販売職からの転職

販売職からの転職を40代で成功させた人の話

バーガー

40代でも販売職から転職できる?

若い人に比べれば難易度は高いですが、決して無理な話ではありません。

ブラック

こんにちは、販売職の仕事が好きだったものの、販売職の将来性に絶望して転職したブラックです。

40代で販売職から転職を考えていたとしても

  • 40代で販売職からの転職は厳しい
  • 店長経験がないと転職できない
  • 他業種への転職は諦めたほうがよい

などネガティブな意見が目立ちますよね。

私自身も、実際に販売職からの転職活動を経験して、販売職からの転職は若ければ若いほうが有利なのを痛感しました。

正直、販売職から40代で転職をするのは難しいのではないかと思ったものです。

しかしながら、元同僚のふたりの事例を知ったことで、販売職からの転職は40代からでも可能だあることがわかりました。

今回は、そのふたりの事例を交えて、販売職からの転職は40代からでも可能かどうかと、40代で販売職からの転職を実現させるためのポイントをご説明します。

この記事をご覧になれば、40代で販売職から転職を実現するためにすべきことが明確になります。

あわせて、転職がうまくいっていない人に関して有益な情報もご紹介しますので、今の仕事に悩んでいる人は是非参考にしてくださいね。

販売職からの転職は40代でも可能

冒頭でも、少し触れましたが販売職からの転職は40代からでも可能です。

しかしながら、通常の転職活動より難しくはなりますの実現事例を踏まえて対策をねっていきましょう。

まず実際に、40代で販売職から転職した一人目の概要をご紹介します。

概要

  • 販売職→営業職へ転職
  • 売上成績はそこまで良くなかった
  • 転職して職種が変わって成績も上がった
  • 人間関係がきっかけで転職

元同僚の一人は、職場の人間関係に疲れて退職しました。

バーガー

40代で転職するだけでも難しいそうなのに、人間関係が原因って大丈夫なの?

確かに、人間関係で転職すると失敗するのでやめたほうがいいというのが一般的ですが

次の職場でも、人間関係がうまくいかない可能性はゼロではないので

元同僚は転職して3年目になる今でも、楽しく仕事をされてているみたいです。

実際、私も転職を決意した理由は人間関係です。

これは私の持論ですが、転職を考えるくらいの人間関係は異常です。

それほどストレスになっているのであれば、無理に働き続けると病んでしまう可能性もあります。

それで、メンタルを壊してしまうほうがよっぽど間違った選択だと言えるでしょう。

※参考記事

【実体験】上司と合わないから退職するのは「アリ」!?

もちろん、転職理由として別の理由も考える必要はありますが、転職をするのは賢い選択の一つだと考えます

実際私も、人間関係で転職しましたが、転職先でそこまで人間関係には悩んでいません。

少し話がそれましたが、40代で元同僚が販売職から転職できた内容について話を戻します。

40代で販売職からの転職を成功させるには

40代で販売職からの転職を成功させるためのポイントは以下です

  • 自己分析をしっかりする
  • 転職サービスをフル活用する
  • 転職する職種や業界を絞る
  • 妥協点をしっかり定める

順にご説明します。

自己分析をしっかりする

販売職から40代で転職するためにはしっかりした自己分析が必要です。

  • 自分がやってきたこと
  • 客観的にみた自分の性格
  • 強みとなるエピソード
  • 弱みはプラスになるか
  • 持っている資格
  • 転職してどのようになりたいか

転職先とアンマッチを防ぎ、自分のアピールポイントに一貫性をもたすためにも自己分析をしっかりしておきましょう

あわせて、40代となると若さに変わるアピールポイントが求められます。

販売職を長くやっていたというだけでは、残念ながらアピールポイントになりません。

例えば

  • 優れた販売実績を数字で、
  • それをどのような過程で
  • 具体的に何をしたか

それが転職先でどのようメリットをもたらすかが重要です。

ちなみに私の元同僚は、誇れる売上実績や受賞歴がなかったので

  • 売上の半分以上は紹介してもらったお客様である
  • 店舗でリピーター率が一番高い(常連が一番多い)
  • 常連になってもらうために心がけていること

をアピールしたそうです。

その場の成約が難しい価格帯の商品だと、紹介してもらうことが大事です。

そのため、顧客に好かれる性質が転職先にメリットだと評価されました。

転職サービスをフル活用する

販売職からの転職を40代実現するには、転職エージェントや転職サイトの利用は必要

不可欠です。

転職サイトは求人を紹介してくれるサイト。

転職エージェントは、求人の紹介に加え、面接対策や転職へのアドバイスと年収交渉を行ってくれるサービスです。

しかもどちらも企業から報酬を得ていますので、求職者は無料で使えます。

何事も独学だとうまくいきません。

少しでも成功率をあげるために、これらのサービスは積極的に活用していきましょう。

※参考記事

転職エージェントを経由したほうが受かりやすいって本当?

参考までに販売職が使うべき転職エージェントをご紹介します。

40代だと、状況によっては求人紹介できないと断られる場合もありますので、複数登録がおすすめです。

ひと通り登録する場合は、『お気に入りに登録しておく』か『別のウィンドウで開く』
で、とりあえず開けておくのが時短になっておすすめだよ!

バーガー

※表の転職エージェント名をクリックすると各転職エージェントのホームページに移動できます

 

リクルートエージェント doda マイナビエージェント JAC Recruitment
個人的満足度4.7(5点満点中) 個人的満足度4.3(5点満点中) 個人的満足度3.9(5点満点中) 個人的満足度4.6(5点満点中)
20代~ 50代対象 20代~ 50代対象 20代~ 30代前半対象 20代後半~50代対象
求人数No1 手厚い転職支援 20代に強い 外資系に強い

・求人数No1なので登録必須

・迷ったら登録しておこう

・求人数No2エージェント

・リクルートより支援が手厚い印象

・若手の転職に強いので、20代におすすめ

・30代後半~の紹介は苦手

・英語スキルがなくても使えた

・結構良い求人を紹介してくれた

また、40代で転職エージェントを使う場合は、事前に自己分析をしっかり済ませてから面談しましょう。

※各転職サイト・エージェントについてより詳しい情報は下記の記事に詳しくまとめています。

【タイプ別】おすすめ転職エージェント・転職サイト

世代別・属性別に分けておすすめの転職サービスをご紹介してます。 世代別 属性別 ※「第二新卒」は新卒で就職して4年未満の人向け。 ※「販売職から転職」は、販売・サービス・接客業から転職を考えてる人向け ...

続きを見る

先程も述べましたが、転職エージェントは企業から報酬を得ています。

通常、求職者が採用されることによって対価が支払われます。

そのため、若い人材やエンジニアなど需要が高い人材を優先します。

残念ながら、40代の販売職の需要は高くありません。

そのため、事前に自己分析をしっかりすませ、手がかからない人材であることをアピールしましょう。

あわせて、明確な転職理由と転職する決意が高いことを説明できるようにしておく必要があります。

もちろん、条件が合わないのに必ず転職する必要はありません。

しかしながら、40代で転職を迷っている販売職には、転職エージェントも時間を割きたくないのが心情。

そのため、「そんなに手間をかけずに、あなたの報酬に貢献しますよ」といったアピールが必要なのです。

これらを怠ると、求人を紹介してもらえなかったり、あまり協力的な支援がうけられないリスクもあります。

元同僚も、初めて転職エージェントを使ったときは、自己分析や転職理由を明確にしていなかったため失敗しました。

2回目の面談で修正し、それからうまく転職活動がすすんだそうです。

ブラック

転職エージェントをいかに味方につけるのかは、意外と重要です。

40代販売職に残されたチャンスは少ないので、やれるべきことはしっかりやっておきましょう。

転職する職種や業界を絞る

先程の、手がかからない人材と言う点につながりますが、ある程度どのような職種や業界を希望するかも絞ったほうがいいです。

転職エージェントが業種や業界を絞ったほうが、求人情報を紹介しやすくなるのが理由。

あわせて、面接対策もやりやすくなることがメリットとしてあげられます。

例えば、40代で未経験の人が研究職に転職したいといっても現実的ではありません。

今の自分の仕事と親和性が高い職種や業界、もしくは人手不足の業界に絞るのが効果的です。

※参考記事

【転職者が語る】販売職におすすめの転職先は?

職種や業界は、あらかじめにある程度目処をつけといて、転職エージェントのアドバイスを踏まえて最終的に確定させましょう。

妥協点をしっかり定める

最後のポイントは妥協点をしっかり定めることです。

全てが希望通りになるのがもちろん理想です。

しかしながら、40代で他業種に転職するとなると、希望する業界や職種につけないかもしれません。

今働いている規模の会社より、小さい規模の会社にしか転職できない可能性もあるでしょう。

もしかしたら、年収が一時的に下がってしまうかもしれません。

そういったときに、定年まで販売職で続けていく覚悟があるかどうかを考え、どこまで妥協できるか考えておくことが大事です。

40代だと転職のチャンスは残り僅かです、限られたチャンスを逃さないためにもどこまで妥協点をしっかり定めましょう。

元同僚は、当初はNGとしていた不動産業界に転職しました。

接客力にそれほど自身がなかったので、ノルマが厳しそうな業界は避けたかったそうです。

しかしながら、転職先は、それほどノルマが厳しいわけではなかったのと、営業のプロセスも評価してもらえるため、転職を決断しました。

休みも不定期でなくなったようで、現在も楽しく働いています。

ちなみに年収はすごく上がったそうです。(笑)

転職活動がうまくいかない場合は

ここまで販売職から40代で転職するためのポイントをご紹介しました。

つぎに、これらを意識してもうまくいかない場合。

そんなときにするべきことをご説明します。

職務経歴書を見直す

ほとんどの場合は、書類選考で落とされる悩みが多いのではないでしょうか。

そんなときは、職務経歴書を見直してみましょう。

転職エージェントは職務経歴書を添削してくれますが、意外とみてないことが多いです。

あらためて、自分の職務経歴書に問題がないかみなおしてみましょう。

※参考記事

転職エージェントで書類選考が通らない!!【体験談と対策】

転職活動はトライ&エラーの繰り返しです。

うまくいっていない場合はなにかしら手を加えましょう。

面談対策を受ける

面談で落ちることが多いのであれば、転職エージェントの面談対策を受けてみるのも一つの手です。

第三者からのアドバイスというのは意外と重要で、気付かされる点も多いです。

こちらも無料で活用できますので、積極的に活用しましょう。

他の転職エージェントにも登録する

転職エージェントに複数登録していなければ、複数登録してチャンスを増やしましょう。

職務経歴書を試行錯誤することにおいても有効です。

※参考記事

転職エージェントに複数登録すると大変?【実際に複数登録しました】

以上、転職活動を

バーガー

それでもうまくいかない場合は、諦めるしかないの?

もうひとりの元同僚のケースをご紹介します

ブラック

40代販売職の転職以外の選択肢

冒頭で40代で仕事を変えた元同僚は二人いるとご紹介しました。

もうひとりの元同僚が選んだ選択は、起業です。

40代ならば起業するのもひとつ

もうひとりの元同僚は、転職活動で求人を紹介してもらったものの、自分が満足できる仕事がなかったので、最終的に起業しました。

選んだ業態は、個別塾経営です。

はじめは、苦労もおおかったものの、軌道に乗ってからは拠点を2つに広げて事業を拡大しています。

年収もまさかの1000万超えで、販売職時代の何倍もの金額を稼いでいます。

バーガー

起業なんて、アイディアもノウハウもないから無理!!

元同僚も全く同じ気持ちだったようです

ブラック

確かに、アイディアやノウハウもなしに全て1から起業するのは難しいです。

そのため、彼がとった行動は、フランチャイズの経営です。

フランチャイズだとノウハウが全くない人間でも事業経営でき、本部のブランド力やノウハウ・集客力を活用できます。

バーガー

でも、何がいいのか、どうやって情報を集めればいいのかわからない

元同僚は、フランチャイズ募集情報や副業情報を検索・比較して 資料請求できる下記のポータルサイトを使って、検討しました。

起業となると一大決心ですので、もちろんすぐに決断する必要はありません。

資料請求自体は無料なので、興味がある仕事の資料を2〜3点請求をしてみて、考えてみることをおすすめします。

※参考サイト

【BMフランチャイズ】

探す!フランチャイズ!

実際、元同僚も決断するまで1年かかったと聞きました。

必ず起業するほうがいいとは言いません。

しかしながら、転職活動がうまくいかないなら並行して情報を集めておくのも一つの手です。

最悪、もう一つの選択肢もあるといううことで、精神的な余裕も生まれます。

うまくいきそうなイメージが湧いたら、本格的に検討をすすめるというレベルでいいでしょう。

販売職からの転職を40代で実現するには

以上今回は、販売職からの転職を40代で実現するための方法をご紹介しました。

最後にここまでの話をまとめます

  • 転職するには自己分析が何より大事
  • 転職サービスをフル活用する
  • 40代なら起業するのもあり

40代で販売職から仕事をかえることは、簡単ではありませんが、不可能でもありません。

できることをしっかりこなし、数少ないチャンスをものにしていきましょう。

皆様のこれからの人生を応援しています。

今回は以上です。

\あなたの悩みを解決/

おすすめ記事を探す

悩みにあった記事を選んでね

人気記事

1

このページで第二新卒とは、短期間でも社会人経験のある20代前半の人を指します。 新卒で就職したけれども、理想と違ったということで転職を考えている人もいるのではないでしょうか。 私が新卒で入社した会社も ...

2

※このブログでは第二新卒を、短期間でも社会人経験のある20代前半の人を指しています。 新卒で無事に就職できたもの、実際に仕事をこなしていて理想と現実の違いから転職を考えている人も多いのではないでしょう ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍で転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こせずに悩んでいる方も多 ...

-販売職からの転職