上司の悩み 仕事術

「第二新卒で転職はやめとけ」と素直に従って後悔しかなかった件【体験談】

投稿日:

 

第二新卒で転職はやめとけ

 
 

そのセリフを素直に受け取ったら危険です

 

第二新卒とは、短期間でも社会人経験のある20代前半の人を指します。

新卒で無事に就職できたもの、実際に仕事をこなしていて理想と現実の違いから転職を考えている人も多いのではないでしょうか

私が新卒で入社した会社も想像以上にブラック企業でした。

何度も退職しようと思っていたのですがそのたびに、上司に「第二新卒で転職はやめとけ」と促されて思いとどまりました。

  • 三年間は働かないと意味がない
  • 職歴に何もかけないからどこも採用されない
  • 管理職を経験しないとこの会社に入社した意味はない
  • 他の会社に転職したところで通用しない
  • 疲れているんだから飲みに行こう

上記のようなアドバイスを鵜呑みにした結果、私は希望業種へ転職するチャンスを逃してしまいました。

最終的には、希望業種でないもの大手ホワイト企業に転職できたので良かったですが、当時の選択を後悔する日も多かったです。

今回は、そんな私の経験を通じて新卒してすぐの転職や第二新卒での転職を考えている方へ知っておくべき情報をご紹介します。

私のような後悔をしないように、是非今後のご参考にしてただければと思います。

第二新卒での転職はやめるべき?

第二新卒で転職するのはやめておいたほうがいいのでしょうか。

結論として、第二新卒で転職するのは問題ありません。

第二新卒で転職しても問題ない

企業も若手を求めている会社が多く、第二新卒の求人は増加傾向にあります。

転職自体が珍しいことではなくなってきており、常に一定の人数の人が第二新卒で転職しています。

驚くべきことに、そのうち半分以上の人が新卒で就職してから一年以内の転職です。

最近の新社会人は「3年以内に離職する」割合が高いと言われているが、厚生労働省「新規学卒就職者の学歴別就職後3年以内離職率の推移」を見ると直近20年間、ほぼ3割で横ばいで大きな変化はない。

社会構造や世代、景気の変動がありながら、新規学卒者(大卒者)の就職後3年以内の離職が3割がずっと続いている現状に関して、UZUZは入社3年以内を多く含む「Z世代」を中心に転職活動の意識調査を実施した。

調査の結果、第二新卒として転職活動をしている523名の55.83%が1年未満で転職したことが明らかになった。

参考 DIME

悩んでモチベーションを下げながら働き続けるのであれば転職をするのは賢い選択の一つです。

実際に、わたしの前職でも良い転職ができたと語っている同僚はすべて第二新卒での転職組でした。

今私が勤めている大手ホワイト企業にも大勢の第二新卒の人間が入社しています。

それではなぜ、第二新卒での転職は「やめとけ」といわれるのでしょうか。

第二新卒での転職は「やめとけ」といわれる理由

下記は第二新卒の転職を「やめとけ」と言われる理由です。

  • 職務経歴書に書くことがない
  • 経験が浅く即戦力になれない
  • すぐ辞める人間に思われてしまう

私が退職を踏みとどまるように説得されたときもこのような理由を述べられました。

しかしながら、わたしの経験上これらの理由は特に問題ありません。

順にご説明します。

職務経歴書に書くことがない

働きだしてすぐに転職をする人は仕事で、何か成果をあげたことは書けないという悩みがあると思います。

しかしながら、そこはあまり気にする必要はありません。

社会人としてのマナーや、常識があるかどうかを重視しています。

研修で褒められたことや、配属されて成し遂げた些細なことでも構いません。

社会人としてのマナーや、常識がしっかりしているかが求められます。

逆に、第二新卒であまりにも成果が上がりすぎていても怪しいものです。(根拠が示せる場合は別ですが)

新卒での就職活動のときにように、学生時代に何を打ち込んだかの面接でのポイントになると言えるでしょう。

経験が浅く即戦力になれない

第二新卒だと経験が浅いので即戦力になれないと

そもそも、第二新卒を求めている時点で即戦力は求めていません。

30代の中途入社でも本調子がでるまでは半年以上かかるケースが多く、本当に即戦力になる人はごく一部です。

わたし自身、前職で様々な仕事を経験しましたが、どれも一ヶ月以内に何かしらの成果をあげることができていました。

しかしながら、転職してからは成果が出るまでには苦労しました。

すぐに結果が出なかったのは初めてだったので、非常に戸惑ったものです。

当時の状況はこちら記載しております

転職して1ヶ月で仕事ができないと悩んだら【解決策】

はじめはうまくいきませんでしたが、今は上司からも良い評価を頂いております。

逆に未経験でも、販売員や訪問販売のようにセンスでどうにかなるような仕事であれば、向いていればすぐに結果が出ます。

そのため、上記のような仕事は、新人が前例がないような実績を出したりします。(ビジネス書のエピソードに書いてたりしますよね)

以上のことから、即戦力になれないかを悩む必要はありません。

大事なのは貢献しようという気持ちと努力です。

すぐ辞める人間に思われてしまう

第二新卒は勤続期間が短いので転職するとなれば、今の仕事をすぐに辞めることになります。

しかしながら、それですぐに辞める人間だと判断されるのであれば企業は第二新卒の募集なんてかけません。

  • 今の仕事を辞めるのか明確な理由
  • 何故転職する必要があるか
  • どのように転職先に貢献できるか

をしっかり伝えることができれば問題ありません。

第二新卒での転職をやめるべき人

ここまで第二新卒で転職することは問題ないと説明しました。

しかしながら、第二新卒で転職すべきでない人もいます

  • なんとなく今の仕事が退屈だから転職したい人
  • 大手からベンチャーに転職したいが福利厚生を捨てきれない人
  • やりたいことが分からない人
  • 合わないからと言って退職してから仕事を探そうとしている人

上記のような人は、転職が失敗に終わり後悔する可能性が高いです。

しばらく今の仕事を続けるうちに解決するケースあるでしょう。

もし転職するのであれば、すぐに辞めたりせずに自己分析をしてから在職中に転職活動をすることをおすすめします。

そのうえで、本当に転職すべきか判断しましょう。

第二新卒での転職が向いている人

それでは、どのような人が第二新卒での転職に向いているでしょうか。

私が考える第二新卒での転職が向いている人は、今の仕事を続けていても解決しない悩みえおもっている人です。

具体的には以下のような人です

  • やりたい仕事が別に明確である人
  • 別業種に転職したい人
  • 勤務先がブラック企業である人
  • 勤務先に将来性がない人
  • 10年後の自分がネガティブな想像の人

このような人は、第二新卒での転職を検討する価値は十分あります。

特に他業種に転職したいのであれば、早ければ早いほうがよいです。

「やめとけ」と言われて行動しなかった人間の末路

冒頭にも記載しましたが、私は新卒で就職した企業がブラック企業でした。

上司に「第二新卒で転職はやめとけ」と促されて思いとどまりました。

  • 三年間は働かないと意味がない
  • 職歴に何もかけないからどこも採用されない
  • 管理職を経験しないとこの会社に入社した意味はない
  • 他の会社に転職したところで通用しない
  • 疲れているんだから飲みに行こう

上記のようなアドバイスを鵜呑みにした結果、私は希望業種へ転職するチャンスを逃してしまいました。

三年間は働かないと意味がない

同業種二転職する場合は効果がありますが、他業種に転職するのであればマイナスに働くケースが多いです。

親和性がありそうな他業種の場合はメリットが有るケースもありますが、基本的にはリスクのほうが大きいです。

職歴に何もかけないからどこも採用されない

前述に記載したように、そこまで職歴に書けるような内容を重視するのであれば、第ニ新卒で求人なんかする必要はありません。

しっかり研修で習ったことや、学生時代に取り組んだことを記載すると問題ないでしょう。

逆に第二新卒で職歴のアピールポイントが多すぎると、自己評価が甘いという印象を与えるというデメリットも発生します。

大事なのは、悲観的にならず行動することです。

管理職を経験しないとこの会社に入社した意味はない

無駄に管理職を経験すると、採用側も取りづらいものです。

  • 役職を下げてまで入社してもらうのは失礼ではないだろうか?
  • プライドが高くて扱いづらくないだろうか?
  • 入社してもらうことによりチームのバランスが崩れないだろうか?

もちろん、マネジメントができる人材というのは、世間的に大きな需要があるスキルの一つです。

しかしながら、それ以上に第二新卒のほうが圧倒的に求人が多いです。

そのため、転職を考えているのであればすぐにでも行動を移したほうが、転職をすすめる上では有利です。

他の会社に転職したところで通用しない

これは、ブラック企業でよくあるケースです。

しかしながら、ほとんどの上司は転職したことない人です。

私自身、大手に転職できましたが、アルバイト以上に仕事ができない人もたくさん見てきました。

通用するかどうかは転職してみないとわかりませんし、正直「通用しなくても待遇が上がるなら良い」という考え方もあります。(笑)

転職に関しては、社内の人間のアドバイスはあまり参考になりませんのでご注意ください。

疲れているんだから飲みに行こう

呑みに行くこと自体はこのご時世だから、あまりないかもしれません。

ガス抜きをして、うやむやにされるのは全く解決になっていません。

呑みに行って仕事のストレスを解消するのも悪いことではありません。

また上司が遺留してくれるともしわけない気持ちにもなりがちです。

しかし、わたしは何度も辞めたいと、上司に相談しましたがそのたびに慰留されて仕事を続けた結果

わたしの食品メーカーで働きたいという夢は挑戦することなく、潰えました。

その場の感情で判断するのは、非常に危険です。

時間は戻せませんので、本当に第二新卒の権利を放棄していいのかをしっかり判断しましょう。

第二新卒で転職をする際のポイント

ここまでの内容をまとめます。

  • 転職は若さが何よりも武器
  • 就職活動より転職活動のほうが難易度は低い
  • 転職の仕組みは欠員が出ているかどうか
  • 第二新卒の職務経歴書に大きな実績は求められていない

繰り返しになりますが、第二新卒というだけで一つのアドバンテージです。

転職を検討しているのであれば、そのメリットを活かさない手はありません。

悩んでいて、何もしないといううことはリスク以外のなにものでもありませんので何かしら手をうちましょう。

具体的な方法に関してはこれから記載します。

第二新卒で転職するなら

辞めたいと思う理由は人それぞれだと思いますが、「辞めたい」と感じたらまずはどのようにすべきでしょうか。

「辞めたい」からと言ってすぐに退職するのは賢い選択ではありません。

まずは、自分の市場価値を分析することをおすすめします。

 
第二新卒で転職する場合は、まずは下記のサービスを活用し、転職市場を分析してみることがおすすめです。(全て無料で使えます)
すぐに転職に至らなくても、自分の職場環境を客観的に分析できますし、キャリア設計にも役立ちます。
私も悩んだ挙げ句、転職エージェントを使うことによりキャリア設計が明確になり人生が大きく好転しました。
もしかしたら自分を安売りしているだけで、あなたを必要としているもっと良い職場がみつかるかもしれませんよ。

まずは自分の市場価値分析

ミイダス で自分の特性を分析し(口コミ・評判
転職会議で他の会社の評判を調べ
リクルートエージェント で転職エージェントに相談してみる
 
少なくとも私は、これだけで人生が大きく変わりました。
 
もっと早く使っていればと改めて思います。(笑)
 
転職エージェントは複数登録がおすすめです。
 
 

意外と、自分が考えと世間の評価はずれている事が多いです。

退職したにもかかわらず、「仕事がない」とならないように自分の強みを把握しておきましょう。

その上で、転職をするかどうか判断してはいかがでしょうか。

今回は以上です。

この記事の内容が少しでも皆様にとって有益な情報となれば幸いです。

 




-上司の悩み, 仕事術

Copyright © ブラックからの転職, 2020~2021 All Rights Reserved