転職

リクナビネクスト(NEXT)に登録したらばれる?【実際に使ってみた】

投稿日:2021年11月8日 更新日:

 

リクナビネクスト(NEXT)を登録しようか迷っている

 
 

使って安心なサービスか、会社バレしないかも気になりますよね

 

転職サービスとして業界No1の求人数を掲載している【リクナビネクスト(NEXT)】

聞いたことはあるもののどのようなサービスか、気になる人も多いと思います。

また、登録することにより転職活動が会社にバレたらどうしようと考える方もいるのではないでしょうか。

私自身も、当時は同じような悩みを抱えていて転職に踏み切るまでに随分と時間がかかりました。

実際に使ってみた結論から申し上げますと

  • リクナビネクストは転職を検討するさいには登録すべきサービス
  • リクナビネクストに登録しても基本的にはばれない

ことがわかりました

今回は、過去に私も使った無料で使える転職サービス【リクナビネクスト】についてご紹介します。

これから登録を検討している方の参考になれば幸いです。

リクナビネクストとは?

リクナビネクストの登録はこちらから⇒リクナビネクスト

リクナビネクストは株式会社リクルートが運営する国内最大級の転職サイトです

毎週2万人以上が新規登録しており、実際に転職した人の役8割がリクナビネクストを利用してます。※リクルート社調べ

そのため、転職情報を収集する際には必須のサービスと言えるでしょう。

リクナビネクストを使うべき理由

まず、リクナビネクストを使うべき理由についてご説明します。

リクナビネクストだけの限定求人が約85%

求人数がまず、圧倒的です。

地域・業種・職種を問わずあらゆる転職者に対応しています。

転職した人の約8割が利用していてリクナビネクストにしか登録していない求人も多いので、ここに登録しないと多くの転職情報を見逃していることにもなります。

そのため、別の転職サービスを利用していたとしても情報収集のために登録する価値はあります。

  • 初めて転職する人
  • 転職に迷っている人
  • とりあえず情報収集してみたい人
  • 転職経験がある人
  • 転職活動をしている人

圧倒的な求人数からどの人にも対応できる転職サービスです

転職活動は情報戦です。

多くの情報を持っているだけでも選択肢が広がります

スカウト登録機能を使えば直接企業からオファーが届くことがある

職務経歴書や希望条件を登録しておくだけで、企業側からアプローチを受けることも可能。

すぐに転職を考えていない人も、オファーの内容をみて条件が良ければ面接を受けてみると行ったことが可能です

  • 条件が良ければ転職してみたい
  • 自分の市場価値を知りたい
  • どのような仕事があるか知りたい
  • 世の中の求人状況が知りたい

といった人のニーズにも対応しています

自己分析ができるグッドポイント診断機能が使える

転職活動においては自己分析は必須です。

意外と自身が考えている強みは、企業にとってはそんなに魅力的でなかったりします。

実際、私も転職エージェントとの面談のときにバッサリ指摘されました。(笑)

逆に、自分にとっては当たり前だと考えているスキルが強みだったりします。

グッドポイント診断は、リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した本格診断サービスで簡単な診断

  • 社会人になって自己分析をしたことがない
  • 自分の強みがわからない
  • 転職は考えていなくても自分の強みは知りたい
  • 仕事をしていて自身がない

といった方にもおすすめです。

リクナビネクストのサービスは無料で使える

求人掲載の企業から掲載料をもらうビジネスモデルのため、求職者は無料で使える

リクナビネクストの 評判

続いてリクナビネクストの評判についてです。

リクナビネクスト(NEXT)の口コミ

私や友人は良いサービスだと感じましたが、参考までに他の人の口コミも調べてみました。

求人量と情報量は多い

求人数および、情報量はかなり膨大です。比較的、希望する細かい内容まで検索条件を指定でき、検索できます。

しかし、条件をそれなりに絞っても、ヒットする求人情報がかなり多く、選別に手間取ることもありました。

また、自らのキャリアを登録してスカウトメールを受けることも可能ですが、企業側が大まかな検索条件でヒットした対象者のほとんどにスカウトメールを送信しているようなきらいがあり、定型文的なスカウトメールも多くありましたが、中には内容をちゃんと精査している企業もあります。しかし、多くのスカウトメールが届くため、そのような貴重なメールが埋もれてしまうこともあり、豊富な情報量が弊害となっているような気もしていました。

求人が豊富なのでおすすめです!

登録して損は無いと思います。特に気に入っているところは求人数の多さです。毎週新しい求人が増えるので、探しているうちに自分にぴったりの会社と出会えて、リクナビNEXTから応募した会社に転職しました。

転職した後も退会せずにそのままにしていたらずっとスカウトメールが届き続けてしまったので、転職が決まったらすみやかに退会が必要だったなと反省しています。

また、特にサポートが手厚いわけではないので、自分で転職先を探したい人向けのサイトかなと思います。

転職歴が多い人は内定獲得が難しいかも

社労士試験合格をきっかけに、派遣SEから総務正社員の仕事を目指しリクナビNEXTに登録してみました。

やる気をアピールすべく多くの情報を登録して応募に臨んだのですが、10件応募して書類選考通過は2社でした。スカウトも届きましたが、志望職種と異なるものが多く期待外れでした。

リクナビエージェント経由で転職に成功したのですが、5年後の転職活動で再度使った際は応募した5社全て内定だったので、前職の在籍年数が長い人や同業種での転職であれば活用メリットがあるのではと思いました。

※参照  みん評より https://minhyo.jp/next-rikunabi?page=2

やはり、業界最大数の求人数は評価されていますね。

反面サポートが充実されているわけではないのがマイナスポイントです。

私自身も使ってみて、リクナビネクストを活用し求人の多さは非常にメリットだと感じました。

転職を検討するには向いているサービスのひとつだと思います。

マイナスポイントは、サポートが充実していない点です。

しかし、それらはその他の転職サービスで補うことが出来たのであまりデメリットは感じられませんでした。

リクナビネクストは登録だけでもOK?

リクナビネクストを登録したからといって必ずしも企業に応募する必要はありません。

状況によっては、転職を見送っても問題ないのが特徴です。

このような特徴も、転職に迷っている方にリクナビネクストをおすすめできるポイントです

実際、私自身も一回目の登録の際は転職を見送り、その数年後に転職をしています。

そういった点から転職に迷っている方にも登録をおすすめできるサービスです。

さきほどもご説明しましたが、リクナビネクストは求人の多さは圧倒的ですが、その他のサービスは弱い部分もあります。

他の転職サービスと併用し、うまく活用するのがおすすめです。

  • 自己分析をするならミイダスを併用し、より精度を高める。
  • 会社の雰囲気を探るのなら 転職会議の情報を参考にする。
  • 本格的に転職活動をはじめるなら、年収交渉や面談対策をしてくれる転職エージェントも登録する。

などうまく併用していきましょう。

リクナビネクストに登録しても転職はばれない

ここまでリクナビネクストについてご説明させていただきましたが、転職を検討する際のもうひとつの疑問点として「会社にばれないかどうか」が気になりますよね。

しっかり注意していれば、基本的にリクナビネクストに登録しても、会社にばれることはないと考えて頂いて結構です。

そもそも、どの転職者も水面下で転職活動をしており、転職が決まっても退職理由に転職するからと伝えない人も多いです。※家庭の事情など別の理由で退職する人が多く、転職エージェントにもそのようにアドバイスされるケースが多い。

そのため、転職サービスは極力転職活動が明るみにでないように仕組みづくりがされています。

特にリクナビネクストに関しては、勤務先の会社名を非公表で登録することも出来ますし、自分の情報を開示するNGリストも登録できます。

参考

 

この機能を使えば、実際に転職活動をする際にも取引先も含めて情報が漏れないようにすることが可能です。

リクナビネクストに登録するときの注意点

次に、リクナビネクストを登録する際に、会社にばれないための注意点をご説明します

  • 会社の支給品のPCやスマホで登録しない
  • 会社のWi-Fi環境を使って登録しない
  • 同僚や取引先と転職の話題を口にしない
  • 取引先に転職を考えてない場合はNGリストにする

基本的なことですが、会社にばれるときは上記のケースが守れていない事が多いようです。

取引先に関しては零細企業であればそこから情報が漏れるケースもありますが、大企業の場合は守秘義務がしっかり守られているケースが多いので、そこまで気にしなくてもいいと思います。

実際、私の同僚も複数の取引先から内定はもらっていたものの、会社にばれることはありませんでした。

リクナビネクストの登録はめんどくさい?

公式サイトでも5分で登録ができると書いているだけあって、リクナビネクストの登録は簡単です。

職務経歴書や登録情報はあとから修正することもできませすので、少しでも興味があれば気軽に登録しましょう。

リクナビネクストの登録方法

実際の登録画面を使って説明します。※2021年11月時点

リクナビネクストの申し込みはコチラから⇒リクナビネクスト

 

申し込み画面からIDを取得します

※メールアドレスはフリーアドレスでもOK

プロフィールや希望条件を入力

勤務先を入力。

会社にばれるのが気になるのであれば社名を公開しないことも可能

※任意はとばしてもOK

資格や職歴などを基本的な項目をいくつか入力すれば最後に簡単な質問があります。

簡単な質問に答えることで最適な求人情報が案内されます。

※こちらはスキップすることも可能です。

以上で登録完了です。

 
仕事に悩んでいる方は下記のサービスも併用し、自分の市場価値を分析してみるのがおすすめです。(全て無料で使えます)
すぐに転職に至らなくても、自分の職場環境を客観的に分析できますし、キャリア設計にも役立ちます。
私も悩んだ挙げ句、転職エージェントと面談することでキャリア設計が明確になり人生が大きく好転しました。
みなさんも併用することにより、より転職成功率をあげることにつながるかもしれませんよ。

最後に

ミイダス で自分の特性を分析し(口コミ・評判
転職会議で他の会社の評判を調べ
リクルートエージェント で転職エージェントに相談してみる
 
少なくとも私は、これだけで人生が大きく変わりました。
 
もっと早く使っていればと改めて思います。(笑)
 
 

まとめ 転職するならリクナビネクストには登録すべき

以上、今回はリクナビネクストについてご説明しました。

最後にここまでの話をまとめます

  • リクナビネクストは求人は国内最大級
  • 転職を検討するにはおすすめの転職サイト
  • 登録するのに時間はかからない
  • リクナビネクストに登録したからいって転職はばれない
  • 登録だけでもOKで、状況によっては転職を見送っても良い
  • 他の転職サービスも併用するのがおすすめ。

転職者のほとんどが使っているので、登録すべきサービスと言えるでしょう。

必ずしも転職しないといけないわけでもないので、無料で使えてリスクもゼロです。

時間は有限ですので、悩んでいるのに何もしないほうがリスクといえます。(私は過去にそれで無駄な時間を過ごしました)

登録はたったの5分ですので、少しでも仕事に悩んでいたら、登録して自分の可能性を調べてみたらいかがでしょうか。

人生が大きく変わるかもしれませんよ。

 

今回は以上です。

この記事の内容が少しでも皆さんに有益な情報となれば幸いです。

 




人気記事

1

  こういったときこそ、動きましょう!     こんなときに転職活動なんか大丈夫なの? 転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍で転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討され ...

2

  あー将来が不安だ・・・     そんなときこそ動きましょう!   将来の不安要素は数多く考えられますが、昨今の経済状況から、お金の悩みを持っている人が多いのではないでしょうか? 国民の平均年収は3 ...

3

  自己紹介でも記載しておりますが私はブラック企業の元社畜でしたが幸い優良大手ホワイトに転職できました。   まず始めに、特に良く聞かれることを書きたいと思います。   目次1 転職活動はい ...

4

  みなさんは、会社を選ぶときにどんなことを基準にして選びますか?     業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 そ ...

5

  社会人になって勉強してますか?   勉強不足を仕事で感じることもありながらも、仕事が忙しくて勉強できてない人も多いのではないでしょうか? また、社会人になってまで勉強する必要性が感じられない人も多 ...

6

30歳を超えるとなかなか痩せないのに、すぐ太りますよね。 にもかかわらず以前の記事で 肥満体だと自己管理ができてないと面接が不利に働くケースがあります。BMI(肥満指数)が25を超えている場合は、ダイ ...

-転職

Copyright © ブラックからの転職, 2020~2021 All Rights Reserved