転職

【対処法】サービス業でも土日に休むべき理由|わがままではない

バーガー

サービス業でも土日休みたい

けど、そんな考えはわがままなのかなぁ

そんなことはありません

サービス業でも土日に休むべき理由はありますよ

ブラック

こんにちは、接客・サービス業の仕事に10年間従事していた元販売員のブラックです。

サービス業で働いていて常につきまとうのが「土日休めない問題」。

週末は特に人員体制を厚くしたいのが一般的のため、土日に休むことができなくて悩んでいる人も多いでしょう。

過去の私もそうでした、何年間も平日が休めない日が続いて、接客・サービス業についたことを後悔したものです。

しかしながらその考えは大きな誤りでした。

結論から述べると、土日に休みがほしいのであれば遠慮せずに交渉すべき。

なぜなら、土日に休むことが本人だけでなく会社にとってもメリットになるから。

下手に我慢することは、実は会社にとっても周りに不利益になりますよ。

筆者の経歴

  • 管理職として100人以上の販売員と関わる
  • 週末に定期的に休むシフトを過去に実施
  • 販売員→店長→営業職を経て大手ホワイト企業に転職

本記事では、サービス 業でも土日に休むべき理由を徹底解説。

合わせてサービス業で土日に休むためのポイントも解説します。

本記事を読んで、ストレスがない働き方のヒントとしてくださいね。

サービス業でも土日に休むべき理由

誰にでも休息が必要な時があります。

サービス業に従事する人であれば、なおさら重要。

なぜならストレスや疲労、燃え尽き症候群を軽減し、サービスの質の向上につながるから。

理想は定期的な週末休み

理想は、週末に定期的に休みを取ること。

毎週取るのは難しいと思いますが、定期的に取ることでリセットする時間ができ、次の週をクリアで集中した心で取り組むことができます。

さらに、自分のために時間を使うことで、エネルギーを与え、目的意識を持つこともできるのもメリットですね。

週末でなければできないことも多い

また、人生においては週末でなければできないことも多いのが事実。

  • 友人や家族と過ごす
  • 子供のイベントに参加する
  • 趣味を楽しむ
  • アウトドアや旅行に出かける

特に子供のイベントや、友人との旅行には週末の休日は避けてとおれません。

ずっと我慢し続けないといけないというのは、仕事におけるモチベーション低下を引き起こします。

逆に、週末に休みを取ることで仕事への不満を解消することにも繋がります。

バーガー

まさに今そうなっている。。。

サービス業で土日を休むためのポイント

さてここからが本題ですがサービス業で土日を休むためのポイントについてです。

ポイントは4つ

  • 我慢せずに土日休みたいことは伝える
  • 早い段階でスケジュールは伝えておく
  • わがままにならず周りに配慮する
  • 土日を休むために成果を挙げる具体策を提案する

順に細かく解説します

我慢せずに土日休みたいことは伝える

一つ目のポイントは我慢せずに土日を休みたいことを伝えること。

実は、諦めてしまって伝えることができない人が結構います。

管理職として一番困るのは、業務に支障を来すこと。

モチベーションも業務に支障をきたす要因の一つ。

ブラック

経験上間違いありません。

伝えることの重要性

上司というのは、部下というのを分かっているようで分かっていません。

私自身が管理職をしていて一番困るタイプは文句の言うタイプでなく、不満を溜め込むタイプ。

そのためまずは期待薄でも、上司に土日に休みが欲しいことを伝えましょう。

もし、すぐに土日の休みが実現できなかったとしても、伝えることで今後は考慮してくれる可能性もでてきます。

逆に全く交渉の余地がないのであれば、上司を見切る一つの判断材料にもなりますからね。

早い段階でスケジュールは伝えておく

伝えるのであれば、早い段階でスケジュールは伝えておきましょう。

あくまでサービス業はチーム制。

他の人に迷惑をかけないことが理想です。

早ければ早いほど、管理職も対応するために手が打ちやすくなります。

わがままにならず周りに配慮する

注意すべきは、自分だけのことを考えず周りに配慮すること。

他にも土日に休みたいという人がいるのであれば、その人のことも考えましょう

我慢する必要はない

ただし配慮するにしても我慢する必要はありません。

  • みんな我慢しているから
  • 自分は独り身だから
  • 大した成果も出してないし

このような理由で我慢すると、問題の解決にはつながらないからですね。

土日を休むために成果を挙げる具体策を提案する

理想は土日を休んだとしても、成果を上げる具体策を提案すること。

経験が浅い場合は、難しいかもしれませんので、「土日に休みを融通してくれるのであれば頑張ります」みたいな単純なものでもいいでしょう。

普段やってないことを管理職にやらせるためには、何かしらの理由付けが必要です。

実際、私自身が店長になった時は、うまくローテーションまわして定期的に土日に休みを取れる体制を構築しました。

結果的に、社員のモチベーションは上がって売上が上がることに。

詳しくは【販売職だって土日休み たい】土日休むためのポイントで解説しています。

サービス業で週末に休むための適切な理由

それでもなかなか休みづらい、いいにくいという人のためにサービス業で週末に休むための適切な理由をいくつかご紹介します。

土日を休むための交渉の材料として、参考にしてくださいね。

単発イベントは必ず伝えておく

まず鉄則ですが、100%参加するかどうかはさておき単発イベントは必ず伝えておきましょう。

具体的には

  • 家族の運動会や発表会
  • 結婚式
  • 葬式
  • 法事

上記は、仕事を休んでも出席すべき用事の1つです。

よっぽどのことがない限りは、優先してもらうべき行事。

どうしても休めない場合は、管理職に貸しを作ることにもつながります。

次の交渉が優位になったり、自身の査定を評価してもらえるきっかけにもなりますので必ず報告しておきましょう。

継続して定期的に休める理由を作る

土日に休みたいのであれば、継続して定期的に休める理由を作るのが理想です。

ポイントは「この人は必ず休まないといけない」という理由付け。

どちらにせよ休みは取るわけですから、別の予定を入れても構いません。

親・子供が関係する用事

一番有効なのは親や子供が関係する用事ですね。

子供の習い事であったり、両親の付き添いです。

「家族に任せれないか」と説得されることも多いかもしれませんが、全てを任せきりにして家庭が崩壊するケースは今の世の中では一般的です。

いつも行ってもらっているので、少しは分担する必要があるといってもおかしなことではありません。

自治体などの用事

自治体やマンションなどの役員の仕事を理由にするのも一つの手。

誰にでも発生しうることなので、融通を利かせてもらうにはもってこいの理由です。

サークルや習い事

先ほどの理由に比べると少し言いにくいかもしれませんが、サークルや習い事をしていると言ってもいいでしょう。

それで「我慢しろ」「わがままだ」と言われるのであれば、その程度の職場であり未来はありません。

そもそも、土日に全く休みが取れない体制を作っている職場に問題があるわけです。

ポイント

休暇の取得は労働者の立派な権利。

一般的には「私用のため」とだけ伝えて取得理由を詳しく報告する必要はないんですね。

もちろん業務に支障をきたさないために、会社側は休暇日の変更をお願いできる権利はあります。

ただそれが慢性化しているのであれば、あまり良い会社とは言えないでしょう。

働くことは手段であって、目的ではありません。

解決できないのであれば、転職も視野に入れましょう。

土日休めないなら転職も視野に入れる

そもそも、土日に休めない問題は、体制に問題があるサービス業をしている限りは必ずついてまわる問題です。

解決するには転職するのも、有効な手段の一つ。

もちろんすぐに仕事を辞める必要はありません。

大事なのは選択肢を増やすこと

大事なのは選択肢を増やすこと。

今の仕事の解決策を探りながら、転職を検討しましょう。

まずは、転職サイトに登録しておくだけでもOKです。

\簡単5分で無料登録/

おすすめ転職サイト

Re就活⇒未経験転職の求人に特化

リクナビネクスト⇒転職者の8割が登録

VIEW⇒AIが自分に向いている仕事を診断(アプリ)

転職に迷っていたり、仕事が忙しくて時間が取れないなら、職務経歴書の登録をしなくても利用できるRe就活に登録しておくだけでもいいでしょう。

Re就活は未経験でもできる、土日休みの求人が充実しています。

求人を見て、良い求人があったら転職活動をはじめるのもひとつです。

ブラック

しつこいメールや電話営業もありません

転職によって変わる未来

私自身も転職したことによって

  • フルリモート可の職場環境
  • 年収二百万アップ
  • 充実した福利厚生
  • カレンダー通りの休日

家族の時間やプライベートの時間も充実した、当時では考えられない環境で働けています。

きっかけは転職サイトに登録したことから。

職場の環境や課題を変えるのは理想ですが、非常に難しく時間もかかります。

今の職場で解決できない問題を抱えているのなら、環境を変えるのは賢いひとつの選択といえるでしょう。

転職も考えてみようかなぁ

バーガー

本格的に転職活動を始めるなら

転職サイトをみて、転職のイメージがついたり、今の会社に未練がないのであれば本格的に転職活動を始めましょう。

転職を決断しているなら転職サイトだけでなく転職エージェントも併用するのがおすすめです。

【実体験】直接応募より転職エージェントを経由したほうが受かりやすい?でも解説していますが、転職エージェントを使うことによって転職成功率は何倍にも上がります。

うまく活用して、理想の職場を見つけてくださいね。

おすすめ転職エージェント

参考までにサービス業から転職するのにおすすめの転職エージェントを4社ご紹介します。

ひと通り登録する場合は、

『お気に入りに登録しておく』か

『別のウィンドウで開く』
で、とりあえず開けておくのが時短になっておすすめです

まっちゃ

当サイトのイチオシはdodaです

転職者の2人に1人が利用しており、あらゆるタイプの求人を取り揃えているのが評価ポイント。

※表の転職エージェント名をクリックすると各転職エージェントのホームページに移動できます。

※比較表は横スクロール出来ます

doda hape Agent ワークポート リクルートエージェント
個人的評価4.7(5点満点中) 個人的評価4.6(5点満点中) 個人的評価4.3(5点満点中) 個人的評価4.1(5点満点中)
20代~ 50代対象 20代~ 35歳まで対象 20代~ 40代対象 20代~ 50代対象
当サイト総合評価No1 営業職特化の転職エージェント 未経験からITに転職するなら 求人数No1

・転職者満足度No1

・転職者の2人に1人が利用

・営業職も視野に入れているなら登録必須

・職務経歴書の添削に評判あり

・無料プログラミングスクールが使える

・IT系に転職するなら

・求人数の多さが魅力

・捌いて数をこなすという印象

詳細・評判を見る

詳細・評判を見る

詳細・評判を見る

詳細・評判を見る

dodaはサイトも使いやすく、多くの転職支援サービスの中で利便性は一つ抜きに出ています。

通常の担当者とは別に採用プロジェクト担当もいて、キャリアアドバイザーに紹介された求人以外からも自ら選んで応募できるのも魅力ですね。

※クリックで内容をチェック

ブラック

迷ったらdodaを選んでおけば問題ないでしょう。

ただし営業職への転職であれば、営業職転職でのNo1満足度を誇るhape Agentを推薦します。

なぜなら、hape Agentは担当者全員が営業職への転職に精通しており、92%の人が使って満足しているから。

営業職への転職も考えているなら登録しておいて、損はないでしょう。

未経験からエンジニアを目指すなら、IT系に強く無料でプログラミングスクールにも通えるワークポートがおすすめ。

知名度No1のリクルートエージェントは、求人数の多さが魅力ですが、多くの求職者をさばく必要があるため転職サポートが少し弱くなる傾向があります。

その他の転職エージェントをまず利用して、希望の求人がなければリクルートエージェントを利用するといいでしょう。

他の転職エージェントと併用することにより、求人数の多いリクルートエージェントの強みを最大限に活かせますよ。

バーガー

それぞれの強みがあるわけね

理想は4社と面談して良い求人があったところに絞るのがおすすめですが、少なくとも最低限の比較ができるように2社以上には登録しておいてくださいね。

そのひと手間で、転職の成功率は大きく変わります。

登録が不安な方へ

転職エージェントに登録したからといって、相談なしにいきなり転職活動がはじまるわけではありません。

面談して初めて分かることも多いので、まずは登録して転職エージェントに気軽に相談してみましょう。

利用も無料で、退会も自由、土・日でも利用可能です。

※登録の際、備考欄に「●時以降なら電話対応」 と記載しておけば、仕事中に連絡が来てバレることもありませんよ。

サービス業からの転職先が気になる人は【転職者が語る】販売職におすすめの転職先は?の記事が参考になると思いますので、よろしければそちらもチェックしてみてくださいね。

サービス業も土日に休むべき理由まとめ

以上、サービス業も土日に休むべき理由と休むためのポイントを解説しました。

最後にここまでの話をまとめます

  • 土日に休まないデメリットも多い
  • まずは管理職に伝える
  • 難しい場合なら転職も検討する

人生の半分以上は、仕事に携わると言われています。

自身にとって、週末の休みの重要度が高いのであれば、できることをやっていきましょう。

その行動は今後の人生を豊かなものにしていきますよ。

ブラック

あなたが理想の働き方をできることを応援しています!

なぜ人は仕事で悩むのか?

それは自分の強みや適性に確信が持てないから。

自分の強みに自信がなくなったり、今の仕事が向いてないのではないかと考えたことはありませんか?

そんな場合は、Re就活に登録すると無料で使える適職診断を使って一度自分の強みと向いている仕事を分析するのがおすすめ。

私自身も活用することで、自分の強みが明確になり、仕事のモヤモヤが解決しました。

無料で使えて必ず転職をする必要もありません。

診断時間はたったの3分。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

\たった3分で適職診断/

詳細記事をチェック

※無料で使えます

日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている方は、是非試してみてくださいね。

 

人気記事

1

Re就活の適職診断は、株式会社学情が提供する転職サイト「Re就活」に会員登録すると使える無料の診断サービス。 Re就活の会員登録も1分でできて、たった3分で自分の適職を診断してくれます。 ※「Re就活 ...

2

こんにちは、販売職から最終的には、大手ホワイト企業のセールスマーケティング職に転職できた元社畜販売員のブラックです。 年収100万UP(現在は200万UP) フルリモート可能 フレックス自由 有給取得 ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍での転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こ ...

-転職