販売職からの転職

販売職の子育ては難しい?子育てと仕事を両立するために考えたいこと

ブラック

販売職の仕事をしていると子育てについて悩みますよね?

今回はそんな悩みを解決します

こんにちは、販売職時代に、子育てに悩んだの元販売員のブラックです。

販売職の仕事を続けていると、どうしても悩みのタネとなるのが子育てのこと。

平日休みのため、土日の休みが取れない人も多いでしょう。

私も随分悩みました。

学童や託児所などもありますが、それだけで解決できる問題ではありません。

今回は、販売職の子育てについて、考えるべきポイントとメリット・デメリットについてご説明します。

子育てについて考えている人は、この記事を読んで今後のキャリアプランの参考にしてくださいね。

\AIがあなたの天職を診断/

販売職の子育ては難しい?

結論として販売職の仕事と子育てを両立するのは難しいです。

もちろん不可能ではありませんが、その他の仕事と比べると難しいといえるでしょう。

子育てを契機に販売職の仕事を離れる人も多いです。

販売職で子育てするメリット

難しいのはもちろんですが、販売職を続けながら子育てするメリットもあります。

金銭的に助かる

全ての職業に通じますが、収入があるのは大きいです。

子育ては、やはりお金もかかります。

その点で、仕事を継続するメリットは非常に大きいでしょう

働いている姿を見せれる

販売職は、店頭に立つお仕事。

比較的子供にもイメージしやすい仕事の一つです。

業種によっては、子供が来店することも可能。

賢明に働いている姿を見せることは、きっと子供にも良い影響を与えます。

私の両親も共働きでしたが、子供ながらに一生懸命働いている姿には尊敬を抱いていたのを覚えています。

その結果、私自身も仕事に関しては精一杯取り組むべきという考えが備わりました。

バーガー

働く姿って素敵やん

販売職で子育てするデメリット

続いて、販売職で子育てをするデメリットです。

子供のイベントに参加できない

一番大きいのは、子供のイベントに参加できないケースが多いこと。

子供の行事は、基本的にはカレンダー通りに進行します。

販売職の性質上、週末や祝日は仕事がはいることが多いです。

私自身も販売職だったときに、運動会や発表会に出れないのは非常に辛かったです。

参加して感じるのは、昔にくらべ夫婦で学校行事に出ている人の多いこと。

夫婦の問題だと認識されているとともに、仕事より家庭を優先する考えも浸透してきていると感じます。

サラダ

世の中の流れもそうだよね

休みを一緒に過ごせない

先程のはなしと重複することはありますが、週末に一緒に過ごせないといった問題も大きな点です。

子供が休みの日に一緒にすごせないことがあるだけでなく、販売職は連休がとりにくい側面もありますよね。

旅行や帰省もなかなかうまくいきません。

自身も別にいきたくないわけじゃないのに、なぜかパートナーから責められたり。

販売職をしているとよくある悩みです。

「他の子は行っている」「どうにかならないの?」、と言われると精神的にもきつかったです。

精神的にきつくなってくると、家庭の雰囲気も悪くなり、喧嘩も増えます。

そうなってくると子供にも悪影響。

こちらの事情が原因で我慢させるだけならまだしも、喧嘩には巻き込みたくないものです。

まっちゃ

夫婦円満が、子供にとっても理想ですね

負担が増える

最後は、負担の面。

精神的にも肉体的にも両立するのは、負担が増えます。

販売職は体力勝負なところもありますので、肉体的な負担は考えないといけません。

あわせて、もっとも大きいのは精神面。

通常の仕事でも調整するのは大変ですが、販売職だとさらに大変。

さきほどのように、家族に理解してもらうことが障壁になったりもします。

子育てと販売職を両立するポイント

ここまで販売職を続けながら、子育てをするメリットとデメリットについて記載しました。

では実現しようとしたときには、どのような条件が必要でしょうか。

続いて子育てと販売職を両立するポイントを記載します。

メリットとデメリットと含めて、今の会社で販売職を続けるかどうかの参考にしてみてください。

前提として協力してくれる環境は必要

もし販売職の仕事を続けながら子育てするのであれば、協力してくれる環境は必須です。

職場の理解や、パートナーの協力がなくてはうまくいきません。

共働きやシングルであれば、自身の両親や義理の両親の協力があるのが理想。

そうでなかったとしても、協力してもらえる環境があれば心強いですよね。

そもそも子育ては、イレギュラーの連続。

自分一人で解決できると思っていても、うまくいかないことも多いです。

ただでさえそんな状況なのに、販売職の仕事は休みが不定期。

そのため、

  • いざとなったら両親が協力してくれる
  • パートナーが専業主婦(夫)もしくはカレンダー通りの休みである
  • 時短勤務させてもらる
  • 職場が融通を聞かせてくれる
  • 定期的に週末に休ませてもらえる

上記のような協力は必要不可欠と言えるでしょう

ブラック

ひとりで解決できる問題ではありません

育休がとれるか

大前提として育休が取れるかどうかは非常に大きな問題です。

これから結婚を控えている人や、子供がほしいと考えている人には非常に重要な問題。

育休が取れないというう理由で、結婚を機に多くの人が退職したのを見てきました。

制度だけあって、前例がない。物理的に育休がとれそうにない。

このように感じる人は、早めに転職準備を進めるべきでしょう。

休職して職場復帰できるか

休職して復帰できるかどうかもポイントです。

状況によっては、長期的に職場を離れることも出てくるかもしれません。

子供が小学生の高学年になるまでは、サポートしてあげたいといった人もいるでしょう。

一旦仕事を辞めて、子育てが落ち着いたときに、また働きたいと考えている人も多いです。

そのようなときに、職場復帰できる環境があれば心強いですね。

マミートラックはないか

マミートラックとは、出産した女性が職場復帰した際、出世コースから外れてしまうことを差す言葉です

育休制度があったとしても、出産後に出世コースから外されてしまうのであれば、安心して育休はとれません、

出産後に幹部になった人がいる会社であれば安心ですね。

定期的に週末・祝日休みをとれるか

必須ではありませんが、定期的に子供と休みを過ごせるのが理想です。

全く融通が効かない場合は、それが原因でストレスになることも大きいので、仕事に悪影響がでる場合も。

そのため、定期的に週末・祝日に休みをとれるかどうかは大きなポイントです。

子供にとってもうれしいですし、自身が精神的にも安定しやすいメリットもあります。

バーガー

小学校に入ると急激に変わってくるよね

以上、販売職を続けながら、子育てするポイントをご説明しました。

しかしながら、全ての条件が揃っている職場ばかりではないと思います

これを機に転職を考えてみるのもアリ

もし、上記のポイントが揃ってないのであれば、これを機に転職を考えてもいいかもしれません。

条件が揃っている販売職を探してもいいかもしれませんし、販売職に未練がないなら別の仕事も視野に入れていいでしょう。

転職活動をするメリット

転職活動と聞くと

  • 大変そうだな
  • めんどくさいな
  • そんな余裕はない
  • 転職できるか不安

と考える人も多いかもしれません。

しかしながらそれらを差し引いてもメリットは大きいです。

メリットは3つありますので、順に説明しますね。

①今の仕事の価値を再確認できる

1つ目は、今の仕事の価値を再確認できること。

  • 年収
  • 福利厚生
  • ワークライフバランス

仕事を選ぶ理由は多種多様です。

子育てがしやすそうな仕事と比べてみて、本当にそれでも販売職の仕事を続けるか考えてもいいでしょう。

販売職を続けながら子育てをするかどうか迷っているのであれば、それは今の職場での不安要素が多いのも理由でしょう。

確かに、販売職の子育ては、他の職種に比べハードルは高いかもしれません。

しかしながら、販売職でも子育てに協力的な企業もたくさんあります。

そういった仕事につけるかを、一度探してみてもいいかもしれません。

サラダ

意外と自分の労働条件が悪かったりね

②転職活動をするリスクはゼロ

2つ目は転職活動をするリスクはゼロということ。

他の仕事をやったことがないから不安なひとや、転職して失敗したらどうしようと考えている人も多いと思います。

しかしながら、転職して失敗するリスクはあるかもしれませんが、転職活動をするリスクはゼロ。

もちろん転職してみないと、その会社のことは分からないかもしれません。

しかしながら、グーグルやトヨタのような有名企業からオファーがあったらどうします?

迷わず転職しますよね。(笑)

少し上記の例は極端ですが、実際私も転職活動をして、新卒だと絶対に入れないような大手ホワイト企業に転職できました。

転職活動しなかったら、そのようなチャンスにはめぐりあえなかったと思います。

一度やってみて、魅力的な企業や条件がなければ転職しなければいいだけの話。

昨今は、オンラインで一次面接を完結できる企業も多いですし、職務経歴書もWebで完結できて使いまわせます。

昔に比べると、遥かに労力も減ってスキマ時間でもある程度は活動できるんですよね。

なにもせずに、悩んでいるだけのほうがはるかにリスクと言えるでしょう。

バーガー

行動することが大事だね

③ライフプランを再考できる

最後は、ライフプラン(人生設計)を再考できるという点。

転職活動をきっかけに、本当に自分がどうしたいか考えることができます。

販売職の仕事って毎日忙しいので、漠然と時間が過ぎていく日も多いんですよね。

あらためて、自分が転職活動をしていろんな仕事を見てみると、本当にやりたいことが見つかるかもしれません。

これからのことを考えると、在宅の仕事に魅力を感じる。

今のままだと難しいなら、プログラミングスクールやマーケティングスクールに通って手に職をつける。

現実的に難しいから、一旦辞めて正社員じゃなくても再就職できる道を探す。

年齢や状況によって変わりますが、現時点で無理だとしてもライフプランをたてることにより、目的を達成できる確率はあがります。

でも、これって一度転職活動をしてみないと、なかなかわからないんですよね。

実際、私自身も転職活動に踏み切るまでの時間がかかったので、一度目の転職活動はうまくいきませんでした。

しかしながら、その経験が活きて二度目の転職では大手ホワイト企業に転職できました。

※私の失敗談は第二新卒はやばいって本当?転職は不利なのか【体験談】に記載しています

ブラック

私のような失敗をしないためにも、一度は転職活動をやっておいて損はないですよ

良い縁があれば人生は好転する

ちなみに私は、大手ホワイト企業からオファーをもらえたので迷わず転職しました。

販売職の仕事も好きでしたが、転職して後悔はしてません。

転職先は、高学歴の人ばかりではじめは少し不安でした。

しかしながら、販売職での経験を活かし職場でも評価されており、今の仕事にもやりがいを感じています。

年収も3割近く上がり、有給も取得でき、カレンダー通りの休みです。

家族にとっても良い結果に

私の場合 は子育てがきっかけで転職したわけではありません。

しかしながら、仕事を変えたことにより、お金にも時間にも余裕ができ、子供と向き合う時間が増えました。

結果的に、家族の雰囲気も良くなり、喧嘩することも減りました。

まとめ、家族にとって最良の選択を

以上 、今回は元販売職の経験から、仕事と子育てを両立するためのポイントをご説明しました。

販売職の子育ては難しいですが、環境によっては不可能ではありません。

環境がそろってないなら、一度転職を検討するのも一つの手です。

もちろん、絶対に転職する必要はありません。

あくまで仕事は、目的のための手段のひとつ。

ただ、今の状況に不安があるのであれば、転職活動をして可能性を探っておきましょう。

そうすることで家族にとって最良の選択が見つかるかもしれません。

補足)転職を検討するなら

転職を検討するなら、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは 、無料で転職を支援してくれるサービス。

相談したからといって必ず転職しないといけないわけでもありません。

うまく使うことで、転職成功率を何倍もアップさせることができますよ。

※詳細はうまく使うコツや、なぜ無料かも含めて【経験談】販売職が使うべきおすすめ転職サイト・エージェントでご紹介しています。

ブラック

みなさんのこれからの人生を応援しています!

なぜ人は仕事で悩むのか?

それは自分の強みや適性に確信が持てないから。

自分の強みに自信がなくなったり、今の仕事が向いてないのではないかと考えたことはありませんか?

そんな場合は、Re就活に登録すると無料で使える適職診断を使って一度自分の強みと向いている仕事を分析するのがおすすめ。

私自身も活用することで、自分の強みが明確になり、仕事のモヤモヤが解決しました。

無料で使えて必ず転職をする必要もありません。

診断時間はたったの3分。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

\たった3分で適職診断/

詳細記事をチェック

※無料で使えます

日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている方は、是非試してみてくださいね。

 

人気記事

1

Re就活の適職診断は、株式会社学情が提供する転職サイト「Re就活」に会員登録すると使える無料の診断サービス。 Re就活の会員登録も1分でできて、たった3分で自分の適職を診断してくれます。 ※「Re就活 ...

2

こんにちは、販売職から最終的には、大手ホワイト企業のセールスマーケティング職に転職できた元社畜販売員のブラックです。 年収100万UP(現在は200万UP) フルリモート可能 フレックス自由 有給取得 ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍での転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こ ...

-販売職からの転職