転職

ディーラー営業をきついと感じたら?解決策を徹底解説

※本記事は元ディーラー営業のインタビューを元に作成しています

バーガー

ディーラー営業がきつい

どうすればいいかな

解決策をいくつかご紹介します

ブラック

ディーラー営業がきついと感じる理由

まずは私がディーラー営業時代に特に悩んでいた項目をいくつかご紹介します。

高いノルマと達成へのプレッシャー

カーディーラー営業の最大の悩みは、何と言ってもノルマ地獄ですよね。

営業マンなら当然だと思われがちですが、カーディーラーは単に車を売るだけではありません。

車両販売だけでなく、

  • 点検整備
  • 保険
  • ローン
  • アクセサリー販売

あらゆる商品・サービスに厳しいノルマが設定されます。

厳しい販売ノルマ

新車販売の営業マンなら、時期にもよりますが、毎月新車を5~10台以上、中古車も最低1台以上販売するというノルマが一般的。

1ヶ月で10人もの新規客が「車を買いたい」と来店することはあまりありません。

万が一来たとしても、数人の営業マンで取り合いになるのが現実です。

そこで重要になるのが、既存客の掘り起こし

点検入庫のお客様への提案、土日や夜のテレコール、訪問など、自ら行動を起こさないと車は売れません。

中にはお客様の都合を考えず、数字のために早急な結論を求めることになりがち。

「すぐには決められない」と帰宅されたお客様の家に夜押しかけ、玄関先で頭を下げて受注したことがる人もいるでしょう。

でも、ノルマ達成のためには、しつこくお客様を追いかけ回さざるを得ないのが現状なんですよね。

自社ローンの販売もきつい

さらに、ディーラー営業は自社ローンでの販売にもノルマが設定されていますよね。

件数と手数料の金額に対してノルマがあり、必死に自社ローンを勧めます。

銀行等のローンと比べると金利が高いというデメリットを小さく見せるのに苦労しました。

一番きついのがオプションの販売

私の勤め先は、サービス関連のノルマも超絶厳しかったです。

毎月の点検入庫台数、部品やドライブレコーダーなどの一般売上、シーズン毎のタイヤキャンペーンなど。

ここでも営業マンの自腹が多発していました。

台数ノルマのための

  • データ上のみ点検したことにしてお金だけ払う
  • 金額ノルマのために必要もないパーツを買う
  • タイヤキャンペーンのノルマのために架空発注

二度とやりたくない作業の一つです。

J◯Fのノルマ

1人6000円で1年間入会できるので、車を受注したお客様に「6000円値引きする」とベタ付けに入ってもらうことが多かった。

足りない営業マンは、年度末に自腹を切ってなんとかしのいでいました。

J◯Fには家族会員制度があり、メイン会員がいれば+2000円で家族を追加できるので、家族に入ってもらうのは当たり前。

消して悪いサービスではないんですが、J◯F嫌いになりました。

携帯やクレカなどもきつい

また車と関係ないオプションが多かったのもきつかったです。

クレジットカードはまだわかるのですが、携帯電話なんてのは全く関係ないですからね。

会社のノルマを達成するために自爆営業のオンパレード。

このように、カーディーラーの営業マンは、車両販売だけでなく様々なノルマに追われ、常にプレッシャーと戦っているのが現状。

数字を達成するために、時にお客様の都合を無視したり、自腹を切ったりせざるを得ない状況に置かれているんです。

中にはノルマ未達の末、新車を自爆営業させられた先輩もいました。

それくらいハードな環境になり得る仕事ですよね。

ワークライフバランスがとれない

カーディーラー営業では、顧客対応や販売イベントなどで、早朝から深夜まで働くことも珍しくありません。

休日返上で働くことも多く、仕事とプライベートのバランスを保つことが難しいと感じる営業マンも多いのではないでしょうか。

イレギュラーな勤務体制は、家族との時間を十分に取れなかったり、趣味の時間が持てなかったりと、生活の質が大きく低下します。

長時間労働が常態化することで、心身の疲弊を招き、仕事のパフォーマンスにも悪影響を及ぼしかねません。

クレーム処理がきつい

ディーラーの営業では、多様な顧客との対応が求められます。

厳しいノルマの末、無理に販売するとクレームになりがち。

商談では顧客の要望に柔軟に対応する必要があり、時には理不尽な要求にも笑顔で応じなければなりませんよね。

また、クレームや解約の際には、顧客の感情的な訴えにも冷静に対処することが求められます

自分の感情を抑え続けることでストレスが蓄積していく負のスパイラル。

人間関係がきつい

カーディーラーの職場では、上司や先輩からの指導や叱責が厳しいことも少なくありません。

営業ノルマを達成するためのプレッシャーは、時に上司からの過度な叱咤激励となって現れます。

今では問題になると思いますが手が出る、上司も多かったです。

また、ノルマ厳しすぎて、職場の雰囲気が殺伐として、足の引っ張り合いや陰口なども起こりうることになってしまうんですよね。

営業成績を巡る不健全な人間関係は、チームワークを乱し、職場の士気を下げる原因になっていると感じます。

きついディーラー営業を乗り越えるための対処法

ストレス対処法を身につける

厳しい職場環境で働くカーディーラーの営業マンにとって、ストレス対処法を身につけることが何より重要

定期的な休息と気分転換を心がけ、趣味の時間を作ることで、ストレスを発散することができます。

友人、家族など、周りの人に悩みを打ち明けることも、ストレス軽減に効果的。

ありきたりな手法ですが、話すことを笑うことが簡単にストレスを減らす一つの手段です

メンタルを維持することは、仕事の効率アップにもつながります。

ブラック

きつい職場では病まないことが一番大事です

タイムマネジメント力を高める

カーディーラー営業では、限られた時間の中で成果を出すことが求められます。

そのため、タイムマネジメント力を高めることが重要になります。

優先順位を明確にし、重要な仕事に集中することで、無駄な残業を減らし、定時退社を目指しましょう。

例えば、返信メールの雛形を作成したり、ショートカットキーを活用して仕事の効率化を図るのも効果的です。

私は営業や業務メールのテンプレートを50種類ほど作成し、営業時間の最大化を実現していました。

また、休日は趣味や家族との時間を大切にし、メリハリのある生活を心がけることが大切です。

仕事とプライベートのバランスを保つことで、心身の健康を維持し、仕事の効率アップにもつなげることができますよ。

ブラック

営業成績がいい人は時間管理ができています

転職を検討する

厳しい職場環境に疲弊していると、自分のキャリアプランを見失いがちです。

そんな時は、一度立ち止まって、自分の強みと適性を再確認し、目指すべきキャリアを明確にしてみましょう。

場合によっては、私のように転職することも選択肢の一つとして考えてみてください。

営業経験があれば、20代、30代での転職先の選択肢は広いです。

自分に合った職場環境を探し、新たな挑戦に踏み出すことで、キャリアの可能性を広げることができますよ。

\営業職に転職するなら/

※92%が満足したと回答した転職エージェント

hape Agent(エイプエージェント)の評判・口コミ記事はコチラ

コミュニケーションスキルを磨く

転職が難しいのであれば、コミュニケーションスキルを磨くのも一つ。

カーディーラー営業では、顧客との良好な関係構築が何より重要。

顧客のニーズを的確に捉えることで、リピーターを増やし、営業の効率化を図ることができますよ。

上司や同僚とも積極的にコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことが、仕事の円滑化につながります

部下の育成にも力を入れ、チームワークの向上を目指すことで、職場の雰囲気を改善することもできるでしょう。

ちなみにコミュニケーション能力を磨くなら下記のサービスがおすすめです

営業活動に悩んだら

コミュニケーション能力は性格やセンスで決まるものだと思っていませんか?

  • 思っていることをうまく伝えられない
  • 営業成績が悪い
  • マネジメントがうまくいかない

実はこれらの問題は、教育工学に基づき人間心理を理解することによって改善できます。

コミュトレ

コミュトレは人間心理と教育工学に基づく実践形式のビジネススクール。

たった数ヶ月であなたのコミュニケーション能力を大きく改善してくれますよ。

受講者満足度は驚きの95%。

なんと電通やマイクロソフトなど有名企業勤務者や外務省や内閣府職員の人などの利用実績もあるスクールです。

コミュニケーションに悩む人生を変えたい人は、是非一度チェックしてみて下さいね。

今だけ90分の無料アドバイスを実施中です。

\95%の利用者が満足!!/


90分の無料アドバイスを実施中

コミュトレの体験談・評判はコチラ⇒【コミュトレの体験談】

ディーラー営業はきついがその経験は無駄ではない

現役のカーディーラー営業の皆さん、私は皆さんの努力に心から敬意を表します。

ディーラー営業は、高いノルマ、長時間労働、厳しい顧客対応など、様々な要因がストレスとなる厳しい職場環境。

しかしその経験が活きて、私自身別の仕事で活躍できています。

もし私のようにノルマ地獄から抜け出したいと感じているなら、思い切って一歩踏み出してみることをおすすめします。

本記事がきついディーラー営業の悩みを解決するヒントとなれば幸いです。

なぜ人は仕事で悩むのか?

それは自分の強みや適性に確信が持てないから。

自分の強みに自信がなくなったり、今の仕事が向いてないのではないかと考えたことはありませんか?

そんな場合は、Re就活に登録すると無料で使える適職診断を使って一度自分の強みと向いている仕事を分析するのがおすすめ。

私自身も活用することで、自分の強みが明確になり、仕事のモヤモヤが解決しました。

無料で使えて必ず転職をする必要もありません。

診断時間はたったの3分。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

\たった3分で適職診断/

詳細記事をチェック

※無料で使えます

日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている方は、是非試してみてくださいね。

 

人気記事

1

Re就活の適職診断は、株式会社学情が提供する転職サイト「Re就活」に会員登録すると使える無料の診断サービス。 Re就活の会員登録も1分でできて、たった3分で自分の適職を診断してくれます。 ※「Re就活 ...

2

こんにちは、販売職から最終的には、大手ホワイト企業のセールスマーケティング職に転職できた元社畜販売員のブラックです。 年収100万UP(現在は200万UP) フルリモート可能 フレックス自由 有給取得 ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍での転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こ ...

-転職