転職

販売職がきつい!!辞めたいと感じたら取るべき行動は?【元販売員が解説】

投稿日:2021年11月6日 更新日:

 

販売職を辞めたいけど、やめるべきかどうか悩んでいる

 
 

同じように悩みました

 

販売職(販売員)の仕事に魅力を感じて販売職の仕事についたものの、実際に仕事をこなしていて「こんなはずじゃなかった」と感じている人もいるのではないでしょうか。

実際、わたし自身も販売職の仕事に魅力を感じて就職しましたが、最終的には販売職の仕事に限界を感じて転職しました。

転職先は、大手ホワイト企業です。

  • 定時退社あり
  • 年収が大幅UP
  • 有給が自由に取得できる

前職では考えられないような環境になりました。

※私の転職体験談はこちらに掲載しておりますのでよろしければご参照ください。

転職活動はいつからすべき? 転職活動記① 

 

今回は私の経験も踏まえ、販売員を辞めたいと思ったら取るべき行動をご紹介します。

あわせて

  • 私の失敗談
  • 辞めるかどうかの判断基準
  • 悩んで仕事を続ける際の注意点

も説明します。

同じような悩みを抱えている人はぜひ最後まで読んでくださいね。

販売職がきついと感じたら

販売職の仕事を辞めたいと思う理由は人それぞれだと思いますが、「辞めたい」と感じたらまずはどのようにすべきでしょうか。

「辞めたい」からと言ってすぐに退職するのは賢い選択ではありません。

まずは、自分の市場価値を分析することをおすすめします。

 
販売職がきついと思ったら、まずは下記のサービスを活用し、自分の市場価値を分析してみることがおすすめです。(全て無料で使えます)
すぐに転職に至らなくても、自分の職場環境を客観的に分析できますし、キャリア設計にも役立ちます。
私も悩んだ挙げ句、転職エージェントを使うことによりキャリア設計が明確になり人生が大きく好転しました。
もしかしたら自分を安売りしているだけで、あなたを必要としているもっと良い職場がみつかるかもしれませんよ。

まずは自分の市場価値分析

ミイダス で自分の特性を分析し(口コミ・評判
転職会議で他の会社の評判を調べ
リクルートエージェント で転職相談してみる
 
少なくとも私は、これだけで人生が大きく変わりました。
 
もっと早く使っていればと改めて思います。(笑)
 
 
 

意外と、自分が考えと世間の評価はずれている事が多いです。

退職したにもかかわらず、「仕事がない」とならないように自分の強みを把握しておきましょう。

販売員だった私の失敗談

私の失敗は、仕事に悩んでいるにもかかわらず、

  • 自分の市場価値の分析
  • キャリア設計

上記二点に手をつけるまですごく時間がかかったことです。

うじうじ悩みながら仕事を続けていたので、転職の選択肢も狭まってしまいました。

幸いキャリア設計できるギリギリの年齢で、自分の市場価値の分析をできたので転職はできましたが、興味のあった業界に転職することは断念せざるをえませんでした。

若さは転職の大きな武器となる

転職活動において、20代というのは下手な資格や学歴よりも大きな武器となります。

20代というだけで、仕事の選択肢も大きく広がり未経験の業種にも転職しやすいです。

20代限定で使える転職エージェントも多く、20代なら書類審査無しで面接確約してくれる転職エージェントもあるぐらいです。

しかも転職に関しては、新卒より採用までのステップも少なく新卒の就職活動より難易度は低いです。

ある意味、社会人で20代は一番のチャンスタイムです。(笑)

しかしながら、社会人の中では一番あっという間に過ぎ去ってしまう期間も20代です。

当たり前ですが、時間を元に戻すことはできません。

そのため、いま現時点での選択肢を知っておくのは非常に大切なことです。

迷っているのであれば、転職活動をするだけでもいいでしょう。

転職するリスクはあるかもしれませんが、転職活動をするリスクは0です。

やりたい仕事が見つかれば転職すればいいですし、やりたい仕事がなければ転職せずしばらく今の仕事を続けてもいいと思います。

悩んでいるだけで時間を消費してしまい、選択肢を狭めてしまうのが一番リスクといえるでしょう。

時間が立つと私のように、行動したときには選択肢が少なくなってしまいますよ。

新卒で販売職を辞めたいと感じたら

上記の理由から、新卒で販売員の仕事についたとしても合わないのであれば、すぐにでも転職活動をするのがおすすめです。

ライバルが少ないので、就職活動で苦労した人でも意外と転職は早く決まるケースも多いです。

無理をして、3年働く必要はありません。

若ければ第二新卒枠が使え、驚くほど仕事の選択肢は広がります。

選択肢を理解したうえで、仕事を続けるか転職するかを決めるのが賢い選択です。

販売職を辞めたいと感じるのはおかしなことではない

自分で選んだ仕事なのに、「辞めたい」と感じてしまうことに自分を責めている人もいる思います。

しかし、販売員は離職率が高い仕事であり「辞めたい」と感じてしまうことは決しておかしなことではありません。

新卒の販売員の離職率

参考として、販売職が携わる小売の離職率を紹介します。

参考 厚生労働省のHPより

■ 新規学卒就職者の産業別就職後3年以内離職率のうち離職率の高い上位5産業
                                 ( )内は前年比増減     ※「その他」を除く

■ 大学

 

■  高校      

 

宿泊業・飲食サービス業

50.4% (+0.7P)

宿泊業・飲食サービス業

62.9% (▲0.3P)

生活関連サービス業・娯楽業 

46.6% (+1.6P)

生活関連サービス業・娯楽業

58.0% (▲1.2P)

教育・学習支援業

45.9% (▲0.3P)

教育・学習支援業

58.0% (+1.5P)

医療、福祉 

39.0% (+1.2P)

小売業

49.4% (+0.6P)

小売業 

37.4% (▲0.3P)

不動産業、物品賃貸業

46.7% (+1.2P)

残念ながら、離職率の高い上位5産業に選ばれています。

そのため、「販売員を辞めたい」と思う人が多いのは当然の理由だと考えます。

それでは販売員を辞めたいと思う理由はどのようなものがあるでしょうか。

販売職がきつい理由

販売職を辞めたい理由も人それぞれです。

「辞めるべき」かどうか判断する前にもう一度整理しましょう。

  • 販売そのものが楽しくない
  • 労働環境がきつい
  • 給料が低い
  • 休みが不定期である
  • 将来が不安

上記の場合は、どれくらいのレベルかによりますが転職するには十分な理由と言えるでしょう。

これらの理由は販売職の性質上避けては通れない悩みです。

販売員そのものが楽しくない

販売職の多くは販売員としてお客様を接客する仕事です。

接客力は訓練することである程度、改善することができます。

しかしながら、接客がストレスでしょうがないのであれば転職を検討すべきでしょう。

人としゃべるのが苦手だから、接客業を選んだという人もいます。

すごく立派な考えですが、「辞めたい」と悩んでいるのであれば続けるべきではないでしょう。

管理職として多くの販売員を見てきましたが、私の経験上、接客力はセンスです。

凡人は相当な努力しなければ、天才の接客力には勝てません。

悩みながら仕事を続けて成果が出るものではないので転職を検討すべきです。

販売職は労働環境がきつい

販売職は、立ち仕事が続くので、肉体労働です。

サービス残業が多い場合はより過酷になります。

老後も長く働けるかというと少し疑問が残ります。

販売職は休みが不定期である

しっかりした、会社であればある程度融通が効くかもしれませんが、基本的に販売員の休みは不定期です。

平日が休みだと、どこも空いていて良いというメリットもありますが、家族をもつとスケジュールの調整には一苦労です。

また、セールや売り出しに参加しづらいのも個人的には辛かったです。

販売職は給料が安い

小売は他の業界に比べて、あまり給料が高くありません。

併せて、社販ノルマがあって出費が厳しくなるケースも多いです。

給料が低いと人生設計も難しいですよね。

販売員だと正社員でも将来が不安

百貨店の販売員や、中規模のアパレルブランドは窮地に陥っています。

ネットショッピングの対等により、実店舗の状況はますます厳しくなる一方です。

また、販売員は潰しが効きにくい仕事でもあるのでキャリア設計がしにくいです。

販売員時代は、わたし自身もとてつもなく不安になることが多かったです。

【経験談】将来が不安だからこそ実践したい4つのこと

私が退職を決断した理由

私が退職を決断した理由は

  • 労働環境がきつい
  • 休みが不定期である
  • 将来が不安
  • 販売ノルマが異常

この4点です。

私は、販売員の仕事自体は好きでした。

しかし、上記の理由は販売員の仕事ではよくおこる問題です。

そのため、販売員の仕事を辞める決断に至りました。

上記を解決しなければ諦めなければいけないことがたくさんあります。

  • 子供のイベントに参加できない
  • 家族と休みが一致しない
  • 定年後も嘱託として働ける気がしない
  • 寿命を縮めている気がした

販売員の仕事が好きでも、これら全てを犠牲にすることは私にはできませんでした。

販売員を辞めるかどうかの判断基準

悩んでいる方は「10年先を想像し、どこまで仕事で他のことを犠牲にできるか」を考えてみて下さい。

私は10年間店舗業務に携わりました。

販売自体も楽しく感じることが多く、6年目までは、ただがむしゃらに役職を上げることを目指していました。

しかしながら、結婚をきっかけに価値観が変わりました。

10年先も自分を犠牲にしてまで、この仕事を続ける自信がなくなったのです。

家族に、「会社には変わりの人もいても、私達にはあなたの代わりいない」と言われてハッとしましたね。

悩んでいる方は10年後の自分を想像してみて

  • 働いているイメージが沸かない
  • 10年後のイメージが悲惨
  • ライフワークバランスに納得できない

上記のどれかが当てはまる場合は、転職活動を始めるべきです。

離職率が低かった百貨店でさえ辞める人が多い

福利厚生や待遇で小売業界の優等生である百貨店でさえ辞める人が多いです。

わたしの友人は、大手百貨店を退職し別業種に転職しました。

待遇や勤務状況に不満はなかったものの、業界の将来は見込めないから転職に踏み切ったようです。

また、優秀な若手や同期が多く辞めていった背景もあるようです。

こういった状況もわたしの退職を後押ししました。

繰り返しになりますが転職するリスクはあるかもしれませんが、転職活動をするリスクはありません。

やりたい仕事が見つかれば転職すればいいですし、やりたい仕事がなければ転職せずしばらく今の仕事を続ければいいだけです。

時間が立つほど、他業種に転職するのは難しくなります。

なにも行動しないほうがリスクと言えるでしょう。

販売員を辞めれない理由を考える

販売員を辞めたいと悩んでいる方で、辞めたくても辞めれない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、販売員の性質上辞めにくい理由をご説明します。

販売が楽しく接客が好き

接客していると時間が立つのを忘れてこのままでいいかと考えてしまいがちです。

私自身もそんな感じで気がついたら30手前でした。

仲間意識が強く辞めにくい

小売という性質上、販売員はシフト制であり販売員は仲間意識が強くなりやすいです。

そのため辞めにくいと環境であるとも言えます。

私も周りに迷惑をかけたくないと思って、辞めたいと悩んでいるにも関わらずだらだら働いていました。

閉鎖された空間で働くため、視野が狭くなりがち

販売員は、基本的に出歩きません。

そのため、外部との交流を持ちにくいです。

驚くほど社内婚も多く、平日休みなので、人間関係も限定されることが多いです。

他の会社に転職したこともない上司に「他では通用しない」と言われがちです。(笑)

業種転換しにくい

転職市場では、販売員は他業種に転職しにくいという評価です。

他業種で通用するような専門的な知識がつきにくいからと考えらているからです。

それでは、業種転換するにはどのようにすればいいでしょうか。

販売員から他業種に転職するには

販売員から他業種に転職する難易度は、年齢によって変わりますが、年齢問わず転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントとは、転職を検討している方と採用を考えている企業の間に立って、転職成功を支援するサービスです。

年収交渉や、面接対策、転職に関する手続きなどの支援をしてくれます。

転職に関する有益なアドバイスももらえますので積極的に活用していきましょう。

20代は選択肢が広い

前述でも述べた通り転職において20代はチャンスタイムです。

極端な話、下手な資格や経験をもっているよりも有利になります。

そのため、自分がやりたいこと、転職するための条件を整理して転職エージェントに相談するのがいいでしょう。

30代~は転職先にメリットを訴求できるか

30代からは、急激に他業種に転職するのが難しくなります。

そのため、その業界や企業にどのようなメリットを訴求できるかがポイントになります。

自分がその会社に入りたいことより、その会社にどのように貢献できるかがポイントとなります。

転職エージェントに相談する際には、ある程度業界や業種を絞って相談するのがおすすめです。

※転職エージェントに関してはこちらにまとめていますのでよろしければご参照ください

厳選!転職エージェント

販売員から別の業種に転職してみて【私の体験談】

販売員の仕事しかしたことがないので、「他の業種に転職する自信がない」と考える人も多いのではないでしょうか。

結論として、そこは心配する必要はありません。

私の経験上販売員はつぶしが効きにくい仕事ではありますが、販売員は他の仕事に比べて成長しやすい能力も多いです、

 

ちなみに私は営業職に転職しました

 

私は、過去に転職エージェントの面接時に販売員の営業力じゃ強みになりません」と言われました。

すごく落ち込んだことを覚えています。

転職市場での評価で営業>販売員というのは紛れもない事実です。

確かに来店して頂くお客様より、訪問するお客様のほうが成約までのハードルは高いです。

 

じゃあ、販売員は営業より劣るってこと?

 

結論を申し上げますと、そんなことはありません。

私は、販売員から営業に移りましたが、販売員の経験者ならではの強みを実感しました。

販売員には営業より成長しやすい能力があります。

販売員が成長しやすい社会人ビジネススキルの一覧

販売員は仕事の性質上、営業職より成長しやすい能力があります。

私が実際に販売員を経て営業として活動したときに有利だと感じた点をご説明します。

ここでは、営業職において感じたことですが、他の仕事においてでも

販売員のコミュニケーション力は強み

販売員は、企画書なしで売り場にある商品を提案することになります。

言葉とPOPのみで、商品を売りこまないといけなので、自然とコミュニケーション力が鍛えられます。

大きな声を出せるようになるのも一つの強みです。この能力はプレゼンの際にも非常に有効です。

私の経験上ですが、お客様とのコミュニケーションの際に、元販売員のエピソードトークは話のネタとして役に立つことが多いです。

顧客目線での思考

販売員は、ご来店頂いたお客様のニーズを汲み取ることが求められます。

個人向けの製品を扱うケースが多いので、顧客目線で考えるといった習慣がつきやすいです。

意外ですが、製品の特徴とアピールに夢中になり、顧客の課題に対しての提案が足りていない営業をよく見ます。

お客様の立場になって考えることができる提案は、非常に強みになるでしょう。

販売員は現場対応力が伸びやすい

販売員は、販売応援で別の売り場に移るケースもよくあります。

昨日まで売っていた商品と別の製品を売ることも多いです。

瞬時に商品を把握し新しいものを売ることが要求されるので、扱う商品が大きく変わっても戸惑いにくい傾向があります。

販売員はクロージング能力(成約力)に優れる

販売員にとって一番イヤなセリフの一つは、「少し考えて、また来ます」です。(笑)

そのために、いかに説得してその場で成約してもらうかに知恵を絞ります。

そういった環境に日常的に身をおいているため、その場の成約に対して特にストイックな姿勢が身につきやすいと感じます。

あわせて、成約に至らなかった場合でも、後で買いたくなるような仕掛けを考える習慣もつきやすいです。

マルチタスク(複数の作業)力も伸びやすい

販売員は、同時に多くのお客様に対応を求められることが多いので、自然とマルチタスクの作業が多くなります。

接客をしながらも無線から指示や、商品の在庫の補充、売り場の乱れのメンテナンスを、意識しないとけません。

お客様が、こちらのペースにあわせてくれるわけではないので、マルチタスク力だけでなく広い視野をもつ能力も鍛えられます。

私は、同時作業がすごく苦手だったのですが、販売員を経験したことでこの能力はかなり鍛えられました。

マネジメント力も伸びやすい

販売員は、マネジメント力が育ちやすい環境だと感じます。

その理由は、店舗営業は、チームプレーであり、一緒に働くメンバーの特徴を掴み、うまく連携して働くことが求められるからです。

転職してすごく意外だったのは、高学歴なのにマネジメント力がない人が驚くほど多かったことです。

具体的には、視野が狭い、進捗管理ができない、部下のモチベーション管理ができない等です。(しかもそれに気がついていない)

前職では、高学歴ではなくても、マネジメントが優秀な人は多くいらっしゃいました。

やはり、マネジメント力というのは経験による影響が非常に大きいので、早い段階でアルバイトやスタッフをまとめる環境は、マネジメント力の成長に大きな影響を与えると感じます。

販売員は、クレーム対応力に優れやすい

これは、大きな強みになると思います。

経験上、営業に比べ、販売員はお客様との距離が近いぶんクレームを頂く機会が多いです。

店舗で働いていたときは、自分の過失でないクレームも多かったです。

クレーム処理能力は私の経験上、スキルより場数によるものが大きいので、営業職より場数が踏める販売員の経験は、大きなアドバンテージになると考えます

特に店長や、副店長を経験したことがある場合は部下のクレームも処理することも求められるので、よりスキルに磨きがかかります。

クレーム対応は、なかなかストレスが大きいですが、そういった点も意識して前向きに対応してみてください。(笑)

結論⇒販売員のスキルは営業に劣らなかった

以上が、実際に営業に転身した際に、私が特に感じた「成長しやすい能力」です。

確かに、販売員から営業へ転身した際には、提案書の作成スキルや、中長期的な仕掛けを考える等、新たに習得すべきスキルも必要です。

しかし、販売員の経験はそれを補って有り余るアドバンテージを私にあたえてくれました。

販売員で営業への転職を考えてらっしゃる方は、もしかしたら転職エージェントに、厳しめのコメントを言われるかもしれません。

しかし、決して弱気になったり、絶望することはしないで下さい。

今の経験は決して無駄なことではなく、取り組む姿勢しだいでは後々の大きな財産となります。

転職を意識して仕事に取り組むことは、より優位なキャリアアップに繋がります。

自分の可能性を信じて前向きに行動していきましょう。

まとめ、販売職がきついと感じたら

以上今回は、販売職がきついと感じたら取るべき行動についてご紹介させていただきました。

最後に今回の内容をまとめます

  • 販売員を辞めたいと思ったらまずは自分の市場価値を分析する
  • 転職するなら20代はチャンスタイム
  • 辞めるかどうかの判断は10年後の自分を想像する
  • 転職する際には転職エージェントを使うべき
  • 販売員の転職市場価値は低いが悲観的にはならない

転職するリスクはあるかもしれませんが、転職活動をするリスクは0です。

やりたい仕事が見つかれば転職すればいいですし、やりたい仕事がなければ転職せずしばらく今の仕事を続ける選択肢もあります。

転職は若いほうが有利なので、ある意味行動しないほうがリスクと言えます。

「辞めたい」と感じているのであればまずは行動してみてはいかがでしょう。

転職サービスの登録は10分もかかりません。

その短時間で、あなたの人生は大きく変わるかもしれませんよ。

この記事の内容が、少しでも皆様の転職活動のヒントになれば幸いです

 




人気記事

1

  こういったときこそ、動きましょう!     こんなときに転職活動なんか大丈夫なの? 転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍で転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討され ...

2

  あー将来が不安だ・・・     そんなときこそ動きましょう!   将来の不安要素は数多く考えられますが、昨今の経済状況から、お金の悩みを持っている人が多いのではないでしょうか? 国民の平均年収は3 ...

3

  自己紹介でも記載しておりますが私はブラック企業の元社畜でしたが幸い優良大手ホワイトに転職できました。   まず始めに、特に良く聞かれることを書きたいと思います。   目次1 転職活動はい ...

4

  みなさんは、会社を選ぶときにどんなことを基準にして選びますか?     業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 そ ...

5

  社会人になって勉強してますか?   勉強不足を仕事で感じることもありながらも、仕事が忙しくて勉強できてない人も多いのではないでしょうか? また、社会人になってまで勉強する必要性が感じられない人も多 ...

6

30歳を超えるとなかなか痩せないのに、すぐ太りますよね。 にもかかわらず以前の記事で 肥満体だと自己管理ができてないと面接が不利に働くケースがあります。BMI(肥満指数)が25を超えている場合は、ダイ ...

-転職

Copyright © ブラックからの転職, 2020~2021 All Rights Reserved