転職

【接客業から転職】おすすめの転職先は?

バーガー

接客業から転職したい

でも就職活動も失敗したし

転職なんかできるのかなぁ

大丈夫です

しっかり準備し、早めに動けば

理想の転職は実現できますよ

ブラック

日々お客様と触れ合え、喜んでもらえる機会も多い接客業。

やりがいは感じるものの、ストレスが溜まりやすい環境や給与の関係から「接客業から転職したい」と考えることもありますよね。

過去の私もそうでした。

将来を考えると「このままでいいのかな?」と不安になることも多かったです。

そんな時こそ転職を考えるべきタイミング。

なぜなら、接客業からの転職は年齢に応じて難易度が上がるから。

接客業から転職できない人の多くは、迷ったあげく先延ばしにして失敗しています。

失敗して悲惨な状態になった同僚や上司も多く見てきました。

将来的に後悔したくないなら、転職活動を始めましょう。

本記事では、筆者の過去の経験をもとに接客業からの転職を成功させるべきポイントを徹底解説。

実際の接客業からの転職事例をもとに失敗例も含めてご紹介します。

接客業からの転職を考えている人は、本記事を参考に理想の転職を実現させてくださいね

接客業から転職するために一番大事なこと

接客業からの転職で一番大事なことは、思い立ったらすぐに行動することです。

なぜなら早ければ早いほど、転職成功率が上がるから。

  • 年齢的な優位性
  • チャレンジできる回数
  • キャリアを修正する期間

あらゆる面においてメリットが大きいです。

また、求人は早い者勝ちという側面からもおすすめできますね。

接客業から転職するなら

接客業からの転職を成功させるなら、転職エージェントの登録は必須です。

転職エージェントは求職者への求人の紹介や、面談対策・年収交渉など転職をサポートしてくれるサービス。

私も含め、異業種からの転職成功者は必ずといっていいほど転職エージェントを利用しています

dodaは利用者満足度No1の転職エージェント。

求人の質も高く、求人数も多いのできっと、あなたにあった求人を紹介してくれますよ。

\転職エージェントおすすめトップ3

1位2位3位
営業職に転職するならhape
dodahape Agentリクルートエージェント
・満足度No1
・使い勝手もダントツ
・92%が利用に満足
・営業転職なら実質1位
・求人数ナンバーワン
・他社との併用が◎
全職種対応営業職に特化全職種対応
公式サイト公式サイト公式サイト
詳細・評判を見る>>詳細・評判を見る>>詳細・評判を見る>>
※転職エージェント全56社のリサーチから選出

当ブログで推奨しない転職エージェントコチラ

私の経験上転職エージェントへの登録すら先延ばしにする人は、基本的に転職できません。

あなたがもし本当に理想の転職を実現したいなら、本日中に転職エージェントへの登録は済ませておいてくださいね。

接客業からの転職で重要なポイント

続いて接客業からの転職で、重要なポイントについて解説します。

ポイントを押さえて転職活動を有利に進めましょう。

求人は早いものがち

転職活動は残念ながら水物です。

どんなに優秀な人でも、応募したい求人がなければ採用されません。

また未経験でも条件が良い求人というのは、すぐに応募が締め切られるのが一般的。

転職は早いもの勝ち

つまり、早めに動いておいて少しでも多く打席に立つことが大事なんですね。

ブラック

この法則を知っているかどうかは非常に大きいです

自分を高く買ってくれる会社を探す

実は多くの人が

  • 転職できるような実績がないから
  • 今の仕事さえ一人前でないから
  • 仕事が忙しいから

と言って転職を先延ばしにしています。

接客業からの転職で大事なのは、経験を積んで自分の市場価値をあげることではありません。

優先順位は自分を高く買ってくれる会社を探すことです。

条件が合えば驚くほどよい会社に入社できる

少しぐらい能力が劣っていても、ニーズがあれば驚くほど評価されるのは転職市場。

実際私自身も、前職である経験が評価され、自分の希望以上の条件で転職できました。

まずは興味がある業界や、希望条件があう求人に積極的に応募しましょう。

年齢を加味する

また会社を吟味することも大切ですが、年齢に応じて転職難易度は変わります。

転職戦略は年齢も加味して考えましょう。

残念ながら接客業からの転職においては、能力や経験よりも年齢を重視する会社も多いです。

若いほうが転職は有利

つまり、若いというのも一つのアドバンテージです。

年齢による転職難易度

接客業からの転職難易度は、20代前半と30代だと大きく変わります。

また30代後半から40代になると、難易度は極端に上がるのが一般的。

別の業界で働きたいのであれば、3年後の転職を見据えて妥協するのも一つの選択ですね。

ブラック

私自身も、営業職に転身しました

チェックポイント

実は接客業からの転職ができない人の原因の多くは、年齢によるもの。

多くの人は先延ばしにして、挑戦することすらできていません

少し厳しい言い方をすると、先延ばしにする人は、理想の転職は厳しいといえるでしょう

また、年齢の他にも、転職成功率が変わる大事な要素があります。

それは在職中かどうか。

在職中に転職活動をする

接客業から転職を失敗している人の多くは、一旦仕事を辞めてから仕事を探しています。

もしあなたが、接客業からの転職を成功させたいならば、在職中に転職活動を実施してくださいね。

なぜなら転職成功率が格段に上がるから。

「転職活動に集中するために退職しました」と伝えても、多くの採用担当者には

  • 計画性のない無責任な人
  • 忍耐力がなさそう
  • 二つのことが同時にできない人

という印象を持たれて、マイナスにしかなりません。

ブラック

この話はよく聞きます

実際、転職成功者の多くは在職中に転職活動を実施しています。

参考情報「エン転職」利用者を対象とした「転職活動」に関する調査結果を発表した。調査期間は 2018年9月26日~10月28日、有効回答は1万663人(転職経験者7,130人)。

引用 https://news.mynavi.jp/article/20181109-721471/

特に接客業は、平日に休みが取れるのも転職活動での強みです。

もちろん仕事をしながら転職活動をするのは大変かもしれません。

けれども、まずは在職中に転職活動をしてみましょう。

良い条件で転職できる確率が上がりますよ。

どうしても忙しくて難しいと感じたら

どうしても難しくてできないと感じている人は、【実体験】ブラック企業で転職活動できないときの対処法の記事が参考になるとおもいますのでよろしければご参照ください。

退職するのであれば、まずは挑戦してみてから、本当に退職して良いかどうか考えてくださいね。

仕事を辞めないメリット

在職中に転職活動をするメリットとして、心が折れたときや、自分に足りないものが気付いた時に一旦時間をおいてから再挑戦できるというメリットがあります。

転職先が決まらなければ今の仕事を続ければ良いだけですからね。

経済的なリスクもないので、精神的に安定して、長いスパンで挑戦できます。

実はそこも重要なポイントです。

接客業から転職するときに必要な心構え

接客業から転職する時に一番必要なのは、「前向きな気持ち」です。

どんなに面接対策しても自信がなければどこにも、受かりません

転職活動は、計画通りにいかないことが多く、思ったよりもストレスが溜まることがあります。

そのため経済的な不安など不確定な要素や、マイナス要因はなるべく排除しておくのが理想なんですね。

転職活動はトライ&エラーの繰り返し

転職活動はトライ&エラーの繰り返しです。

前向きに取り組むことで、理想の転職先に転職するためのコツがわかってきます。

失敗や挫折も前向きにとらえ、次につなげることができるようにしましょう。

すぐに転職に至らなかったとしてもその経験は資産になります。

継続して折れない心で活動することで、ベストな転職先を見つけることができますよ。

バーガー

実際どんな転職先があるの?

接客業のスキルを活かせる転職先

接客業で培ったコミュニケーション力や問題解決能力は、営業やカスタマーサポートなどの職種で活かせます。

  • 営業職
  • カスタマーサポート
  • インサイドセールス
  • サービス業
  • 介護職

上記の職種は、接客業の経験が活かせる仕事。

顧客とのコミュニケーションや、トラブル解決能力は、企業が求める人材像にぴったり。

また、接客業で培ったヒアリング力や提案力は、営業やマーケティングで活躍するための必須スキルでもあります。

対面の仕事が辛い人向けの転職先

逆に対面の仕事が辛い人に関しては以下の仕事が人気です。

  • 事務職
  • Webマーケター
  • ITエンジニア

自分が興味のある分野や、自分が得意とするスキルを生かせる職種を見つけてみましょう。

それぞれの転職先については下記の記事で紹介してますのでよろしければご参照ください

参考記事

営業転職について⇒【注意点あり】販売職から営業職への転職をおすすめする理由

インサイドセールスについて⇒インサイドセールスはやめとけって本当?経験者が語るメリット・デメリット

その他の転職先について⇒【経験を活かせる】販売職・接客業におすすめの転職先は?異業種にも転職できる?

バーガー

けれども転職って何から始めたらいいの?

まずは自己分析するのが大事ですね

ブラック

接客業からの転職ステップ

接客業からの転職ステップは以下の通り。

  • 自己分析
  • 市場調査
  • 自己PR・職務経歴書の作成
  • 面接対策
  • 応募(転職エージェントの活用)
  • 内定・退職

転職活動を始める際は、まずは自己分析から始めましょう

なぜなら、自分の強みや弱み、興味や関心事などを明確にすることで、転職先を絞り込むことができるから。

転職先を絞り込むことにより、面談対策や転職戦略が考えやすくなり、転職成功率は上がります

実は私自身は初めての転職活動の時に、自己分析をせずに転職活動に挑んで失敗しました。

私と同じような失敗をしないためにも、手を抜かず自己分析をする事をお勧めします

まずは自己分析をする

自己分析をすることにより

  • 強みや弱み
  • 価値観
  • 興味や関心事
  • 適性

などを把握し、自分自身を深く理解しましょう。

以下に、自己分析を効果的に行うための手順を紹介します。

接客業からの転職の目的を明確にする

まずは、なぜ接客業から転職するのかを改めて考えましょう

  • 将来的な不安
  • 職場の人間関係
  • 会社に対する不満
  • 自分がやりたいことがある

男女問わず、ライフイベントも関係しますよね

  • 子育て
  • 出産
  • 結婚
  • 親の介護

本音と建前は別で構いません。

目的に合わせて、分析の方法やアプローチを選択することが必要です。

SWOT分析を行う

続いて自分の強みや弱みの洗い出しです。

強みや弱みを洗い出すには SWOT分析をするのがおすすめ。

SWOT分析は、

  • 自分自身の強み(Strengths)
  • 弱み(Weaknesses)
  • 機会(Opportunities)
  • 脅威(Threats)

を分析する手法。

  1. 強み (Strengths) の洗い出し

自分自身の強みを洗い出すために、自分自身の過去の成功体験や成果、スキル、知識、経験などを列挙。

自分自身が他人からどのように評価されているのかを考えることも有効。

  1. 弱み (Weaknesses) の洗い出し

自分自身の弱みを洗い出すために、自分自身が抱える問題や課題、不安、失敗体験、スキル不足などを列挙。

自分自身が他人からどのように評価されているのかを考えることも有効。

自分自身の弱みを整理することができます。

  1. 機会 (Opportunities) の洗い出し

自分自身にとっての機会を洗い出すために、自分自身が今後取り組みたいこと、達成したいこと、将来のキャリアやライフプラン、人間関係などを考える。また、自分自身のスキルや経験を生かせる可能性がある環境や業界を探すことも有効。

  1. 脅威 (Threats) の洗い出し

自分自身にとっての脅威を洗い出すために、自分自身が今後直面しそうな課題や問題、他人からの評価や批判、将来的な変化や不確実性などを考える。

転職サイトの診断ツールを使うのも効果的

ちなみに自己分析をするのであれば、転職サイトの診断ツールを使うのも効果的です。

自分に向いてる仕事を探すには、Re就活に登録すると利用できる適職診断を利用するのがおすすめ。

たった3分で自分の向いている仕事を診断できます。

適職診断

転職サイトのRe就活に登録したら利用できて、たった3分で自己分析も可能。

\面接や職務経歴書で使えるキーワードが満載/

うまく活用して悩みを解決するヒントとしてくださいね。

\簡単1分で登録/

満足度4年連続N01の転職サイト

より細かくは下記の記事にまとめていますので、よろしければそちらもチェックしてみてください。

参考記事⇒【デメリットは?】Re就活の適職診断がめちゃくちゃあたっていた件|使い方を徹底解説

接客業から転職するための市場調査

自己分析が完了したら次に、市場調査をしましょう。

すべて登録は無料です!!

まっちゃ

\登録必須の転職サイト3選/

1位2位3位
Re就活ASSIGNリクナビネクスト
20代向け
転職サイト
4年連続No.1
自分の天職を
診断してくれる
求人数No1の
転職サイト
未経験や20代の求人に強くて登録もカンタン。30代でも使えるので、転職に迷っていたり、初めて転職サイトに登録するなら、まず登録!アプリインストールが必要だが、求人の質が高く3分でキャリアプランや適正年収を分析してくれる。Re就活と併用するとなお良し!求人数No1!職務経歴書の登録が必要なので、まずは転職エージェントに登録して、添削してもらった書類で登録するのが
おすすめ
公式サイト公式サイト公式サイト
詳細・評判を見る>>詳細・評判を見る>>詳細・評判を見る>>
※転職サイト全24社のリサーチから選出

自分が興味を持つ業界や職種のトレンドや、求人情報などを調べておくことで、転職活動の方向性を定めることができます。

転職サイトに登録して、興味がある仕事や自分が応募できそうな求人情報をチェックしておきましょう

この時点ではまず情報を収集するだけで、応募しなくても大丈夫です。

実はこの方法は多くの転職本で推奨されている手法。

転職エージェントとの面談の前に自分なりに求人サイトで希望する求人情報を集めておくことで、紹介される求人の質が上がりやすくなります。

ブラック

応募する際は転職エージェントとの面談を済ませてからにしましょう

接客経験を活かした自己PR・職務経歴書の作成

自己PRや職務経歴書は、転職活動において非常に重要なポイントです。

でも、接客業で培った経験をどうアピールすればいいのか、悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

接客業で鍛えた

  • コミュニケーション力
  • 問題解決能力
  • お客様に対するサービス精神

など、多くのポイントが自己PRの材料になります。

しかし、自分自身の強みを応募先の企業を想定してアピールすることが大事です

ポイントはどのように貢献できるか

自己PR大事なの、今までの経験がどのように企業にマッチするかを、いかに価値があるように見せることです。

例えば、接客業での実績を具体的に示したり、顧客満足度を向上させた実績をアピールすることで、自分の強みを訴求することができます。

事例を用いて具体的に

「コミュニケーション能力がある」というだけではなく、「過去にチームリーダーとしてイベントを成功に導いた経験があり、コミュニケーション能力を高めた」と具体的な実績を挙げることが重要ですね。

また、接客業での経験を他の職種にどう応用できるかも重要なポイント。

  • コミュニケーション力を活かした営業職種
  • 問題解決能力を活かした事務系職種
  • サービス精神を活かした介護系職種など

自己PRは、転職活動の成功に大きく影響しますし、自分が応募する職種に応じてアピールポイントは変わります。

職種に応じた適切なアピールポイントを整理し、職務経歴書や自己PRを作成しましょう

面接対策の実施

面接対策は、転職活動の重要なポイントです。

面接前には、企業研究をしっかりと行い、自己PRを練習しましょう。

企業研究は、企業の事業内容や特徴を調べることがポイントです。

事前リサーチで勝率は大きく変わる

インターネットで検索したり、企業のWebサイトをチェックしたりすることで、企業の雰囲気やビジネスモデルを把握することができます。

リサーチをもとに、自己PRも企業に沿った内容で話せるように練習しておきましょう。

自分の強みや弱み、経験や実績を具体的にまとめ、自信を持ってアピールすることが大切です。

バーガー

企業研究も必要なんだな

盲点なのはみだしなみ

面接当日には、服装や髪型にも気を配るのが大切。

人は見た目が8割と言われるほど、身だしなみは面接の通過率に影響します。

接客業で働いていると、普段は制服で働いていて面接の時の服装が盲点だったりするんですよね。

スーツを着ない接客業の人は、意外と身だしなみのルールを知らない人も多いです。

言われてみると確かに自信ないなぁ

バーガー

面接時の服装が自由だったとしても、下手にビジネスカジュアルにせずににスーツにするのが無難ですね。

  • 革靴
  • 名刺入れ
  • ネクタイ
  • Yシャツ

ボロボロになっているものがないか、再度見直しておきましょう。

服装やセンスに自信がないのであれば、スーツの量販店でコーディネートしてもらうのがいいでしょう。

清潔感がある服装で、相手に好印象を与えることが大切です。

少し高くついたとしても、その金額を回収しようと奮起する材料にもなりますよ。

ブラック

先行投資ですね

転職エージェントの面談対策も使う

可能なら転職エージェントの面談対策講座を受けておくのが、効果的。

第三者の目線を入れることによって、より精度は高まります

バーガー

転職エージェントって転職サイトと何が違うの?

応募(転職エージェントの活用)

転職エージェントは、転職活動をサポートしてくれるサービス。

企業に応募する場合は、転職エージェント経由で応募するのがおすすめです。

転職サイト転職エージェント 比較表_01
転職エージェント利用の流れ

転職エージェントに登録することで、転職サイトに載っていない非公開求人も紹介してくれます。

転職サイトと違って、求人情報や企業情報を提供してくれるだけでなく、面接のアドバイスや自己PRの添削などもしてくれるのがメリット。

面接のスケジュール管理もしてくれたりと、転職活動の負担も軽減されます。

【実体験】直接応募より転職エージェントを経由したほうが受かりやすい?でも解説していますが、転職エージェントを使うと転職成功率が何倍にも上がります。

うまく活用して、理想の転職を実現させましょう。

バーガー

利用する前の注意点ってある?

いい質問ですね

ブラック

実は転職エージェントは、ビジネスモデルの性質上、担当者との付き合い方によってサポートの質が驚くほど変わります

なぜなら、転職エージェントは求職者を転職させることによって報酬を得るビジネスモデルだから。

転職エージェントが無料で使える仕組み

つまり、利用するにおいて「この人は転職できそうだな」と印象づけることが大事なんですね。

ちなみに私は、この仕組みを知らず初めての転職活動は失敗しました。

ブラック

何も考えず一社の転職エージェントに登録して門前払いになりました

転職エージェントへの印象は大事

残念ながら接客業からの転職は、転職エージェントにとってあまり魅力的な案件ではありません。

市場価値の高い経歴を持っている人や、特別なスキルや資格を持っている人のほうが転職できそうと考えられているからです

そのため、「良い条件があれば転職したい」などというのはNGワード。

確実にサポートの優先順位は下がるでしょう。

建前でもいいので本格的に転職を考えていると伝える

建前でもいいので、「転職する決意が固まったので相談しにきました」と伝えましょう。

もちろん、紹介される求人の条件が会わなければ、転職をを保留してもOKです。

まずは、転職意欲を見せるということが重要です。

ブラック

この一言で、対応は驚くほど変わります

自己分析を終えて、不明点は整理しておく

もちろん転職意欲を見せたとしても、「この人は手間がかかりそうだな」と思われたら意味がありません。

転職エージェントの面談の前には自己分析を済ませて、不明点は整理しておきましょう。

やるべきことをやっておくことによって、「この人は手間がかからない」印象を与えることもポイントです。

転職エージェントは複数登録する

転職活動を進める際には、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめ。

複数登録することによって、幅広い情報が集まります。

また、複数利用することによって担当者の当たり外れを見極めることもできます。

残念ながら、人がやる以上能力が低い担当者も一定以上存在しますし、相性の問題もありますからね。

リクナビネクストの調べによると転職者は、平均で4.2社の転職サービスを利用しているそうですよ。

つまり転職を成功させるのであれば、複数登録は必須といえますね。

※参考記事 転職エージェントに複数登録すると大変?【実際に複数登録しました】

集まった求人情報を整理し、条件に合わせて、複数の求人情報を比較し、最適な求人を見つけましょう。

自分自身の転職希望条件に合ったエージェントを選び、しっかりとサポートを受けてくださいね。

参考までに、冒頭で紹介した販売職からの転職におすすめの転職エージェントについてより詳しくご紹介します。

おすすめ転職エージェント

\転職エージェントおすすめトップ3

1位2位3位
営業職に転職するならhape
dodahape Agentリクルートエージェント
・満足度No1
・使い勝手もダントツ
・92%が利用に満足
・営業転職なら実質1位
・求人数ナンバーワン
・他社との併用が◎
全職種対応営業職に特化全職種対応
公式サイト公式サイト公式サイト
詳細・評判を見る>>詳細・評判を見る>>詳細・評判を見る>>
※転職エージェント全56社のリサーチから選出

当ブログで推奨しない転職エージェントコチラ

複数登録する場合は、

『お気に入りに登録しておく』か

『別のウィンドウで開く』

で、とりあえず開けておくのが時短になっておすすめです

まっちゃ

当サイト一番のおすすめはdodaです

dodaがおすすめの理由

転職者の2人に1人が利用しており、あらゆるタイプの求人を取り揃えているのが評価ポイント。

\転職エージェントランキング詳細/

推奨外の転職エージェントについては、あくまで当サイトの評価基準において、当ブログの読者への推奨外とさせて頂いております。サービス提供会社そのものを否定しているわけではありませんことをご理解ください。

dodaはサイトも使いやすく、多くの転職支援サービスの中で利便性は一つ抜きに出ています。

通常の担当者とは別に採用プロジェクト担当もいて、キャリアアドバイザーに紹介された求人以外からも自ら選んで応募できるのも魅力ですね。

※クリックで内容をチェック

ブラック

迷ったらdodaを選んでおけば問題ないでしょう。

転職者の2人に1人が利用

※使い勝手No1の転職サービス

ただし営業職への転職であれば、営業職転職でのNo1満足度を誇るhape Agentを推薦します。

営業職ならhape Agent(エイプエージェント)

営業職に転職するならhape

なぜなら、hape Agent(エイプエージェント)は担当者全員が営業職への転職に精通しており、92%の人が使って満足しているから。

営業職への転職も考えているなら登録しておいて、損はないでしょう。

職務経歴書の添削にも定評があり、高い書類通過率を誇ります。

\営業職に転職するなら/

※92%が満足したと回答した転職エージェント

20代で職歴に自信がないならUZUZ

20代で職歴に自信がなかったり、空白期間があるならUZUZがおすすめ。※ランキング4位

1人1人に対して、しっかり時間をかけて特徴で、選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を実施してくれます。

戦略コンサルや大手外資系などのハイクラス求人はないですが、紹介する求人はブラック企業排除を宣言しており、転職後の定着率も高いのが魅力です。

リクルートエージェントは併用が◎

知名度No1のリクルートエージェントは、求人数の多さが魅力ですが、多くの求職者をさばく必要があるため転職サポートが少し弱くなる傾向があります。

その他の転職エージェントをまず利用して、希望の求人がなければリクルートエージェントを利用するといいでしょう。

他の転職エージェントと併用することにより、求人数の多いリクルートエージェントの強みを最大限に活かせますよ。

バーガー

それぞれの強みがあるわけね

理想は4社と面談して良い求人があったところに絞るのがおすすめですが、少なくとも最低限の比較ができるように2社以上には登録しておいてくださいね。

そのひと手間で、転職の成功率は大きく変わります。

登録が不安な方へ

転職エージェントに登録したからといって、相談なしにいきなり転職活動がはじまるわけではありません。

面談して初めて分かることも多いので、まずは登録して転職エージェントに気軽に相談してみましょう。

利用も無料で、退会も自由、土・日でも利用可能です。

※登録の際、備考欄に「●時以降なら電話対応」 と記載しておけば、仕事中に連絡が来てバレることもありませんよ。

内定・退職

転職先が決まったら、退職時期を上司と相談しましょう。

注意点は、退職交渉は必ず転職先が決まってからすること。

会社のことを考えて、転職前に相談をすると慰留されたり、転職を先延ばしにされたいと百害あって一利なしです。

上司や同僚含めて、転職活動は内密に水面下で進めましょう。

転職活動が、うまくいかなかった時の保険にもなりますからね。

辞めたくてもやめれない場合は?

接客業は人手不足から、辞めたくてもやめれないという相談を多くもらいます。

実際に私も退職するのには苦労しました。

そんな場合は退職代行を買うことも検討しましょう。

参考記事⇒【退職交渉】その場しのぎの退職引き止めはストレスでしかない 

接客業からの転職に成功すると人生は変わる

接客業からの転職に成功すると人生は変わります。

私自身も接客業から転職することによって

  • 年収が100万以上UP
  • 不尽なクレームからの解放
  • 週末祝日が楽しみになる日常
  • 子育てしやすい職場環境
  • リモートワーク可能な働きやすさ
  • 将来的な不安の解消

接客業では、絶対に手に入れられない環境を手に入れました。

実はこれは誰にでも再現性のある話。

もし今の仕事が不満なら転職活動を始めましょう。

接客業からの転職【まとめ】

以上、接客業からの転職について解説しました。

最後に本記事の内容をまとめます

  • 接客業からの転職は早めに行動する
  • 転職エージェントを活用する
  • 事前準備と転職エージェントとの使い方が転職成功率を変える

繰り返しになりますが、接客業からの転職難易度は年齢に応じて上がります。

接客業から転職できなかった人の多くは、先延ばしにして年齢的に転職できない年齢になった人です。

もしあなたが本当に接客業からの転職を望んでいるのであれば、すぐにでも行動を開始してくださいね。

ブラック

あなたが理想の働き方をできることを応援しています

転職エージェントに登録してみるか

バーガー

なぜ人は仕事で悩むのか?

それは自分の強みや適性に確信が持てないから。

自分の強みに自信がなくなったり、今の仕事が向いてないのではないかと考えたことはありませんか?

そんな場合は、Re就活に登録すると無料で使える適職診断を使って一度自分の強みと向いている仕事を分析するのがおすすめ。

私自身も活用することで、自分の強みが明確になり、仕事のモヤモヤが解決しました。

無料で使えて必ず転職をする必要もありません。

診断時間はたったの3分。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

\たった3分で適職診断/

詳細記事をチェック

※無料で使えます

日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている方は、是非試してみてくださいね。

 

人気記事

1

Re就活の適職診断は、株式会社学情が提供する転職サイト「Re就活」に会員登録すると使える無料の診断サービス。 Re就活の会員登録も1分でできて、たった3分で自分の適職を診断してくれます。 ※「Re就活 ...

2

こんにちは、販売職から最終的には、大手ホワイト企業のセールスマーケティング職に転職できた元社畜販売員のブラックです。 年収100万UP(現在は200万UP) フルリモート可能 フレックス自由 有給取得 ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍での転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こ ...

-転職