転職

ミイダスの評判や口コミは?しつこい電話営業はない?

投稿日:2021年2月14日 更新日:

 

ミイダスって何?使って大丈夫?

 

まとめ、ミイダスはおすすめできるサービス

以上、今回はミイダスについてご説明しました。

最後にここまでの話をまとめます。

  • ミイダスは信頼できるサービス
  • コンピテンシー診断のレベルは高く使う価値あり
  • 全体的に好評の意見も多い
  • 年収診断は鵜呑みにしないほうがいい
  • 電話が気になるようだったら拒否設定できる
  • ミイダスのみで転職活動を行うのは微妙である
  • 転職の際には併せて転職エージェント登録すべき

ミイダスは転職する際には、無料で使えて非常に有益なサービスなので積極的に活用しましょう。

転職活動は戦略と情報が命です。

転職を成功させるためにはあらゆる手を尽くしましょう。

少しでも転職の成功率をあげたいのであれば、このサービスを活用して自己分析を深堀りしてみてはいかがでしょうか。

たった数分の診断で、あなたの本当の強みがわかるかもしれませんよ。

今回は以上です。この記事の内容が少しでも皆さんにとって有益となれば幸いです。

 

詳しく説明しますね

 

この記事では、ミイダスについての評判や口コミについてご紹介します。

結論から述べますと、ミイダスはしつこい電話はなくて安全なサービスです。

また、転職をする上では非常に便利なサービスです。

わたし自身はミイダスを使うことにより、転職活動が優位になりました。

ミイダスとは?

ミイダスは人材業界最大手のひとつ、パーソルキャリア株式会社が分社化を行った「ミイダス株式会社」が運営する転職サービスです

パーソルキャリアは、求人情報のanやdodaを運営している人材系サービスの大手老舗企業です。

ミイダス

ミイダスのコンピテンシー診断とは?

ユーザーのコンピテンシー(行動特性)を分析し評価するサービス。

簡単※な質問に回答するだけで

  • パーソナリティの特徴
  • 上下関係適性
  • ストレス要因
  • マネジメント資質

上記4つの評価が数値化されます。

ユーザーは自分の強みやストレス要因を知ることができ、企業はカルチャーや社風にマッチした人材を探すことができます。

採用のミスマッチや早期離職の防止につながります。

職務経歴書の作成も必要ないので、職務経歴書を作成する際の参考としても使えます。


※【簡単な登録】
・登録はミイダスの質問に答えるだけ
・職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要。
・今求められているスキルや経験だけを質問するのでとても効率的。
・その人のキャリアに応じて、質問事項を変えるのでとても正確。

ミイダスのコンピテンシー診断でわかること

転職を検討する際に非常に有益な情報がわかります。

  • 自身が比較したい人と自分の年収を比較
  • 7万人の転職実績データから本当の市場価値を分析
  • 年齢別、学歴別、転職別、の年収データ(200万人以上)
  • 職務適性やパーソナリティの特徴
  • ストレス要因、相性の良い上司や部下のタイプ

ミイダスの評判・口コミ

実際に使ってみた人のコメントを参考までに記載します。

転職サービスなので、求人紹介の電話がかかってきて「しつこい」というコメントもありましたが拒否設定できます。

電話や連絡が来るのが嫌な場合は、拒否設定をしてしまいましょう。

全体的な、評判や口コミを見ると概ね好意的なコメントが多いです。

 

ミイダスを実際に使ってみた感想

私自身も、実際に使いましたが

私が感じたことは以下です。

  • 求人数は多め(約60000ぐらい出ました)
  • コンピテンシー診断のレベルは高い
  • 類似ユーザーオファー年収実績の年収は高め
  • 営業の電話はしつこいと感じなかった
  • このサービスだけで転職するのは微妙

それでは詳細を順にご説明します。

履歴書や職務経歴書がなくても使えるのは魅力

ほとんどの転職サービスは履歴書や職務経歴書の作成が必須ですが、ミイダスは履歴書や職務経歴書がなくてもサービスが利用できます。

「転職ってどうなの?」って悩んでいる人にも敷居が低いサービスです。

また、ミイダスで使えるコンピテンシー診断は、職務経歴書の作成にも非常に役立ちました。

ミイダスは求人数が多めなのは魅力

私が検索したときの求人数は、約60000万件ほど出てきました。

求人数は非常に多かった印象です。

求人数が多いに越したことはありませんので、この求人数だけでも魅力的なサービスだと思います。

求人数が多い転職サービスのメリット

転職サービスを選ぶ際に一番重視したいのは求人数です

求人数が多いと選択肢が広がり、チャンスも増えます。

希望している会社があっても、その転職サービスに登録していなければ応募することもできません。

また求人が多いということは、それだけ応募できる数も多いという結果に繋がります。

打率3割以上のバッターでも、打席に立てなければヒットは打てません。(バットを振るチャンスが有りませんから)

逆に打率1割以下のバッターでも打席に100回立てれば、1本ぐらいはヒットを打てるでしょう。

極端な例ですが以上の理由から、求人数が多いサービスを優先して使ったり、複数の転職エージェントに登録して選択肢を増やすのは転職活動の鉄則といえます。

 

類似ユーザーオファー年収実績の年収は高め

ミイダスは、類似ユーザーオファー年収実績といって似た属性の人の想定年収を教えてくれます。

正直なところ、この数値は高めに設定されていると感じました。

私自身は、最終的に想定年収に近い金額で転職できたのですが、この想定年収を鵜呑みにして転職エージェントの面談にのぞむと高望みしていると判断されるので気をつけましょう。

あくまで、参考程度にとらえておくのがおすすめです。

ちなみに、転職系のサービスはどれも基本的に想定年収が高めに出るのがセオリーなのでわたし自身は気になりませんでした。

コンピテンシー診断は魅力的

コンピテンシー診断がミイダスを使う一番のメリットであり、このサービスを使えるだけでも価値のあるサービスだと感じます。

初めて職務経歴書を書くときには、自己分析は必須です。

このサービスを使うことにより、わたし自身が自己分析する際にも非常に参考になりました。

しっかり自己分析して転職する業界の目星を付けておくことで、転職エージェントの活用もうまくできて転職を優位にすすめることができます。

ミイダスのコンピテンシー診断が良いと思った点

コンピテンシー診断は、多くの大学や企業が多額の投資をして実施しています。

私は現職の仕事で、顧客にコンピテンシー診断やアセスメント(評価する)サービスのシステムを提案する機会があるのですが、この際に一番課題となるのが

コンピテンシー診断の根拠となるデータ量です。

コンピテンシー診断は、データが多ければ多いほど正確性が増します。

システムは構築する事ができますが、根拠となるデータは一朝一夕でどうにかできるものではありません。

正確性を高めるためには、長年の積み重ねやノウハウが必要です。

ミイダスは人材大手のパーソルキャリアの仕組みや性質ををうまく使い、多種多様な多くのデータを集めることができていると考えます。

コンピテンシー診断を受けるだけで有料なサービスも多いです。(平均5000円くらい)

このサービスを無料でできるのは、転職サービスという性質によるものが大きいと思います。

このレベルのサービスが無料で使えるのであれば、使わない手はないでしょう。

転職活動では自己分析が必須

転職活動においては自己分析は必須です。

転職を成功させるために一番大事なことは、自分が働きたい職場であるということではなく、転職先でどのように活躍できるかです。

改めて、自分の強み弱みを分析することにより

  • 何がやりたいか
  • どのようなことが向いているか
  • 向いていないことは何か

を整理し、転職活動の方針を決めましょう。

自己分析がしっかりできていれば、面接の受け答えに対してもブレがなくなりますし、自己PRにも役立ちます。

根拠のない自己分析は意外と当てにならない

自分で自己分析をすると、先入観にとわられて気が付かない強みや弱みもあります。

わたし自身も、客観的な意見をもらうことにより気が付かされた、強みや弱みが多くありました。

しかしながら、客観的な意見をもらうには一緒に長年働いて、自身を分析してもらう必要があります。

その上で、個人的な感情を一切なくして信頼できる相手アドバイスをもらうのは、なかなかハードルが高いですよね。

上記の問題を解決できるのが、ミイダスのコンピテンシー診断です。

営業のしつこい電話はなかった

私は、拒否設定はしなかったのですが、電話がしつこいと感じることはありませんでした。

素直に自分の意見を言わずに、「今は都合が悪い」と一方的に切ったりすると、本人の意思を確認するために何度も電話がかかってくるのだと考えます。

ミイダスもボランティアで、このコンピテンシー診断を提供しているわけではありません。

あくまで、求人サイトの付加サービスとして提供しています。

そのため、利用した人に対して求人の紹介や転職の意思を確認するのは当然といえるでしょう。

魅力的じゃない求人や、まだ、転職を考えてないのであれば正直にその事実を伝えれば良いだけです。

このレベルのサービスを無料で利用しているので社会人として礼儀のある対応をとりたいものです。

その対応すらストレスになる場合は、アプリで拒否設定もできるので必要であれば拒否設定しておきましょう。

ミイダスが「使えない」「微妙だ」と感じる人は?

私が見る限りミイダスを「使えない」と感じる人の特徴は下記です

  • ミイダスのみで転職活動をしようとしている人
  • 想定年収の分析結果を鵜呑みにする人
  • コンピテンシー診断をうまく使って自己分析に反映できない人

なぜそのように感じるのかを理解しうまく活用しましょう。

ミイダスのみで転職活動をしようとしている人

転職活動は情報量が命です。

そのため、幅広く情報を集める必要があります。

高い買い物をするときには、いろんな店や商品を見て検討する人が多いです。

あとから、「こっちにすれば良かった」と後悔しないためです。

転職もそれと同じで、いくつかのサービスを利用して自分に合ったやり方を集めるのがセオリーです。

そのため、一つのサービスのみだと「使えない」で終わってしまうことが多いです。

想定年収の分析結果を鵜呑みにする人

わたし自身は想定年収を超える転職ができましたが、どの転職サービスもセールストークで想定年収は高めに出ます。

なぜなら、想定年収を低くすると誰も利用しないからです。

化粧品のセールスでも「お若いですね!」って言われますよね?

あれと同じイメージです。

そのため、あくまで参考程度にする必要があります。

コンピテンシー診断をうまく使って自己PRに反映できない人

コンピテンシー診断は、非常に有益なツールですが診断するだけではダメです。

診断結果をうまく使う必要があります。

  • 自分の強みが希望業種にどうPRできるか
  • 向いている仕事まで職種を広げるのか

診断結果を自分なりに分析し、どのように使えるのか考えましょう。

ミイダスだけで転職活動をするのは微妙

これはどの転職サービスにも言えることですが、一つのサービスに固執するのは危険です。

イメージとしては、大学受験や高校受験を併願なしで受けるようなものです。

万が一そのサービスと相性が悪かった場合は、自分のパフォーマンスを発揮できないまま就職活動は終わってしまいます。

ミイダスだけでは使えない理由

ミイダスは転職アプリなので転職エージェントほどの手厚いサービスや、優良な非公開求人はありませんでした。

そのため、転職を成功させるには併せて転職エージェントの登録が必須だと感じます。

コンピテンシー診断自体は、非常にレベルも高かったので転職エージェントとの面談前の自己分析に使っておくのが効果的です。

私自身は、あくまで自己分析のみのツールとして活用しました。

 
転職サービスは複数登録するのがおすすめです。
そもそも求人を出している企業が、その転職サービスに登録していなければ、その企業に応募することすらできません。
まずは、無料で登録できるものに複数登録し幅広く情報を集めましょう。
参考までに、私も使ったおすすめ転職エージェントを掲載します。(私は6社登録しました)

チェックポイント

マイナビAGENT ⇒20代
doda ⇒満足度No1
 
上記以外の転職エージェントは「厳選転職エージェント」にまとめています
 
 
 

まとめ、ミイダスはおすすめできるサービス

以上、今回はミイダスについてご説明しました。

最後にここまでの話をまとめます。

  • ミイダスは信頼できるサービス
  • コンピテンシー診断のレベルは高く使う価値あり
  • 全体的に好評の意見も多い
  • 年収診断は鵜呑みにしないほうがいい
  • 電話が気になるようだったら拒否設定できる
  • ミイダスのみで転職活動を行うのは微妙である
  • 転職の際には併せて転職エージェント登録すべき

ミイダスは転職する際には、無料で使えて非常に有益なサービスなので積極的に活用しましょう。

転職活動は戦略と情報が命です。

転職を成功させるためにはあらゆる手を尽くしましょう。

少しでも転職の成功率をあげたいのであれば、このサービスを活用して自己分析を深堀りしてみてはいかがでしょうか。

たった数分の診断で、あなたの本当の強みがわかるかもしれませんよ。

今回は以上です。この記事の内容が少しでも皆さんにとって有益となれば幸いです。




人気記事

1

  こういったときこそ、動きましょう!     こんなときに転職活動なんか大丈夫なの? 転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍で転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討され ...

2

  あー将来が不安だ・・・     そんなときこそ動きましょう!   将来の不安要素は数多く考えられますが、昨今の経済状況から、お金の悩みを持っている人が多いのではないでしょうか? 国民の平均年収は3 ...

3

  自己紹介でも記載しておりますが私はブラック企業の元社畜でしたが幸い優良大手ホワイトに転職できました。   まず始めに、特に良く聞かれることを書きたいと思います。   目次1 転職活動はい ...

4

  みなさんは、会社を選ぶときにどんなことを基準にして選びますか?     業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 そ ...

5

  社会人になって勉強してますか?   勉強不足を仕事で感じることもありながらも、仕事が忙しくて勉強できてない人も多いのではないでしょうか? また、社会人になってまで勉強する必要性が感じられない人も多 ...

6

30歳を超えるとなかなか痩せないのに、すぐ太りますよね。 にもかかわらず以前の記事で 肥満体だと自己管理ができてないと面接が不利に働くケースがあります。BMI(肥満指数)が25を超えている場合は、ダイ ...

-転職

Copyright © ブラックからの転職, 2020~2021 All Rights Reserved