転職

【工場勤務】製造業がやめとけって本当?

バーガー

製造業の仕事は3Kだからやめとけと言われた

工場勤務って実際どうなんだろう?

実際に働いた人の意見も聞いてみたいな

製造業の仕事は向いてる人には天職の仕事ですよ

サラダ

工場の3Kはもはや過去のこと。

「きつい」「汚い」「危険」と言われ続けている製造業。

でも実はこの言葉ができたのは30年前。

そこから製造業も進化しているわけで、システム化や効率化と共に変わってきてます。

合う人にとっては製造業の3Kは「快適」「稼げる」「神職」とも言えるかもしれません。

私自身も

  • 定期的な休日やワークライフバランスの充実
  • クレームとは無縁な快適な環境で働ける毎日
  • 仕事のための出費が減ることによる実質賃金の増加

と製造業で働くことによる恩恵を多く受けています

それではなぜ「製造業で働くことはやめておいたほうがいい」と言われているのでしょうか?

本記事では、なぜ「製造業で働くことはやめとけ」といわれているかを徹底解説。

実際に工場勤務をしていた筆者の経験談をもとに、メリット・デメリットをお伝えします。

製造業の仕事に就こうか迷っている人は、本記事を参照に理想の仕事を見つけてくださいね。

製造業に転職するなら

製造業がやめとけと言われている一番の理由は、悪質な環境で低賃金で働かせる工場もいまだに存在するから。

転職に失敗したくなければ、転職サイトと転職エージェントを併用するのがおすすめ。

転職サイトで求人情報を集めつつ、転職エージェントに面談対策や非公開求人の紹介をしてもらうイメージです。

転職にまだ迷っているなら、転職サイトの登録だけでもOK。

まずは、製造業の求人が豊富なRe就活tenichiに登録し気になる求人を調べておきましょう。

すべて登録は無料です!!

まっちゃ

\登録必須の転職サイト3選/

1位2位3位
Re就活tenichiリクナビネクスト
20代向け
転職サイト
4年連続No.1
30代~40代向け
の未経験求人も豊富
求人数No1の
転職サイト
未経験や20代の求人に強くて登録もカンタン。30代でも使えるので、転職に迷っていたり、初めて転職サイトに登録するなら、まず登録!地方の求人も豊富で幅広い年齢や職種に対応。
動画で会社の雰囲気がわかる。
派遣やアルバイトなども充実
求人数No1!職務経歴書の登録が必要なので、まずは転職エージェントに登録して、添削してもらった書類で登録するのが
おすすめ
公式サイト公式サイト公式サイト
※転職サイト全24社のリサーチから選出

未経験で製造業へ転職するには、年齢に応じて難易度が上がります。

将来的に後悔したくなければ、今できることはやっておいてくださいね。

希望の求人がなければ、転職しなければいいだけなのでリスクもゼロです

気になる求人があれば、転職エージェントにも登録して本格的に転職活動を進めましょう。

【工場勤務】製造業がやめとけと言われている理由

製造業が「やめとけ」と言われる理由を解説します

製造業は向いている人には、非常におすすめできる仕事ですが、合う・合わないかは非常に大事。

人によってはストレスが溜まりやすい

製造業は向いてないと非常にストレスが溜まりやすい仕事。

向いてない人は本当に長続きしません。

タイトなスケジュール

製造業はときにタイトなスケジュールでの生産が求められることもあります。

実際働いてみると、品質と生産性の両方に対して圧力を感じるため、長時間の労働や過剰な負荷にさらされてるともいえます。

組立ラインの単調性

製造業は反復的で単調な場合が多く、人によってはかなりこれが苦痛になるみたいです。

私は繰り返しの作業は、ゲーム感覚でやっていたのでそれほど苦痛にはなりませんでしたが。

同じ作業を繰り返すことで、仕事への興味ややりがいを感じなくなる人も多いですね

お金を稼ぐ手段と割り切ってしまうのもあり

私自身は製造業にやりがいは別に求めていませんでした。

  • 営業の仕事や数字に追われる仕事ではない
  • プライベートの時間も確保できる
  • 一定以上の収入を得ることができる

上記が満たせればいいと考えていたのです。

そんな私にとって製造業は非常に魅力的な職場でした。

サラダ

実際働いてみると、感謝されることもあったりと、やりがいもありましたけどね

肉体的にきつい

製造業では、作業者が機械を操作したり、大量の物品を運搬したりする必要もあります。

  • 長時間の立ち仕事
  • 狭い空間での作業
  • 重たい部品の持ち運び

業務によっては、上記のような仕事内容になることもあります。

特に立ち仕事で膝や腰を悪くしている人も多いので、体力に自信がない人にはあまり向いてない仕事と言えるでしょう。

筆者の経験談

ちなみに私は、そこまで体が丈夫というわけではありませんが。

どこか体を悪くするということはありませんでした。

業務内容も、重たいものを持ったりすることはあったものの、悪質な環境や、危険な業務はなかったので恵まれていたのかもしれません。

サラダ

会社選びは1つのポイントと言えそうです

業務に危険が伴う

製造業の種類によっては、危険な化学物質を扱ったり、危険を伴う機械を取り扱う仕事もあります。

機械の故障や化学物質の事故などを考えると、業務に危険が伴う仕事もあると言えるでしょう。

もちろん危険が伴う仕事である以上、事故が発生する確率もゼロではありません。

そのため「製造業で働くのは危険だからかやめとけ」という人がいるのも事実。

工場の事故はニュースで大きく報じられるため、悪い印象を受ける人もいるでしょう

実は製造業が危険なのは過去の話

実は製造業で働いていて、事故になる確率はかなり少ないです。

なぜなら、今の工場は事故にならないように、安全が徹底されている工場が多いから。

実際、厚生労働省の統計から労働災害発生の大きな事故の数を見ても、製造業は、建設業に比べて半数以下。

人数としては、配送ドライバーである運送業と同じぐらいの人数です。

しかしながら、以下の統計を見てわかるとおり製造業の就業者数は圧倒的に多く、建設業の2倍以上、運輸業の3倍以上になるんですね。

参考 独立行政法人労働政策・研究機構より引用

交通量が増えると事故が多くなるのと同じで、就労人数が多いほ労働災害発生数は増えていきます。

危険な業務を伴う製造業も含めてこの数字です。

つまり他の肉体労働系の仕事に比べると、はるかに安全であるということがわかります。

厚生労働省の参考サイト→https://anzeninfo.mhlw.go.jp/user/anzen/tok/anst00.html

それでも不安であれば

それでも不安なのであれば、ピッキングや梱包を中心とした業務の求人に応募すれば問題ありません。

私もピッキングや梱包を中心とした工場でも働いたこともあります。

業務で事故に遭う確率は、普段の生活で交通事故にあう確率の方が高いというイメージですね。

サラダ

しっかり業務内容を確認すれば問題ありません

時々長時間労働になる

製造業では、生産目標を達成するために、長時間労働が必要になることがあります。

実際、製品の需要がピークに達する時期には、週末出勤や深夜勤務が求められることもありました。

そのため、長時間労働が肉体的にきついという人には向いていないかもしれません。

ポイントは残業代が支給されるかどうか

ただ私が働いていたところは、しっかり残業代も支給されていましたし、深夜手当てや休日手当も支給されました。

残業自体も完全強制というわけではなかったので、すごく困るということもなかったですね。

低賃金だから

製造業における労働者の平均賃金は、他の産業に比べて低いと言われています。

そのため、製造業はやめとけという人も多いでしょう

ただ、低賃金というのはあくまでイメージによるものが大きく、私自身が働いた感じだとどちらかというと給料はいいイメージでしたね。

実際、厚生労働省の調べたデータによると、産業別に比べた場合、製造業の平均賃金は医療に比べると低いものの、運輸業やサービス業に比べたら圧倒的に賃金が高いという統計が出ています。

出費が少ないため実質的賃金は高い

製造業で働いていると、出費が少ないのもメリット。

スーツやカバン、革靴など仕事で使うものを新調する必要がありません。

寮や社宅などを用意してくれている会社も多いので、給料以上に金銭的メリットは多く受け取れます。

雇用の不安定性

製造業は、景気や市場変化によって影響を受けやすい産業の1つでもあります。

業界全体で需要が減少すると、企業が手を入れるのは従業員の削減からというケースが多いですよね。

特にリーマンショックの派遣切りから、製造業に悪いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

他の業種に比べたら安定している

もちろん、公務員や医療機関に比べたら安定しないかもしれません。

しかし製造業に関わらず、大企業であっても、今や積極的に雇用が調整されるのが一般的。

製造業と言わず、今の世の中の雇用は安定していないと感じます。

むしろ、零細企業や飲食業・サービス業に比べたら、圧倒的に安定しているといえます。

正社員で雇用をされていたら、人員削減の際はある程度の退職金は保証されます。

もし、派遣であった場合も、忙しさからなんとなく更新があるかないかというのは検討がつきますからね。

むしろ、生活的には安定しやすい仕事だと言えるでしょう。

サラダ

ライフプランは設計しやすいですよ

イメージが悪い

製造業は、ブルワーカーの仕事であるため、「イメージ悪いからやめとけ」と言われることもよくあります。

確かに工場勤務というと、にあまり異性に対しての印象が良くなかったりと感じることもありました。

しかしながらこれに関しては

  • 作っている製品で答える
  • 勤務先のメーカー名で答える

とそこまで印象は悪くありません。

むしろ悲観的になっているのは自分自身だけだったりすることも多いです。

仕事をイメージで判断する人はそれなりの人間

30代になって気づきましたが、小売業【スーパーの正社員】は恥ずかしい?そんな気持ちを解決するための3つの手段でも触れている通り、仕事をイメージで判断する人は、価値のない人間です。

サラダ

それでも気になる人には無理におすすめはしませんね

やめとけと言われている理由は

そんなに問題なさそうだね

逆に製造業がおすすめの理由は?

バーガー

私が製造業をおすすめする理由

実際に働いてみた私が、製造業をおすすめする理由は以下の通り。

順に説明します。

生活面での自由度が高い

製造業界は、プライベートの自由度が高く、ワークライフバランスを実現できる仕事です。

工場勤務では、残業が少なく、労働時間に縛られずに働くことができるため、子育てや趣味などのプライベートとの両立もしやすいです。

未経験でも働けるところが多い

製造業界は、未経験者でも働けるところが多く、研修制度や資格取得支援制度が整備されています。

また、学歴や年齢に関係なく、やる気があれば働けるチャンスが多いのも魅力。

ただし、作業内容によっては身体的な負担があるため、自分に合った仕事を選ぶことが重要ですね。

スキルを身につけることができる

製造業界では、勤め先によっては、日々の業務を通じて多様なスキルを身につけることができます。

また、資格取得によってスキルアップすることもでき、資格手当がつくことも。

会社によっては、研修費や資格の取得費用を出してくれることもあります。

サラダ

会社持ちというのはありがたかったですね

お金が溜まりやすい

前述でも触れましたが、製造業界には、寮がついた求人が多数あり、固定費を抑えて貯金しやすいのもメリット。

また、期間工などの仕事は、高収入である場合が多く、若くして多くの収入を得ている人も多いですよ

バーガー

なるほど魅力的に感じたので

製造業に転職してみようと思う

転職成功の秘訣とかある?

過去の経験から

ご紹介しますね

サラダ

製造業への転職を成功させるには

過去の経験から、実際に製造業に転職する際に重要だと感じた点を説明します。

これから転職活動を始める人は、是非参考にしてくださいね。

在職中に転職活動を実施する

転職を決断したからと言って退職するのは辞めましょう。

良い条件で転職したければ、基本は在職中の転職活動です。

なぜなら、無職に比べて圧倒的に内定率が高くなるから。

辞めてから転職活動をするリスクは多い

「忙しくすぎて在職中に転職活動できない」という人も多いでしょう。

また、転職活動に集中できないから、うまくいかないと考える人もいると思います。

しかしながら、転職成功者の多くは、在職中に転職活動を実施しています。

参考情報「エン転職」利用者を対象とした「転職活動」に関する調査結果を発表した。調査期間は 2018年9月26日~10月28日、有効回答は1万663人(転職経験者7,130人)。

引用 https://news.mynavi.jp/article/20181109-721471/

「転職活動に集中するために退職しました」とアピールしたとしても、採用者目線で見れば

  • またやめるんじゃないだろうか
  • 2つのことを同時にできない人
  • この人は計画性がない

と評価されてしまい、基本的にプラスになることはありません。

そのため、転職活動を優位に進めたければ在職中の転職は鉄板と言えるでしょう。

妥協して転職するリスクも減らせる

また無職であれば経済的焦りから、妥協して転職するリスクも減らせます。

退職してから結局どこにも就職できないといった、最悪の事態に陥ることも避けれますからね。

長期休暇がほしい

長期休暇が欲しいからやめたいという相談もよく受けます。

しかしながら、福利厚生が整っている会社に転職できれば、いくらでも長期休暇は可能なんですよね。

また、内定をもらってから働らくまでの準備期間を多くもらうという方法もありますので、目先の欲望に負けて仕事を辞めてしまわないようにしてくださいね。

それでも在職中の転職活動が難しい場合は

それでも在職中の転職活動が難しい場合は、退職を前提とした転職活動を実施する方法など手段はいくつかあります。

  • 会社の規定で転職活動が禁止されている
  • ブラック企業で面接日程の調整すらできない
  • 地方なので都心まで出ることが難しい

上記のようにな条件であっても【実体験】ブラック企業で転職活動できないときの対処法で解説していますが、やりようによっては転職活動は可能です。

一旦、記事を参考に在職中の転職活動に挑戦して見てくださいね。

サラダ

やめるならやるべきことをやってからですよ!

早めに転職活動は始める

製造業への転職を成功させたければ、早めに転職活動は始めましょう。

なぜなら求人は早いもの勝ちだから。

転職は早いもの勝ち

どんなに優秀な人であっても、求人の枠がなければ採用されません。

逆に、枠が多ければ(人手不足であれば)、あまり優秀じゃない人でも採用されるという側面もあります。

サラダ

実際、私もその恩恵を受けたことがあります

とにかく打席に立つ事が重要な理由

転職活動は、自分の希望する条件の内定が一つでも得られたら、勝ちという勝負です。

つまり極端な話、1000社応募して、1社しか受からなかったとしてもそれが自分にとって一番いい条件であれば問題ないという世界です。

逆に、4社中3社受かったとしても、自分の希望条件を満たす1社に落ちていたら負けなんですね。

上記は極端な例になりますが、自分が希望する条件のところには積極的に挑戦するのが、成功の秘訣。

そのため転職活動で一番重要なことは、早めに転職活動を始めることなんです。

筆者の経験談

早めに転職活動を始めた方が、応募できるチャンスは増えます。

残念ながら転職活動は水物(みずもの)。

どんなに対策をたてたとしても、落ちる時は落ちます。

しかしながら、タイミングさえ合えば、自分の実力以上の企業に入社できることもよくあるのが転職市場。

実際、私自身も記念受験が身を結んだこともありました(受からないと思ったけど応募して内定をもらった)。

バーガー

その知識があるかどうかは大きいね

未経験は年齢と難易度が比例する

また未経験の仕事に転職する場合は、年齢に応じて転職難易度が上がります。

少しぐらい能力が低かったとしても、若い人が優遇されるのが一般的

具体的には以下のようなイメージですね。

若いほうが転職は有利

その点から踏まえても、早めに転職活動を始めるメリットは大きいです。

転職サイトと転職エージェントを併用する

製造業への転職を成功させたければ転職サイトと転職エージェントを併用しましょう。

冒頭でも触れましたが、事前に転職サイトで求人情報を調べてから、転職エージェントに非公開求人を紹介してもらうイメージです。

すべて登録は無料です!!

まっちゃ

\登録必須の転職サイト3選/

1位2位3位
Re就活tenichiリクナビネクスト
20代向け
転職サイト
4年連続No.1
30代~40代向け
の未経験求人も豊富
求人数No1の
転職サイト
未経験や20代の求人に強くて登録もカンタン。30代でも使えるので、転職に迷っていたり、初めて転職サイトに登録するなら、まず登録!地方の求人も豊富で幅広い年齢や職種に対応。
動画で会社の雰囲気がわかる。
派遣やアルバイトなども充実
求人数No1!職務経歴書の登録が必要なので、まずは転職エージェントに登録して、添削してもらった書類で登録するのが
おすすめ
公式サイト公式サイト公式サイト
※転職サイト全24社のリサーチから選出

転職エージェントとは?

転職エージェントとは転職希望者に、転職のアドバイスや転職サイトに載っていない非公開求人の紹介をしてくれるサービス。

無料で使えて、面談対策や企業との年収交渉も代行してくれたりと転職希望者には心強いサービスです。

転職エージェント利用の流れ

【実体験】直接応募より転職エージェントを経由したほうが受かりやすい?でも解説していますが、転職エージェントを使うことにより、転職成功率は何倍にも上がります。

うまく活用して理想の条件で転職しましょう。

\転職エージェントおすすめトップ3

1位2位3位
営業職に転職するならhape
dodahape Agentリクルートエージェント
・満足度No1
・使い勝手もダントツ
・92%が利用に満足
・営業転職なら実質1位
・求人数ナンバーワン
・他社との併用が◎
全職種対応営業職に特化全職種対応
公式サイト公式サイト公式サイト
詳細・評判を見る>>詳細・評判を見る>>詳細・評判を見る>>
※転職エージェント全56社のリサーチから選出

当ブログで推奨しない転職エージェントコチラ

バーガー

なら転職エージェントだけでいいんじゃないの?

転職エージェントの問題点

実は転職エージェントは、サービスの性質上、未経験より経験者を優遇する傾向があります。

なぜなら、内定をもらうことによって初めて報酬が発生するビジネスモデルだから。

転職エージェントが無料で使える仕組み

特に未経験でもかかわらず、転職の意志が低そうだったり、手間がかかりそうだったら、優先順位を下げる傾向があるんですね。

そのため事前に転職サイトで自分なりに、求人情報を調べて「この人は転職する意志が固そうだな」という印象を与える必要があります。

また事前に調べておくことによって、質の悪い求人ばかりを紹介されたときに、良い求人ではないという判断材料になるというメリットも存在します。

このテクニックは多くの転職ノウハウ本で紹介されているテクニックでもあるので、必ず事前に転職サイトに登録し求人情報は調べておきましょう。

サラダ

このひと手間で、転職成功率は大きく変わりますよ

製造業はやめとけまとめ

以上、本記事では、製造業はやめとけと言われる理由と製造業への転職のポイントについて解説しました。

最後に本記事の内容をまとめます。

  • 製造業は合う人にとっては非常におすすめできる仕事
  • 製造業がやめとけと言われるのは昔の悪い印象が残っているのが大きな原因
  • 転職を成功させたければ、早めに行動し転職サイトと転職エージェントを併用する

製造業は、未経験者でも働きやすく、高収入で貯金がしやすいなどメリットも多いです。

ただ働く会社や工場選びは非常に重要ですので、しっかり転職サービスをフルに活用し、良い条件での転職を目指しましょう。

サラダ

あなたが理想の仕事に転職できることを応援しています

まずは転職サイトに登録してみるか

バーガー

\簡単1分で登録/

満足度4年連続N01の転職サイト

なぜ人は仕事で悩むのか?

それは自分の強みや適性に確信が持てないから。

自分の強みに自信がなくなったり、今の仕事が向いてないのではないかと考えたことはありませんか?

そんな場合は、Re就活に登録すると無料で使える適職診断を使って一度自分の強みと向いている仕事を分析するのがおすすめ。

私自身も活用することで、自分の強みが明確になり、仕事のモヤモヤが解決しました。

無料で使えて必ず転職をする必要もありません。

診断時間はたったの3分。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

\たった3分で適職診断/

詳細記事をチェック

※無料で使えます

日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている方は、是非試してみてくださいね。

 

人気記事

1

Re就活の適職診断は、株式会社学情が提供する転職サイト「Re就活」に会員登録すると使える無料の診断サービス。 Re就活の会員登録も1分でできて、たった3分で自分の適職を診断してくれます。 ※「Re就活 ...

2

こんにちは、販売職から最終的には、大手ホワイト企業のセールスマーケティング職に転職できた元社畜販売員のブラックです。 年収100万UP(現在は200万UP) フルリモート可能 フレックス自由 有給取得 ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍での転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こ ...

-転職