転職

【末路】見切りをつけた方がいい会社で働いた人間の未来

バーガー

今の会社に不満があるけど、転職しようかどうか迷っている

会社に不信感があるなら、見切りをつけるタイミングは早い方がいいですよ

ブラック

会社に不信感があったとしても、せっかく就職した会社から転職するのには勇気がいりますよね。

私自身も新卒で入社した会社は、超がつくほどのブラック企業。

多くな優秀な人が去っていき、まともな人が辞めていきました。

けれどもなかなか転職する勇気がなくて、見切りをつけるまで時間がかかりました。

最終的には転職して、豊かな生活を手に入れています。

  • ノルマや激務とは無縁の生活
  • 年収100万円以上UP
  • 市場価値の高いスキルの取得

結果として今は幸せですが、少し決断が遅ければ、取り返しのつかないない状態にになっていました。

悲しいことに、決断が遅かった人間の末路はすごく悲惨なことになっているんですね。

この記事の概要

  • 見切りをつけた方がいい会社で働いていた人間の末路
  • 会社に見切りをつけた時に取るべき行動
  • 見切りをつけるべき会社の特長

今回は、見切るべき会社の特長と行動を徹底解説

本記事を読んで、見切りをつけるべき会社とは決別して豊かな人生を送りましょう。

\AIがあなたの天職を診断/

見切りをつけたほうがいい会社とは?

早速ですが見切りをつけた方がいい会社の特徴をご説明します。

3項目以上当てはまる人は要注意。

会社を見切るかどうかの判断材料としてくださいね。

見切りをつけるべき会社の特徴

見切りをつけるべき会社の特徴を順に説明します。

社長の暴走を誰も止めれない

社長の暴走を誰も止められないのは、見切りをつけるべき会社の特徴の一つ。

優秀な社長の強力なリーダーシップは、ある意味強力な武器です。

しかしながら明らかに間違っていることに対しても、誰も意見が言えないようであればこの会社に未来はないと言えるでしょう。

オーナー企業に多い特徴です。

幹部がパワハラ体質

幹部がパワハラ体質な会社も危険です。

幹部は会社の文化を形成する立場。

ある意味模範となるべき存在です。

そんな幹部がパワハラ体質なのであれば、遅かれ早かれ後々問題は発生します

優秀な人が見切りをつけている

優秀な人が会社に見切りをつけてると感じたなら、会社に見切りをつける一つのサインといえるでしょう。

会社として理想の状態は、どこでも通用するような優秀な人が、その会社で働きたいと思うこと。

優秀な人が見切りをつけてるのは、その真逆の状況。

あまりいい会社とは言いませんね

会社の体質が古いまま

今世の中は、すごいスピードで変化しています。

働き方も多種多様となっており、採用される価値観も変化していますよね。

そんな中会社だの体質が古いままであると、良い人材の確保ができません。

会社として優秀な人材が集められず、ジリ貧となっていくでしょう。

ビジネスモデルが斜陽である

ビジネスモデルが斜陽であるのも、あまり良い会社とは言えません。

動画配信サービスによって、レンタルビデオ店は一気に淘汰されました。

スマートフォンとデジカメの普及によって、大手フィルムメーカーのコダックは倒産しましたね。

ビジネスモデルが斜陽なのは、見切りをつけるポイントの一つです。

まともな人間が辞めていく

まともな人間が辞めていくのは、一番危険な会社の特徴。

まともじゃない人間しか残らないということですからね。

ある意味、異常な状態と言えます。

どんどん働きにくくなっていき、今より状況は悪くなっていく一方です。

一番見切りをつけるべき会社の特徴ともいえるでしょう。

慢性的な人手不足

慢性的な人手不足の会社危険です。

もし自部門だけの問題なら、補充をすればいいですが、慢性的であれば話は別。

会社が人材を軽視しているか、劣悪な環境だと言えるでしょう。

経理の人間の離職率が高い

経理の人間の離職率が高いのは、会社が傾いている証拠。

もしくはコンプライアンス的に何か問題がある可能性が高いです。

早めに、転職先を探しておいたほうがいいでしょう。

業績がボーナスに反映されない

業績がボーナスに反映されない会社は、すぐにでも見切りをつけた方がいいですね。

働いていて待遇が良くなると思えませんし、社員を大切に扱っていません。

ある意味搾取されてると言っていいでしょう。

研修という名の休日出勤がある

これは私の前の会社なんですが、研修という名の休日出勤がある会社は要注意。

成長という使い勝手の良い言葉を利用し、社員を会社の都合のよいように扱っている証拠です。

すぐにでも、転職準備を進めたほうが良いでしょう。

勤務時間外の作業が曖昧

サービス残業が蔓延している会社も、見切りをつけるべき会社の特徴の一つです。

あわせて、低賃金のみなし残業の会社も要注意。

長く働いている価値がない会社だと言えるでしょう。

管理職にすべてしわ寄せが行く

残業調整や、若手のフォローに全て管理職にしわ寄せが行行っている会社もあまり良くありません。

なぜなら管理職になりたいとは思う人が出てこないから。

ただでさえ今は若手が、管理職になりたくないと思っています。

会社としては魅力的ではないですよね。

月末に無理に目標を達成させようと無茶をする

こちらも前職ですごく当てはまっていたことですが、月末に無理に目標を達成させようと思ってをする会社は、見切りを付けた方がいいでしょう。

目標は無理に達成させるものではなく、計画を持って戦略的に達成させる必要があります。

ごくまれに、数字を達成させるために一丸となるのは悪いことではないですが、毎月恒例のようになってくると、自転車操業と変わりありません。

精神的にも疲弊しますし、無茶をすることが当たり前になってくると、コンプライアンス的に問題のある行為をする人も出てきます。

社員を大事にしない

最後はこれに尽きますが、社員を大事にしない会社。

もしあなたが、会社から「社員として大事にされたいないな」と感じているのであれば、見切りをつける一番の理由。

即抜け出す準備を始めましょう。

見切りをつけたほうがいい会社で働いた人間の末路

見切りをつけた方がいい会社で働いた人間の末路についてご説明します。

私が知っている職場の先輩や後輩の末路は3パターン。

順にご説明します。

病気になる

一つ目のケースは病気になるパターン。

会社の環境が悪いため、無理をして働き続けて病気になっている人が多いです。

体の不調や、メンタルがやられて鬱になってしまった人も多く見てきました。

今は人生は100年時代と言われて、健康でいられる時間の価値が最も高くなっています。

そのため、どんなに待遇が良くても体を壊してしまっては意味がありません。

そうならないためにも、早めに手を打っておく必要があると感じます。

辞めれなくなる

二つ目は、会社を辞めれなくなるパターン。

ずっと転職したいと言いながらも、何も対策を打たずに働き続けていて、いざ転職しようとしたときには年齢の壁によって転職できなくなっているパターンです。

こうなってくると、今の会社にしがみつくしかありません。

私自身も前の会社の人から、よく転職相談相談を頂きます。

すぐに転職できる人もいれば、転職するまで時間がかかる人もいます。

残念ながら、転職できない人も出てきます。

その中で気がついたのは、転職できている人に共通して言えるのはすぐにでも転職活動を始めている人。

転職サイトに登録することさえ後回しにしてる人は、やはり転職できていません。

会社を辞めれなくなる人はそういう人ですね。

もしあなたが、今の会社で最後まで働く気がないのであればやることは一つ。

すぐにでも行動することです。

再就職できなくて詰んでいる

最後は一番最悪なパターン。

働いていて限界が来て、勢いでやめたものの、再就職できなくて詰んでいる人です。

こうなってくると本当に悲惨。

養っている人がいる場合だと、目も当てられません。

やめたくてしょうがなかった会社にもかかわらず、やめたことを後悔することになっています。

このような最悪な事態を避けるためにも、会社に不満を感じた時点で、やるべきことはやっておいてくださいね。

会社を見限るタイミングは?

会社を見限るタイミングは、転職してみたいと思える会社に内定をもらったとき。

すぐに辞める必要はありません。

実際、転職者の多くは在職中に転職活動を行っています

参考情報「エン転職」利用者を対象とした「転職活動」に関する調査結果を発表した。調査期間は 2018年9月26日~10月28日、有効回答は1万663人(転職経験者7,130人)。

引用 https://news.mynavi.jp/article/20181109-721471/

大事なのは今の会社より満足できる会社で働くこと。

在職中に転職活動をすることで無職になるリスクも減りますし、転職成功率も高くなります。

会社に見切りをつけたなら

会社に見切りをつけたなら、転職活動を始めましょう。

まずは転職サイトに登録するだけでも一歩前進です。

転職サイトに登録する

転職の勇気がでない方は、転職サイトに登録しておくだけでも OK です。

以下の転職サイトは、登録したからといってしつこい電話営業があるわけでもないですし、気をつければ会社にばれる心配もありません。

\簡単5分で無料登録/

おすすめ転職サイト

Re就活⇒未経験転職の求人に特化

リクナビネクスト⇒転職者の8割が登録

登録はたった5分で、一度登録すればその情報は他サイトにも使いまわせます。

スカウト登録をしておけば、あなたの経歴に興味を持った会社からオファーが届きます。

求人情報を見てみて、興味がある会社があれば応募してもいいでしょう。

※興味がある会社や仕事が見つからない場合はRe就活の適職診断がめちゃくちゃあたっていた件|使い方を徹底解説の記事をご参考下さい

いつまでに転職するか決める

転職サイトに登録した後は、いつまでに転職するか決めましょう。

  • 20代前半
  • 20代後半
  • 30代以降

年齢によって、転職の選択肢は変わってきます。

他業種に転職するのであれば、早ければ早いほど有利です。

若いほうが転職は有利

逆に同業種であれば需要の高いスキルを身につける必要がありますよね。

転職エージェントと面談する

すぐにでも転職したいと考えているのであれば、転職サイトだけではなく転職エージェントも活用するのがおすすめです。

転職エージェントは、求職者の転職を支援してくれるサービス。

転職サイト転職エージェント 比較表_01

【実体験】直接応募より転職エージェントを経由したほうが受かりやすい?でも解説してますが、転職サイトだけではなく、転職エージェントも使うほうが転職成功率は上がります。

今すぐにでも転職したい人は、転職エージェントも活用していきましょう。

参考までにおすすめの転職エージェントを4社ご紹介します。

おすすめ転職エージェントランキング

ひと通り登録する場合は、

『お気に入りに登録しておく』か

『別のウィンドウで開く』
で、とりあえず開けておくのが時短になっておすすめです

まっちゃ

当サイトのイチオシは、ワークポートです。

なぜなら転職決定数がNo1で求人数も多いから。

つまり、一番受かりやすい転職エージェントということ。

登録したら無料でプログラミングスクールに通うこともできるなど、キャリアチェンジにも手厚いのが魅力ですね。

ただし営業職の転職を視野に入れているのであれば、営業職転職でのNo1満足度を誇るhape Agentを推薦します。

※表の転職エージェント名をクリックすると各転職エージェントのホームページに移動できます。

※比較表は横スクロール出来ます

ワークポート hape Agent リクルートエージェント doda
個人的評価4.7(5点満点中) 個人的評価4.6(5点満点中) 個人的評価4.1(5点満点中) 個人的評価4.3(5点満点中)
20代~ 40代対象 20代~ 35歳まで対象 20代~ 50代対象 20代~ 50代対象
転職決定数No1 営業職特化転職エージェント 求人数No1 転職サイトとしても使える

・一番受かりやすい転職エージェント

・IT系に特に強い

・営業職も視野に入れているなら登録必須

・職務経歴書の添削に評判あり

・求人数の多さが魅力

・捌いて数をこなすという印象

・求人数No2エージェント

・リクルートより支援が手厚い印象

詳細・評判を見る

詳細・評判を見る

詳細・評判を見る

詳細・評判を見る

リクルートエージェントやdodaは、求人数の多さが魅力ですが、多くの求職者をさばく必要があるため転職サポートが少し弱くなる傾向があります。

ワークポートやhape Agentなど、転職支援の手厚さを売りにしている転職エージェントをまず利用して、希望の求人がなければ大手転職エージェントを利用するといいでしょう。

他の転職エージェントと併用することにより、求人数の多い大手のメリットを最大限に活かせますよ。

バーガー

それぞれの強みが活かせるわけね

理想はなるべく多くの会社と面談して良い求人があったところに絞るのがおすすめですが、少なくとも最低限の比較ができるように2社以上には登録しておいてくださいね。

その他の転職エージェントも含めて、より詳しくは【タイプ別】おすすめ転職エージェント・転職サイトにてご紹介しています。

転職エージェント利用の注意点

一点注意点は、転職エージェントの仕組み上、事前に下調べをしておかないと担当者に主導権を握られる可能性があります。

具体的には、転職エージェントが紹介したい企業の求人のみをプッシュされたりですね。

転職エージェントが無料で使える仕組み

そのため、事前に転職サイトで興味がある求人を調べておいたり、転職に関する疑問や質問整理して面談に臨んでくださいね。

ブラック

ちなみに私はそれを知らず一度目の転職活動は失敗しました

在職中に転職先を確定させる

在職中に今の会社より魅力のある条件転職先を確定させれば、あなたの悩みは解決です。

すぐに実現できるか、時間がかかるかはやってみないと分かりません。

状況によっては、一度転職活動を見送ることにもなるかもしないでしょう。

ブラック

私も一度見送った経験があります

ただひとつ言えるのは、行動しないと何も変わらないということ。

最悪の事態とならないように、今できることはやっておいてくださいね。

理想の会社で働けたら

理想の会社で働けたら本当に人生変わります。

私の場合は

  • ノルマに追われない生活
  • カレンダー通りの休日
  • 定時退社後の予定が充実
  • 金銭的な悩みがない環境

を手に入れました。

年収が100万円以上アップし、家族との時間も増えました。

しかしながら、私の能力が特別上がったわけではなく、これは誰でも再現性のある話。

きっかけは会社に不満を持ったことで、転職サイトに登録したのが始まりです。

ブラック

行動して本当に良かったです

会社に不信感があるなら行動しよう

最後に今回の話をまとめます。

  • 見切りをつけるべき会社で働き続けると未来はない
  • 見切りをつけるタイミングは転職先が見つかったら
  • 会社に不信感があるなら行動を起こすべき

繰り返しになりますが、悩んでいて解決することは何もありませんし、会社が変わることは絶対にありえません。

すぐにでも決断できないなら、まずは転職サイトに登録しておくだけでもOK。

それだけでも、理想の会社に転職できる可能性は上がります。

転職は早いもの勝ち

登録はたったの5分です。

その行動があなたの人生を大きく好転させるかもしれませんよ。

\簡単5分で無料登録/

おすすめ転職サイト

Re就活⇒未経験転職の求人に特化

リクナビネクスト⇒転職者の8割が登録

なぜ人は仕事で悩むのか?

それは自分の強みや適性に確信が持てないから。

自分の強みに自信がなくなったり、今の仕事が向いてないのではないかと考えたことはありませんか?

そんな場合は、Re就活に登録すると無料で使える適職診断を使って一度自分の強みと向いている仕事を分析するのがおすすめ。

私自身も活用することで、自分の強みが明確になり、仕事のモヤモヤが解決しました。

無料で使えて必ず転職をする必要もありません。

診断時間はたったの3分。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

\たった3分で適職診断/

詳細記事をチェック

※無料で使えます

日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている方は、是非試してみてくださいね。

 

人気記事

1

Re就活の適職診断は、株式会社学情が提供する転職サイト「Re就活」に会員登録すると使える無料の診断サービス。 Re就活の会員登録も1分でできて、たった3分で自分の適職を診断してくれます。 ※「Re就活 ...

2

こんにちは、販売職から最終的には、大手ホワイト企業のセールスマーケティング職に転職できた元社畜販売員のブラックです。 年収100万UP(現在は200万UP) フルリモート可能 フレックス自由 有給取得 ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍での転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こ ...

-転職