転職

営業職を辞めて幸せになる人の特徴3選

※本記事は元営業職のインタビューを参考に作成しています

バーガー

営業職を辞めたい

今の仕事があまり好きじゃないから

営業をやめたら幸せになれるんじゃないかなぁ

営業をやめて幸せになれるかどうかは

その人次第ですよ

ブラック

こんにちは、販売職から営業職に転職し、その他の仕事も経験したのち、現在も営業職の仕事をしているブラックです、

営業の仕事をしていると「辞めたい」と感じることは多いですよね。

私自身も、一社目の会社で営業職の仕事をしていたときは

  • 顧客からのクレーム
  • 理解に苦しむ本部からの指示
  • 目標未達による上司からの詰め
  • イレギュラーなトラブル対応
  • 帰社後に遅くまで残業

上記が原因で「営業の仕事を辞めたい」と感じることも多かったです。

そのせいか、営業の仕事をしていると

  • 自分は営業の仕事をしたいわけじゃなかった
  • 自分は営業に向いてないと思う
  • もっと他に向いている仕事がるんじゃないか?

という相談もよく受けます。

それでは、営業の仕事を辞めることによって幸せになることができるのでしょうか。

結論から述べると、営業をやめて幸せになれるかどうかはその人次第。

なぜなら、不満の多くは営業職の仕事が原因ではなく、働いている会社が原因になっているケースの方が多いから。

ひとことに営業と言っても、業務内容や扱う商品も多種多様。

営業ノルマが厳しくない営業職もありますし、テレワークが可能な営業職もあったりするんですね。

つまり、満足できる待遇や給料を用意してくれる会社に転職すれば、解決する問題も多いです。

私自身も、2つの会社で営業職を経験しましたが、同じ営業職だとしてもここまで環境が変わるのかなと実感した一人。

もちろん全ての人に、当てはまるわけではなく、営業と違う仕事に就いたほうがいいケースがあるのも事実です。

  • 話すことにストレスを感じる人
  • 指示通りの仕事しかしたくない人
  • ITエンジニアなどの専門職に就きたい人

上記の場合は素直に別の仕事に就くのも一つでしょう。

バーガー

うーん悩むなぁ

そこで今回は、実際に営業をやめた人のインタビューをもとに、営業職をやめて幸せになる人の特徴をご紹介します。

今の仕事が辛いと悩んでいる人は、本記事を参考に、理想の仕事を見つけるヒントとしてくださいね。

今の仕事がつらいなら

今の営業職が辛いなら、別の会社の営業職への転職も検討しましょう。

なぜなら営業経験があることにより、良い条件でのオファーがもらいやすくなるから

営業職の仕事は所属する会社によって大きく変わります。

ノルマや、働き方に不満があるなら、別の会社の営業職に転職することで解決する可能性も高いですよ。

ちなみに、営業職への転職に失敗したくないのであれば、営業職に特化した転職エージェントhape Agentを利用するのがおすすめです。

利用者の92%が満足しており、きっとあなたに合った営業職を紹介してくれますよ。

特によい条件の求人は、応募者が殺到してすぐに応募が締め切られます

転職を検討している人は無料で利用できるので、早めに登録して転職できるか相談しておきましょう。

紹介している転職エージェントはすべて無料で利用できます

\営業転職におすすめな転職エージェント/

1位2位3位
営業職に転職するならhape
hape Agentdodaリクルートエージェント
・92%が利用に満足
・未経験でも手厚い支援
・豊富な転職支援
・独自システムが◎
・求人数ナンバーワン
・営業職の求人にも強い
営業職特化営業職以外も対応営業職以外も対応
公式サイト公式サイト公式サイト
詳細・評判を見る>>詳細・評判を見る>>詳細・評判を見る>>
※転職エージェント56社のリサーチから選出

ランキング3位以下や当ブログで推奨しない転職エージェントはコチラの記事で解説

営業職以外の仕事も探したいなら、dodaやリクルートエージェントと併用して登録するのがおすすめです。

営業職とそれ以外の仕事のオファー条件をしっかり比較することができますよ

営業職を辞めて幸せになる人の特徴3選

  • 話すことにストレスを感じる人
  • 指示通りの仕事しかしたくない人
  • ITエンジニアなどの専門職に就きたい人

話すことにストレスを感じる人

営業職は、顧客とのコミュニケーションを中心とした職種。

日々の業務は

  • 顧客へのアプローチ
  • プレゼンテーション
  • 商談交渉

など対話を伴う活動が中心です。

話すことににストレスを感じる人にとって、このような環境は大きな負担となります。

対人コミュニケーションにおけるストレス

対人コミュニケーションにおけるストレスは、社交不安障害や内向的な性格傾向と関連しています。

例えば、ある研究によれば、社交不安障害を持つ人々は、対人関係において過度の緊張や不安を感じ、これが日常生活や職業活動に影響を及ぼすことが示されています(American Psychological Association, 2020)。

特に営業職のような高度な対人スキルを要求される環境では、これらの感情が強く表れる可能性があります。

具体的なエピソード

たとえば、Aさんは以前、営業職に就いていました。

彼は内向的な性格で、新しい人との出会いやプレゼンテーションに常に緊張を感じていました。

彼の日常は、顧客との会話や交渉で満ちており、これらの状況では常に不安を感じていました。

特に、新規顧客に対するプレゼンテーションでは、彼のストレスはピークに達し、時には不眠や頭痛を引き起こすこともありました。

転職後の変化

Aさんは最終的に、営業職から総務の仕事に転職しました。

この新しい職種では、彼は自分の分析能力を活かし、新しい人と直接会話したり、する機会が大幅に減りました。

その結果、彼の仕事に対するストレスは著しく減少し、仕事の満足度が向上しました。

また、総務の仕事を通じて、彼は自分の内向的な性格を強みとして活かすことができてより集中して作業に取り組むことができるようになりました。

内向的な性格と仕事の適合性

内向的な性格を持つ人々は、静かで集中できる環境を好む傾向があります。

このような性格の人々にとって、営業職のような対話中心の仕事はストレスの原因となり得ます。

一方で、個々の作業に集中する職種では、彼らの能力が最大限に発揮される可能性があります。

Aさんのコメント

営業職は、対人スキルとコミュニケーション能力を要求される職種。

しかし、自分のような性格の人間にとってはそれが苦痛でしかなかったんですね。

年収は下がりましたが、自分の性格や能力に合った職種への転職を通じて、仕事の満足度を高め、ストレスを減らすことができました。

重要なのは、自分の性格や能力を理解し、それに適した職業選択をすることだと思います。

指示どおりの仕事しかしたくない人

営業職は、高度な自主性と創造性を要求される職種。

しかし、すべての人がこのような環境で活躍できるわけではありません。

特に、指示に従って具体的なタスクをこなしたいと考える人にとっては、営業職はストレスの原因となることがあります。

指示に従う仕事への傾向

組織行動に関する研究では、仕事の自律性が高いほど職務満足度が向上するが、これは自律的な働き方を好む人に限られると指摘されています(Hackman & Oldham, 1976)。

自己決定が求められる環境では、具体的な指示に従うことを好む人は、適応に苦しむことがあります。

具体的なエピソード

例えば、Bさんはかつて営業職に従事していました。

彼は、与えられたタスクを効率的にこなす能力に長けており、明確な指示に従うことを好みました。

しかし、営業職においては、しばしば顧客のニーズに応じて柔軟な対応が求められます。

その度に彼は大きなストレスを感じていました。

特に、目標設定や戦略立案の際には、自由度が高いために方向性を見失いがちでした。

転職後の変化

Bさんは最終的に、営業職から工場勤務に転職しました。

この新しい仕事では、彼は日々のタスクが明確で、特定の手順に従って業務を進めることが多く、彼の能力が適切に活かされるようになりました。

この結果、彼の仕事への満足度は大きく向上し、ストレスレベルも大幅に低下しました。

また、ルーチンワークの中で彼は高い効率と精度を発揮し、その職場で高い評価を得るようになりました。

明確なルールや手順の重要性

明確なルールや手順が定められた職業は、指示に従って淡々と仕事をこなしたいと考える人に適しています。

工場勤務や物流業務などでは、毎日の業務が比較的一定で、個々の作業に明確なガイドラインが存在します。

これにより、このタイプの人は、自分の能力を最大限に発揮し、職業的満足度を高めることができます。

Bさんのコメント

営業職は、自分で考えることが重要な仕事ですが、自分にはあまりあってませんでした。

指示に従って具体的なタスクをこなしたいと考える人は、このような環境ではストレスを感じる可能性があります。

これらの人々は、明確なルールや手順が定められた職業への転職を通じて、より充実したキャリアを築くことが可能です。

重要なのは、自分の性格や働き方の好みを理解し、それに適した職業選択をすることです。

ITエンジニアなど専門職を目指したい人

営業職とITエンジニアやその他の専門職は、求められるスキルセットと職務内容が大きく異なります。

特に、技術志向の人や専門的な知識を深めたいと考える人は、営業職よりも専門職に適している可能性が高いです。

専門職への志向

キャリア開発に関する研究によると、個人の興味や能力が職業と合致している場合、仕事の満足度やパフォーマンスが向上することが示されています(Holland, 1997)。

専門職への志向が強い人は、営業職のような一般的なビジネススキルよりも、特定の技術や専門知識を活かす職種でより充実したキャリアを築くことができます。

具体的なエピソード

例えば、Cさんは以前、ルート営業の仕事に就いていました。

彼はもともとITエンジニアに強い興味を持っており、就職の際もエンジニアになるか営業職になるのか迷ったのですが営業職に転職。

営業職に就いたものの、彼は自分の専門的な知識や技術を十分に活かせていないと感じていました。

顧客への説明や交渉では、彼の技術的な興味や知識が必要とされることはほとんどなく、むしろ日々の業務は彼にとって退屈で単調なものだったとのこと、

転職後の変化

Cさんは最終的に、営業職からITエンジニアに転職しました。

この新しい職種では、彼は自分の技術的な興味と知識を活かし、日々の業務において新しい課題に取り組むことができました。

また、プログラミングやシステム開発など、専門的な技術を要する業務は彼にとって非常にやりがいがあり、彼の仕事に対する満足度は大きく向上しました。

さらに、技術的な専門知識が求められるプロジェクトに参加することで、彼は自分のキャリアをより発展させることができました。

キャリアチェンジは20代まで

ITエンジニアやその他の専門職への転職は、30代を超えると転職難易度が大幅に上がります。

これらの職種では、特定の技術や知識が高く評価され、職務内容も専門性が高いため、これらの人々の興味や能力に合致しています。

営業職を辞めないほうがいい人

営業職を辞めて後悔した人の体験談

営業職は多くの企業で重要な役割を果たし、個人のスキルや経験に応じて高い報酬やキャリアアップのチャンスを提供することがあります。

しかし、この職種の特性上、ストレスが高いと感じる人もいれば、やりがいを感じる人もいます。

営業職を辞めるという決断は、慎重に考える必要があります。

以下は、営業職を辞めて後悔したという架空のエピソードです。

エピソード

Dさんは、ある企業の営業職として数年間働いていました。

営業の仕事はストレスが多く、特に顧客への常時的なアプローチや売上目標のプレッシャーに悩まされていました。

彼はより落ち着いた仕事を求め、営業職を辞めて事務職に転職しました。

しかし、転職後、Dさんはいくつかの点で後悔を感じるようになりました。

まず、営業職時代の高い報酬と比較して、事務職の給料は大幅に低かったです。

営業職で得られていた成果に基づくボーナスやインセンティブがなくなったことで、彼の生活水準は下がりました。

また、営業職のときは自分の努力や成果が直接的に評価され、それがモチベーションにつながっていたことに気づきました。

また、事務職では、これらの経験がほとんどなく、やりがいを感じることが少なくなっていました。

営業職を辞めて幸せになれるかどうかはあなた次第

なぜ人は仕事で悩むのか?

それは自分の強みや適性に確信が持てないから。

自分の強みに自信がなくなったり、今の仕事が向いてないのではないかと考えたことはありませんか?

そんな場合は、Re就活に登録すると無料で使える適職診断を使って一度自分の強みと向いている仕事を分析するのがおすすめ。

私自身も活用することで、自分の強みが明確になり、仕事のモヤモヤが解決しました。

無料で使えて必ず転職をする必要もありません。

診断時間はたったの3分。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

\たった3分で適職診断/

詳細記事をチェック

※無料で使えます

日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている方は、是非試してみてくださいね。

 

人気記事

1

Re就活の適職診断は、株式会社学情が提供する転職サイト「Re就活」に会員登録すると使える無料の診断サービス。 Re就活の会員登録も1分でできて、たった3分で自分の適職を診断してくれます。 ※「Re就活 ...

2

こんにちは、販売職から最終的には、大手ホワイト企業のセールスマーケティング職に転職できた元社畜販売員のブラックです。 年収100万UP(現在は200万UP) フルリモート可能 フレックス自由 有給取得 ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍での転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こ ...

-転職