販売職からの転職

販売職は何歳まで?将来に向けて知っておきたいこと

ブラック

販売職って何歳まで働けるんだろう?

今回はそんな疑問を解決します!

こんにちは、販売サービスの仕事10年間従事した元販売員のブラックです。

販売職の仕事をしていると、ふと気になるのが何歳まで働けるかどうか。

体力勝負な仕事でもあるので、何歳まで働いてるかっていうのは非常に重要な問題です。

今の仕事が楽しくても、将来的なことを考えると不安になったりもしますよね。

実際私もそうでした。

アパレルの販売員などを見ても、やはり若い人が多い印象。

今回は販売職が何歳まで働けるか、どうかと将来に向けて販売職の仕事をしてるのであれば知っておきたいことをご説明します。

過去の私と同じような名前を抱えている方は、この記事を読んで今後の人生の参考にしてくださいね

販売職は何歳まで?

結論からご説明しますか、販売職に年齢制限はありません。

販売職に年齢制限はない

特に資格いやルールが設けられている仕事でもないので、理論上は何歳まででも働けます。

実際、元気な方で、定年後に販売職の仕事についている方も一部います。

でも実際にずっと販売職を続けてる人はあまりいません。

その理由を続いてご説明します。

正社員になりたいかどうか

まずは正社員になりたいかどうかという問題です。

派遣や契約社員の方やもしくは、アルバイトの方だと正社員になるには年齢制限の壁が出てきます。

昔は転職するなら28歳までがひとつの壁と言われていて、二つ目の壁が35歳の壁だと言われていました。

昨今は少子高齢化になって、昔とくらべ35歳以上でも転職しやすい環境にはなってきています。

しかしながら、年齢が若い方が有利なのは変わりありません。

そういった背景から販売職では、正社員になれないのであれば、その年齢までに転職を考える人が多いです。

実際に何歳まで働いているか?

次に物理的に何歳まで働けるかという問題。

肉体的な問題もありますし、扱い商品によっては年齢によって合わないケースもあります。

幅広い年齢層に展開してる、業態であれば問題ありませんが。

ターゲット層が限定されてるのであれば、キャリアプランを考えていく必要があるでしょう。

販売職を続けるのであれば知っておきたいこと

販売職を続けるにあたり知っておいた方が良いことを説明します。

ずっと販売職の人はあまりいない

実は、ずっと正社員で販売職だけをやっている人はあまりいません。

多くの人は販売職を経由して、店長だったり管理職であるスーパーバイザーになったりします。

そこで求められるのはマネジメント能力。

接客力ではありません。

その他商品の仕入れ担当や、別の業務の部署に配属されたりもします。

ごく稀に、販売のスペシャリストとなっている人もいますがそんな人はほんの一部。

多くの現場で求めているのは、若い販売員。

そのため、接客や販売の仕事が好きでずっとやって行きたいのであれば、別の仕事に就いた方が接客プレイヤーとして活躍できます。

年齢が上がるほど転職難易度は上がる

もう一つ知っておきたいのが、販売職は年齢が上がれば上がるほど転職の難易度が上がるということ。

先ほど説明した28歳の壁が年齢の壁。

35歳の壁が経験とスキルの壁です。

28歳以降であれば、どのようなスキルや経験を積んできたかというのが転職にはプラスになります。

逆に評価されない経験を積んだ場合は、マイナスにしかならないのが一般的。

しかしながら残念なことに、販売職の評価は転職においてはあまり高くありません。

どんなに販売力に自信があったとしても、販売職以外では評価されないのが現状です。

実際私も、数多くの受賞歴があったものの、営業志望した場合は全く評価されませんでした。

※参考「第二新卒で転職はやめとけ」と素直に従って後悔しかなかった件【体験談】

もし転職するんであれば、へたに経験を積むより若い方が圧倒的に有利なのが実情です。

しかしながら、残念な話だけではありません。

販売職を経験するメリット

販売職のメリットは、若くして多くの経験を積むことができて、コミュニケーション力も鍛えられるのが特徴。

逆に1〜2年販売職の経験を積んだ後、他業種に転職した人は成果が出ている人が多い印象です。

実際私の元同僚も、第二新卒で転職した人間は、転職を成功させ転職先でも活躍してます。

※参考第二新卒はやばいって本当?転職は不利なのか【体験談】

ブラック

元販売職ってだけでも、話のネタになりやすいですからね

派遣や契約であれば接客のしごとはある

正社員でなければ、接客の仕事というのは山ほどあります。

そのため一旦退いたものの、子育てが落ち着いたり、他の仕事を経由してまた販売職の仕事に就く人も多いです。

特に正社員というこだわりがなければ、仕事を探しやすいのが販売職の魅力。

もし年齢の壁に差し掛かってるのであれば、自分がどのような仕事に興味があるかだけでも調べておきましょう。

リクナビネクスト

\5分で登録/

リクナビネクストの特徴

  • 国内最大求人の転職サイト
  • 転職者の8割以上が利用
  • グッドポイント診断で自己分析

リクナビネクストは国内最大級の転職ポータル。

転職者の8割以上が利用しているので、幅広い求人情報を集めるには登録しておきたいですね。

また、グッドポイント診断という自己分析ツールが使えるのも魅力です。

ブラック

私もグッドポイント診断をヒントに職務経歴書を作成しました

そうしておくことで、後から後悔するリスクも減らせますし、もっと条件の良い仕事が見つかるかもしれません。

すぐに転職に至らなくても、今後のキャリアの参考になりますので是非調べておいてくださいね。

※参考【販売職から転職成功】元販売員の私が実践した6つのこと

まとめ

以上今回は販売職は何歳まで働けるかについてご説明させていただきました。

販売職に年齢制限はありません。

しかしながらずっと販売職をしている人はあまりいないのが実情。

大事なのはその現場を理解した上で、しっかりキャリアプランを立てておくことです。

そうすることで、将来の不安は解消されますよ

本格的に転職活動を始めるなら

もし、本格的に転職活動するのであれば転職エージェントを使うのがおすすめです。

転職エージェントは無料で使えて、あなたの転職活動を支援してくれるサービス。

私自身も転職エージェントを使うことで、自分の希望以上の仕事に就くことができました。

転職を成功させたい方は、是非活用を検討してみてください。

※各転職サイト・エージェントについてより詳しい情報は下記の記事に詳しくまとめています。

【タイプ別】おすすめ転職エージェント・転職サイト

世代別・属性別に分けておすすめの転職サービスをご紹介してます。 世代別 属性別 ※「第二新卒」は新卒で就職して4年未満の人向け。 ※「販売職から転職」は、販売・サービス・接客業から転職を考えてる人向け ...

続きを見る

\あなたの悩みを解決/

おすすめ記事を探す

悩みにあった記事を選んでね

人気記事

1

このページで第二新卒とは、短期間でも社会人経験のある20代前半の人を指します。 新卒で就職したけれども、理想と違ったということで転職を考えている人もいるのではないでしょうか。 私が新卒で入社した会社も ...

2

※このブログでは第二新卒を、短期間でも社会人経験のある20代前半の人を指しています。 新卒で無事に就職できたもの、実際に仕事をこなしていて理想と現実の違いから転職を考えている人も多いのではないでしょう ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍での転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こ ...

-販売職からの転職