転職

営業を辞めたいなら30代がラストチャンス

バーガー

営業職を辞めたい。

でも30代まで営業一筋だったから転職できるか不安だ

営業職をやめるなら30代がラストチャンスですよ

ブラック

こんにちは、営業職の仕事を経験し,今はマーケティングとプロモーションの仕事についている元営業職のブラックです。

営業の仕事をしていて、ずっと辞めたいと思いながらも気がつけば30代になってしまった人も多いのではないでしょうか。

けれども、30代になると転職するのも勇気がいりますよね。

私自身も、転職したのは30代になってから。

当時は不安でたまりませんでした。

でも安心してください、営業経験があれば仕事には困りません。

今回は、私の転職経験を通じて営業職を辞めたいと思ったらどうすべきか。

あわせて営業職を辞めるためのポイントをご説明します。

本記事を読んで、営業職のストレスから開放されましょう。

営業職をやめたいと思ったら

営業職を辞めたいからといっていきなり退職するのは賢い選択ではありません。

まずは、本当に営業を辞めていいか考えましょう

本当に営業を辞めていいかどうかを考える

でもなかなか、30代になると本当にやめていいかどうか決断するのも難しいと思います。

そこで私が考える、営業職を続けるべき人と辞めるべき人をまずはあげてみます。

営業職を辞めていいかどうか判断するヒントとしてください。

営業職を続けるべき人

私が考える営業職を続けるべき人のパターンは大きく二つ。

ずばり

  • 次の仕事が決まっていない人
  • やりたい仕事がない人

30代という状況を加味すると、この二つの条件のどちらかに該当する人は今の仕事を続けましょう。

次の仕事が決まっていない人

30代になって、次の仕事が決まっていない状態で辞めるのは大きなリスク。

どんなに営業職を辞めたかったとしても、次の仕事が見つかるまでは営業職を続けましょう。

もちろん退職してから、次の仕事が見つかる可能性もゼロではありません。

しかしながら、少しでも良い条件で転職を実現させるのであれば、在職中の転職がベスト。

仕事に就いていた方が内定率も上がります。

参考情報「エン転職」利用者を対象とした「転職活動」に関する調査結果を発表した。調査期間は 2018年9月26日~10月28日、有効回答は1万663人(転職経験者7,130人)。

引用 https://news.mynavi.jp/article/20181109-721471/

実際多くの人は在職中の転職活動を実現させています。

今はオンライン面接も増えており、転職活動の負担は減っています。

参考記事⇒転職活動は就活より楽な8つの理由【うまく進める心構えも】

まずは在職中に転職活動を進めてみて、どうしても難しい場合のみ退職しましょう。

やりたい仕事がない人

もうひとつのパターンは、やりたい仕事がない人です。

どんなに営業職が嫌でやめたとしても、やりたい仕事がない場合は同じく次の仕事も続かないでしょう。

もちろん、採用面接の時も苦戦します。

実際自分が採用担当だったとしても、「営業職が嫌だから転職したいです」と言われても、採用したくありませんよね。(笑)

まずは興味がある仕事でもいいので、どんな仕事に就きたいか考えましょう。

自分に向いている仕事をさがすなら

自分に向いている仕事を診断するなら、Re就活の適職診断を使うのがおすすめ。

無料で使えてたった3分で自分に向いている仕事が分かります。

詳しくRe就活の適職診断がめちゃくちゃあたっていた件|使い方を徹底解説で解説していますので、やりたい仕事がない人は次の仕事を決めるヒントにしてください。

営業職を辞めるべき人

続いて営業職を辞めるべき人についてです。

以下の条件が当てはまっている人は、転職を検討しても良いかもしれません。

常にクレームを起こしている人

まずは常にクレームをしている人です。

新人や若手ならまだしも、30代になってもクレームが絶えないようであれば、営業職をやめたほうがいいでしょう。

もちろん営業の仕事が好きだったら、辞める必要はありません。

しかしながら、本人が辞めたいと考えているにもかかわらずクレームが起こっている。

この状況は、顧客にとっても本人にとっても幸せではありません。

むしろ会社にも迷惑をかけていると、考えていいでしょう。

悲観的になる必要はなし

迷惑をかけているからといって、悲観的になる必要ありません。

あくまで人には適材適所があります。

「どこでも活躍できる優秀な人材」も「どこに行っても通用しないダメ人材」というのは存在しません。

実際私がすごく優秀だと感じていた営業職の人間は、別部署に入った瞬間ずっとお荷物社員として扱われていました。

逆に営業成績がすごく悪かった人間が、営業支援にまわるとすごく優秀だった出来事もあります。

30代で営業職に向いてないと気づけたあなたはラッキー。

きっとあなたに向いている仕事もあるはずです。

仕事によって体調を崩している人

仕事によって体調を崩している人も、今の仕事を続けるべきではありません。

人間一番優先すべきは、体のこと。

どんなに優秀な人間も、病気になってしまっては元も子もありません。

基本的には在職中の転職活動をおすすめしますが、体調不良の場合は例外。

休職をするか、すぐに仕事を辞めることも考えるべき。

しかも30代であれば、人生の折り返しにも立っていません。

長い目で見たら、健康になるほうが人生にとっては大きなプラスです。

会社を辞めれない場合は

体調崩していて、会社を辞めれない場合は退職代行の活用も検討しましょう。

退職代行は、あなたの代わりに退職の手続きを取ってくれるサービス。

依頼したその日から、会社とコンタクトを取る必要もありません。

詳しくはおすすめ退職代行サービスランキングにて解説していますのでよろしければこちらもご参照ください。

30代で手取り20万以下の人

営業職を辞めるかどうかの一つの基準として給与面もあげられます。

営業職は、大変な仕事であるものの、給与面が優れているが一つのメリット。

30代で手取りが20万以下であれば、営業職を続けるメリットはあまりありませんね。

営業職以外の仕事に就くか、もう少し給料の高い営業職に転職した方がいいでしょう。

周りに迷惑をかけるから辞めれない人

最後は周りに迷惑をかけるから辞めれないと考えてる人です。

実はこれは、過去の私の話。

  • 自分が抜けると会社が回らない
  • 仲間を裏切ることになる
  • 責任を感じる

そういった思いをしてる人もいるのではないでしょうか。

私自身もそうでした。

でもそれは大きな勘違い。

単純に自分に都合のいい言い訳としているだけです。

私の体験談

会社はあなたがいなくても回りますし、少し迷惑をかけたとしても本当に信頼できる仲間はあなたの転職を応援してくれます。

もちろん、引き止めはされるでしょう。

逆にそれで関係が悪くなってしまうのであれば、所詮はそれまでの関係。

本当に信頼できる人は、引き止めはするものの転職してしまった後は、応援してくれています。

実際、今も連絡をくれる前職の仲間もたくさんいますからね。

転職したことによって、当時の考えは言い訳でしかないことに気づきました。

営業職を辞めるなら30代がラストチャンス

さて、ここまで営業職を辞めるべき人と続けるべき人についてご説明しました。

営業職を辞めるなら、30代がラストチャンス。

40代営業職となってくると、転職するにしても営業職の仕事以外はほとんどありません。

自分の考えに整理がつき、「営業職を辞めたい」という決断が揺るがなければ、営業職から抜け出す為に行動にうつしましょう。

営業職から抜け出すためには

営業職から抜け出すための方法を解説します。

具体的に方法は三つ

  • 異動願いを出す
  • 退職する
  • 転職する

それぞれ解説します。

異動願いを出す

会社の規模がある程度大きくて、異動願いが出せるなら別の仕事につけるように上司に相談してみましょう。

環境を大きく変えず、営業職から抜け出すことが可能です。

しかしながら、営業を辞めたいと言う人はたくさんいます。(笑)

すぐに受理される可能性は低いので、水面下で転職活動はすすめておきましょう。

退職する

先程もご説明しましたが、体調不良を起こしているのであれば退職するのも一つの選択。

仕事を辞めて、体調を回復してから仕事を探してもいいでしょう。

転職する

一番現実的なのは、転職すること。

世の中には、17000種類の仕事が存在しているので、きっとあなたに向いている仕事もあるはず。

しかも営業経験が長ければ、転職は有利に働きます。

今までの経験を生かして、転職を有利に進めましょう。

転職を成功させるなら

30代で転職を成功させるなら転職エージェントを使うのがおすすめ。

詳しくは【タイプ別】おすすめ転職エージェント・転職サイトにて解説しています。

営業経験が生かせる仕事

参考までに営業経験が活かせる仕事を、いくつかご紹介します。

マーケティング

マーケティングは、今非常に人気の仕事のひとつ。

市場を分析し、商品の企画や施策の投入を実施する仕事です。

近年はインターネットの普及に伴い、Web マーケティングインターネット使ったマーケティングが主流となっていますね。

そのため、新しいトレンドだけでなく最新技術も勉強することが求められます。

実は私は、マーケティングの仕事についているのですが、すごく営業経験が役に立っています。

やはり机上の空論で考えてしまう人が多く、顧客のニーズであったり、現場の要望を汲み取れない人が多いんですね。

こればかりは実際に、現場を経験しないとわかりません。

そのため、営業経験が非常に重宝されます。

プロモーション

プロモーションは、広報や販促計画を考え、実施する仕事。

イベントの企画や、集客のための戦略を立てます。

これも、どうやったらお客さんを呼べるかを考えることが重要な仕事。

特に営業を経験すれば、あまりセンスのないプロモーションで不満がたまったりすることも多いですよね。

そういった日頃の悩みを、しっかりフィードバックできる仕事でもあるので、常に課題意識を持てる人にはおすすめ。

また、営業と違って集客目標があるものの、ノルマが無いのが嬉しいですね。

販売職

販売職は、店頭に立って商品を販売する仕事。

営業のための提案書を作ったり、外回りが辛いけれども、お客様と話すのが嫌いではない人にお勧めできる仕事です。

一点注意すべきは、会社によってはノルマが厳しいです。

特に携帯販売代理店や家電量販店は、厳しいノルマがあることを覚悟しておきましょう。

営業支援事務

最後は営業支援事務。

営業職が営業に集中できるように、契約書類の作成や、事務処理作業など対応してくれる仕事です。

事務職は人気の仕事ですが、営業経験があれば営業支援事務の仕事に活かせるので有利に働きますね。

未経験でも需要が高い仕事につく

その他の選択としては、未経験でも需要が高い仕事に就くのもおすすめ。

  • 介護業界
  • 物流業界
  • 製造業界

これらは需要が高いにも関わらず、常に人手不足の業界。

30代未経験でも歓迎してくれる会社も多いです。

良い求人条件や、興味がある業務内容であれば積極的に応募していきましょう。

状況によっては営業職への転職も視野に入れよう

営業職を辞めたいと思っても、状況によっては別の会社の営業職へ転職して悩みが解決するケースもあります。

  • ノルマがきつすぎる
  • 売っている商品に魅力を感じない
  • 給料が安すぎる
  • 仕事量が多すぎる
  • 担当顧客の質が悪い

これらが当てはまる場合は、営業職への転職も視野に入れましょう。

他社に転職すれば悩みが解決するケースも多いはず。

特に大企業であれば、自分で仕事を選べるジョブ型雇用制度も増えています。

転職して数年後に、社内の制度を使って営業職以外の仕事につくことも可能です。

転職を成功させるためには

転職を成功させるのであれば、転職エージェントを使いましょう。

転職エージェントは、求職者に求人の紹介や転職のサポートをしてくれるサービス。

しかも求職者は、無料で使えます。

転職エージェントが無料で使える仕組み

【実体験】直接応募より転職エージェントを経由したほうが受かりやすい?でも解説していますが、転職エージェントを使うことによって内定率は上がります。

うまく活用して、営業職からの転職を成功させましょう。

一点デメリットは、転職エージェントの性質上担当者に当たり外れがあるということ。

これは複数の転職エージェントを使うことによって解消できます。

リクナビNEXT の調査によると転職者は平均で4.2社の転職サービスを活用しているそう。

30代はチャンスの残り期間が少ないので、失敗しないためにも複数登録しておきましょう。

参考までにおすすめ転職エージェントを4社ご紹介します。

\5分で無料登録/

おすすめ転職エージェント

ひと通り登録する場合は、

『お気に入りに登録しておく』か

『別のウィンドウで開く』
で、とりあえず開けておくのが時短になっておすすめです

まっちゃ

迷ったら、求人数の多いリクルートエージェントdodaの2社に登録しておけばOK

※表の転職エージェント名をクリックすると各転職エージェントのホームページに移動できます。

リクルートエージェント doda マイナビエージェント JAC Recruitment
個人的満足度4.3(5点満点中) 個人的満足度4.7(5点満点中) 個人的満足度3.9(5点満点中) 個人的満足度4.2(5点満点中)
20代~ 50代対象 20代~ 50代対象 20代~ 30代前半対象 20代後半~50代対象
求人数No1 手厚い転職支援 20代に強い 外資系に強い

・求人数No1なので登録必須

・迷ったら登録しておこう

・求人数No2エージェント

・リクルートより支援が手厚い印象

・若手の転職に強いので、20代におすすめ

・30代後半~の紹介は苦手

・英語スキルがなくても使えた

・結構良い求人を紹介してくれた

理想は4社と面談して良い求人があったところに絞るのがおすすめですが、少なくとも求人数の多い2社は抑えておいてくださいね。

ポイント

リクルートエージェントは転職者の8割が利用しており、dodaは転職者の5割が利用しています。

その理由は、どのような状況においても求人数は転職成功率に影響するから。

数字から見ても、多くの人がリクルートエージェントdodaの2社に登録していることがわかります。

より詳しい情報は、【タイプ別】おすすめ転職エージェント・転職サイト にて解説しています。

なぜ人は仕事で悩むのか?

それは自分の強みや適性に確信が持てないから。

自分の強みに自信がなくなったり、今の仕事が向いてないのではないかと考えたことはありませんか?

そんな場合は、Re就活に登録すると無料で使える適職診断を使って一度自分の強みと向いている仕事を分析してみましょう。

私自身も活用することで、自分の強みが明確になり、仕事のモヤモヤが解決しました。

無料で使えて必ず転職をする必要もありません。

診断時間はたったの3分。

詳しくは下記の記事で紹介しています。

\たった3分で適職診断/

詳細記事をチェック

※無料で使えます

日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている方は、是非試してみてください。

 

人気記事

1

Re就活の適職診断は、株式会社学情が提供する転職サイト「Re就活」に会員登録すると使える無料の診断サービス。 Re就活の会員登録も1分でできて、たった3分で自分の適職が分かるのが魅力です。 ※「Re就 ...

2

こんにちは、販売職から最終的には、大手ホワイト企業のセールスマーケティング職に転職できた元社畜販売員のブラックです。 年収100万UP(現在は200万UP) フルリモート可能 フレックス自由 有給取得 ...

3

このページでは販売職が使うべきおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 私自身も、転職エージェントや転職サイトをつかうことにより販売職から、大手ホワイト企業に転職できました。 転職サイトやエージ ...

4

  業務内容?会社の雰囲気?業績?給料条件?福利厚生? 私が会社を選んだ理由は少しみなさんとちがうかもしれません。 それが原因でとんでもない社畜人生を送ることになった経験をこのカテゴリでは書 ...

5

  こういったときこそ、動きましょう!   転職を検討している方や、将来に不安を抱えている方もコロナ禍での転職活動について疑問が多いと思います。 特に検討されている方は、行動を起こ ...

-転職