上司の悩み 仕事術

残業40時間はありえない?元社畜がホワイト企業に転職して人生変わった!

バーガー

残業時間が40時間なんてきつくて、ありえない!

でもこれって甘い考えなのかなぁ?

今の会社状況に応じて考えましょう

ブラック

みなさんは残業時間に不満はありますでしょうか?

業務上残業が避けれない人もいますし、残業時間が長くて悩んでいたり、ストレスを感じている方もいると思います。

また、「残業が40時間を超えるなんてありえない!」と考える人もいるでしょう。

私自身の残業時間は、前職では月平均200時間で10年間。

※電車通勤ではないので終電もなく、休日出勤もあたりまえ。

決して誤字ではなく超ブラック企業でした。(笑)

「残業40時間で辞めたいなんて、考えが甘い」と怒鳴られたものです

けれども、転職してからは月平均20時間の職場環境です。

今回は、その両極端な職場で働いていた私の経験から

  • 残業40時間の会社はありえないのか
  • 残業時間をへらす手段
  • 残業に対して持っておくべき考え方
  • 残業40時間で辞めたいと感じたら

についてご説明します。

残業時間や今の仕事に悩んでいる方の少しでもヒントとなれば幸いです。

残業40時間の会社はありえない?

結論から述べますと、残業40時間は近年の日本の平均以上の残業時間です。

働き方改革が進んで、今では比較的残業時間が多い方ですね。

しかしながら圧倒的に違法な労働時間とまでは言い切れませんので、残業しないといけない背景や会社からの待遇を加味して判断すべきと考えます。

ちょっとその前に確認

今の仕事がありえないと感じていたら、本当に自分に向いている仕事を調べてみよう

参考⇒【たった3分】Re就活の適職診断がめちゃくちゃあたっていた件|使い方を徹底解説

36協定が締結されていれば可能な範囲

36協定が締結されていれば「月45時間・年間360時間」以内であれば残業は違法ではありません。

36協定は、法定労働時間(1日に8時間・週に40時間)を超えた労働を例外的に認めてもらうための協定。

従業員に残業をさせるためには、この協定を結んで労働基準監督署に届け出る必要があります。

気になる場合は一度自分の雇用条件を会社に確認してもらいましょう。

※参照
e-GOV 法令検索
労働基準法
厚生労働省
時間外労働の上限規制

残業40時間の生活をしている人はどのくらい?

では実際どれぐらいの人が残業40時間で生活してるのでしょうか。

20日勤務だとしたら毎日2時間の残業ですね。

休日出勤がないと考えると定時が17時半だとする毎日19時半に退社するイメージです。

下記は、日本の残業時間の平均時間です。

(参考:OpenWork 働きがい研究所 「日本の残業時間 定点観測」 四半期速報

近年働き方改革が推奨すすんできたこともあり、残業時間は減少傾向。

最近は、給料より時間の自由を優先する人が多く、残業時間が多いと企業として採用活動に影響します。

そういった事情もあり、2015年からは、平均残業時間は40時間を切っているみたいですね。

残業40時間を目安に働けるのはホワイト企業だけ?

しかしながら、中小企業などはサービス残業などにより残業時間を調整させられていることも多いです。

また、労働環境が問題となっている学校の先生なども平均40時間は超えています。

実際、わたしの前職もみなし残業制(固定残業代制度)でしたので、どんなに働いても40時間分しか残業代は支給されませんでした。

※タイムカードは常に40時間しか働いていないことになってました。

その結果平均が下げられているともみれるでしょう。

こういった背景も考えると残業40時間は一般的と考えられます。

残業時間が減ると人生は変わる

しかしながら今のわたしは、残業40時間でも多いのではないかと感じます。

私自身は残業時間が減って価値観や人生は大きく変わりました。

前までは、「残業が40時間ぐらいで不満があるのは甘い」と考えておりましたが、今の生活となっては残業40時間がずっと続くことは考えられません。

まずは、残業時間が20時間に変化して感じたことをご説明します。

残業しないメリット

残業しないメリットは多いです。

私の場合は、前職で200時間も働いていたので、正直残業時間40時間なんてものはたいしたことはないと考えていました。

それでも、残業時間が減ったことによりメリットがより明確になります。

  • 生産性が上がる
  • 思考力があがる
  • プライベートが充実する
  • 自己学習の時間が増える

上記は残業が減ってから特に変化を感じた点です。

順にご説明します。

生産性があがる

残業が減ると、生産性は間違いなく上がります。

私自身もともと、体力や仕事の速さには自信があったのですが、転職してすごく疲れにくくなり、生産性が目に見えて上がりました。

よほどの人間でない限り、集中力には限界があります。

残業が当たり前になっていると、残業時間も含めてゴールと認識してしまいがち。

そうなると、無意識のうちに手を抜いてしまいまうんですよね。

また、残業が多いと睡眠時間も減りがちです。

精神科医の樺沢紫苑氏によると、睡眠時間を削ると脳のパフォーマンスが大きく下がります。

6時間睡眠を14日間続けると、48時間徹夜したのと同じくらいのパフォーマンスになるとのことでした。

二徹明けと同じくらいのパフォーマンスなんて使い物になりませんよね。(笑)

思考力が上がる

生産性が上がると共に思考力も上がりました

もともと、考えることが苦手で頭より先に体が動くタイプでしたので、アイディアを出すのは苦手な人間です。

しかしながら、転職してからはアイディアマンとして重宝されております。

このときに初めて、今まで疲れていて、睡眠不足だったため頭が回ってなかったのだと気が付きました。

単純に力が発揮できてなかったと初めてわかったのです。

プライベートな時間が充実する

残業時間が減るとプライベートな時間が充実します。

正直、前職の勤務日の楽しみは食事ぐらいしかありませんでした。(仕事自体が楽しいときはありましたが)

しかしながら、残業時間が減ると勤務日もアフター5の楽しみが増えます。

残業が多いときは、家に帰っても寝るだけ。

休日も疲れて寝て終わることが多かったです。

貴重な時間を家事や掃除に使うなんて考えられませんでした。

それが、今では家事や掃除が好きになるまでに変わります。

人間、余裕ができるとこうも変わるのかと感じるものです。

合わせて家族とのコミニケーションも充実したので、今は心身ともに充実しています。

自己学習の時間が増える

残業が減ると勉強する時間の確保も出来ます。

心と時間にゆとりがあるほうが、考え方が前向きになり自己学習のきっかけとなりやすいです。

好きなことや睡眠を我慢してまでの勉強は、苦痛ですし学習意欲もわきません

しかしながら、時間にゆとりがあれば、余った時間を学習時間に当てることができます。

学習といっても、勉強ではなくビジネス書や興味のある本を読むだけでも効果的です。

実際私は、本を読むようになってからアイディアマンと呼ばれるようになりました。

実は考えるのが苦手というわけではなく、(学習の)インプットが足りなかったことにも気付きます。

まさに、勉強が成果(報酬)につながるということが体感できた瞬間ですね。

その結果、学生時代から勉強は嫌いでしたが、社会人になってからはすすんで学べるようになりました。

もともと、働き方改革の目的の一つは学習時間の確保です。

もし、仕事に対して勉強に意欲がわかなければ、お金に直結しそうなことでもいいと思います。

勉強の成果がお金に変わる。

なんとも素敵なことではないですか。

残業するメリット

基本的に残業はデメリットのほうが多いですが

残業するメリットをあげるとすれば以下の二点です

  • 残業代がもらえる
  • 仕事が楽しくて仕方がない場合

順に説明します

残業代がもらえる

一番のメリットは、残業代が増えることにより収入が増えることです。

そのため、サービス残業だったり、みなし残業の場合は残業がないのが理想です。

もし、残業が40時間にもかかわらず、手取りが20万以下なのであれば転職を検討してもいいかもしれません

手取りが20万円であれば、全く残業代の恩恵を受けれてないですよね。

仕事が楽しくて仕方がない場合

もうひとつのメリットは、仕事が楽しいので残業したいというケースです。

わたしも、昔は仕事を少しでも早く覚えたいがために無駄に残業してました。

そんな自分に酔いしれていたのです。(かなりおめでたいやつですね。。。)

しかしながら今となってはそんな考えは大きな間違いだったと気づきます。

もしどうしても残業する必要がある場合は下記を意識すべきでした

  • 残業代が支払われているかどうか
  • 今絶対にしないと成果はでないのか

冒頭でも説明しましたが残業すると、仕事のパフォーマンスは大きく下がります。

どのようにパフォーマンスを上げるべきかを優先すべきでしょう。

楽しくても、我慢して退社することにより、次の仕事がもっと楽しみになるかもしれませんよ(笑)

残業40時間がありえないと感じたら

ここまでをご覧になって残業時間がありえないと感じたら、残業減らすために手を打ちましょう。

ここからは、残業を減らすためにどうすべきかご説明します。

わたしがやっている具体的なテクニックも合わせてご紹介しますのでご参考ください。

仕事の生産効率を上げる

まずは正攻法で解決できる場合は、仕事の効率を見直しましょう。

理論的には定時までに仕事を終わらせれば残業は0になります。

下記は私が行っている、残業削減テクニックです

  • その日のやることリストを作る
  • スケジュールを詰め込みすぎない
  • 基本は8割の力しか出さない
  • メールのチェックをする時間を決める
  • メールのテンプレートを作る
  • 睡眠時間をしっかりとる

故意的に余裕を持った環境をつくりだすのが、ポイントです

その日のやることリストを作る

私もこの作業は嫌いですが効果的です。(笑)

残業が多くなる原因の一つは、仕事のやり忘れ

やることリストをつくることにより仕事のやり忘れが防げます。

あわせて、それぞれの作業の目安時間まで決めれると理想です。

スケジュールを詰め込みすぎない

スケジュールを詰め込みすぎると、急な仕事が入ったときに対応できません。

結果、残業するといった結果になります。

急遽の仕事が入っても対応できるように余裕を空けておきましょう。

顧客打ち合わせの時間を前後30分長く設定するなどもいいでしょう。

スケジュールが可視化されている場合は、空白時間の中に、提案書チェック作業や事前アポ確認など、省ける作業を入れておくこともおすすめです。

これによりスケジュールにゆとりがうまれます。

基本は8割の力しか出さない

スケジュールに余裕をもたせたとしても、予想外のトラブルや仕事によって計画通りに進まないことも多いです。

上司も基本的には、その人の力量を見て仕事を割り振りします

そのため、普段は約8割の力で業務をすすめましょう。

これにより、ピンチのときの巻き返しが可能です。

上司にとっても全力で取り組んでいるかどうかより、イレギュラーにも柔軟に対応できスケジュールどおり仕事を進める部下の方が評価しやすいです。

メールのチェックをする時間を決める

メールのチェックは実は、結構時間が取られます。

また、内容によっては、他の人が返してくれるケースもあります。

朝、昼過ぎ 夕方16時頃などメールはまとめてチェックするのがおすすめです。

それ以外の時間は、見ずに今の作業に集中するといったイメージです

これにより、作業がスケジュール通り進みやすくなります。

メールのテンプレートを作る

これは私的に、非常におすすめです。

メールに関しては、極力即レスしたいという人も多いと思います。

そんな場合は、テンプレートを何種類か用意しておきましょう

  • 社内用汎用的な返信メール
  • 軽いお詫びメール
  • 確認中なので一旦返信させていただきますメール
  • 定期的な会議開催案内メール
  • チームに転送する雛形メール

Outlookメールの場合はこのような内容をショートカットに登録するだけでも大きく時間が削減できます。

いくらタイピングが早くても、ワンクリックには勝てませんからね(笑)

参考までに私が作った汎用的な返信メール記載します。

コピペOK!汎用的な返信メール

〇〇さん
 
 お疲れさまです。✕✕です
 
 ご連絡いただきありがとうございました。
 
 下記の件承知しました
 
 引き続きよろしくお願いいたします。
 

このメールは、基本的にどのような内容でもわかりましたと意思表示できますし、間に文章を入れても文書が崩れにくいのが特徴です。

このように、カスタマイズしやすいメールを複数登録しておくことで、作業時間を大幅に削減することが実現できます。

併せてメールアドレスや よく使うフレーズは辞書登録しておくのもいいでしょう。

スキマ時間があれば、なにか一つテンプレートを作成しておくのは効果的です。

睡眠時間をしっかりとる

冒頭でもご説明しましたが、睡眠不足が一番パフォーマンに影響します。

可能であれば、しっかり睡眠をとり仕事にとりくみましょう。

全てを実施する必要はありませんが、実際に私が行って成果が出たものです。

自分に合いそうなものがあればぜひ、試してみてください。

残業しない立ち回り

仕事を効率化しても、無限に仕事が振られてきたりすると残業時間は減りませんよね。

そのため、残業をしないための立ち回りも非常に重要です。

具体的には

  • 上司に不要な作業の削減を提案する
  • 仕事を依頼されたときには納期の目処をリサーチする時間をもらう
  • 確実に定時退社する日を設定する
  • 定期的にアフター5の予定を入れる

などがあげられます。

上司に不要な作業の削減を提案する

基本的には、何かを減らさないと大きな改善になりません。

残業40時間以上がずっと続いてるのであれば、チームが慢性的な残業体質。

自分一人の問題ではありません。

上司に相談して不要な作業の削減を提案しましょう。

具体的には

  • 会議の終了時間を設定する
  • 会議の数を削減する
  • 資料を読むだけの発表は避ける
  • 朝礼や終礼の数を減らす

などがありますが

その他残業が多くなっている原因を分析し改善方法を提案するのが理想です。

しかしながら、上司に相談しにくかったり、そういった雰囲気ではない職場も多いと思います。

その場合は、自分を守るための行動を意識しましょう。

仕事を依頼されたときには納期の目処をリサーチする時間をもらう

一日以上かかりそうな仕事を依頼されたときには、その仕事がどれくらいかかるかをリサーチする時間をもらいましょう。

もちろん、その納期は余裕をもって伝えます。

そこで、依頼されたスケジュールとギャップがある場合は正直にできないことを伝えることが大事です。

確実に定時退社する日を設定する

最近は水曜日に設定されている企業も多いですが、個人的な定時退社日を設定してその日は絶対に定時退社する意志をつらぬきます。

それにより、実際に定時退社できるかやってみましょう

それが習慣づいてくれば、周りも「この人は定時退社を大事にする人なのか」と印象づき多少配慮が増えるかもしれません。

定期的にアフター5の予定を入れる

定時退社を設定したとしても、急な仕事が振られるケースも多いです。

そのために、定時退社後の予定を入れておきましょう。

趣味や遊びの予定でもいいですが、表向きの理由は通院や家族通院の付き添いなどがおすすめです。

実際に通院する必要はないのですが、健康上の理由で予定を入れておくと理解もえられやすいです。

私のおすすめ理由は、接骨院の通院です。

残業で体の調子が悪いことを理由にできますし、最悪どうしても外せない仕事の場合はキャンセルしましたと伝えることも可能。

また、前回キャンセルしたので調子が悪くなってきたと、次回は定時退社しやすくなります。

あまり、嘘をつくのはよくありませんが、プライベートな予定を定時後にいれにくい雰囲気がある職場の場合は効果的です。

通院についてや、保険明細を調べられたり、詮索するのはコンプライアンス的に問題があるので基本的にはバレません。

それでも追求するような職場であればコンプライアンスが低い職場なので、転職してしまったほうがいいでしょう。

私の前職の退職きっかけはそれでした。(笑)

それでも残業が減らない場合

それでも残業が減らない場合は異動や転職を検討するのも一つの手です。

「残業40時間ぐらいで辞めたいなんていうのは甘いんじゃないか?」と悩む人も多いと思います。

けれども、そのような理由で転職されている人がも多いのも事実

私自身も転職したことにより

  • 残業大幅減
  • 学びの時間増加
  • 年収100万円アップ
  • フルリーモートありの環境

当時ではかんがえられないような環境で働いています。

実際に、私が働いている会社にもライフワークバランスを優先したいがために転職してきた人が多くいます。

迷っているのであれば

  • 自分が残業に対してどれだけストレスを感じているか
  • このままずっとこの会社で働き続けたいか

を基準に判断しましょう

もちろん、すぐに辞める必要はなく必ず転職する必要もありません。

しかしながら、残業40時間以上の生活が続いただけで、うつになってしまう人がいるのも事実。

悩んでいるのであれば、私と同じように、まずは転職サービスに登録し求人情報だけでもチェックしてはいかがでしょうか。

ほとんどの人は在職中に転職活動をしています。

参考情報「エン転職」利用者を対象とした「転職活動」に関する調査結果を発表した。調査期間は 2018年9月26日~10月28日、有効回答は1万663人(転職経験者7,130人)。

引用 https://news.mynavi.jp/article/20181109-721471/

日本で一番求人情報の多い転職サイトリクナビ NEXT は無料で使えて、残業月平均20時間以内といった条件の求人でも検索可能。

リクナビネクスト

\5分で登録/

リクナビネクストの特徴

  • 国内最大求人の転職サイト
  • 転職者の8割以上が利用
  • グッドポイント診断で自己分析

リクナビネクストは国内最大級の転職ポータル。

転職者の8割以上が利用しているので、幅広い求人情報を集めるには登録しておきたいですね。

また、グッドポイント診断という自己分析ツールが使えるのも魅力です。

ブラック

私もグッドポイント診断をヒントに職務経歴書を作成しました

※リクナビネクストの評判・口コミはコチラ

今の自分ならどのような条件の求人があるかだけでもチェックしておくだけでも、転職活動ではアドバンテージになります。

よい求人があれば、そこから本格的に転職を考えでもいいかもしれません。

登録はたったの5分

登録するだけで、思わぬ優良企業からスカウトが来ることも。

転職にとって一番大事なのはタイミングであり、去年まで出ていたよい求人が今年は応募してないことも多くあります。

転職は早いもの勝ち

悩んでいてなにもしないのが一番のリスクなので、後悔だけはしないようにしておきましょう。

本格的に転職を決断したら

本格的に転職を決断したら、転職サイトだけではなく転職エージェントも活用してくださいね。

転職エージェントは、求職者の転職を支援してくれるサービス。

転職サイトに載ってない非公開求人や、面談対策のアドバイスまでしてくれます。

ちなみに登録したからといって、こちらも必ず転職しないといけないわけではありません。

無料で使えますし、使うことによって転職の成功率は格段に上がります。

うまく活用していきましょう。

※理由は転職エージェントを経由したほうが受かりやすいって本当?で解説しています

今はオンラインでも対応してくれるので、それほど手間もかかりません。

転職エージェントの流れ

転職支援サービスを利用した転職の流れ

引用 マイナビエージェントサイトより https://mynavi-agent.jp/service/service_flow.html

一点デメリットを挙げるとすれば、転職エージェントは担当者によってどうしても当たり外れがあるということ。

しかしこれらは、転職エージェントを複数登録することによって解決できる問題です(私はそれを知らずに1度失敗しましたが)。

転職エージェントは幅広く求人情報を集めるためにも、複数登録がおすすめです。

リクナビネクストの調べによると転職者は、平均で4.2社の転職サービスを利用しているそうですよ。

つまり転職を成功させるのであれば、複数登録は必須といえますね。

※参考記事 転職エージェントに複数登録すると大変?【実際に複数登録しました】

参考までに、満足度が高かったおすすめの転職エージェントをいくつかご紹介しますね。

\5分で無料登録/

おすすめ転職エージェント

ひと通り登録する場合は、

『お気に入りに登録しておく』か

『別のウィンドウで開く』
で、とりあえず開けておくのが時短になっておすすめです

まっちゃ

迷ったら、求人数の多いリクルートエージェントdodaの2社に登録しておけばOK

※表の転職エージェント名をクリックすると各転職エージェントのホームページに移動できます。

リクルートエージェント doda マイナビエージェント JAC Recruitment
個人的満足度4.3(5点満点中) 個人的満足度4.7(5点満点中) 個人的満足度3.9(5点満点中) 個人的満足度4.2(5点満点中)
20代~ 50代対象 20代~ 50代対象 20代~ 30代前半対象 20代後半~50代対象
求人数No1 手厚い転職支援 20代に強い 外資系に強い

・求人数No1なので登録必須

・迷ったら登録しておこう

・求人数No2エージェント

・リクルートより支援が手厚い印象

・若手の転職に強いので、20代におすすめ

・30代後半~の紹介は苦手

・英語スキルがなくても使えた

・結構良い求人を紹介してくれた

理想は4社と面談して良い求人があったところに絞るのがおすすめですが、少なくとも求人数の多い2社は抑えておいてくださいね。

ポイント

リクルートエージェントは転職者の8割が利用しており、dodaは転職者の5割が利用しています。

その理由は、どのような状況においても求人数は転職成功率に影響するから。

数字から見ても、多くの人がリクルートエージェントdodaの2社に登録していることがわかります。

その他の転職エージェントや転職エージェントについては【タイプ別】おすすめ転職エージェント・転職サイト で説明していますのでよろしければそちらも参照ください。

まとめ 残業40時間がきついと感じたら

今回は残業40時間の会社はありえないかどうかと、残業についての考え方をご説明しました

最後にここまでの内容をまとめます

  1. 残業40時間は日本人の平均以上
  2. 残業が減ると人生は変わる
  3. 残業を減らすには効率化するか立ち回りを変えるべき
  4. それでも解決しない場合は異動や転職も視野に

残業40時間がストレスと感じるのであれば、解決に向けて行動しましょう。

転職も検討するのであれば、優良求人は早い者勝ちなので、チャンスは逃さないようにしたいですね。

※各転職サイト・エージェントについてより詳しい情報は下記の記事に詳しくまとめています。

【タイプ別】おすすめ転職エージェント・転職サイト

世代別・属性別に分けておすすめの転職サービスをご紹介してます。 世代別 属性別 ※「第二新卒」は新卒で就職して4年未満の人向け。 ※「販売職から転職」は、販売・サービス・接客業から転職を考えてる人向け ...

続きを見る

今回は以上です。この記事の内容が少しでも皆さんにとって有益となれば幸いです。

なぜ人は仕事で悩むのか?

それは自分の強みや適性に確信が持てないから。

自分の強みに自信がなくなったり、今の仕事が向いてないのではないかと考えたことはありませんか?

そんな場合は、Re就活に登録すると無料で使える適職診断を使って一度自分の強みと向いている仕事を分析してみましょう。

私自身も活用することで、自分の強みが明確になり、仕事のモヤモヤが解決しました。

無料で使えて必ず転職をする必要もありません。

診断時間はたったの3分。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

\たった3分で適職診断/

詳細記事をチェック

※無料で使えます

日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている方は、是非試してみてください。

 

人気記事

1

Re就活の適職診断は、株式会社学情が提供する転職サイト「Re就活」に会員登録すると使える無料の診断サービス。 Re就活の会員登録も1分でできて、たった3分で自分の適職が分かるのが魅力です。 ※「Re就 ...

2

こんにちは、販売職から最終的には、大手ホワイト企業のセールスマーケティング職に転職できた元社畜販売員のブラックです。 年収100万UP(現在は200万UP) フルリモート可能 フレックス自由 有給取得 ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍での転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こ ...

-上司の悩み, 仕事術