』か

『別のウィンドウで開く』
で、とりあえず開けておくのが時短になっておすすめです

まっちゃ

当サイトのイチオシはdodaです

転職者の2人に1人が利用しており、あらゆるタイプの求人を取り揃えているのが評価ポイント。

※表の転職エージェント名をクリックすると各転職エージェントのホームページに移動できます。

※比較表は横スクロール出来ます

doda hape Agent ワークポート リクルートエージェント
個人的評価4.7(5点満点中) 個人的評価4.6(5点満点中) 個人的評価4.3(5点満点中) 個人的評価4.1(5点満点中)
20代~ 50代対象 20代~ 35歳まで対象 20代~ 40代対象 20代~ 50代対象
当サイト総合評価No1 営業職特化の転職エージェント 未経験からITに転職するなら 求人数No1

・転職者満足度No1

・転職者の2人に1人が利用

・営業職も視野に入れているなら登録必須

・職務経歴書の添削に評判あり

・無料プログラミングスクールが使える

・IT系に転職するなら

・求人数の多さが魅力

・捌いて数をこなすという印象

詳細・評判を見る

詳細・評判を見る

詳細・評判を見る

詳細・評判を見る

dodaはサイトも使いやすく、多くの転職支援サービスの中で利便性は一つ抜きに出ています。

通常の担当者とは別に採用プロジェクト担当もいて、キャリアアドバイザーに紹介された求人以外からも自ら選んで応募できるのも魅力ですね。

※クリックで内容をチェック

ブラック

迷ったらdodaを選んでおけば問題ないでしょう。

ただし営業職への転職であれば、営業職転職でのNo1満足度を誇るhape Agentを推薦します。

なぜなら、hape Agentは担当者全員が営業職への転職に精通しており、92%の人が使って満足しているから。

営業職への転職も考えているなら登録しておいて、損はないでしょう。

未経験からエンジニアを目指すなら、IT系に強く無料でプログラミングスクールにも通えるワークポートがおすすめ。

知名度No1のリクルートエージェントは、求人数の多さが魅力ですが、多くの求職者をさばく必要があるため転職サポートが少し弱くなる傾向があります。

その他の転職エージェントをまず利用して、希望の求人がなければリクルートエージェントを利用するといいでしょう。

他の転職エージェントと併用することにより、求人数の多いリクルートエージェントの強みを最大限に活かせますよ。

バーガー

それぞれの強みがあるわけね

理想は4社と面談して良い求人があったところに絞るのがおすすめですが、少なくとも最低限の比較ができるように2社以上には登録しておいてくださいね。

そのひと手間で、転職の成功率は大きく変わります。

登録が不安な方へ

転職エージェントに登録したからといって、相談なしにいきなり転職活動がはじまるわけではありません。

面談して初めて分かることも多いので、まずは登録して転職エージェントに気軽に相談してみましょう。

利用も無料で、退会も自由、土・日でも利用可能です。

※登録の際、備考欄に「●時以降なら電話対応」 と記載しておけば、仕事中に連絡が来てバレることもありませんよ。

営業職経験によって変わる未来

営業職は向いてる人には非常に楽しすぎるしごとですし、営業経験があることによって市場価値も上がります。

私自身も営業職に転職したことによって

  • 年収200万円アップ
  • フルリモートも可能な職場環境
  • 定時退社ありの勤務環境
  • カレンダー通りの休日
  • さらに高年収な外資企業からのオファー

販売員時代では考えられないような環境を手に入れることができました。

しかしながら自分の能力がすごく上がったわけではなく、適正がある仕事に就いただけ。

ブラック

これは誰にでも再現性のある話です

向いてる人にとってはキャリアアップが目指せるんだね

バーガー

営業職は楽しいしキャリアアップも目指せる

以上、営業職が楽しすぎる理由と、営業職転職のポイントをご説明しました。

最後に、本記事の内容をまとめます。

  • 営業職は楽しいしキャリアアップできる仕事
  • 向いてない人はいるので適性は判断すべき
  • 転職するなら業界選びや優先順位が重要
  • 転職を成功させるためには転職エージェントを活用する

営業職は向いてる人にはキャリアアップできるし、非常にお勧めできる仕事です。

しかしながら、営業職といっても業界や会社によって様々。

転職を後悔しないように、しっかり情報収集して理想の転職を実現させてくださいね。

ブラック

あなたが良い仕事に就けるように応援しています

営業職を検討してみるか

バーガー

\営業職に転職するなら/

※92%が満足したと回答した転職エージェント

評判・口コミはの記事はコチラ

参考 営業職が楽しい 楽しすぎと言っているなんjの書き込み

5: 名無しの横国就活ch : 22:12:47.378 ID:hayTv/3XM

上司、部署、会社次第としか
うちの会社は直行直帰が当たり前だからいくらでもサボれるけど
不動産営業とB to Bの部材メーカー営業じゃあ環境全然違うやろ 

6: 名無しの横国就活ch : 22:13:24.477 ID:JgikmWQ9M

新規開拓営業やってたけど契約取れた時の達成感は一番だよ

まぁそれだけ取れるまでしんどいんだけど 

参考 営業職の感想

 

なぜ人は仕事で悩むのか?

それは自分の強みや適性に確信が持てないから。

自分の強みに自信がなくなったり、今の仕事が向いてないのではないかと考えたことはありませんか?

そんな場合は、Re就活に登録すると無料で使える適職診断を使って一度自分の強みと向いている仕事を分析するのがおすすめ。

私自身も活用することで、自分の強みが明確になり、仕事のモヤモヤが解決しました。

無料で使えて必ず転職をする必要もありません。

診断時間はたったの3分。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

\たった3分で適職診断/

詳細記事をチェック

※無料で使えます

日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている方は、是非試してみてくださいね。

 

人気記事

1

Re就活の適職診断は、株式会社学情が提供する転職サイト「Re就活」に会員登録すると使える無料の診断サービス。 Re就活の会員登録も1分でできて、たった3分で自分の適職を診断してくれます。 ※「Re就活 ...

2

こんにちは、販売職から最終的には、大手ホワイト企業のセールスマーケティング職に転職できた元社畜販売員のブラックです。 年収100万UP(現在は200万UP) フルリモート可能 フレックス自由 有給取得 ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍での転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こ ...

-転職