販売職からの転職

【販売職だって土日休み たい】土日休むためのポイント

バーガー

販売職だけど土日に休みたい!

その気持ちすごく分かります

ブラック

こんにちは、販売職で10年間働いていた元社畜販売員のブラックです。

販売職をしていると、どうしても悩みになるのが土日に休みたいという気持ち。

初めのうちは平日休みのメリットを感じたり、好きな仕事に従事してるから仕方がないと割り切れたものの、ずっと働いていると土日の休みたい気持ちが抑えきれないときも多いですよね。

土日が仕事になると、イベントに参加できなかったり、友達とスケジュールが合わなかったり。

どんどん交流関係も薄くなっていき、仕事に対するモチベーションも下がりがち。

今回はそんな悩みを持っている方のために、販売職時代に私が実践していた方法をご説明します。

あわせて、管理職になってからスタッフに土日休ませるために行なっていたことをご紹介します。

この記事を読むことで、販売職で土日を休むためのヒントとしてくださいね。

販売職で土日休みたいのが難しい理由

まず前提としてですが、販売職が土日を休むのは難しいです。

週末が稼ぎどき

一番の理由としては、販売職は土日が稼ぎどきという理由です。

多くの人は基本的に休日にお買い物を楽しまれます。

そのためそこにはどうしても、人数をかける必要があるというのが会社の事情。

それでは販売職は土日を休むことを諦めなければいけないのでしょうか?

販売職で土日を休むためのポイント

結論を述べると、販売職でも土日を休むことは不可能ではありません。

ここからは、販売職が土日を休むためのポイントをご説明します。

管理職と交渉する

まずは管理職と交渉してみましょう。

定期的な土日休みが欲しい場合は、その旨を伝える。

それを実現するためには、どのようにすればいいか相談してみるでもいいでしょう。

なかなか言いだせない人も多いと思いますが、まずは伝えることが大事。

管理職としても土日に休みが欲しいと思っていることに、気付いてない人間も多いです。

それによってモチベーションが下がっているのであれば、接客にも悪影響。

手を打ってくれる管理職も一定数います。

それでも、すべて希望通りにはいかないかもしれません。

そうであれば、互いの妥協案を探ってみましょう。

全ては希望通りにならないものの、土日の休みを考慮してしてくれるかもしれません。

はやめにスケジュールを立てておく

シフト制なのであれば早めにスケジュールを立てておきましょう。

極力平日に多めにシフトを希望することで、優先的に土日に休みがもらえる確率が上がります。

本当に外して欲しくない時は管理職に、希望を伝えておきましょう。

ローテーションで土日休みにする

これは私が管理職時代にやっていた内容です。

冠婚葬祭やその他どうしてもの希望以外では、ローテーションで定期的に土日に休みが当たるようにスケジュールを組んでいました。

販売職という性質上、売り上げが落ちるので土日に休みたくない人間も一定数います。

出勤したい人間の気持ちも配慮して、希望者には土日出勤も柔軟に対応しました。

結果モチベーションが上がり、全体的な売り上げを伸ばすことに成功します。

これはうまくいった例ですが、あくまで大事なのは人員管理。

優秀な人もいれば、あまり頼りにならない人もいます。

それらを全て踏まえて、売上とモチベーションの影響まで加味してシフトを組まなければなりません。

管理職としても、なかなか手を出しづらい勇気のいる施策です。

私自身も、従業員に相談されて初めて実施できました。

そのため、販売職の立場であれば管理職に相談することは必要不可欠です。

大事なのは売上を落とさないかどうか

ここまでいくつか土日に休む方法をご説明しました。

しかしながら、会社にとって一番大事なのは売上を落とさないかどうか。

土日に休んだとしても、業績が上がるのであれば問題ありません。

逆に、土日に休むことによって売上を落としてるのであれば何かしら修正が入るでしょう。

実際、私も売り上げ落としたタイミングで土日休みのローテーションを戻すように指示を受けました。

嘘をついてまで休むのはリスク

いくら土日休みたいからといって、嘘をついてまで休むのは非常にリスクが高いです。

もし何かのきっかけで嘘がバレてしまったら、会社や同僚の信頼は地に落ちるでしょう。

信頼をなくするだけならまだしも、懲戒解雇になるリスクもゼロではありません。

そのため嘘をついてまで休むことは考えないようにしておきましょう。

土日休みが可能な部署に異動願いを出す

物理的にどうしても難しいのであれば、土日が休みが可能に後ろに異動願いを出すのも一つの手です。

本部チームや倉庫業務など、土日にでも休める部署に異動できるか相談してみましょう。

しかしながら販売職から他部署への異動は、希望が多く叶わないケースがほとんど。

もし前例がなかったり、難しそうであれば、並行して水面下でも土日休みの仕事に転職する準備を進めておきましょう。

とはいっても土日休むのは非現実的な場合が多い

ここまで、販売職が土日を休むためのポイントを説明しました。

しかしながら実際は実現ができないことがほとんど。

会社側としても、極力土日に休みはとってほしくないと考えるのが一般的です。

どうしても土日休みたいのなら

それでも、どうしても土日に休みたいのであれば、転職も視野に入れましょう

転職も検討する

もちろん仕事を変えるのは大きな決断です。

まずは、

  • 土日に休みたい気持ち
  • 今の仕事を続けたい気持ち

どちらが強いかを考えてみましょう。

それでも土日に休みたい気持ちの方が強いのであれば、転職を検討すべきです。

土日休みが取れる条件の仕事を探す

もちろん転職を決断したからといって、今の仕事をすぐに辞める必要はありません。

転職するなら在職中がベスト。

これにより、辞めたけど次の仕事が見つからないというリスクも減らせます

まずは転職サイトに登録し、今の自分がどのような仕事だと応募できるか調べてみましょう。

ちなみに転職サイトを使うならリクナビ NEXT がおすすめです。

リクナビネクスト

\5分で登録/

リクナビネクストの特徴

  • 国内最大求人の転職サイト
  • 転職者の8割以上が利用
  • グッドポイント診断で自己分析

リクナビネクストは国内最大級の転職ポータル。

転職者の8割以上が利用しているので、幅広い求人情報を集めるには登録しておきたいですね。

また、グッドポイント診断という自己分析ツールが使えるのも魅力です。

ブラック

私もグッドポイント診断をヒントに職務経歴書を作成しました

土日が休みの販売職の仕事を探してもいいですし、これを機会に別の業種にチャレンジしてみてもいいでしょう。

グッドポイント診断を使って、これを機会に自分に合った仕事を探すのも一つの手です。

本格的に転職してみようと考えたら

転職の意志が固いのであれば、転職サイトではなく転職エージェントを使いましょう。(併用も可能です)

転職エージェントは担当者がついて、あなたの転職を支援してくれるサービス。

面接対策や転職サイトに載ってないような優良非公開求人を紹介してくれます。

しかも無料で利用できますので、販売職から転職するのであればうまく活用していきましょう。

なぜ無料かも含めて詳しくは、【経験談】販売職が使うべきおすすめ転職サイト・エージェントでご説明しています

まとめ、土日に休みたいと思ったら

以上、今回は販売職で土日が休みたいと思ったときの解決策をご説明しました。

最後にここまでの話をまとめます。

  1. 販売職で土日を休むのは難しい
  2. やりようによっては実現できる
  3. 難しい場合は転職も視野に

販売職で土日お休みたいのは、あまり現実的ではないのかもしれません。

しかしながら、何もしなくては状況は状況は一向に変わらないのが現実

現状を少しでも変えるのであれば実現に向けて何かしら行動に移しましょう。

管理職に相談するもよし、難しいのなら転職を視野に入れる。

その行動が、あなたの今後の人生をより良いものにするきっかけとなるかもしれません。

今回は以上です。

ブラック

皆さんのこれからの人生を応援してます

\あなたの悩みを解決/

おすすめ記事を探す

悩みにあった記事を選んでね

人気記事

1

このページで第二新卒とは、短期間でも社会人経験のある20代前半の人を指します。 新卒で就職したけれども、理想と違ったということで転職を考えている人もいるのではないでしょうか。 私が新卒で入社した会社も ...

2

※このブログでは第二新卒を、短期間でも社会人経験のある20代前半の人を指しています。 新卒で無事に就職できたもの、実際に仕事をこなしていて理想と現実の違いから転職を考えている人も多いのではないでしょう ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍で転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こせずに悩んでいる方も多 ...

-販売職からの転職