転職

転職するか迷うならやめたほうがいい?私の失敗談

投稿日:

 

転職すべきかどうか迷ってる

 
 

そういったときは情報収集が大事です。

 

転職は人生において大きな転機です。

そのため転職すべきかどうか迷うのは当たり前です。

私自身も転職を意識しだしてから、転職すべきかどうかずいぶんと長い期間迷いました。

今回はその時の私の経験から、転職をすべきかどうか迷っている方はどうすべきかをご説明します。

この情報が転職に迷っているかたへの少しでも参考となれば幸いです。

転職に迷うならやめたほうがいい?

転職に迷うならやめてほうがいい。

その理由は転職すると失敗するリスクもある。

そのため迷っているようであれば(転職するのは)やめておいたほうがいいという理論です。

よく聞く話ですね。

本当に転職に迷っているのであれば、やめたほうがいいのでしょうか。

結論として、わたしの経験上そんなことはないと考えます。

迷いがなくならならないと転職できないのであれば、多くの人は転職できないからです。

実際、私自身も「迷っているならやめたほうがいい」と思っていたため大きくスタートが遅れました。

その結果、自身が夢みていた食品業界への転職は断念せざるを得ませんでした。

最終的には、迷いながらもギリギリのタイミングで転職活動をはじめたため、希望業界とは違うものの大手ホワイト企業に転職できたので良かったですが

迷いが消えるまで何もしないのは、ある意味リスクといえるでしょう。

迷っている人は転職準備だけでもしておくのが理想

すぐに転職しないにしても、迷っているのであれば転職準備をすることをおすすめします。

転職準備とは、すぐにでも転職できるように準備しておくことです。

転職経験がある人は、そうでもないかもしれませんが、初めての転職活動には時間がかかります。

準備不足であれば自分の力を100%PRできませんし、後悔することも多いです。

転職においてやるべきことは多いです。

  • 職務経歴書の準備
  • 自己分析
  • 円満な退職への調整
  • 転職エージェントの登録
  • 転職エージェントとの面談
  • 業界分析
  • 面接対策
  • 転職市場の分析

上記は全て必須なわけではありませんが、理想の転職をするためには必要な作業です。

思いつきで行動するのではなく、しっかり準備することにより好条件で転職できる確率が上がります。

転職準備をしたうえで、良い条件の求人が見つかれば本格的に転職活動に踏み切ってもいいでしょう。

 
転職に迷っている場合は、まずは下記のサービスを活用し、転職市場を分析してみることがおすすめです。(全て無料で使えます)
すぐに転職に至らなくても、自分の職場環境を客観的に分析できますし、キャリア設計にも役立ちます。
私も悩んだ挙げ句、転職エージェントを使うことによりキャリア設計が明確になり人生が大きく好転しました。
もしかしたら自分を安売りしているだけで、あなたを必要としているもっと良い職場がみつかるかもしれませんよ。

転職準備について

ミイダス で自分の特性を分析し(口コミ・評判
転職会議で他の会社の評判を調べ
リクルートエージェント で転職エージェントに相談してみる
 
少なくとも私は、これだけで人生が大きく変わりました。
 
もっと早く使っていればと改めて思います。(笑)
 ※転職エージェントの登録に抵抗がある場合は、まずはミイダスと転職会議だけ使って転職情報を集めてみてもいいでしょう。
 
転職エージェントを使う場合は複数登録がおすすめです。
 
 

転職は人生の一大イベントですので、後悔しないようにできることはやっておきましょう。

時間は巻き戻せませんので。笑

しっかり準備しておけば迷っていてたとしても、決断できる判断材料は増えます。

転職は基本的には若いほうが有利

転職するのであれば、若いほうが選択肢も多く採用は圧倒的に有利です。

若いということはアドバンテージの一つであり、他業種への転職を考えているのであれば、それをいかさない手はありません。

私自身はその価値に気がついておらず、他業種への転職チャンスを逃してしましました。

採用される要素は大きく3つあります。

  • 個人の能力が高い
  • 求めているスキルや経験がある
  • 年齢が若い

イメージとしては下記です。

※ゲージが合格ラインの線を超えたら採用されるとします

能力が高くて採用されるパターン

企業が求めているスキルや経験があるパターン

若さが有利に働くパターン

能力や経験は磨くことができますが、年齢ばかりはどうしようもありません。

時間がたつことアドバンテージは減っていきます。

(上記でいうと緑の若さゲージが減っていくイメージです)

私自身、悩みながら仕事を続けていた結果若さのアドバンテージは使えませんでした。

また、経験やスキルに関しては他業種のものは通用しないケースも多いです。

若さが武器になるという裏付け

企業側も若手を求めている会社は多く、第二新卒の求人も増加傾向にあります。

※このページでは新卒で就職後3年以内の人を第二新卒者と定義しています

現在、転職は珍しいことではなくなってきており、常に一定の人数の人が第二新卒で転職しています。

驚くべきことに、そのうち半分以上の人が新卒で就職してから一年以内の転職しております。

最近の新社会人は「3年以内に離職する」割合が高いと言われているが、厚生労働省「新規学卒就職者の学歴別就職後3年以内離職率の推移」を見ると直近20年間、ほぼ3割で横ばいで大きな変化はない。

社会構造や世代、景気の変動がありながら、新規学卒者(大卒者)の就職後3年以内の離職が3割がずっと続いている現状に関して、UZUZは入社3年以内を多く含む「Z世代」を中心に転職活動の意識調査を実施した。

調査の結果、第二新卒として転職活動をしている523名の55.83%が1年未満で転職したことが明らかになった。

参考 DIME

特に他業種への転職を考えているのであれば年齢の影響は非常に大きいです。

  • もう少し経験をつんでから
  • 世の中景気がよくなったらはじめよう
  • 30歳になるまでに決めたらいいや

今の業界で定年まで働くイメージがわかないのであれば上記のような考え方は危険です。

実際、私自身上記の考え方をして失敗しております。笑

経験上、迷っている人は転職準備だけでもして情報収集すべきだと考えます。

転職をやめておいたほうがいい人

ここまでは転職するなら早いほうが有利であることと情報収集が大事なことをお伝えしました。

次に、後悔のない転職にならないように転職をやめておいたほうがいい人についてもご説明します。

  • 転職して半年以内の人
  • 家族の理解を得られない人
  • 年収のダウンを受け入れられない人※例外あり
  • 思いつきで情報収集せずに転職しようとしている人

順に説明します。

転職して半年以内の人

すでに転職して半年以内なのであれば、その場合はせめて一年以上は勤めたほうがいいでしょう。

半年以内の離職者は内定率が大きく下がります。

採用してところで、「自分たちの会社でも退職されるかもしれない」という印象を与えてしまします。

実際、私の友人で4ヶ国語が堪能で華々しい経歴を持っている人がいましたが、転職して半年以内に離職したため全く仕事が決まらなかったようです。

最終的にその友人は、仕事の能力は高かったため契約社員経由で正社員の座を勝ち取れましたが、今でもその時の考えは非常に浅はかだったと語っています。

もしどうしても転職したいのであれば在職中に転職活動を行うなど、保険をかけたほうがいいでしょう。

家族の理解を得られない人

同居する家族がいる場合は、必ず家族の理解が必要です。

転職は、今後のライフプランにも影響するので家族の反対を押し切っての転職はおすすめしません。

最終面接までには、必ず「家族の同意はもらえてますでしょうか」と聞かれます。

転職活動には多くのパワーを使いますし、新しい環境になれるまではストレスがかかります。

そういったときに家族の協力が得られない場合は、せっかく転職できたとしても100%の力を発揮できないでしょう。

家庭の問題が発生して、仕事に影響を及ぼしてしまえばそれこそ本末転倒です。

私自身も転職して職場環境や労働時間は大きく改善されたにもかかわらず、仕事になれるまでの半年間は非常に疲れが溜まりやすかったです。

体力に自信があり、環境の変化には強い人間だったと思っていたためこの結果は予想外でした。

年収のダウンを受け入れられない人※例外あり

私自身は、転職して年収がアップしましたが、年収が下がるケースもあります。

転職の初年度は実績が0なので、初回のボーナスが寸志となってしまう会社も多いです。

年収アップを狙った転職ももちろんありだと思いますが、上記の背景もあり初年度から大幅に年収がアップするケースはあまり多くありません。

例外として、平均年収を大きく下回り生活が厳しくて転職を考えている人はあまり気にしなくてもいいでしょう。

また、私のように単純に年収がアップするケースもあります。

報酬に関しては、求人情報により確認できますし、転職エージェントを通じての転職であれば年収交渉も代行してくれます。

年収を第一優先とする場合は、自分が求めている最低限の年収ラインを設定し職探しをするといいでしょう。

何もしないのはリスクですが、情報を集めたうえで条件が合わない場合は、転職しないのは賢い選択の一つです。

その上で、

  • どうすれば理想のライフプランが描けるか
  • 自分に足りないものはなにか
  • 今、すべきことはなにか

を分析し、転職すべきか考えるのもいいでしょう。

大事なのは自分にとってなるべく理想の条件で働くことです。

私自身も一回目の転職活動では転職にいたらず、二回目の転職活動で転職することになりました。

けれども、一回目の転職活動は無駄ではなかったと感じました。

転職活動をしてなければ、自分の市場価値やどのよう経験が転職に有利に働くかさえわからず上記の分析ができなかったからです。

そのため、一回目の転職活動がなければ、二回目の転職活動もうまくいかなかったと考えます。

自分の年齢や職歴を考えどうすべきか判断しましょう。

思いつきで情報収集せずに転職しようとしている人

今までの流れから繰り返しになってしまいますが、思いつきで転職するのはおすすめしません。

※転職準備をすすめることはおすすめです。

某人材会社のCMで、「エイヤーで思いきりで転職してみるのも大事ですね!」って言ってますが、私はそうは思いません。笑

転職は人生の一大イベントですので、しっかり準備してすすめましょう。

それによりリスクも大きく減らせますし、良い条件で転職できる可能性は格段に上がります。

まとめ 転職するか迷うのはあたりまえ、そのためしっかり情報収集すべき

以上、転職するか迷うならやめたほうがいいかについてご説明しました。

最後にここまでの話をまとめます。

  • 転職するか迷うのはあたりまえ
  • 迷っている人はしっかり情報収集はすべき
  • 転職活動は若いほうが有利なので、悩んでいて何もしないのはリスク
  • 転職するのをやめといたほうがいい人もいる

転職は人生にとって大きなイベントですので迷うのはあたりまえです。

しかしながら少しでも後悔しない選択にならないようにできる限りの情報収集をしておきましょう

今回は以上です。

この記事の内容が少しでも皆さんにとって有益となれば幸いです。




人気記事

1

  こういったときこそ、動きましょう!     こんなときに転職活動なんか大丈夫なの? 転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍で転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討され ...

2

  あー将来が不安だ・・・     そんなときこそ動きましょう!   将来の不安要素は数多く考えられますが、昨今の経済状況から、お金の悩みを持っている人が多いのではないでしょうか? 国民の平均年収は3 ...

3

  自己紹介でも記載しておりますが私はブラック企業の元社畜でしたが幸い優良大手ホワイトに転職できました。   まず始めに、特に良く聞かれることを書きたいと思います。   目次1 転職活動はい ...

4

  みなさんは、会社を選ぶときにどんなことを基準にして選びますか?     業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 そ ...

5

  社会人になって勉強してますか?   勉強不足を仕事で感じることもありながらも、仕事が忙しくて勉強できてない人も多いのではないでしょうか? また、社会人になってまで勉強する必要性が感じられない人も多 ...

6

30歳を超えるとなかなか痩せないのに、すぐ太りますよね。 にもかかわらず以前の記事で 肥満体だと自己管理ができてないと面接が不利に働くケースがあります。BMI(肥満指数)が25を超えている場合は、ダイ ...

-転職

Copyright © ブラックからの転職, 2020~2021 All Rights Reserved