転職活動

転職して1ヶ月で仕事ができないと悩んだら【解決策】

投稿日:2020年10月24日 更新日:

 

仕事がうまくできないときって辛いですよね

 

私も転職して半年間、あまりにも仕事の手応えがなかったので自信を失いそうになりました。

同じような悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。

今回は私の経験から、悩みに対して気がついた点と有効であった手段をご紹介します。

仕事ができない悩みの改善方法

結論としては、転職してから1ヶ月目は仕事ができないのはあたりまえです。

焦って慣れないうちに主張しても敵を作るだけで、逆効果になるケースが多いです。

そのため、あまり意見が出せずせいかも出せてないと悩む必要はありません。

まずは、できることを見つけ自分のペースを掴み本来のパフォーマンスを取り戻すことが大切です

転職してからしばらくはバイオリズムが狂うことを自覚する

転職してしばらくのあいだ環境になれるまでは、意識しなくても体はストレスを感じます。

あわせて、転職が決まった達成感や開放感から疲れやすくもなります。

年休消化をした人は、長期休み明けからのからの仕事でもありますのでなおさら調子を崩しやすいです。

それだけでなく、転職に併せて引っ越しをした人は、自宅にもなれてないので潜在的ストレスを受けてしまっています。

当然、怒りやすくなったり、落ち込みやすくなります。

対策として、可能な限り規則正しい食生活や睡眠をとることをおすすめします。

私はあまり繊細な性格でないと自分で思っていたのですが、そんな私でも新しい生活になれるまでは実際3ヶ月ぐらいかかりました。

そのため、あまり悲観的にならずに、転職してパフォーマンスが落ちていることは当然だと割り切り、余裕をもった気持ちで仕事に取り組みましょう。

オフを満喫する

入社してしばらくは仕事が気になると思いますが、休日は満喫しましょう。

休みの日も仕事のことを考えがちになりますがバイオリズムも乱れやすい状態ですので、メリハリが大事です。

軽く汗を流したり、趣味に没頭したり、極力ストレスを溜めないようにしましょう。

即戦力という言葉に迷わされない

中途採用はまず、即戦力でないといけないイメージも多いと思います。

しかし、よほどの優秀な人ではない限り、100%のパフォーマンスが出るまでは、最低半年間はかかると言われています。

私自身も、販売員時代に別の店舗にて応援に行ったときも、販売成績では結果を残せていたので、転職後のことはあまり心配してませんでしたが、これは大きな誤算でした。

転職は異動と違い、業務上のことや、システムの違い、扱う商品の違い以上に、文化の違いが発生します。

また、人間関係もできていないので、自分のペースがつかみにくい状態です。

周りは即戦力だと思って接してくるので、焦ってペースが乱れがちになりますが、焦って行動すると逆に失敗が多くなり成果が出るのが遠のきます。

あまり焦らず、まずは自分のできることを見つけましょう。

サポーターをつくる

まず、第一優先として、あなたのサポーターをつくるということを意識しましょう。、

サポーターとは、あなたを応援してくれる人間のことです。

転職すると、チームメンバーや指導員など、あなたの教育担当になる人が存在します。

そういったレクチャーをしてくれる人は非常に重要なので、意識する機会は多いと思うのですが。

それ以外にも、あなたの力になってくれそうな人を探しましょう。

ちょっとしたことで気をつかってくれる人や、フォローしてくれた人など1ヶ月の中でも些細なサインはでています。

そういったところを思い出して、仲良くなりましょう。それ以外にも、同じ趣味を持つ人や話が合いそうな人など、仲良くなれそうな人との関係性は深めましょう。

新しい職場では、自分のフィールドを作ることが大切です。

「仕事は仲良しごっこじゃないのでそんな考えは甘い」という意見もあると思いますが、私からすれば、人間関係すら築けないのに「仕事がうまくいかない」といっている人の方が考えが甘いと感じます。極論でいうと、仕事がうまくいきだしたら、関係性を解消するといったドライなやり方でもいいと思います。(私はやりませんが)

プライベートまで仲良くする必要はありません。あくまで仕事を円滑にすすめるための最短ルートが、あなたのサポータを増やすことだといううことをご理解いただければ幸いです。

サポーターが増えてくると、いろんな情報が入ってきますので、より仕事が進めやすくなります。特に重要なのは、上司が有能であるか、そうでないかの情報です。

上司が無能で否定されていたため、有益な意見を出していたことに気がつかなかったといったケースも、存在します。

上司が無能だと気が付かず悩むケース

これは私の体験談です。

転職して半年ぐらいは、当時の上司にアイディアを出すも全否定され、修正案をいただくも理解できず腑に落ちないことが多かったことが続きました。

自分は無能なのかとすごく落ち込んでいたことを覚えています。

しかしながら、他の人から「あのアイディアはいいと思うよ、あの上司は先入観が強いから理解してもらえないだけだ」と意見をいただき、その人が他の幹部に進言してくださいました。

実際にそのアイディアは採用されて成果を上げ、私の評価にも結びつきました。

これもサポーターを、つくれたおかげだと考えます。

入ったばかりでは「あの上司は無能ですか?」なんて誰にもきけないですよね。(笑)

メモをとる

とにかくメモを取りましょう。教えてもらったことは、もちろんのことですが、どんな些細なことでもメモをとるのは有効です。

メモがあればあとで、見返すことができ、仕事の習得スピードを加速させます。

それ以外にも、メモには魅力的な効果があります。メモを取っている姿は、相手に良い印象を与えます。

これは、先程のサポーターをつくるといった効果にもつながりますので、すぐにでも実践してみてくだい。

会議の議事録を率先して作成する

メモと似たような効果があるものとして、議事録を率先して取ることもおすすめです。

議事録は、あまりやりたがる人はいませんので、率先して願い出れば任せてもらえるケースも多いです。

議事録を作成する場合は以下を意識して作成しましょう。

  • 会議に参加する前に過去の議事録があるかどうか確認しておく
  • 会議内容をスマホなどで録音しておく(事前に録音することを伝える)
  • 議事録は可能であれば当日中に、遅くても翌日には作成し共有する
  • 議事内容で誰の意見か分かるようにする
  • 決定事項を明記する
  • 決定事項の期限を記載する
  • 分からない単語があったときはメモしておく

フォーマットが決まっていることも多いので過去の議事録を事前に確認しておきましょう。

会議中は、聞き逃し防止や、積極的に自分が発言もできるように録音しておくことがベストです。

議事録の作成は、職場を理解するには、最適な作業です。

「わからない単語=あなたにとっての文化の違いやスキル不足に当たる部分」ですので、メモをとっておいてのちほど教育担当にヒアリングしておきましょう。

会議議事録が完成した場合は、すぐに全員に共有せず、まずは会議の責任者に査読を依頼しましょう。

その際に議事録を通じて、会議の改善案が見つかった場合は査読な際にそれとなく伝えることがベストです。

私は、この行動により自分のポジションの向上と職場のサポーターを増やすことに成功しました。議事録は、非常に労力がかかる作業ですが仕事を理解してないものにとっては非常に勉強になる作業です。率先して引き受けましょう。

また、意外にかもしれませんが、会議自体がかたちだけになっているものは多く、決定事項と期限が明確になっていないケースは多いです。

ここを明確にし、業務の生産性をあげることができれば、自身の価値をアピールするチャンスにも繋がります。

逆に、決定事項の期限をあえて決めてないケースもあります。その場合は、新参者が問題を定義すると、逆に敵を作ってしまうことも多いので査読してもらう際にそれとなく聞いておきましょう。

そういったことをくりかえすことにより、今の職場の文化や問題点が見えてきますので、ある程度サポーターができたタイミングに、問題点を解決する行動ができれば、あなたの評価は一気に高まるでしょう。

転職してよかったところを探す

うまくいかないうちは、悪いように人間は考えがちです。

特に、転職しなければよかった。失敗したと後悔することも多いと思います。

ネガティブな気持ちはさらに、仕事のパフォーマンスを下げます

そんなときは、今の職場に転職してよかったところを探してみましょう。

私は、中小から、大手に転職できたので、オフィスがすごくきれいなことに感動しました。

毎日、こんなきれいなオフィスで働けるだけでも楽しい、恵まれていると暗示をかけていました(笑)

私の場合はブラック企業からホワイト企業に転職できたので、メリットが多すぎて参考にならないかもしれません。

そのため、販売員から営業に移ったときにのエピソードを例としてあげさせていただきます。当時も1ヶ月目は同じように悩みました。

その際も、営業に移ってよかったことを探し前向きに考えるようにしてモチベーションを維持していました。

すごく些細なことでもいいです。転職結果を前向きに考えれる材料を探しましょう。

販売員から営業に変わってよかったこと

  • 取引先の近くにお美味しいレストランがある
  • お昼ごはんは外食できる
  • 新たな経験を積める
  • 勤務中にお菓子が食べれる
  • 運転中に音楽を聞くことができる
  • 運転中にラジオを聞くことができる
  • 提案書の書き方を勉強できる
  • 営業職の職歴がつく
  • 週末に休みがとれるときがある
  • 自分のペースで仕事ができる
  • 勤務中にジュースが飲める
  • 出張の際には名物が食べれる
  • 毎日変わった景色を見れる

上記のように些細なことでも良いので、10項目以上みつけておくと、嫌なことがあっても緩和されやすいです。

私の場合は、「あー失敗したな、でも取引先の近くのお美味しいレストランでご飯を食べるために頑張ろう」というふうに、デメリットをメリットで打ち消すようにしてモチベーションを維持してました。

転職したメリットをさがすことは、仕事のパフォーマンス向上にもつながります。

併せて前職のデメリットも考えておくと効果的です。

 

食べ物の比率、高っ!(笑)

 

食事は、結構大事です(笑)

別のコミニティを見つける

転職したてのときは、特に視野が狭くなりがちです。

あなたが、仕事ができないと悩んでいるだけで実は周りに問題があるケースも多いです。

私が知っているケースでは、入社後すぐにレクチャーもなく終電までの作業が4日間続いたという話も聞きました。

中途採用は欠員が出たため採用されるケースも多いので、十分起こりうる問題です。

今の職場で、うまく仲間が作れない場合は別のフロアの人とコミニケーションをとってみるのも一つの手です。

大企業の場合は、隣のフロアが何をしているかもわからず、意外に横のつながりが希薄です。

休み時間などに、気が合いそうな人に声をかけてみましょう。

その他、別のチームの人と接触する機会があれば積極的に連絡をとってもいいと思います

もしかしたら、周りに問題があるだけということがわかるかもしれません。

コミュニティが増えれば、将来的な異動のパイプにもつながりますし、転職先の文化も学びやすいです。

それでも悩みが解決しない場合は

それでも悩みが解決しない場合は、退職や、再転職を視野にいれることになります。

しかしながら、入社して1ヶ月での退職は次の就職にかなり苦戦することが予想されます。

私の知る限りでは、入社後半年間で退職して再就職が一番短かったケースです。優秀な同僚ですが、それでも、すごく苦労したと伺ってます。

実際に転職して同じように悩んでいる人は多いのですが、リクナビNEXTのアンケートによると3ヶ月程度で解消されるデータも出ています。

転職したばかりでうまくいかないと感じる一因に、転職先の業務や人間関係に馴染めないことが理由になっている人も多いようです。アンケートによると、入社後、馴染めないと感じてから状態が解消されたと答えた人の約半数が3カ月程度で解消されたと答えています。

※リクナビNEXTのHPより引用

まずは、3ヶ月を目標に頑張ってみましょう。

新卒以外では、可能な限り仕事を続け、在職中に転職活動を行うことが望ましいです。

幸い一度転職を経験して転職ノウハウは溜まっていますので、職務経歴書などの過去の成果物を活用できるメリットはあります。

転職エージェントは、採用でお世話になったエージェントはしばらくさけて、転職サイトを活用したり、新たな転職エージェントを活用することが望ましいです。

在職しながらの転職活動は、次の仕事につけないといったリスクをなくし、転職が可能かどうかを判断することもできます。

転職1ヶ月(もしくは入社1ヶ月)での退職理由は?

次回に転職する際には必ずここがポイントとなりますので退職する必要がある場合は明確な理由を確認しておきましょう。

転職する場合は「転職せざるをえない」理由を応募書類には記載する必要があります。

退職理由に関しては原因となった会社や人を一方的に避難しすぎると、かえって協調性がないだけだと受け取られます。

参考までに下記はリクナビNEXTの転職1ヶ月の退職理由の例文です。

退職理由①

入社時には残業は週4~5時間程度と聞いていたのですが、配属された部署ではほぼ毎日、22時~終電近くまでの残業を強いられている状態です。これは一時的なものではなく、恒常的だそうです。目標達成のために必要な業務であれば残業もいとわないのですが、非効率なやり方によってムダに労働時間が長くなっていると感じます。効率化する方法を考え、ITツールの導入の提案もしましたが、聞き入れられません。

私としては、社外のセミナーに参加したり、社外の友人と交流して情報交換したりと、学びの時間も持ちたいので、もう少し余裕を持った環境で働きたいと思い、転職を決意しました

退職理由② 裁量が与えられてなかったため。

私はもともと、思いついたアイデアを試したり新しいことにチャレンジしたりするのが好きなのですが、今の会社では何か提案しても「余計なことはするな」といわれてしまいます。最初は「新人だからか」と思いましたが、社歴が長い先輩たちに聞いても、そうした保守的な風土だそうです。私としては未知のことにチャレンジすることで早く成長したいと思うのですが、それが叶わない環境だと気づきました。商品への興味だけで入社を決め、風土への理解までできていなかったことを反省しています。

御社へ応募する際に、ホームページや社長のインタビュー記事、ブログまで拝見し、チャレンジを促進する風土があるとあるのではないかと感じました。御社でなら自分がイメージする成長ができると思っています。

いかがでしょうか?あなたが採用担当だったら採用するでしょうか?

プロが考えた例文です。もし、違和感が残るといううことはそれだけ1ヶ月で退職した場合のハードルが高いといったことです。

それぐらい、短期間で退職してしまうリスクは高いです。

それでも仕事を続けれないと考える方は、下記が当てはまるかどうかを確認してください。

転職せざるを得ない理由があるか

  • コンプライアンスが著しく低く、後々に問題になりそうなことがある
  • 体調不良が続き、明らかに自分に大きな異変がある
  • はじめに聞いていた契約条件と大きく違う

上記が当てはまる場合は退職検討の余地があると思います。

特に病気になってしまっては意味がなく、体に大きな異変が生じた場合はやむをえない理由として考えられます。

その場合は、早めに病院で診察してもらい診断書を出してもらいましょう。

逆に、上記以外の理由の場合は退職をするのはまだ早いです。

転職したということは、その会社に必要とされたということです。

せっかく必要とされたのですから、もう少し頑張ってみてはいかがでしょうか。

この記事の内容が少しでも皆様の役立つ情報となれば幸いです。

↓最後まで読んで頂きありがとうございます。↓ブログランキング参加中です!↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

私も使ったおすすめ転職エージェント

 

マイナビエージェント  ⇒20代に強い!

 

リクルートエージェント ⇒求人数No1!

 

・ doda ⇒満足度No1!

 

その他おすすめ転職エージェントはコチラ

 

 




-転職活動

Copyright © ブラックからの転職, 2020~2020 All Rights Reserved