販売職からの転職

スーパーの正社員が恥ずかしい?そんな気持ちを解決するための3つの手段

バーガー

スーパーの正社員が恥ずかしい!

そんな気持ちを解決します

ブラック

スーパーの正社員はなぜかネガティブなイメージを持たれています。

スーパーの正社員と検索しても、恥ずかしいというキーワードが関連キーワードで出てくるぐらい。

しかしながらスーパーは生活で必要不可欠なサービスのひとつ。

なくなると困る人も多いですよね?

それでも正社員の立場としては「恥ずかしい」と思ってしまう人も多いのでしょう。

小売業の仕事についてると時々悩んでしまう様子の一つだと感じます。

私も小売業の店長をしていたこともあり、なんとなく気持ちは分かります。

当時も仕事内容を聞かれると、なんとなく恥ずかしいという思いを勝手にしてこじらせてました。

小売業の店長なのに、扱ってた商品がパソコンだっただけで、IT 関係と変に濁して答えたり・・・。

今考えれば本当にちっちゃな人間だったと思います。

サラダ

ちっちゃな人間だな!

しかしながら当時の私にとっては非常に大きな問題。

なかなかわかっていても、気持ちの整理はつかないものです。

しかしながらこれからご説明する3つの手段によって、そんな気持ちを解決できました。

今回は、スーパーの正社員が恥ずかしいと考えられているのはなぜか?

あわせて、恥ずかしいという気持ちを解決させるための三つの手段をご説明します。

当時の私と同じように、自分の仕事に自信を持ってない人は是非参考にしてくださいね。

\AIがあなたの天職を診断/

なぜスーパーの正社員は恥ずかしいのか?

まずはじめに、スーパーの正社員がなぜ恥ずかしいと考えられてるかをご説明します。

冒頭でも説明しましたが、スーパーは生活になくてはならない業態のひとつです。

にもかかわらず、なぜ恥ずかしいと考えられているのでしょうか。

年収が低い

まず一番大きい原因として、平均年収が低いことが挙げられます。

年収データ

下記は2020年9月~2021年8月の1年間にdodaエージェントサービスに登録した人の年収データです。

職種分類 平均年収
全体 男性 女性
専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人) 575万円 604万円 514万円
企画/管理系 529万円 590万円 438万円
技術系(電気/電子/機械) 444万円 452万円 364万円
技術系(IT/通信) 438万円 456万円 385万円
営業系 435万円 462万円 374万円
技術系(建築/土木) 415万円 427万円 358万円
金融系専門職 443万円 603万円 367万円
技術系(メディカル/化学/食品) 390万円 427万円 353万円
クリエイティブ系 372万円 412万円 339万円
事務/アシスタント系 334万円 392万円 318万円
販売/サービス系 324万円 353万円 295万円

引用元 https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/

ご覧いただいて分かる通り、スーパーに当たる販売サービス系の仕事の平均年収は一番低いです。

専門性が高い専門職の仕事に比べると、平均年収で200万円以上違います。

今流行りの it 系の仕事と比べても、100万以上の開きがあります。

平均でこれくらい違いがあるので、実際の年収はもっと違うでしょう。

年収が低いから恥ずかしい?

こういった理由から、給料が低い仕事と認識され、恥ずかしい仕事と思う人が多いのではないかと考えます

私がやっていた小売業の店長も同じく、一番下の販売サービス系にあたりますね。

実際給料がそこまで少なかったわけではないんですが、世間一般的なイメージを気にして卑屈になったの覚えてます。

誰でもできる仕事?

スーパーの正社員は、特別な資格がなくてもなれる仕事です。

あわせて、アルバイトの業務を行うことも求められますよね。

  • 商品の品出し
  • 商品の陳列や整頓
  • 倉庫業務
  • レジ打ち(サポート)
  • 製品のラベル張り
  • 清掃作業やゴミ捨て

店舗の運営でやらなければいけないことは山ほどあります。

しかしながら人手不足であれば、足りないところを補うのが正社員の仕事。

アルバイトでもできる仕事や特にスキルのない仕事ということで、それすることが恥ずかしいと思う人もいるみたいです。

優秀な人はマルチプレイヤー

しかしながら実際に店舗を運営してみて思うんですが、本当に優秀な人ってマルチプレーヤーなんですよね。

  • これは店長のやる仕事ではない
  • 部下をうまく使ってない
  • もっとやるべきことがある

このような言い訳をして、雑務をやらない店長も多くいます。

私が知る限りでは、そのような言い訳をして動かない店長はあまり優秀ではありません。

率先して動けない店長の店は売り上げが悪かったり、雰囲気が悪かったりします。

でも本当に重要なのは店舗をうまく回して、利益を上げること。

率先して動ける人は優秀

必要であれば、どんな業務であれすぐに動きこなしてしまうのが理想です。

本当に優秀な店長は、誰でもできることを率先して一生懸命できるんですよね。

すると周りの尊敬も集めて、店もうまく回りだします。

誰でもできる仕事ではない

少し話が逸れましたが、特別な資格が必要ないからと言って簡単とは限りません。

簡単なことこそ当たり前にできるのは難しいともいえます。

そのため、資格がなくてもできる仕事だからといって恥ずべき必要はないでしょう。

もしそのような理由でバカにするような人がいるのであれば、その人こそ恥ずべき人種であると感じます。

バーガー

恥ずべき人種は相手にするな!

小売業を底辺扱いする人がいる

最後の理由は、小売業を底辺扱いする人がいることですね。

残念ながら、スーパーの正社員は人気職種ではありません。

そのため、そこまでなるのが難しい職業ではないということです。

下記は、職種別の求人倍率です。

職種別求人倍率

職種別の転職求人倍率【グラフ】

引用元 https://doda.jp/guide/kyujin_bairitsu/

ご覧いただいて分かる通り、緑の販売・サービス系の仕事は、求人数に対して希望者数が少ない状態です。

つまり、競争倍率が少ない仕事だとも言えます。

実際私が学生の時にも、スーパーを第一志望に受ける人はいませんでした。

人気がない仕事=就活に失敗した。

そういったレッテルを貼る人もいるのでしょう。

レッテルを貼る人は無能が多い

実際私が、小売業を選んだ時も「なんで小売なんか選んだの?」聞いてくる人も多かったです。

でも、そんな人ほど仕事ができない人が多いんですよね。

余談ですが、私は現在学生が入りたいランキング上位の企業に転職して働いています。

※ホワイト企業に転職できたノウハウは【販売職から転職】元販売員の私が実践した6つのこと に記載してます

周りは高学歴ばかり。

俗にいう、就活の勝者と仕事をしています。

しかしながら驚くことに、仕事ができない人が多いこと。

前職の方が、仕事ができる人が多いぐらいじゃないか?と感じるぐらいです。

仕事ができない人の特徴

特に仕事ができない人は肩書きを気にする人は多い印象。

「人気職種じゃない」と馬鹿にしてる人は、就活でゴールなってしまっていて成長が止まっていると感じます。

本当に大事なのは、自分がその仕事をやりたいかどうか。

好きでやっていたり、楽しいと思うのであれば、恥ずかしいと感じる必要はありません。

ブラック

そのほうが成長できます

恥ずかしい気持ちを解決するには

では実際に、どうすれば恥ずかしい気持ちを変えることができるのでしょうか。

ここからは、私が実際に当時の仕事を「恥ずかしい」思った気持ちを解決した三つの手段をご紹介します。

そもそも気にしない

冒頭でも説明しましたが、そもそもスーパーの正社員は恥ずかしい仕事ではありません。

人々の生活を支える大切な仕事です。

  • 給料が低くて生活が厳しい
  • 自分自身がやりたくない仕事である
  • 本当にやりたい仕事がある

そういった問題であれば話が変わってきますが、楽しんでやってたりやりがいを感じているのであればそれでいいじゃないですか。

仕事をしている時点で社会に貢献している

そもそも税金を納めている時点で社会に貢献しています。

働いている時点で立派なのです。

恥ずかしいと思う必要はどこにもありません。

誇りを持って働きましょう。

それでも消化できない場合は?

そうは言ってもなかなか気持ちの整理がつかない人も多いと思います。

そんな人のために、販売員時代に私がやった方法をご紹介します

見た目を変える

もう一つの解決策として提案したいのは見た目を変えることです。

私自身も一度やってみたのですが

  • 年収が低い
  • 誰でもできる
  • バカにされない

これらを一気に解決するのは、身なりを変えるのが手っ取り早いです。

人は見た目が9割という本がベストセラーなるほど、見た目の影響力は大きいもの。

この特性をうまく活用しましょう。

身なりの変え方

具体的には少し高めの時計とブランドものスーツ。

もしくはジャケットとパンツ。

可能であればオーダーしてもらうのが理想。

  • 目安の値段は服装に10万ぐらい
  • 時計に50万ぐらい

変に趣味が悪い金のネックレスや指輪などは必要ありません。

バーガー

身に付けるものに60万も!?

確かに、身に付けるもので60万をかけてる人はあまりいません。

「年収的に60万も捻出できない!」という人も多いと思います。

でも実はそこがポイント。

お金をかけることが差別化に

他の人がお金をかけないところに、お金をかけることによって普通の人との差別化が簡単に図れます。

難関大学を出る必要もありませんし、人気企業に就職する必要もありません。

後は見なりを小綺麗に変えるだけで、驚くほど周りの対応は変わります。

ダメ押しで、高級外車の車のキーをヤフオクなどで落札。

財布にでもつけておけば効果は抜群です。

仕事にコンプレックスがあるのであれば、投資や副業に力を入れていて、本業はつなぎでやっているとだけ匂わせればいいでしょう。

※実際にやっている必要もありません

仕事に偏見を持っている連中の態度が変わる

こうすることで特に対応が変わるのは、仕事に偏見を持っているような連中。

実際やってみると、こんな連中のために卑屈になってたのかと驚くほど価値観が変わります。

サラダ

確かに、試してみたらめっちゃ効果的だった。(笑)

服と時計ぐらいですと、車を買うほどのお金はかかりません。

変な話、軽自動車を買うよりも安いです。

軽自動車と違って車検もお金もかかりませんし駐車場の維持費もゼロですから。

5年間の分割だと、月1万です。

昔の携帯電話より安いですね。(笑)

しかもロレックスなどの人気時計であれば、資産にもなります。

まとまったお金がない場合は

それでも厳しい場合は時計はサブスクでもいいでしょう。

たった1万円でコンプレックスが解消できて資産も作れる。

驚くほどコストパフォーマンスが良いやり方ではないでしょうか。

根本的な原因を解決する

それでも解決しないのであれば、仕事を変えるしかないでしょう。

そう転職です。

転職する

根本的な原因が仕事にあるのであれば、おおもとの原因を絶つのは一番の解決策です。

しかしながら恥ずかしいと言うだけで、転職するのはお勧めできません。

仕事はあくまで手段であり、目的ではないですから。

もちろん誇れる・恥ずかしいというのも重要な要素ではありますが、今の仕事が楽しいのであれば転職してもきっと後悔します。

  • 給料
  • 労働環境
  • ワークライフバランス
  • 将来性

上記のような明確な目的が必要です。

目的が明確でなければ、採用側も採用しにくいのが一般的。

なんとなくの理由で、また辞めてしまうのではないかといったリスクを感じられます。

逆に目的を明確にしておけば、採用側も安心して採用できますし自身が後悔するリスクも減らせます。

後悔しないために

転職するのであれば、後悔しないためにも、本当に転職していいか今一度考えましょう。

  • 自分にとって何が一番大事か
  • 何のために働くか
  • 将来的にどうなりたいか

状況を整理してから、転職をするか判断しましょう。

それでも転職の意志が固いのであれば、転職活動を始めるべきです。

サラダ

迷ってる場合は?

迷ってるのであれば、転職サイトや転職エージェントを使い、一度自分がどのような仕事につけるか調べてみてからでも遅くはありません。

無料で使えて必ず転職しないといけないわけでもないですから、リクナビネクストで求人情報を見てみてみるだけでもいいでしょう。

リクナビネクスト

\5分で登録/

リクナビネクストの特徴

  • 国内最大求人の転職サイト
  • 転職者の8割以上が利用
  • グッドポイント診断で自己分析

リクナビネクストは国内最大級の転職ポータル。

転職者の8割以上が利用しているので、幅広い求人情報を集めるには登録しておきたいですね。

また、グッドポイント診断という自己分析ツールが使えるのも魅力です。

ブラック

私もグッドポイント診断をヒントに職務経歴書を作成しました

※販売・サービス系の人におすすめの転職エージェントは【経験談】販売職が使うべきおすすめ転職サイト・エージェントで詳しくご説明しています。

登録はたったの5分。

転職は早いもの勝ち

求人は早い者勝ちなので、登録しておくだけでもあなたの人生が大きく好転するかもしれません。

たった5分でできることなので、後悔したくない方は気軽に登録を済ませておいてくださいね。

まとめ、恥ずかしい気持ちを解決するには

今回は、スーパーの正社員が恥ずかしいと考えている人に向けて、過去の経験から解決策をご説明させていただきました。

最後に今回の話をまとめます。

  • 販売職が恥ずかしいと考える理由は様々
  • 解決する方法もいくつかある
  • でも本当に大事なのは自分が何をしたいか

なかなか分かっていても、気持ちの整理がつかないことって多いと思います。

その場合であれば、行動するのが一番の解決策。

今回であれば、見た目にお金をかけることもそうですし、転職の可能性を探ってみるのもひとつです。

その行動は、あなたの未来をかえる、大きな一歩となるかもしれませんよ

ブラック

皆さんのこれからの人生を応援してます!

今回は以上です

なぜ人は仕事で悩むのか?

それは自分の強みや適性に確信が持てないから。

自分の強みに自信がなくなったり、今の仕事が向いてないのではないかと考えたことはありませんか?

そんな場合は、Re就活に登録すると無料で使える適職診断を使って一度自分の強みと向いている仕事を分析するのがおすすめ。

私自身も活用することで、自分の強みが明確になり、仕事のモヤモヤが解決しました。

無料で使えて必ず転職をする必要もありません。

診断時間はたったの3分。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

\たった3分で適職診断/

詳細記事をチェック

※無料で使えます

日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている方は、是非試してみてくださいね。

 

人気記事

1

Re就活の適職診断は、株式会社学情が提供する転職サイト「Re就活」に会員登録すると使える無料の診断サービス。 Re就活の会員登録も1分でできて、たった3分で自分の適職を診断してくれます。 ※「Re就活 ...

2

こんにちは、販売職から最終的には、大手ホワイト企業のセールスマーケティング職に転職できた元社畜販売員のブラックです。 年収100万UP(現在は200万UP) フルリモート可能 フレックス自由 有給取得 ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍での転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こ ...

-販売職からの転職