転職

第二新卒が使うべきおすすめ転職サイト・転職エージェント

このページでは第二新卒が使うべきおすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介しています。

転職エージェントとは何か?も含め、第二新卒が転職を考えたさいにおすすめできる各転職サービスの特徴を解説。

どの転職エージェント・転職サイトに登録するべきかのご参考にしていただければ幸いです。

私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。

私が知る限り第二新卒で転職を成功させた人は、皆転職エージェントを利用しています。

それぞれのサービスの特徴を理解することで満足のいく就職・転職を実現させましょう。

忙しい方向けの結論

それでは、早速ご説明します。

ブラック

第二新卒におすすめの転職エージェントがいち早く知りたい場合は

20代が使うべきおすすめの転職エージェントの項目からご覧くださいね

※目次をクリックするとジャンプできます

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、転職を検討している方と採用を考えている企業の間に立って、転職成功を支援するサービスです。

年収交渉や、面接対策、転職に関する手続きなどの支援をしてくれます。

転職する場合には活用必須とも言えるサービスでしょう。

しかも、このページで紹介している転職エージェントは、すべて無料のものばかりです。

転職エージェントが無料の理由

バーガー

なんで無料なの?怪しくない?

転職エージェントは、企業に優秀な人材を紹介することによって紹介先の企業から報酬を得ています。

そのため、転職を希望する人や検討している人は無料でサービスを受けることができるんですね。

成功報酬のため、内定が決まらないと紹介先の企業より転職エージェントに報酬は支払われません。

そのため、無料とは思えないほど充実したサポートとサービスが受けられます。

転職エージェントを使うメリット

メリットはなんといっても、無料で使えて転職成功率が上がることでしょう

※参考 転職エージェントを経由したほうが受かりやすいって本当?

そのほか、面談対策や年収交渉も対応してくれたりという点も大きいですね。

転職エージェント利用の流れ

まっちゃ

どのような流れになるの

転職エージェントを使う場合は、以下のような流れで転職活動が進みます。

転職エージェント利用の流れ

  • 登録
  • 面談・求人紹介
  • 応募・選考(書類・面接)
  • 内定
  • 給与交渉・退職サポート
  • 入社

特に流れを把握する必要はありません。

登録すると、担当者から連絡が入って丁寧に流れは説明してくれますのでご安心ください

転職サイトとの違い

サラダ

転職サイトと転職エージェントとの違いは?

同じく求人を探す方法として、転職サイトもあります。

一番の違いは、担当者がつくかどうか。

担当者がつかないデメリット

転職サイトには、担当者がつきません。

そのため、面談対策と年収交渉を自ら行う必要があります。

転職サイトの場合

  • 登録
  • 求人は自分で探す
  • 応募・選考(書類・面接)
  • 内定
  • 給与交渉も自分で
  • 入社

特に初めて転職する場合は、不明な点も多いのでサポートしてくれる担当者がいるほうが安心です。

非公開求人の紹介

転職エージェントの場合は、転職サイトに載せれない「非公開求人」を紹介してくれます。

人気企業は、すべての求人情報を公開すると応募が殺到したり、会社の戦略がバレてしまいます。

そのため、転職エージェントを使ってのみの求人募集も行っているんですね。

私自身も非公開求人の案件によって、大手ホワイト企業に転職できました。

基本的には転職エージェントを使ったほうが、内定率は上がりやすいですし、年収交渉も対応してくれるので安心です。

細かくは下記の記事で解説しているのでよろしければご確認ください

転職エージェントを経由したほうが受かりやすいって本当?

バーガー

転職エージェントを使ったほうが有利なのは間違いなさそう!

転職サイトを使うメリット

一方転職サイトを使うメリットもあります。

併用しても問題ありませんので、うまく使っていきましょう

自己分析ツールが使える

転職サイトは、面談対策ができないため、自己分析ツールが充実しています。

私自身も、転職サイトの自己分析ツールは自己PR文を作成するために活用しました

バーガー

余裕があれば登録しておきたいね

登録制限がない

転職回数が多かったり、ものすごく高齢ですと、転職エージェントに転職は無理だと判断されてサポートを断られるケースがあります。

反面、転職サイトはそういった制限はないので、誰でも使えるのが強みです。

第二新卒が使うべきおすすめ転職エージェント

ここからが本題ですが、第二新卒が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介します。

冒頭でもご説明しましたが転職エージェントにはそれぞれ特性があり得意としている分野があります。

筆者は転職エージェントを10社以上利用しましたが、自身が本当に良かった転職エージェントもしくは、信頼のおける友人の体験談をもとに厳選した転職エージェントのみご紹介しています

自分の特性にあったものを選ぶとともに、優良求人を逃さないためにも複数登録しておきましょう。

実際、リクナビネクストの調査でも転職者は平均で4.2社の転職エージェントに登録しているそうですよ。

そのため、転職を成功させるためには複数登録がおすすめです。

そのほかにも複数登録するメリットは多くあります。

詳しくは下記の記事で紹介していますのでよろしければご参照ください

転職エージェントに複数登録すると大変?【実際に複数登録しました】

ブラック

それぞれの転職エージェントについて細かく説明しますね

リクルートエージェント

\簡単5分で登録/

リクルートエージェントの特徴

  • 業界最大数の求人数(非公開求人10万人以上)
  • 転職支援実績No1
  • 全国で幅広い支援をサポート

リクルートエージェントは転職を検討するのであれば登録必須の転職エージェントです。

入りたい企業の求人がなければ、そもそも転職できませんので求人数が多いのは大きなメリットと言えるでしょう。

ブラック

実際使ってみても、リクルートエージェントの求人数は圧倒的でした。

doda

doda

\5分で無料登録/

dodaの特徴

  • 業界No2の求人数(1位はリクルートエージェント)
  • 転職サイトとしても利用できる
  • 職務経歴書のテンプレートが優秀

dodaは業界No2の求人数を誇る転職エージェントです。

入りたい企業の求人がなければ、そもそも転職できませんので求人数が多いのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、個人的には、職務経歴書のテンプレートが使いやすかったと感じました。

ブラック

求人数が多いので、リクルートエージェントとあわせて登録しておきたいですね

マイナビエージェント

マイナビエージェント

\5分で登録/

マイナビエージェントの特徴

  • 20代〜30代の転職に強い
  • 女性に特化したチームも編成
  • 業界ごとに専任のアドバイザーが担当

マイナビエージェントは2019年・2020年・2021年、オリコンランキングの「おすすめの転職エージェント 20代のランキング」で1位 になった転職エージェントです。

第二新卒の転職を考えているなら、登録しておきたい 転職エージェントだといえます。

ブラック

20代や若手の女性には特におすすめの転職エージェントです。

JAC Recruitment

JAC Recruitment

\5分で無料登録/

JACリクルートメントの特徴

  • 外資系に強い
  • 30代~のミドル求人が豊富
  • キャリアアップをしたい人におすすめ

ハイクラスやミドルクラス転職では、オリコンで顧客満足度3年連続No.1を獲得しており、管理職や専門職求人に強い転職エージェントです。

意外と、私のようなレベルの人間でも対応してくださり、一番マメに求人の紹介をしてくれました。

高年収な求人が比較的多かったので、年収を上げたい方にはおすすめです。

ブラック

ハイクラスや外資系と聞くと、敷居が高く感じるかもしれませんが、外資系以外の求人も紹介してくれます。

ハタラクティブ

ハタラクティブ


\5分で登録/

ハタラクティブの特徴

  • フリーターや第二新卒に特化
  • 未経験OKの優良求人を用意
  • 50%以上の利用者が、大卒以下

ハタラクティブはフリーターや第二新卒に特化した転職エージェント。

40種類以上の職種と幅広い業界をカバーしています。

学歴に自信がなくても、幅広い業界に対応してくれるのが嬉しいですね

ブラック

内定率が80%以上と高いのも心強いですね

DYM就職

最短1週間で入社可能!DYM就職

\5分で登録/

DYM就職の特徴

  • 最短1週間で就職
  • 書類選考無しで面接
  • 中小企業に強い

DYM就職は書類選考なしでの面接案件を紹介してくれる転職エージェントです。

学歴や職歴に自信がない場合は特に心強い転職エージェントといえるでしょう

ブラック

すぐにでも仕事を決めてしまいたい場合は、特におすすめです

就職Shop

若手の就職支援【就職Shop】

\5分で登録/

就職Shopの特徴

  • 大手リクルートが運営
  • 書類選考無しで面接
  • フリーターやニートの支援実績も多数

就職Shopも書類選考なしでの面接案件を紹介してくれる転職エージェントです。

フリーターやニートの支援実績も多数なので、幅広くあなたにあった求人を紹介してくれます。

ブラック

大手リクルートが運営しているので、安心ですね

あわせて使いたい業種特化型エージェント

業種特化型は、消化してくれる求人業界を絞った転職エージェント。

ある程度、狙っている業界が決まっているのであれば業種特化型の転職エージェントも併用しましょう。

担当者が業界に精通しているため、細かい希望やキャリアプランを相談しやすいですよ。

求人数はそこまで多くないので、他の転職エージェントと併用して活用するのがおすすめです。

業界に精通しているため、話が伝わりやすい

求人数が減り、選択肢が狭まる

アパレル業界

ファッション・アパレル業界の【クリーデンス】

\5分で登録/

クリーデンスの特徴

  • アパレル・ファッション業界に特化
  • バイヤーから店舗スタッフまで幅広い求人を用意
  • anを運営する会社が運営

クリーデンスからしか転職できない非公開求人も多々あり。

アパレル・ファッション業界転職したい方はとりあえずクリーデンスに登録しておくと安心です。

正社員の求人が多いのも嬉しいポイントですね。

ブラック

アパレル・ファッション業界も考えているなら登録必須です

飲食業界


itk(アイティーケー)




\5分で登録/

アイティーケーの特徴

  • 飲食業界特化の転職エージェント
  • 18歳〜50歳まで未経験でも対応可
  • 外食に特化したキャリアプアランナー

アイティーケーは、飲食・外食産業に特化した転職エージェントです。

外食特化の人材紹介会社でも業界シェア、トップクラスの求人数の実績を誇る会社です。

未経験でも対応してくれるのは心強いですね。

ブラック

飲食業界に転職を考えている人は登録必須です。

不動産業界


不動産業界を専門にした転職支援サービス【宅建Jobエージェント】

\5分で登録/

宅建Jobエージェントの特徴

  • 不動産業界特化
  • 宅建がなくても活用可能
  • 不動産業界に精通したスタッフが対応

宅建Jobエージェントは、不動産業界に特化した転職エージェント。

宅建がなくても、不動産業界に転職希望でしたら活用できます。

スマホ一台で登録から相談まで完結できるのも嬉しいですね。

ブラック

不動産業界に転職を考えている人は登録必須です。

IT業界(エンジニア)


IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】



\5分で登録/

レバテックキャリアの特徴

  • ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo
  • 大手ITからスタートアップまで網羅
  • 8割が年収600万以上のハイクラス案件

レバテックキャリアは、ITエンジニアに特化した転職エージェントです。

  • NTTデータやNECの大手ITベンダー
  • LINEやPayPayなどの勢いのあるサービス系の企業
  • アクセンチュアやデトロイトトーマツなどのITコンサル

上記のような人気企業への転職実績が多数あります。

ITエンジニアにとってはおすすめのサービスですね。

ブラック

IT業界に転職を考えている人は登録必須です。

第二新卒が使いたいおすすめの転職サイト

続いて転職サイトもご紹介します。

転職エージェントと併用し、可能であれば転職サイトにも登録しておきましょう。

自己分析ツールが使えるとともに、求人情報が幅広く集まるメリットもあります。

第二新卒は使える転職エージェントが多いので、転職サイトはどちらかというと情報収集と自己分析に活用するのがおすすめ。

ミイダス

ミイダス

\5分で登録/

ミイダスの特徴

  • コンピテンシー診断で自己分析可能
  • 簡単な質疑応答で自分の強みがわかる
  • 面接確約求人多数あり

ミイダスは登録すると、コンピテンシー診断を受けれる転職サイト。

コンピテンシー診断は、自分の強みや向いている仕事、相性の良い上司などが分かります。

転職する気がなくても、自分の強みを知りたいときにも使えるのがメリットですね。

ブラック

ミイダスのコンピテンシー診断はめちゃくちゃ当たってました!

リクナビネクスト

リクナビネクスト

\5分で登録/

リクナビネクストの特徴

  • 国内最大求人の転職サイト
  • 転職者の8割以上が利用
  • グッドポイント診断で自己分析

リクナビネクストは国内最大級の転職ポータル。

転職者の8割以上が利用しているので、幅広い求人情報を集めるには登録しておきたいですね。

また、グッドポイント診断という自己分析ツールが使えるのも魅力です。

ブラック

私もグッドポイント診断をヒントに職務経歴書を作成しました

第二新卒が転職エージェントを使うときのポイント

第二新卒で転職エージェントを使うときのポイントをご説明します。

複数登録する

先程も記載しましたが転職エージェントは複数登録しましょう。

これにより、幅広く求人情報を集めることができます。

どんなに優秀な人でも、入りたい会社の求人がなければ転職できません。

そのため少しでも多くの情報を集めることが転職活動を成功させる秘訣です。

合わせて複数登録しておくことで、相性が悪い担当者と会ったときに転職活動が頓挫してしまうリスクも減らせます。

私自身も初めて転職エージェントを活用した時はあまり相性の良くない担当者と出会ってしまいました。

いままでやってきたことを否定されて、自信がなくなってしまったんですね。

結果、しばらく転職活動を中断しました。

このようなリスクを避けるためにも、転職エージェントには複数登録しておきましょう。

バーガー

チャンスを広げてリスク分散だね

複数登録したことは伝える

転職エージェントを複数登録するときの注意点が一点あります

担当者には複数登録をしていることを素直に伝えましょう。

変に嘘をついてしまって、信頼を失ってしまうとうまくサポートも受けれません

素直に、人生にかかわることなので、複数の転職エージェントに登録させていただいてると伝えましょう

特にそれで対応が雑になったり転職が不利になったりする事はありませんので安心ください。

実際転職成功者の多くは複数の転職エージェントを利用しておりますので担当者にとってもよくあるケースです

大事なのは担当者に信頼してもらうこと。

これにより転職は、有利に進められますよ。

サラダ

転職成功者の8割は3社以上登録しているらしいですよ

面談の前に自己分析は済ませておく

先程の信頼につながりますが、転職エージェントとの面談の前に自己分析は済ませておきましょう

事前にリクナビネクストやミイダスで、自己分析を自分なりにすませておくと効果的。

しっかり自己分析を済ませて、強み弱みをはっきりさせておけば転職エージェントも求人を紹介しやすく、やる気も伝わります。

担当者にとっても、どのようにサポートすればいいかもわかりやすいです。

先ほども記載しましたが、転職エージェントは企業に求人者を内定させることにより報酬を得ています。

そのため手がかかりそうな求職者や、気持ちがハッキリしない人は優先順位が下がります。

向こうも商売なので、手間もかかるとなればどうしても力の入れ具合が変わってきますよね。

「この人は転職できそう」「しっかりサポートしよう」という印象を持たせることによって、転職エージェントの優先度を上げ、転職を優位に進めましょう

ブラック

企業に売り込んでくれたり、本当に優位性が変わります

妥協条件と必須条件を決めておく

先程の話と重複するところもありますが、妥協条件と必須条件は決めておきましょう

具体的には

  • 最低希望年収
  • NGな職種
  • 希望する業界
  • 年間休日
  • 福利厚生

すべて希望条件にならないことも多いですが、これらが明確なことによって転職エージェントもサポートしやすくなります。

可能であれば、転職する希望の業界や業種も絞りましょう。

より親身で的確なアドバイスが受けれます。

まっちゃ

事前準備が大事

年齢が若いほうが基本的に有利

基本的に他業種に転職するのであれば、年齢が若い方が有利になります。

第二新卒は一般的にスキルがまだ身に付いていないと認識されています。

そのため、若さが一番のアドバンテージ。

同じ第二新卒でも若いほうが有利です。

今の仕事が一段落ついたら、来年になったら、と先延ばしにすればするほど転職の選択肢は狭まり、転職の難易度は上がっていきます。

気がつけば、第二新卒の権利が無くなっているなんてことも・・。

相談したからといって、必ず転職しないといけないわけでもありません。

将来的に転職する可能性があるのであれば、いちどは転職エージェントに相談しておくことをおすすめします。

ブラック

私も、先延ばしにして失敗しました。

担当者のアドバイスを鵜呑みにしない

転職エージェントの担当者も様々です。

すごく親身な担当者もいれば、頭ごなしに厳しいことを言う担当者もいます。

繰り返しになりますが、転職エージェントは事業に企業に人材を紹介することによって報酬を得ています。

結果、「この人は転職できそうにない」、「転職する意思がなさそう」と判断すると途端に態度が悪くなったり、厳しいことを言う人もいるのが一般的。

逆に、早めに転職を決めてしまって報酬を得ようとするあまり、希望しない条件の求人ばかり勧めてくる担当者もいるのが現実。

そのため、担当者のアドバイスを全て鵜呑みにするのは危険。

もちろん、求職者のことを考えて、選択肢を広げるために希望以外の提案をしてくれる担当者もいます。

あくまでアドバイスは、参考程度とし自分の希望を第一優先としましょう。

サラダ

自分の希望は、ブレないようにね!

担当者と合わなければすぐに変更する

転職エージェントのメリットは、担当者が転職をサポートしてくれることです。

しかしながら中には、どうしても合わない担当者が担当になることもあるでしょう。

人間である以上、合う合わないは発生します。

その場合は、無理にそのまま進めず、すぐにでも担当者を変更しましょう。

変更をお願いするのが難しいそうであれば、別の転職エージェントを利用するのでもかまいません。

あまり合わない担当者と、転職活動を続けるメリットはありません。

転職エージェントにとっては、求職者のひとりですが、あなたにとっては、人生にかかわること。

転職の成功率を上げるためにも、早めに手を打ちましょう。

ブラック

変に気を使うと、失敗します。

ある程度選考が進んできたら2社か1社に絞る

ある程度選考が進んできたり、自分にあった転職エージェントがでてきたら、転職エージェントは2社に絞りましょう

これにより面接スケジュールを調整しやすくなったり、求人情報の取り逃しも減ってきます。

転職エージェントにも、他の転職エージェントを利用しなくなったことを伝えることによって、あなたの本気度も伝わります。

面談対策や分析ツールは極力利用する

転職エージェントによっては、面談対策や企業セミナーを用意してます。

可能であれば、これらは極力有効活用しましょう。

特に面談対策に関してはいちどは、客観的に見てもらうことが大事。

意外と世間の評価と、自分の考えはずれていることが多いです。

万全を期すため、1度は受けておくことをおすすめします。

バーガー

対策は万全に

可能なら光回線があるのがベスト

昨今はオンライン面接も多いです。

面接中に、回線不良で面接が中断してしまったり、音声が途切れてしまうと、どうしても良い印象は残りません。

このようなトラブルを避けるために、可能であれば自宅に光回線を引いておきましょう。

もし難しいようであれば、面接時には光ファイバーが用意してあるワーキングスペースを利用するなどして対策をとるのがおすすめです。

まとめ

以上

第二新卒におすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介しました。

最後に、繰り返しとなりますが内容をまとめます。

自分にあった転職サービスをうまくつかうことにより、転職を成功させましょう

まとめ

ブラック

みなさんの転職がうまくいくことを応援してます!

\あなたの悩みを解決/

おすすめ記事を探す

悩みにあった記事を選んでね

人気記事

1

このページで第二新卒とは、短期間でも社会人経験のある20代前半の人を指します。 新卒で就職したけれども、理想と違ったということで転職を考えている人もいるのではないでしょうか。 私が新卒で入社した会社も ...

2

※このブログでは第二新卒を、短期間でも社会人経験のある20代前半の人を指しています。 新卒で無事に就職できたもの、実際に仕事をこなしていて理想と現実の違いから転職を考えている人も多いのではないでしょう ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍で転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こせずに悩んでいる方も多 ...

-転職