販売職からの転職

【接客業を辞めてよかった】退職後のデメリットも解説

ブラック

こんにちは、販売・接客の仕事をしていた元販売員のブラックです。

接客の仕事って簡単そうに見えて大変ですよね。

その割には、薄給激務でブラックな環境が多いです。

好きで接客業に着いたのに、辛いことが多くて心が折れそうになったり。

人と接するのが苦手なのに、仕方なく接客業をしている人いるのではないでしょうか?

私自身も接客の仕事は嫌いではなかったのですが限界を感じ、今は別の仕事についています。

筆者の経歴

  • 販売・接客の仕事を10年経験
  • 接客業やめとけと言われたのに接客の仕事につく
  • 管理職としても100人以上の販売員と関わる
  • 販売職→営業職を経て大手ホワイト企業に転職

でも、他の仕事をしたことがないのに合わなかったらどうしよう。

そう考えると、なかなか次の行動に移れませんよね。

本記事では、私が接客業を辞めて良かった理由と、退職後に感じたデメリット等についてご説明します。

接客業を続けるかどうか悩んでる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

※販売・接客業からの転職ノウハウは【販売職から転職】元販売員の私が実践した6つのことに掲載していますのでよろしければこちらもご参照ください。

接客業を辞めて良かった理由

結論として、私は接客業を辞めて良かったと思います。

接客は好きでしたが、後悔はしておりません。

その理由をご説明します。

立ち仕事から解放された

まずは立ち仕事から解放されたこと。

若いうちはいいんですが、歳をとってくると体にガタがいろいろ出てきます。

同僚では腰を壊したり、膝を怪我したりしている人も多かったです。

自分自身が体を壊す前に、立ち仕事から解放されたのは非常に大きいと感じます。

週末に休めるようになった

不定期な休みがなくなり、週末にカレンダー通り休めるようになったのも非常に大きいですね

連勤が続くことがなくなり、体調管理がしやすくなりました。

また休日の予定も立てやすくなり、プライベートも充実するようになりました。

ブラック

精神的にもストレスが減りました

喉を痛めなくなった

接客業をしていると、日によっては1日中話しっぱなしと言う日もあります。

1日中会話していると、喉に負担もかかり、喉を痛めることも多かったです。

接客業の時は年に数回、喉を痛めていたのですが、転職してからは喉を痛めることほとんどなくなりました。

喉を痛めると仕事にも支障をきたしますし、精神的にも肉体的にもきついです。

喉を痛めやすい問題から解放されたのは、すごく嬉しかったですね。

クレームに悩まされることが減った

接客業から離れたことによって、クレームに悩ませることも減りました。

接客の仕事をしていると、自身の問題だけではなく、理不尽なクレームをもらうケースも多々ありますよね。

納得できない事を、我慢するだけならまだ耐えられるました。

しかしながら、執拗にクレームを繰り返し、対応が終わらないお客様もいるのが接客業。

バーガー

モンスタークレーマーってやつだね

特に最悪なケース

休日を挟むなどしてしまったら、もう最悪。

状況によっては休日出勤も当たり前。

休日出勤を避けれたとしても、問題が解決できていなければ、精神的にゆっくり休むこともできません。

接客業からを辞めたことにより、こにょうな問題からも解放されました。

プライベートが充実した

休みが定期的になり、プライベートが充実しました。

接客業時代には、参加できなかったイベントや、同窓会などにも参加できるようになりました。

連休も取れるようになり、友人と旅行に出かけたり、気軽に帰省できるのは嬉しいです。

ブラック

世間では当たり前のことを楽しめています

理不尽な思いをするのが減った

クレームほどでは無いにしても、接客業をしていると、理不尽な暴言を受けることも多いです。

気持ちよく働いていたのに、心ない一言で、1日が台無しになります。

特に憂鬱だったこと

あわせて辛かったのが、連休のレジャー特集。

絶対に行くことが出来ないのに流れる特集を見ることによって、変に卑屈な気持ちになります。

TVのニュースを見ることによって、理不尽な気持ちになることも減りました。

テレワークを経験できた

今は、接客業から離れて、テレワークをしています。

通勤時間もなくなったので、その分勉強したり、自己啓発の時間が増えました。

あわせて、外食も減ったので、健康的な面でもメリットも大きいです。

ブラック

子供と触れ合うことも多くなりました。

将来的な不安が減った

接客業を辞めて、将来的な不安がすごい減りました。

年収も上がりましたし、今やってる経験は、転職において非常に武器になると感じます。

その証拠として、販売員時代には受けたことなかったヘッドハンティングも経験しました。

着実に、自分の価値が上がっている実感があります。

ブラック

最悪、会社が倒産しても再就職できそうだと感じます

成長を実感できている

接客業を辞めて、本当に成長の実感が大きいです。

販売接客業時代も、学ぶ事は多かったです。

その経験は今の仕事でも役立ってます。

特に若いうちは、すごく成長できる環境だと感じます。

接客の仕事を辞めて感じること

しかしながら仕事に慣れてくると、このまま同じことを繰り返していて、大丈夫なんだろうかと不安になることも。

もちろん日々の課題を見つけて、自分なりにできることを増やしていくことも大事です。

しかしながら、仕事がマンネリ化してしまって、不安になっているのであれば別の仕事に就くのも1つの選択だと改めて思いますね。

ブラック

慣れを感じたら一つの転機かもしれません

接客業をやめたときのデメリット

もちろん接客業から離れて感じたデメリットもあります。

参考までに私が感じたデメリットをご説明しますね。

1日の時間が長い

接客業から離れて、1人の時間を長く感じるようになりました。

接客の仕事は、お客様と1日中話していれば、あっという間。

特にはじめのうちは、デスクワークに慣れなくて、落ち着きませんでした。

私自身は動き回ってる方が、性に合ってると感じます。

休みのありがたみが減る

休みが増え、年休も取れることになったことにより、休みのありがたみが減りました。

接客業の時に奇跡的に連休が取れた場合は、その喜びはなにごとにも勝る価値があったからです。

贅沢な悩みかもしれません。

ブラック

慣れって怖いですよね

太りやすくなった

単純に立ち仕事が減ったので、太りやすくなりました。

これに関しては、通勤時間分筋トレして解消してますので、今となってはそんなに大きな問題ではありません。

ここまで私が接客業を、やめて良かった理由をご説明しました。

接客業を続けるべき・辞めるべき?

私が接客業を辞めてよかった理由を聞いて、同じく辞めようと考える人もいるかもしれません。

しかしながら、すべての人に「辞めた方がいい」と言っているわけではありません。

接客業を続けたほうがいい人もいます。

バーガー

迷っているから基準が知りたい!

接客業を続けた方がいい人

私が接客業を続けたほうがいいと感じる人は以下の人です。

  • 特に不満がない人
  • 待遇に満足している人
  • 次の仕事が決まっていない人

やはり、今の状況に不満をもっていないのに仕事を辞めるのは、おすすめしません。

転職理由が弱くなり、内定率も下がりるから。

転職後に後悔するリスクも高くなりますよ。

それでも転職したいのであれば、在職中に転職活動をするのが理想です。

採用側にとっても好印象ですし、焦って次の仕事を妥協するリスクも減らせます。

何より、在職中で転職活動をしてまで転職したいと考えているのであれば、後悔する可能性は低いでしょう。

サラダ

どうしても仕事を辞めたてから転職したい場合は?

基本的には在職中の転職をおすすめしますが、20代であれば次の仕事が見つかる可能性は高いです。

自分の今の年齢も加味して判断してくださいね。

※詳しくは第二新卒採用が甘いので狙い目なワケ【逃げではない】について解説してますのでそちらもご参照下さい

会社を辞めるなら転職サイトには登録してから

もし会社を辞めたいのであれば、一旦転職サイトに登録して、求人情報を見てからでも遅くはありません

Re就活ならたった1分で登録可能な未経験や20代に特化した求人サイト。

しつこい電話営業やスパムのようなメールもありません。

希望者はたった3分で、自分に合った適職が診断できます。

もしサービスが気に入らなければ2分で退会も可能です

\簡単1分で無料登録/

※登録後も料金はかかりません

求人情報を見て、転職できそうだと判断してから退職してくださいね。

たった1分で、後悔するリスクを限りなく減らせます。

ブラック

後悔しないためにも、求人情報は調べておいてくださいね

ここまで、接客業をやめるべきでない人についてご説明しました。

接客業をやめたほうがいい人

続いて接客業やめたほうがいい人についてご説明します。

「転職はやめとけ」と言われて思いとどまってる人は、こちらも参考に考えてみてくださいね。

将来に不安がある人

将来に不安があるのであれば、転職を視野に入れましょう。

もちろんすぐに転職する必要はありません。

今の自分にどういった仕事ができるかを調べておくことだけで、いざという時に行動に移すことができます。

逆に、求人を見て接客業以外に選択肢がないのであれば、どのようなスキルがあれば別の仕事につけるか考えるきっかけになります。

私自身も、一度転職活動をすることによってどのようなスキルが必要かが明確になり、最終的には自分の希望以上の条件の会社に転職できました。

将来的な不安がある人は、一度は転職エージェントや転職サイトを利用しておく事をお勧めします。

ブラック

登録したからといってすぐに転職する必要はありませんからね。

接客が苦手な人

接客が苦手な人や、苦痛な人も接客業はやめたほうが良いでしょう。

接客の仕事は、そこまで将来性のある仕事ではありません。

仕事は人生の大半を費やします。

楽しいのならまだしも、ストレスを感じてまで続ける仕事ではありませんよ。

それであれば、つぶしが利きやすい仕事や、自分の好きな仕事に就いてくださいね。

バーガー

人生の大半は仕事に時間を消費するから。

下記の記事でも解説していますがITエンジニアなど、キャリアアップや高年収を目指せる方法は他にもあります。

無理に続けず、別の仕事に挑戦してみてくださいね。

参考キャリアチェンジするならITエンジニアがおすすめである理由

こんにちは、販売職から転職してIT業界で仕事をしているブラックです。 営業の仕事は絶対に嫌だ市場価値の高い職歴が欲しい年収を上げるスキルを身に着けたい そんな人におすすめなのがITエンジニア。 なぜな ...

続きを見る

会社の業績が悪い人

会社の業績が傾きかけているのであれば、早めに転職活動を行っておきましょう。

潰れたり、給料が大幅に下がってからでは、ライフプランが狂います。

実はあまり知られてないのですが、給料が下がったからという理由で転職する場合は、採用側にとってはあまり悪い印象にはなりません。

お金に汚いから悪印象だと思われがちですが、それこそ生活に直結する問題です。

採用側にとって一番困るのは、採用側がコントロールできない問題であること。

その点報酬が原因なのであれば、希望報酬を用意すれば辞められないという確約ができます。

そのため、用意できる報酬内であれば、採用しやすい人材であると言うことになります。

転職理由としてはうってつけなんですよね。

ブラック

意外と知られていない事実です

年収に不満がある人

年収に不満がある場合も、接客業以外の仕事を検討すべきです。

接客業の平均年収はあまり高くありません。

業務の性質上、大幅な昇給は見込めないでしょう。

仕事によって体調崩している人

仕事によって体調を崩しているのであれば、休職するか退職を検討しましょう。

辞めれないのであれば、退職代行サービスをつかってもいいかもれません。

理想は在職中の転職活動ですが、体を壊してしまえば元も子もありませんからね。

体調を崩している場合は、自分の体を第一優先としましょう。

接客業は体力勝負な側面もあります。

向いてないのが原因で、体調不良を起こしているのであれば、別の仕事を探すことを強くおすすめします。

職場に原因があるのであれば、同業他社に転職をするなど早めに手を打ってくださいね。

ブラック

健康に勝るものはありませんよ

周りに迷惑かけれないと言う理由で続けている人

これはすごい接客業にありがちな問題です。

接客業はある意味チームプレイ。

私自身も、周りの目を気にして、ずっとやめれずにいました。

しかしながら、転職の選択肢は、時間とともに減っていきます。

自分の人生を全てかけて、迷惑をかけないことに力を入れるのもいいかもしれません。

けれども、多くの人は無理して仕事を続けたことを後悔しています。

実際、私もすごく後悔しました。

※細かくは「第二新卒で転職はやめとけ」と素直に従って後悔しかなかった件【体験談】で解説してます。

本当に大切にすべきことは?

確かに、仲間を大事にするのは素晴らしいことです。

しかしながら、周りの人が自分の将来を保証してくれるわけではありません。

転職することによって、縁が切れてしまったり、非難されるようであればそれまでの関係でしょう。

本当に良い仲間であれば、少し迷惑をかけたとしても、あなたの人生を応援してくれます。

実際、私は転職してからも、前職の友人と今も仲良く交流しています。

転職って、勇気がいるので何かと理由をつけて先延ばしにしてしまうんですよね。

これを機会に、本当に自分が優先すべき事は何か、考えてみても良いかもしれません。

バーガー

改めて何が大切かを考えよう

接客業をやめようか迷ったら

以上、やめるべき人とそうでない人をご説明させていただきました。

全ての人がその通りにする必要はありません。

でもやめようか迷ってるのであれば、いちど自分がどのような仕事につけるか調べてみることをおすすめします。

転職するリスクはありますが、転職活動をするリスクはゼロ。

自分がやりたい仕事や、希望の条件がなければ、転職しなければいいだけ。

悩んでるだけでは何も解決しませんので、行動にうつしましょう。

まっちゃ

時間は過ぎていきますからね

転職を成功させるなら

本格的に転職を考えたならば転職サイトだけではなくて転職エージェントも活用しましょう。

転職エージェントは、担当者が転職のサポートを行ってくれるサービス。

直接応募するよりブラック企業に転職するリスクが減りますし、内定率も上がります。

※詳細は転職エージェントを経由したほうが受かりやすいって本当?でご説明しています

しかも転職エージェントの仕組みから転職希望者は無料で使えますし、相談したからといって必ず転職する必要もありません。

必要なくなれば簡単に解約できるので、まずは気軽に相談してみましょう。

接客業からの転職を考えている場合は積極的に活用していきましょう。

参考までに接客業から転職する場合におすすめの転職エージェントを4社ご紹介します。

おすすめ転職エージェントランキング

 

1位 doda

2位 hape Agent ※営業へ転職なら1位

3位 ワークポート

4位 リクルートエージェント

※総合評価で当サイトのリサーチ上位4社(調査対象56社)

ひと通り登録する場合は、

『お気に入りに登録しておく』か

『別のウィンドウで開く』
で、とりあえず開けておくのが時短になっておすすめです

まっちゃ

当サイトのイチオシはdodaです

転職者の2人に1人が利用しており、あらゆるタイプの求人を取り揃えているのが評価ポイント。

※表の転職エージェント名をクリックすると各転職エージェントのホームページに移動できます。

※比較表は横スクロール出来ます

doda hape Agent ワークポート リクルートエージェント
個人的評価4.7(5点満点中) 個人的評価4.6(5点満点中) 個人的評価4.3(5点満点中) 個人的評価4.1(5点満点中)
20代~ 50代対象 20代~ 35歳まで対象 20代~ 40代対象 20代~ 50代対象
当サイト総合評価No1 営業職特化の転職エージェント 未経験からITに転職するなら 求人数No1

・転職者満足度No1

・転職者の2人に1人が利用

・営業職も視野に入れているなら登録必須

・職務経歴書の添削に評判あり

・無料プログラミングスクールが使える

・IT系に転職するなら

・求人数の多さが魅力

・捌いて数をこなすという印象

詳細・評判を見る

詳細・評判を見る

詳細・評判を見る

詳細・評判を見る

dodaはサイトも使いやすく、多くの転職支援サービスの中で利便性は一つ抜きに出ています。

通常の担当者とは別に採用プロジェクト担当もいて、キャリアアドバイザーに紹介された求人以外からも自ら選んで応募できるのも魅力ですね。

※クリックで内容をチェック

ブラック

迷ったらdodaを選んでおけば問題ないでしょう。

ただし営業職への転職であれば、営業職転職でのNo1満足度を誇るhape Agentを推薦します。

なぜなら、hape Agentは担当者全員が営業職への転職に精通しており、92%の人が使って満足しているから。

営業職への転職も考えているなら登録しておいて、損はないでしょう。

未経験からエンジニアを目指すなら、IT系に強く無料でプログラミングスクールにも通えるワークポートがおすすめ。

知名度No1のリクルートエージェントは、求人数の多さが魅力ですが、多くの求職者をさばく必要があるため転職サポートが少し弱くなる傾向があります。

その他の転職エージェントをまず利用して、希望の求人がなければリクルートエージェントを利用するといいでしょう。

他の転職エージェントと併用することにより、求人数の多いリクルートエージェントの強みを最大限に活かせますよ。

バーガー

それぞれの強みがあるわけね

理想は4社と面談して良い求人があったところに絞るのがおすすめですが、少なくとも最低限の比較ができるように2社以上には登録しておいてくださいね。

そのひと手間で、転職の成功率は大きく変わります。

登録が不安な方へ

転職エージェントに登録したからといって、相談なしにいきなり転職活動がはじまるわけではありません。

面談して初めて分かることも多いので、まずは登録して転職エージェントに気軽に相談してみましょう。

利用も無料で、退会も自由、土・日でも利用可能です。

※登録の際、備考欄に「●時以降なら電話対応」 と記載しておけば、仕事中に連絡が来てバレることもありませんよ。

接客業を辞めてよかったと思えるように

私は転職エージェントを使って転職して

  • 年収200万UP
  • 定時退社あり
  • フルリモートあり
  • ワークライフバランスの充実

過去の自分では、想像できない環境となりました。

現状を変えれるのはあなただけ

本記事を読んで、転職サイトか転職エージェントに登録するのか、何もしないかはあなた次第です。

登録するのにもお金はかかりませんし、特にリスクもありません。

ただひとつ言えるのは、現状を変えられるのは、あなただけだということ。

今の仕事に不満があるのであれば、是非行動してくださいね。

ブラック

皆さんのこれからの人生を、応援しています!

なぜ人は仕事で悩むのか?

それは自分の強みや適性に確信が持てないから。

自分の強みに自信がなくなったり、今の仕事が向いてないのではないかと考えたことはありませんか?

そんな場合は、Re就活に登録すると無料で使える適職診断を使って一度自分の強みと向いている仕事を分析するのがおすすめ。

私自身も活用することで、自分の強みが明確になり、仕事のモヤモヤが解決しました。

無料で使えて必ず転職をする必要もありません。

診断時間はたったの3分。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

\たった3分で適職診断/

詳細記事をチェック

※無料で使えます

日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている方は、是非試してみてくださいね。

 

人気記事

1

Re就活の適職診断は、株式会社学情が提供する転職サイト「Re就活」に会員登録すると使える無料の診断サービス。 Re就活の会員登録も1分でできて、たった3分で自分の適職を診断してくれます。 ※「Re就活 ...

2

こんにちは、販売職から最終的には、大手ホワイト企業のセールスマーケティング職に転職できた元社畜販売員のブラックです。 年収100万UP(現在は200万UP) フルリモート可能 フレックス自由 有給取得 ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍での転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こ ...

-販売職からの転職