転職

【判断基準】退職代行を使うのはありえない?使うべき人と使うべきでない人

バーガー

会社を辞めたいけど言いづらい

退職代行サービスって聞いたことあるけど

退職代行使うなんてありえないし、はずかしいよなぁ

いま退職代行サービスを使う人は増えてますよ

ブラック

会社を辞めたいけど、辞めれないことってありますよね。

特に辞めたくなる会社ほど、辞めにくいのが一般的。

私自身も退職するときは、苦労しました。

そんな状況でにおいては退職代行を使うのも一つの手。

この記事の概要

  • 退職代行サービスについて
  • 退職代行を使うべき人とそうでない人
  • おすすめの退職代行サービス

本記事では退職代行サービスについてと、おすすめの退職代行サービスを徹底解説。

仕事で悩んでいる人は、本記事を読んで理想の退職を実現させてくださいね。

\AIがあなたの天職を診断/

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、労働者が会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

昔から弁護士業務の一つとして提供されてきたサービスですが、ブラック企業の台頭を背景に需要が急増してきました。

需要が高いこともあり、現在、弁護士事務所以外にも多くの業者が参入しています。

請負費用は一般的に2万~6万円ぐらいが相場です。

退職代行サービスを使うのはありえない?

一昔まえなら、退職代行サービスを使うなんてみっともないと考える人も多かったみたいですが、近年はブラック企業も狡猾になってきて、個人では手に負えないレベルの会社も増えてきてます。

そういった背景から、退職代行サービスを利用している人は年々増えています。

ある調査によると退職者の3人に1人が退職代行を使っているそうですよ。

即日退職できたり、上司とその日から会う必要がなかったり、精神的にも肉体的にもかなりのメリットがあります。

そのため、まだ使ったことがない人も退職の際は利用したいと考える人が増えているんですね。

バーガー

世間的に認知されているサービスなんだね

退職代行を使うべき?

可能であれば自ら退職を伝えるほうが理想です。

お金もかかりませんからね。

ただ、過去のわたしの経験のように常識が通用しないブラック企業も多くあるのは事実。

会社がブラックでなくても、高圧的な上司もいるでしょう。

そこで退職代行を使うべき人と、そうでない人をご説明します。

退職代行を使おうか迷っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

退職代行を使うべき人

  • 上司を前にすると萎縮して言葉が出ない
  • 今の状況から逃げ出したい
  • 退職を伝えたのにはぐらかされる
  • 体調を崩してしまっている
  • 仕事が辛くてと涙がでることがある
  • 会社がブラック企業だと感じる
  • 会社に行こうとすると足がすくむ
  • 不払い賃金が100万を超える

特に体調を崩してしまったり、情緒不安手な場合は危険信号。

上記の内容が当てはまる人は、退職代行を利用したほうがいいでしょう。

特に今の状況から逃げ出したい人は使うべき

特に今の状況から逃げ出したい人は、逃げ出す前に退職代行を使いましょう。

依頼金額は少し負担になるかもしれませんが、その日から会社に行かなくてよくなります。

下手に逃げ出してしまうと、退職ではなく懲戒解雇。

退職金がなくなり、再就職がかなり難しくなるので、素直に退職代行を使いましょう

バーガー

逃げ出したいと思っていたが危険なんだ

不払い賃金やハラスメントがある場合も

不払い賃金やサービス残業が多いなら、少しでも早く辞めて、給料が下がっても転職する。

浮いた時間にアルバイトをした方がよっぽどいいですからね。

ブラック

LINEか電話一本でストレスから開放されますよ

体調を崩している人には救済策もある

心身や体調崩しているものの、貯金がなく退職後の生活が不安な人もいるでしょう。

そんな人に対して日本はな救済策も用意しています。

詳しくは【救済策】退職後のお金の不安で退職できない人へで解説していますので、そちらも参考にしてくださいね。

ブラック

しっかり療養することを優先しましょう

退職代行を使うべきでない人

逆に使うべきでない人は

  • 退職の意志を伝えれる人
  • 退職後にその会社が取引先になる人

は退職代行を使わない方がいいでしょう。

まずは自分で退職の意志を伝えてみてくださいね。

退職代行の選び方のポイント

バーガー

利用を考えようと思うんだけど

注意点を含めてご説明しますね

ブラック

退職代行サービスを使うときの注意点

退職代行サービスは認知されてきたのですが、退職代行サービスは参入障壁も低いため、弁護士法の規律を無視した違法な業者も多く乱立しています。

退職代行の選び方の種類

退職代行サービスを展開しているのは主に3つに分けられます

  • 一般法人(株式会社/合同会社/弁護士監修など)
  • 弁護士事務所
  • 労働組合

表にまとめると以下の通り

退職代行 比較

それぞれの特徴をご説明します

一般法人(株式会社/合同会社/弁護士監修など)

一般法人の強みは弁護士のような職務規定が無いので簡単に手続きができ、低価格なのが強みです。

その反面、違法性が高くトラブル( 弁護士法72条で代理交渉は弁護士法違反)の可能性があるのが弱みです。

弁護士事務所

弁護士事務所の強みは、弁護士法72条で代理交渉権があるため、合法的に本人に変わって本人が不利な条件で退職させられないように会社と交渉してくれることです。

その反面、

  • 弁護士の人件費が高いため、費用が高くなる
  • 弁護士職務倫理規定で詳細ヒアリングが必要なため、手続きが必要

なのがデメリットです。

労働組合

労働組合は上記二点のいいとこどりをしているのが特徴。

一般法人と同じように低価格かつ手続きが簡単でありながら、合法的に労働組合法6条で労働者のための代理交渉ができるのが強み。

デメリットは、裁判の代理人にはなれないこと。

未払い賃金が高額であったり、会社を訴訟する必要があるのであれば弁護士事務所に依頼するのがおすすめです。

おすすめの退職代行サービスは?

バーガー

どの会社がおすすめ?

当サイトのイチオシは退職代行SARABAです

ブラック

なぜなら労働組合であり料金も破格にも関わらず、圧倒的に実績があるから。

労働組合なので、会社と直接交渉出来ますので、本人が不利な条件で退職させられないように会社と交渉してくれるます。

実際に使った人も多いので非常に信頼できる退職代行と言えるでしょう。

おすすめランキング

その他のおすすめ退職代行は以下の通り。

名前 ランキング 運営元 料金相場 対応時間 返金保証
退職代行SARABA

1位(迷ったらコレ)

労働組合 ¥24,000(税込) 24時間 365日 アリ
弁護士の退職代行(弁護士法人みやび)

2位(会社を訴訟するなら)

弁護士事務所 ¥55,000-(税込) 24時間 ナシ
退職代行ガーディアン

3位(信頼の労働組合)

労働組合 ¥29,800(税込) 24時間 ナシ
わたしNEXT

4位(民間ではおすすめ)

民間企業 ¥29,800-(税込) 9時~18時(月~金) アリ
退職110番

5位(弁護士事務所では格安)

弁護士事務所 ¥43,800-(税込) 24時間 ナシ
辞めるんです

6位

民間企業 ¥27,000-(税込) 24時間 365日 アリ
退職代行ニコイチ

7位

民間企業 ¥27,000-(税込) 24時間 365日 ナシ
退職代行J-NEXT

8位

民間企業 ¥20,000-(税込) 24時間 365日 ナシ
退職代行Jobs

9位

民間企業 ¥29,800-(税込) 24時間 アリ

ブラック

使うなら労働組合か弁護士事務所がおすすめですね

退職代行SARABA

\LINEで無料相談受付中/

※労働組合が運営する安心できる退職代行

SARABAの特徴

  • 労働組合なので有給消化や残業代の交渉が可能
  • 業界最大級15,000人以上の利用実績アリ
  • 24時間365日対応可能で相談無料

少しギョッとするようなホームページですが、退職代行SARABAは退職代行業界NO.1の受託件数。

2021年3月時点で、15000人の退職代行をこなしています。

多くの退職代行会社は交渉ができませんが、SARABAは労働組合の為、未払い給料、残業代、有給消化の交渉が可能です。

実績に自信があるので、万が一退職できない場合は全額返金保証をうたってます。

金額も税込24,000円と利用しやすい金額で、24時間365日いつでも電話、ライン、メール相談可能。

基本的に、5分以内に即返信することを心がけてくれるのも嬉しい点ですね。

ブラック

業界トップクラスの実績です

参考までにサービス概要と口コミをご紹介します。

サービス概要(動画)

口コミ

ブラック

退職代行SARABAが良さそうだけでお

デメリットはないの?

唯一の弱点は、裁判の代理人になれないこと。

未払い賃金が高額であったり、ハラスメントによって精神的苦痛を受けたりする場合。

つまり、会社を訴訟する必要があるなら弁護士の退職代行(弁護士法人みやび)を使うことをおすすめします。

弁護士法人みやび

\LINEで無料相談受付中/

※弁護士事務所が運営する安心できる退職代行

みやびの特徴

  • 弁護士事務所なので未払い賃金の交渉が可能
  • 弁護士事務所なのに無料相談
  • ハラスメントの訴訟対応も可能

弁護士法人みやびは弁護士が退職代行をしてくれる退職代行サービス。

労働組合より高額ですが、弁護士事務所としては珍しく着手金も一律です。

弁護士事務所のため、損害賠償請求も可能です。

報酬は、請求金額の20%となっていますので、未払い賃金やハラスメントの問題が大きい場合は、逆に弁護士事務所の方が安くつくケースもあるかもしれません。

ブラック

未払い賃金やハラスメントの問題がある場合は利用して下さいね

口コミ

基本的にこちらも良い評判が多かったです。

  • ブラック企業をトラブルなく辞めることが出来た
  • 迅速でプロの仕事だと感じた
  • 相談したら安心できる

参考 googlemapより

リサーチしたところ悪い口コミはほとんどありませんでした。

参考までにSNSの口コミも一部掲載します。

※汐留パートナーズは弁護士法人みやびの旧名称です

退職代行サービス利用の流れ

バーガー

利用の流れは?

以下の通りです

ブラック
  • 問い合わせ相談
    • 業者に問い合わせて相談する
  • 仮申込み
    • 今の状況を説明
  • 相談して納得がいったら正式申込
  • 打ち合わせ
    • 退職の内容
  • 退職の通知
  • 退職の成立

ポイントは、会社の人とやりとりせずに自宅で完結できることです。

退職の手続きのために、会社に行く必要もありません。

制服や備品も直送でOKなど、極力退職希望者の負担にならないように手配してくれます。

本当に辛いときは退職代行を使おう

最後に本記事の内容をまとめます。

もちろん全ての人に、退職代行サービスをおすすめするわけではありません。

しかしながら、やめたいのに辞めれなかったり、ストレスが大きいのであれば使うべきです。

無料で相談もできますので、悩んでいるのであればまずは無料相談してみてくださいね。

ブラック

LINEか電話一本でストレスから開放されますよ

相談してみよう

バーガー

なぜ人は仕事で悩むのか?

それは自分の強みや適性に確信が持てないから。

自分の強みに自信がなくなったり、今の仕事が向いてないのではないかと考えたことはありませんか?

そんな場合は、Re就活に登録すると無料で使える適職診断を使って一度自分の強みと向いている仕事を分析するのがおすすめ。

私自身も活用することで、自分の強みが明確になり、仕事のモヤモヤが解決しました。

無料で使えて必ず転職をする必要もありません。

診断時間はたったの3分。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

\たった3分で適職診断/

詳細記事をチェック

※無料で使えます

日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている方は、是非試してみてくださいね。

 

人気記事

1

Re就活の適職診断は、株式会社学情が提供する転職サイト「Re就活」に会員登録すると使える無料の診断サービス。 Re就活の会員登録も1分でできて、たった3分で自分の適職を診断してくれます。 ※「Re就活 ...

2

こんにちは、販売職から最終的には、大手ホワイト企業のセールスマーケティング職に転職できた元社畜販売員のブラックです。 年収100万UP(現在は200万UP) フルリモート可能 フレックス自由 有給取得 ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍での転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こ ...

-転職