転職

おすすめ退職代行サービスランキング

 

退職代行サービスはどれがいいかわからない

 
 

そんな人のためにランキング形式で説明します

 

会社を退職したいにも関わらず、なかなか退職できない人も多いと思います。

そんなときに使いたいのが退職代行サービスです。

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、労働者が会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

昔から弁護士業務の一つとして提供されてきたサービスですが、ブラック企業の台頭を背景に需要が急増してきました。

需要が高いこともあり、現在、弁護士事務所以外にも多くの業者が参入しています。

請負費用は一般的に2万~6万円ぐらいが相場です。

退職代行サービスなんて恥ずかしい?

一昔まえなら、退職代行サービスを使うなんてみっともないと考える人も多かったみたいですが、近年はブラック企業も狡猾になってきて、個人では手に負えないレベルの会社も増えてきてます。

そういった背景から、退職代行サービスを利用している人は年々増えています。

下記は退職代行サービスに関するアンケート調査です。

3割は自身もしくは周囲で退職代行サービスを利用した人がいた経験がある

Q3:ご自身、同僚、あなたの知っている人が退職代行を利用していたことはありますか?


ご自身、同僚、あなたの知っている人が退職代行を利用していたことはありますか?という質問には、「自分で利用したことがある」が17.7%、「同僚や知人が利用していたことがある」が15.0%、「利用したことがある人はいない」が67.3%の結果となりました。自身もしくは周囲での退職代行サービス利用経験は32.7%、前項で実施した退職代行の認知率は約6割で、退職代行が実施されていることの経験率は約3割でした。

参照 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000074057.html

即日退職できたり、上司とその日から会う必要がなかったり、精神的にも肉体的にもかなりのメリットがあります。

そのため、まだ使ったことがない人も退職の際は利用したいと考える人が増えてます。

退職代行サービスを使うときの注意点

このように、退職代行サービスは認知されてきたのですが、退職代行サービスは参入障壁も低いため、弁護士法の規律を無視した違法な業者も多く乱立しております。

退職代行の選び方のポイント

退職代行サービスを展開しているのは主に3つに分けられます

  • 一般法人(株式会社/合同会社/弁護士監修など)
  • 弁護士事務所
  • 労働組合

それぞれの特徴をご説明します

一般法人(株式会社/合同会社/弁護士監修など)

一般法人の強みは弁護士のような職務規定無いので簡単に手続きができ、低価格なのが強みです。

その反面、違法性が高くトラブル( 弁護士法72条で代理交渉は弁護士法違反)の可能性があるのが弱みです。

弁護士事務所

弁護士事務所の強みは、弁護士法72条で代理交渉権があるため、合法的に本人に変わって本人が不利な条件で退職させられないように会社と交渉してくれることです。

その反面、

  • 弁護士の人件費が高いため、費用が高くなる
  • 弁護士職務倫理規定で詳細ヒアリングが必要なため、手続きが大変

なのがデメリットです。

労働組合

労働組合は上記二点のいいとこどりをしています。

一般法人と同じように低価格かつ手続きが簡単でありながら、合法的に労働組合法6条で労働者のための代理交渉ができるのが特徴です。

デメリットは偽装労働組合の可能性もあることです。

※偽装労働組合とは、運営会社(入金先)は使用者(元々退職代行を行っていた一般法人)で、実行は労働組合となっている退職代行業者。

労働組合は性質上、使用者の援助を受けることはできないことはもちろんのこと、会計は労働組合で完結する必要があります。

また、法人格が無く法適合組合として認められていないので 社会的信用及び責任能力も無く労働組合法上の保護を受けることができません。

結局どれを選べばいい?

結論から述べますと、会社と徹底的に戦いたい場合は弁護士法人ですが、それ以外の場合は、実績のある労働組合が運営している退職代行サービスを選べば間違いないでしょう。

違法な業者を使ってしまわないように、今回は安心して利用できる実績のある退職代行サービスをランキング形式でご紹介します。

退職代行サービスおすすめランキング

大手退職代行でも、法的には一般法人は退職日交渉すらできないのでトラブルになり損害賠償や懲戒解雇にされるケースもあります 。

そのため、本ランキングでは弁護士法人か法適合の労働組合のみを厳選しました。

1位 退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアンは、東京都労働委員会認証の法適合の法人格を有する合同労働組合です。

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を”唯一”合法的に可能としてます

冒頭にも記載しておりますが、これより金額の安い一般法人の退職代行は、法的には退職日交渉すらできないのでトラブルになり損害賠償や懲戒解雇にされるリスクもあります。

会社を辞めたとしてもそんなことになってしまって元も子もないですよね(泣)

安心の24時間365日即日対応。

即日対応なので、ご相談を頂いた当日から出社する必要はありません。

就業規則で〇ヵ月前に申告となっていても大丈夫です。

成功率は100%で辞められないというケースは過去一度もありません。

しかも、退職金やサービス残業代、ボーナスの請求もしてくれるので、不利な条件での退職にならないよう交渉してくれます。

絶対に弁護士法人じゃないとダメというこだわりがなければ、業界最強といわれる退職代行ガーディアン一択で問題ないでしょう。

2位 退職110番

弁護士法人が運営する退職代行サービス「退職110番」

少しお金を出してもいいので、弁護士法人にお願いしたいという方にはおすすめです。

弁護士法人の中では比較的良心的な価格で対応してくれます。

セクハラやパワハラによって精神的なダメージを追ってしまっているケースでは、残業代の未払請求や精神的損害による賠償請求にも対応してくれます。※弁護士法人受任。別途費用が発生します。

会社を訴訟したいという方にはこちらがおすすめですね。

3位 弁護士法人みやび

弁護士法人みやび

退職110番と同じく弁護士法人が提供している退職代行サービスです。

退職110番より高額ですが、LINEやメールで24時間365日対応してくれます。

弁護士法人がよくて、すぐにでも相談したいという方はこちらがおすすめです。

結論、退職代行を利用するなら

会社と徹底的に戦いたい場合は弁護士法人ですが、それ以外の場合は、実績のある労働組合が運営している退職代行サービスを選べば間違いないでしょう。

退職代行サービスを利用するのであれば、法的に交渉が可能な会社を選びましょう。

退職代行を使わなかった私の失敗談

私自身も、転職において一番辛かったのが退職交渉でした。

退職代行サービスを使わず退職交渉に挑んだ結果。

退職するまでにも多大な労力を要した挙げ句

  • 社員旅行積立金が変換されない
  • ボーナスや手当が大幅にカットされる
  • 有給が消化できない

など、かなり不利な条件で退職することとなりました。

金額面でも、条件面でも大損です。

しかしながら、その時点で疲れ切って退職できるだけで満足してしまい、交渉する気力はありませんでした。

素直に退職代行を使っていれば、ストレスフリーで退職できるだけでなく、依頼料金を差し引いても大損することはなかったと思います。

退職を伝えることに少しでもストレスを感じるようであれば、私のような失敗をしないためにも、一度相談だけでもしてみることをおすすめします。

今回は以上です。この記事の内容が少しでも皆さんにとって有益となれば幸いです。

\あなたの悩みを解決/

おすすめ記事を探す

悩みにあった記事を選んでね

人気記事

1

このページで第二新卒とは、短期間でも社会人経験のある20代前半の人を指します。 新卒で就職したけれども、理想と違ったということで転職を考えている人もいるのではないでしょうか。 私が新卒で入社した会社も ...

2

※このブログでは第二新卒を、短期間でも社会人経験のある20代前半の人を指しています。 新卒で無事に就職できたもの、実際に仕事をこなしていて理想と現実の違いから転職を考えている人も多いのではないでしょう ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍で転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こせずに悩んでいる方も多 ...

-転職